Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(43)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:音楽業界 ( 9 ) タグの人気記事
音楽は‘共有’するものだ
2002年、僕は友人たちに、冗談まじりにこう吹聴した。
「エイベックスは5年以内に潰れるよ」

この年、エイベックスはCCCDの導入を大々的にぶちあげたから。
僕の理論はこう(そんなタイソウなものでもない)。

CCCDを導入したところでCDの売上が増えるわけではない→そのうえCCCDには実効性がない(実は簡単にリッピングできる)→でもCCCDの開発と導入には莫大なカネがかかる→経営を圧迫する。

結果、もちろんエイベックスもバカではないので潰れはしなかったが、CCCDはもう導入されていない。いまや多くのレーベルも、事実上CCCDからは撤退していて、残ったバカはEMIだけになった。そのEMIも、東芝が手を引いたがその理由は知らない。

細かい技術論や法律論は抜きにして、僕が言いたかったのはこれ
CCCDを導入したところでCDの売上が増えるわけではない

人はなぜCD(あるいはレコード)を買うのか。

その音楽プラスαのものを所有したくなったから。
音楽そのものを買っているのではないのです。
プラスαのものを買わせるために、CDの中の音楽は存在するのです。
つまり、CDの中の音楽は、あくまで名刺代わりなのです。

え?じゃあ、音楽って・・・・。

あのね、音楽はもともと誰もが共有できる‘タダ’のものなのね。だって、本来が口伝えで伝承されて生き延びてきたものだもの。
その中で、選ばれたものだけが誰か酔狂な方に育ててもらえる(金を出してもらえる)。

僕だってさ、好きなアーティスト、好きな曲はゴマンとある。
でも実際、金を出してCDを買ったりコンサートに行くのはその一部、何かその時の自分と共感できる‘プラスα’を感じ取ったものにだけ。

小学生の頃、甲斐バンドもツイストも同じくらい好きで、歌詞も完璧に歌えたけど、お金を出して買ったのは甲斐バンドだった。実はジュリーだって、1枚もレコードは持っていない。当時の限られたお小遣いの中で、歌謡曲の中ではジュリーではなく布施明を所有することを選んだだけ。それはその歌の向こうに「今、どうしても手もとに持っておきたい」と渇望させるサムシングを感じたから。
でも、当時でも音楽はタダで手にできたから(テレビやラジオ、あるいは友達からのダビングなど)、今でもジュリーの曲は(フリ付きで)歌えるし、リスペクトも変わらない。大人になり、余裕ができてからようやくCDも買ったしDVDも買った。

つまりさ、音楽は本来、水や空気のように存在するものなんだ。
実際に触れて、初めて感動し、ありがたさを感じ、手にしたい、守りたいと思うものなんだ。

それを、簡単に触れさせないようカギをかけてしまい込むのは本末転倒。
触れられることを拒絶しているものに対して、守ろうという愛情はなかなか持てないよね。
音楽は(とりわけポピュラーミュージックは)大衆の中に飛び込んでこそ愛されるもの
よく言われる「音楽の共有は泥棒行為です」というのは、前提から間違っているのです。

だから、どんな技術を生み出しどんな法律を作ろうと「CDのコピーを止めることはできない」し「音楽の共有を止めることはできない」。善悪の設定基準が間違っているのです。

そんなんで、最近僕が仲間に言いふらしてること。

「ジャスラックは5年以内に潰れるよ」

海の向こうでは、かのプリンスが新作アルバムを全てネットで無料配信したとか。
さらにはマドンナまでが・・・
マドンナはレコード業界を捨てるのか

もちろんプリンスやマドンナは、大御所だからこんな大それたことができるんだけど、大御所だからこそ、現状に安住せず時代の先を見ようとする姿勢が素晴らしい。

僕らはすでに、メジャーレーベルの実態も、ジャスラックの実態も知ってしまってる。でも彼らはリアルな現状をおそらく知っていない。

これからどうすればいいか迷ったら、今こそもう一度胸に手を当てて考える時期かもしれない。
僕らはなぜ歌いたいのか、なぜ音楽を愛するのか

その答えはもちろん、美空ひばりやジョン・レノン、モーツァルトとだって変わらないかもしれないんだ。

・・・次回「ディズニーとジャニーズは10年以内に潰れる」編、ご期待下さい(←うそ)
[PR]
by Showky | 2007-10-12 11:48 | 音楽 | Trackback | Comments(5)
リンク・転載・引用は自由です (コピーライトはもう古い)
タイトルは、僕がブックマークしている映画批評のサイト「粉川哲夫の【シネマノート】 」に書かれている言葉。

