Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(44)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ゲストは法月綸太郎先生!!「..
at 2018-03-23 13:39
さらに次なるステップへ〜「第..
at 2018-01-29 11:53
2018年 最新ライブインフ..
at 2017-12-31 18:50
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
以前の記事
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
80年代アイドルポップス、こだわり名曲選
mixi日記の流れで、ちょっとメモ代わりに。

80年代のアイドルポップスの中から、エヴァーグリーンな輝きを持つ名曲をセレクトしておく。

「北風のキャロル」荻野目洋子
「未来航海〜Sailing」でデビュー以来ずっと応援してたオギノメちゃんからは、この曲。楽曲的にもシンガーとしても、「フラミンゴinパラダイス」からは名曲ぞろいで特に「六本木純情派」が最高傑作だけど、彼女の‘不良と一緒にいるけど、ほんとは真面目で純情な女の子’路線の集大成的なこの曲の切なさがね、いいんだ。「心のままに」と迷って、こっちに。




「青いスタスィオン」河合その子
秋元康の最高傑作じゃないかな。歴史的名曲。ここから「ジェシー」くらいまでの河合その子は別次元のオーラを出してたねえ。




「スローモーション」中森明菜
明菜なら当然「セカンドラブ」なんだけど、なんだろ、訳の分からない良さがあるんだ。特にメッセージもドラマもないのに、たまらなくなる。何気ない1枚の写真で胸が切なくなる、そんな曲。




「話しかけたかった」南野陽子
いじらしい乙女心の歌だけど、男にもわかる普遍性があるよね。名曲。ぽろっとギターで歌うと、余計にしみるものがあるよ。




「青春のいじわる」菊池桃子
タイトルが狙い過ぎでよくないけど、中の歌詞もちょっと技巧的だけど、彼女のイノセントな歌声で神懸かりなリアリティーをもたらしてる。女の子が「僕」で歌ってる、それだけでも高ポイント。




「卒業」斉藤由貴
説明不要ですね。松本隆と筒美京平が本気で作ると、ここまで素晴らしい曲ができあがるという、青春ポップスの金字塔。




「夏模様」柏原芳恵
代表曲はもちろん「春なのに」だけど、いろいろとトゥーマッチになりがちな彼女には、これくらいの‘淡さ’がちょうどいい。声の良さが堪能できます。ルックス的にも、この頃の彼女はかなり好き。




「制服」松田聖子
まあ、この流れなら、これでしょうなあ。彼女のシングルA面曲では「渚のバルコニー」と「小麦色のマーメイド」が好きで、それは彼女の‘小悪魔っぽさ’がよく出てるからだと思う。




「トロピカル・ミステリー」安田成美
さあて、何人がわかるでしょうか。‘名前なんて、教えないわ。当ててごらんなさい’のフレーズが秀逸。歌がうまけりゃあいいってもんではなくて、情景を思い浮かべさせることができるかどうかが、実は一番大事。そう言う意味で、安田成美の‘声’に、高橋幸宏や鈴木慶一といったソウソウたる顔ぶれが夢中になったのには、それ相応の理由があるのです。




「教室」森川美穂
‘突然ですが 退学します 今から町を出るところです’というサビが強烈な、隠れた名曲。なぜ、どんないきさつでこの曲が生まれ、彼女が歌うことになったのか知りたい。




今日のところはこれくらいにしておこう。
[PR]
by Showky | 2009-02-19 13:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://showky.exblog.jp/tb/7973687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今日は、わからん屋 HEROになる時、それは今 >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;