Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(43)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:旅日記 ( 5 ) タグの人気記事
極寒北海道遠征日記その5〜2/13 旅の終わりは旅の始まり
2月13日(土)極寒北海道遠征日記その5

そんなわけで軽く二日酔いな朝、温泉に入って朝ごはんを食べて、ホテルをチェックアウトして、アートインへ。

アートインには伴夫婦の他、アート作家の方々が宿泊してるんだけど、皆さん意外と早起き。外やアトリエスペースで作業をしてます。

僕はそんな朝早くからは活動しない主義なので、ロビースペースで横になりつつ、この旅で仲良くなった皆さんと談笑。昨夜は楽しかったですね。

11時になって体も温まったので、もう一度周辺を散策。アートインから歩いて数分のところに、有名な足湯のある温泉川とちょっとした森があって、そこかしこにアート作品が展示・設置されてます。雪景色の中に突如現れるオブジェたち。シュールさが楽しい。
a0038006_10252188.jpg

a0038006_10283454.jpg


再びアートインに戻って今回の最後の仕事、伴英将「苦い林檎酒」のPV撮影。そりゃこんな環境で撮れば、不思議な「絵」になるよね。完成をお楽しみに。
a0038006_10254326.jpg

a0038006_10244344.jpg


そんなことをしているうちにお迎えのタクシーが来まして、いよいよ川湯を去る時間。

たぶん1泊や2泊しかしてなかったら、きっとなかなか打ち解けられなかったような様々な分野の(とくにアート方面)方達と仲良くなれたのがうれしい。

お芝居でも映像でもアートでも、そして僕らがやってる音楽も、門外漢という立場から見ると“魔法”のように感じられて、どうしても気軽に声をかけられない(妙な質問をしたら馬鹿にされるんじゃないか、みたいな)気持ちになるものだけど、いい意味でみんな、根っこは“普通”なのよね。

それぞれが自分の作った料理を持ち寄ってパーティーをするみたいに、それぞれに“才能”を持ち寄ってパーティーをする、それがきっとこの企画の主催者である今井さんのイメージしたことではないかと、同じくそんなことが大好きな僕は感じたのであります。

なんにしても、この場所でそんなことを思いついて実現させて継続させてるそのパワーは凄いよね。負けてられないや。

女満別空港までは左近さんと一緒にタクシーで。美幌峠を越えるルートで、運転手さんが気をきかせて頂上の展望台で車を停めてくれて、凍った屈斜路湖を一望。まさに異国のような北国の眺め。素晴らしい。
a0038006_10272513.jpg

a0038006_10273741.jpg


空港で僕はソースカツ丼を食べて、千歳空港で乗り換え。けっこう時間があったので人気の「一幻」のえびしおラーメンを食べて、無事に神戸空港まで帰り着きました。行きも帰りもめっちゃ揺れた。
a0038006_10274715.jpg

a0038006_10293492.jpg

a0038006_10281492.jpg


北海道も、それも道東がまるで大阪や名古屋くらいに感じられてるので、また夏や冬にちょこちょこ行くでしょう。

今度は君も一緒に行こう。いろんなところへ行こう。いろんな人と会おう。


□情熱をカタチにしてみないかい?手を貸すぜ。
■冴沢鐘己

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
・あなたの様々な気持ちを受け止める音楽を生み出す万能シンガーソングライター
・小さな輝きも見逃さず、あなたを最大限に輝かせる情熱プロデューサー
・子供からご年配まで思わず踊りだすイベントには欠かせない、熱くて爽やかなシンガー
・目を引くポップでオシャレなデザインが特徴の(ちょっと頑固な)クリエイター。
・あなたの魅力を最大限に引き出す日本最大のインターネットラジオ「fm GIG」の代表
・生き方は誰もが憧れる自由闊達なロックンローラー

TIME FOR LOVE」を率いて、2枚のアルバム「心地よく秘密めいた場所」「何かが道をやってくる」とシングル「夢を見るかもしれない」、絶賛発売中。

試聴はこちら

公式ホームページはこちら
facebookページはこちら
Twitterはこちら

また、BBガールズ、籾井優里奈、安部美香、山下圭志、あきっすん、といった個性的なアーティストをプロデュース。
詳しくはPALMTONE RECORDSまで。ほとんどのジャケットデザインやフライヤーデザインも手がけています。