かっこいいなあと思って。

例えば、あなたが駆け出しのマンガ家だとする。
ふと立ち寄った本屋さん。平積みの新刊本には、店員の手書きによるPOPカード(おススメ!とか、売れ筋!とかベストセラー!とか)が、同じく手書きのイラストとともに添えられている。
ふと見ると、なんとそのPOPカードのイラストが、自分の生み出したマンガのキャラクター。
そのとき、あなたは何を感じますか。

これは、何年か前にたまたま見つけたサイトに書かれてあったエピソードです。そのマンガ家さんは、その本屋と店員に対する怒りと悲しみを、切々と訴えていました。
自分の生み出したキャラクターを、作者に断りもなくなんで勝手に使ったんだって。
本屋なら連絡先も調べられるだろうに、著作権に対する意識が低すぎる、と。

僕はその言い草になんかハラが立ってね。そこは怒るところとちゃうやろ、と。
そのイラストを描いた店員さんは、ドラえもんでもガンダムでもなく、まだヒヨッコの‘あなたの’キャラクターをわざわざ選んで描いたんだ。それはきっと、そのキャラクターが大好きだったからに他ならない、
そこはその店員を見つけて、その手を取って、‘僕の描いた絵を気に入ってくれてありがとう’と言うべきところだ。

アートって何なんだ。口コミで広まるものだ。それは、‘自分の好きになったものを誰かに教えたい’という衝動だ。見返りを考えず、手間と時間を割いて注ぎ込む愛情だ。
そこまでしてもらって、なお、挨拶に来いだの、金を払えだの言うのか。そんなに大事なものなら、勝手に使われたくないものなら、金庫にでも閉まっておけばいい。誰も困りはしない。

例えば著作権にまつわる法律はいくつかあるけど、それらはたかだか法律であって真理でもなんでもない。アーティストにとって、一番大事なものを忘れてまで守るものではないよ。
[PR]
by Showky | 2007-05-07 01:14 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
CDの限界〜失われた20年
先日、それこそ20年ぶりに「PSY・S」のアルバムを聴いた。
当時、デビューアルバム「Different View」をリアルタイムで(もちろんレコードで)買ったんだよね。ラジオで聞いた「Paper Love」に惹かれて。
その後も、リリースされるたびに4枚目の「Collection」まで買いそろえて、ちょうど一般的には知名度も上がってブレイクするころに熱が醒めたってな感じ。
時代的にはちょうどレコードからCDに変わる頃で、僕も京都を一人暮らしで転々とし始めた頃で、音楽の聞き方が変わった頃だったかな。

つまり、レコードで持ってるものをCDで買い直さないまま新しい音楽に触れていったわけです。カセットテープも聴かなくなるし、ね。

レコードで持ってるものをわざわざCDで買い直すって、けっこう覚悟いるでしょ?

で、悪いことに、そういう‘好きなのにCDで買わない’アーティストの作品は、売上に残らないのでCD化されても今やどんどん廃盤になってるのね。
そのうち買いそろえようと思ってたのが、気がついたらみんな廃盤なんてのもザラ。せっかくの名盤も、そんな風に埋もれていってるのってたくさんあると思う。
70年代のものは、いろんなメディアでいろんな人が語ってるから評価も固まっていて、割と再発されることも多いんだけど、不幸なのは80年代半ばまでの作品達。
レコードで持ってるのに聞けないわ、CDでは入手できないわでは、立つ瀬がないさね。

かと言って、CDはそれなりにコストがかかるので(でも売値は下がってるので)、レーベルも辛いところなのもわかる。
だからこそ、CDにこだわらず、まず作品を世に残して伝えることに腐心してほしい。
まずは音を聴かないと。ネット配信でもいいやん。そこから改めて‘(CDとかDVDとか)ちゃんとした形で所有したい’って気持ちもわくわけだからさ。
簡単に廃盤にしておいて、ネット共有やYouTubeを非難するのはナンセンスだと思うな。

ともかく、久しぶりに聴いた「PSY・S」はとってもよかった。個人的にはやはりデビューアルバムが一番好き。人に勧めたくてしょうがない。
ついでに、当時聴いていた日本のロック・ポップスを改めて聴き直して再評価したい。

