人気ブログランキング |
 

Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(44)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
「note」に移行しています。
at 2019-02-04 01:04
「note」に移行しています。
at 2019-02-04 01:04
ゲストは法月綸太郎先生!!「..
at 2018-03-23 13:39
さらに次なるステップへ〜「第..
at 2018-01-29 11:53
2018年 最新ライブインフ..
at 2017-12-31 18:50
最新のコメント
Twitterでこのペー..
by 小林一博 at 21:17
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
ブログパーツ
以前の記事
2019年 02月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
さだまさし
さだまさしの詩はとても技巧的で、それが故にとても文学的であるわけだけども、文学的ということとリアリティーとは必ずしも一致しないわけですね。
情景を描写する為に様々なレトリックを使うわけだけど、使いすぎるとフィクショナルになってしまう。

さだまさしは(意外にも)メロディーが先で、ということは先に構成上の枠が出来上がっていて、それに詩をはめなければいけない。
例えば20文字分のメロディーに20文字の情景を描くのではなく、100文字分の情景をはめようとする時、レトリックが必要になる。
それが上手くいくと、3分の曲で1年や10年の物語を歌うこともできる。
それに挑むのが、ポップミュージックにおける‘文学的志’で、さだまさしはずっとそれに挑戦し続けているんじゃないかと。
彼はサービス精神が旺盛だから、「雨やどり」のようにわかりやすい(でも技巧的にはかなり高度な)曲もある一方、「まほろば」のように、聴く人に相当の国語力を要求するような曲もある。
あらためてアルバムを聞いていると、とにかく全ての曲に何かしらの志というか‘表現へのチャレンジ’が感じられて、もちろん空回りに終ったような曲もあるけど、すくなくとも手は抜いていないということはひしひしと感じるわけです。
(個人的には「檸檬」はちょっと技巧に走りすぎてリアリティーを失っていると感じてます)。

さだまさしの最高傑作は「夢供養」で、これに異論を唱える人はいないでしょう。詩、メロディー、歌唱全てに、彼のテクニックが最高の形で残されてます。

さだまさしがあれほど技巧的なのは、きっと‘照れ’からきてるんですね。心情をそのまま吐露できないから、外堀から埋めるように情景を描くことで‘想い’を伝えようとする。
小田和正も男の照れを歌ってるんだけど、彼の場合は敢えて‘口にはできない男の気持ち’を徹底的に歌にしていて、ほとんど情景は描かないんですね。A型とO型の違いかしらん。

僕も、さだまさしスタイル(?)です。だから、さだまさしがどういう思考経路でその詩を書き上げたか、わかるような気がするんです。

そんなんで、個人的に一番好きなのがソロデビューアルバム「帰去来」。
技巧よりも‘想い’が先にあって、それを何とか技巧で‘生臭さ’を押さえ込もうとしているようなところが好き。だから、わかりにくいというかもどかしいところもあるんだけど、行間からにじみ出てくるリアリティーに胸を打たれる。夜、酒を飲みながら聴いていると(それが今なんだけど)、当時の等身大の‘青年さだまさし’と、自分の中の何かが共鳴するような気がして。

「第三病棟」とか、僕でもきっとああいう詩の書き方をするだろうなって。行間の想いがびしびし伝わってきて、出会ったこともない男の子の思い出に泣きそうになる。

あと、リアルタイムで初めて買ったアルバム「印象派」も好きだな。「距離」とか「検察側の証人」とか、完全に技巧中心でできた曲だけど、ものすごい完成度だと思う。
当時のシングルの「驛舎」も、リアリティーでは「案山子」に適わないけど、それでも詩・曲・編曲全てに気合いの入った、とてもいい曲だと思う。

帰去来
帰去来
by Showky | 2007-04-30 02:45 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
今、サザエさん
なぜか今、サザエさんを読破中。
いや、小さい頃から好きで(今はなき)姉妹社版なんか小遣いで買ってたんだけど、それこそ何十年ぶりかで、全集を風呂で読んでます。
何せ初出が昭和21年、連載最後が昭和49年。
その間28年!
第1巻の頃は戦後間もなくなわけだから、町中に牛はいるし、魚は七輪で焼くし、夏には蚊帳を吊るすし。
でもご存知のとおり、サザエさん一家の設定は、サザエさんがマスオさんと結婚してタラちゃんが生まれ、ノリスケさんが結婚してイクラちゃんが生まれて以来、20年以上変わらない。
サザエさんは永遠の24才。
でもキャラクターは微妙に変化をしていて、初期は24よりも幼く(ほんとにカツオのお姉さんて感じ)、後期はどちらかと言えばもうおばさんみたい。
再読しての一番の発見は、ワカメちゃん。
初期は事実上の主役で、とてもお茶目でかわいい。

後期は、時代背景とともに登場人物全てがスレてきてしまうんだけど(心なしか絵も雑)、初期の頃は、とにかく癒されます。ああ、いい時代だったんだなあって思う。
そういえば「エプロンおばさん」も好きだったな。

テレビのサザエさんは、知らない人はいない国民的番組だけど、原作漫画を読んだことない人は、案外多いんじゃないかしらん。オススメです。たまに個人病院の待合室に置いてあったりするので、出くわした時は(特に初期の作品は)読んでみてくださいな。きっと癒されますぜ。