講演のご依頼もどうぞ。
講演「情熱の羅針盤」ダイジェスト

◯ラジオレギュラー
「ムーンライトブレイクSaturday」(fm GIG)毎週土曜21:00〜25:30
「インディーズオー!オー!」(fm GIG毎週木曜21:00〜22:00

お問い合わせは、パームトーン・エージェンシーまで。
[PR]
by showky | 2016-02-18 17:21 | 日常 | Trackback | Comments(0)
極寒北海道遠征日記その4〜2/12 真面目な講演からアートなセッションまで
2月12日(金)極寒北海道遠征日記その4

とにかくぐっすり寝て、8時に目覚めて朝ごはん。11時にアートインに集合し、今井さんの車で向かったのが、川湯ふるさと館。ここで僕が講演をさせていただくのです。

内容はこんな感じ。
「えこまち情報セミナー」
・てしかがえこまち推進協議会情報部会主催 受講無料
15年前WEBラジオ局を立ち上げ国内で最大級に発展させたfmGIG代表、冴沢鐘己氏。滋賀においてインターネット創世記からHPに注目。滋賀県の民間ポータルサイトとして機能させたヤマダプランニング社長の左近満男氏。インターネット創世記から関わってきたお二人が地域におけるWEB利用の広報戦略について話す。

一緒に講演をさせていただく左近さんは東近江から来られてまして、さすがの今井人脈、関西人が大集結ですな。
a0038006_1982976.jpg


会場の川湯ふるさと館は、いわゆる市民活動センターみたいなところで、入り口すぐに準備された部屋には、50人以上は入れる体制が。
軽く打ち合わせをし、僕もしゃべることをまとめたところで、開演。

なんと、地元の弟子屈高校の生徒さんたちが授業の一環として30人ほど集まって、もちろん大人の方々も集まってこられて、60人以上の満席になってます。

司会の曽我未知子が軽妙なトークで場の空気を和らげて、観光協会の会長に続き今井さんの挨拶、そしてまずは左近さんのお話。
プロジェクターを駆使し、作り込まれたプレゼン資料はわかりやすくて、さすがプロですね。滋賀県の魅力を伝えつつWEBの活用法についてわかりやすく話されました。

持ち時間はそれぞれ30分。いよいよ僕の出番となり、今回は高校生の皆さんを対象にして、マイクを持って立って話すことにしました。

去年の講演会「情熱の羅針盤」で話したことをもちろんベースにしたのだけど、もっとリアルに、コミュニケーションの本質からメッセージの伝え方、チームの作り方、育て方の具体例を話し、あくまでもその先に、ツールとしてのインターネットがあるのだよ、というお話をしました。

なんだかんだで夢は持てば広がっていくのだよ、この弟子屈の街で君の胸に灯った情熱の炎は、いつか必ず京都にいる僕はもちろん、世界中へと広がっていくのだよと、まあそんなお話。
a0038006_1983979.jpg


目を輝かせて聞いてくれてる姿を見て、僕もほっとしました。呼んでいただいた期待には、なんとか応えられたかな。

午後4時には終わっていったん解散。昼を食べてないぞ。

定食屋さん系はどこももう閉まってるので、ちょっと奥まで歩いて入ったのがノーブルという喫茶店。いただいたのは、摩周ポークカレー。豚バラ肉がトロトロで美味しかった。
a0038006_1983466.jpg


夜6時に再びアートインに集合すると、すでに今夜のメインイベント「アートフェスティバル受賞者ライブ」と交流パーティー、さらには特別ゲストACOON HIBINOさん(昨年度日本レコード大賞企画賞受賞)のミニライブの熱気でむんむん。
a0038006_1984591.jpg


受賞者のひとり、シンガーソングライターPETAさんとは十数年ぶりに再会で、その時はちらっと京都での演奏のお手伝いをさせていただいたのだけど、覚えててくださっててびっくり。
a0038006_1985322.jpg