そんなこんなで、fm GIG「ムーンライト・ブレイクSaturday」で、80年代の日本のロックを改めて特集します。The Modsのドラマー梶浦が脱退したというショックなニュースも飛び込んできたし、まずはその頃のビートロック(ARBとかルースターズとかスターリンとか)から。お楽しみに。
[PR]
by Showky | 2007-03-16 05:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
東芝EMI
音楽事業から撤退するそうな。
その昔は、日本をロックシーンを支えるビッグなレコード会社だったんだけどね。

詳しいいきさつなど知る由もないけど、今や、ストーンズやポールやジョンのアルバムを平気でCCCDでリリースするような腐った会社だから、個人的には音楽事業から撤退して当然の結果だと思う。
音楽を愛せない連中が、音楽業界から消えてくれるだけでも清々しい気分だ。

ソ○ーの雲行きも怪しいし、あとはJ○SRACが消えてくれるのを指折り待つのみ。
[PR]
by Showky | 2006-12-15 01:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
バンドのススメ
もしあなたが何か楽器を演奏する事ができて、まだバンドを経験した事がないのなら、是が非でもバンドをやることをお勧めします。
いや、別にそんな大げさなものでなくてもいいので。
もちろんひとりで弾き語りやるのも、ひとりで打ち込みで曲を作るのも、気楽で気を遣わなくていいけど、例えばギター2本でも、あれこれ言いながら曲を仕上げていくのは、楽しいですよ。
作ったときのイメージとはまったく違う風に仕上がっても、それがまた面白い。

だからね、楽器を始めてそこそこ自信がついたら、誰かと組んでみよう。
いろんな人に声をかけて、カバーでもオリジナルでも何でも一緒に演奏して、で、気が合う人に出会ったらもっと深く曲作りに取り組んで。

いろんな人の手を経過すればするほど、曲というのはブラッシュアップされて無駄のないものに仕上がっていきます。

自分で作ったものを自分でカットしていくのは、なかなかできないことだからね。
どうしても無駄に長いものになってしまう。
ソロでやってる子の曲を聴いたりすると、ああ、もっと短くすれば皆に聞いてもらいやすくなるのにと思う事がしばしばあるわけですよ。

曲作りだけじゃなくて、演奏や歌にしても、誰かに聴いてもらって、お愛想ではない厳しい意見をいってもらって初めて成長する訳だし、人の演奏を聴いていい所や悪い所を判断する事でもそう。

ただ、難しいのは、若い頃はいろいろ言ってもらえるけど、言われるとムカツクのでなかなか素直に耳を貸せない。
年を重ねると人間も丸くなって人の意見にも耳を貸せるようになるけど、今度は周りが何も言ってくれない。

でも、バンドを通してセッションやジャムに慣れていると、素直に意思の疎通ができたりするわけですよ。‘お、やるな’とか、‘じゃ、こうしてみよう’とか、‘ここがまだまだやなあ’とか。

ま、実際バンドを始めると人間関係がやっかいだけどね。それもまた、人生。振り返れば楽しいもんですぜ。
[PR]
by Showky | 2006-06-02 10:51 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
才能に関する究極の選択
まずはお題。

“すごくイイ奴だけど、才能はない”人物と、“なんかヤな奴だけど、才能のある”人物

どっちと付き合いますか?

どうだろうねえ、難しい質問ですな。才能なんて簡単には推し量れないからね。
ただ、僕の場合は無意味な遊びをするのは好きではないので、どうせ同じ時間を過ごすなら、刺激的な人といる方が楽しい。才能や教養や知識やセンスのある人は、それがどんな些細なことであれ、話を聞くだけでも楽しいですよ。性格に少々難点があろうとも、大して気にはならない。

で、そこで疑問が頭にもたげて来るわけですね。

才能があるけどイヤな奴って、いるんだろうか。

だいたいヤな奴って、自分は大したこともできないくせに、他人のことをとやかく言ったりケチをつけたり怒ったり威張ったりする奴でしょ。

じゃあ、明らかに自分や周りの人間より優れた能力があって、それでもってなんかヤな奴って、いるんだろうか。

いたねえ、いたいた。高校時代にも予備校時代にもバンドを始めた頃にも、ハナにつく奴って、いたよ、確かに。

でもね。今あらためてそいつのことを思い出した時に、無邪気な顔ばかり思い浮かぶのね。ああきっとあの時、あいつは自分なりに一生懸命自分のできることをしようとしてただけなんだって。ただ自分を認めてもらいたかっただけなんだって。そういえば、あいつは誰の悪口もカゲ口も言ってはなかったなって。
みんながなんでそいつにムカついてたかって言えば、その無邪気さが気に喰わなかったわけで、それって結局、“ねたみ”だったんだって。