あ、「サザエさんうちあけ話」も名作です。波瀾万丈の人生をカラッと語ってて、でもじんわり胸にしみるところがあって、ちょっと星新一のエッセイにも似たところがあって、その湿っぽくないところが(それでも泣けるところが)いとよろし。

長谷川町子全集 (1)  サザエさん 1
長谷川町子全集 (1) サザエさん 1
by Showky | 2007-04-24 05:02 | 読書 | Trackback | Comments(0)
都をどり
京都の春と言えば「都をどり」。
今年は、芸妓・豆福さんの映像を作っている関係で、すでに3日撮影で通って見てます。
見たことのない人も多いと思いますが、意外にというか、普通に面白いんですよ、エンターテイメントとして。
1回の公演は1時間。日本の四季を描いた踊りと、物語。
今年のメインの演目は「かぐや姫」。
ラストの、姫と帝の別れの場面を、踊りと唄と凝った舞台演出で見せてくれます。

集団の群舞とかもあって、なんというか、宝塚に近い感じ。

大掛かりな場面転換のセット替えが見事で、ラストに一瞬で舞台全部が満開の桜になるところは、客席から毎回どよめきがおきます。

入場料も意外に安いし、とにかく楽しめるので、気軽に足を運んでみては?

都をどり 公式サイト



by Showky | 2007-04-20 13:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)
こけた
日曜は出町ヤオモンからの生放送「トワイライト・サンデイ」
終了後は例によって、酒とかビールとか焼酎とか。
特に昨日は地元のイベントもあって賑やかだったので、久しぶりに腰を据えて飲んだ気分。
気がつくと23時30分を回ってる!
24時からF1があることを思い出して、全速力で(自転車で)帰宅するも、途中の道路上の突起物(うまく説明できないけど)をよけ損ねて、堀川通で転倒してしまった。

それでも頑張って家に帰り着いて、なんとかF1を見て、風呂に入って、たまたまテレビをつけたらやってたモータウンの映画を見て、寝て、起きたらあちこちが痛い。
ジーパンが破れるほどだったので、膝からは流血、肘も擦りむいて、吐き気もして(これは二日酔い)、ちょっとしんどい一日でした。
今日は早く寝ようと思いながら、今も飲んじゃってますが。
by Showky | 2007-04-17 03:51 | 日常 | Trackback | Comments(0)
あるシンガーとのさよなら
彼女のライブを初めて見たのはもう随分前で、その頃から歌は抜群にうまかった。
曲はブルースフレイヴァーたっぷりで、バンドも抜群に上手くて、何より‘美人’で。
そう、ブルースシンガーなのにめちゃくちゃ華奢で儚げで、だからパワーはないんだけど、それでも表現力で等身大の淋しさと苦悩と茶目っ気が伝わってくるんだな。
感想を聞かれたので、もちろん感動したことを伝えた後、何曲か持ったギターが格好だけだったので弾けないなら持たない方がいいと思ったことと、英語の発音が良くないことをいちおう伝えた。

しばらくたって、またライブを見た時は、ちゃんとギターが伴奏程度には弾けるようになってて、英語の発音もえらく上手くなっててびっくり。ちょうど彼女たちは初めてのCDも作ったところ、僕はインターネットラジオの「木屋町ゴールデンアワー」を始めたところで、ゲストに来てもらったり、臨時のパートナーになってもらったり。

彼女たちが2nd.アルバムを作った頃、僕もfm GIGを立ち上げた頃で、またまたゲストに来てもらったりイベントに出てもらったり。
2枚のアルバムとも完成度はかなり高くて、精力的にライブやイベントやコンテストなんかにも出てたんだけど、突然のバンド解散。
もしかしたらその頃から、彼女の歯車は少しずつ狂っていったのかもしれない。

しばらく音沙汰を聞かなくなったあと、新ユニットを始めたと聞いたのが3年前。
僕のライブにゲストに来てもらって、久しぶりに歌声を聞いてちょっと喋って。
ギターはうまくなってたけど、声の調子が悪そうで、もう若くはないんだから、煙草はやめた方がいいよといったら、素直に頷いてくれた。

ブルースシンガーそのまま、自分の書く歌詞そのままの飲んだくれで、でも努力家で、ストーンズと沢田研二が好きで、時々鬱になる心優しい孤独な美人、あいみちゃんが命を絶ったと聞いたのが昨日。

ばかだな。幸せだとブルースは歌えないけど、だからこそ生きて歌い続けなきゃいけないのに。でも、少しは楽になったのかな。


Blueな夜がやってくる 遊園地にはもう人もなくて
まわり続けるメリーゴーランドの上
ひとり泣いてる少女を見つけたよ

Don't cry anymore 泣かないで・・・

スローな歌が流れて人形たちも眠りにつく頃さ
早くお帰り ポップコーンをあげるよ
涙流すと切なくなるから

ピエロの衣装は少し重いけど
ママが来るまで一緒にいてあげるよ

Don't cry anymore 泣かないで・・・

「パレードのあとで」作詞:水戸愛美

by Showky | 2007-04-03 07:07 | 日常 | Trackback | Comments(10)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;