目標を見失ったりして自分に自信がない時って、他人のことばかり気になるからね。なんであいつばっかり、とか、なんであの娘がいいの?、とか。

でも目標が定まったときは、みんな今度は自分に必死で、他人のことなんか気にしてるヒマはない。“どうすれば自分はもっと向上できるだろうか”って、頭にはそればっかり。そういう人は、無神経に見えたりエキセントリックだったりして、ねたみもたくさん受けるかもしれないけど、キラキラ輝くのもそういう時。僕もいつのまにか人を育てるようなトシになっちゃったから、そういう人にはできるだけ力になりたいと思う。その子の人生に何かの影響を残せるのなら、知ってる限りのことを教えてあげても別に惜しくはない。

逆に、別に攻撃もされてないのに他人をやたらとヤな奴だと思うようになったら、それは黄色信号。あなたはどんどん孤立してしまう。誰かに対して直接本人に言えないことばかり頭に渦巻きだしたら、かなりの重症。あなた自身が、とてもヤな奴になってるかもしれない。

まあ、まずは二十歳の頃の自分に言ってやりたいですが。
[PR]
by Showky | 2006-05-16 06:07 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
セキュアCD
ついにストーンズのニューアルバム「A Bigger Bang」が発売されました。
肝心の内容については後日レビューするとして、まずは気になる‘セキュアCD’問題。
先だってあるサイトで詳しいレポートが公開されていたので、こちらをご覧あれ。
結論としては、CCCDよりはいろいろ改善されているが、やたら手間がかかる、といったところかしらん。

どっちにしろ

Macに放り込めば、普通にiTunesに取り込めたことを報告しておきます。もちろんあとは、iPodに転送しようがCD-Rに何枚コピーしようが自由自在。

なんつうか、EMIの皆様、ムダなことに莫大な開発費を投入してご苦労様なことです。
[PR]
by Showky | 2005-09-03 00:04 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(3)
著作権の行方
今、ちょっと話題のこのニュース。
私的録音録画補償金、制度見直し?——結論は出ず

とにかく著作権については、法律や判例などを読めば読むほど、いかに現実に即していない古いものか痛感するのですよ。

とりわけ問題なのが、当事者である(いくつかの)レコード会社や著作権管理団体などが時流をまったく読めておらず、ひたすら変わることを恐れて守るのに必死な感じなこと。いずれそのまま朽ち果ててゆく古木のような感じ。

法律なんて、‘守るために存在する’わけではないと思うんですけどね。もっと守るべき本質的なものがあるだろう、と。

彼らの対応を見るたびに、中島みゆきの「世情」が頭に流れます。
[PR]
by Showky | 2005-08-28 12:33 | 音楽 | Trackback | Comments(3)
セキュアCDだって
まずはこれを。
要するに東芝EMIは悪名高いCCCDからは撤退せず、なんの意地かは知らないけど無駄な努力をし続けるそうな。とにかく突っ込みどころ満載。こんなんで勝てると思ってるところが信じられない。
CCCDにしろレーベルゲイトCDにしろ、開発には相当の金と時間がかかったと思うんだけど、Macに突っ込めば何の問題もなくリッピングできて、大笑いさせていただいたしねえ。今回のセキュアCDとやらは、どんな仕上がりかある意味楽しみ。

CCCD撤退発表後、どっかのインタビューでAVEXの担当者が、「音楽ファンから目の敵にされて叩かれたのが辛かった」と語っていたけど、本音だと思う。音楽が好きでレコード会社に入ったのに、同じ音楽ファンから嫌われたら辛いよね。
音楽は夢を売るのが仕事だろう、と。コピーは何回までとか、何をケチくさいことにこだわってるんだ、と。

もうすぐ出るストーンズのCDが東芝EMIからセキュアCDで出るとかで、それがかなり残念。逆に、キースが噂を聞きつけて、「ふざけたことをするな、ボケ」とか一喝してくれるとうれしい。
[PR]
by Showky | 2005-08-22 11:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;