今回僕は審査員ということで、6組の方の音源を事前に聞かせていただいたのだけど、今回あらためて生で聞かせていただいて、やはり音楽はライブで聴くのが一番なのだと再確認。
結局アートって、どこまでいっても“人柄”と一体なのね。その人がどういう暮らしをして、どんな人生を歩んできたのか、そこに一瞬でも触れれた時に感動は生まれるのです。

日本各地から、自分の子どものような作品と感性を抱えてアーティストが辺境の地に集まり、同じ時間を過ごす、アートはそこへ向かいそこからまた旅たつ、そんな気がした夜でした。

僕は音楽家だからミュージシャンの人間性はわりとすぐ“読める”のだけど、演劇人や映画人、画家やアート作家さんはどうしても最初は“人見知り”の壁を感じて、なかなか打ち解けるのに時間がかかるのね。でも3日も一緒にいて酒を飲んでると、ああ、結局根っこはおんなじなんだよなと安心してきます。

だから、この日の夜、セッションタイムになってからが本当に楽しかった。HIBINOさんや今井さんと演奏したり、昼間高校生たちを引率してた先生がドラマーで一緒に即興プレイしたり、曽我未知子が女優の深田徳子さんと漫才したり、23才の釧路在住のシンガーSeiyaくんとミスチルvsジュリー対決したり、田村まさかさんの“古畑任三郎モノマネ”で大笑いしたり、渡辺監督のリクエストで布施明やチェッカーズを歌って、徳子さんにハモってもらったり、アート作家の本間さんや関口さんに昼間の講演を褒めてもらったり。
a0038006_1984995.jpg

a0038006_1985824.jpg


次またいつ会えるかはわからないけど、また会える日を楽しみに。そう、それが人生の一番素敵なところ。
a0038006_199429.jpg


このツアーで初めてブレーキをかけずに酒を飲んで、それでもちゃんと宿に戻って、風呂に入らずに寝てしまった。

(続く)

□情熱をカタチにしてみないかい?手を貸すぜ。
■冴沢鐘己

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
・あなたの様々な気持ちを受け止める音楽を生み出す万能シンガーソングライター
・小さな輝きも見逃さず、あなたを最大限に輝かせる情熱プロデューサー
・子供からご年配まで思わず踊りだすイベントには欠かせない、熱くて爽やかなシンガー
・目を引くポップでオシャレなデザインが特徴の(ちょっと頑固な)クリエイター。
・あなたの魅力を最大限に引き出す日本最大のインターネットラジオ「fm GIG」の代表
・生き方は誰もが憧れる自由闊達なロックンローラー

TIME FOR LOVE」を率いて、2枚のアルバム「心地よく秘密めいた場所」「何かが道をやってくる」とシングル「夢を見るかもしれない」、絶賛発売中。

試聴はこちら

公式ホームページはこちら
facebookページはこちら
Twitterはこちら

また、BBガールズ、籾井優里奈、安部美香、山下圭志、あきっすん、といった個性的なアーティストをプロデュース。
詳しくはPALMTONE RECORDSまで。ほとんどのジャケットデザインやフライヤーデザインも手がけています。

講演のご依頼もどうぞ。
講演「情熱の羅針盤」ダイジェスト

◯ラジオレギュラー
「ムーンライトブレイクSaturday」(fm GIG)毎週土曜21:00〜25:30
「インディーズオー!オー!」(fm GIG毎週木曜21:00〜22:00

お問い合わせは、パームトーン・エージェンシーまで。
[PR]
by showky | 2016-02-17 09:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)
極寒北海道遠征日記その3〜2/11 釧路川源流はどこまでも透明で、知床の狐は人懐っこい
2月11日(木)極寒北海道遠征日記その3

この日はなんと朝6時に起床。朝ごはんも食べずにロビーに降りてって、身につけたのはドライスーツ。
a0038006_13582937.jpg


実は着いた日にホテルのエレベーター前に貼ってあった「釧路川源流川下りカヌー体験」を見て、曽我未知子がこれに参加してレポートしようと言い出したのね。

昼からでもいいかなとか言ってたら、人気で朝イチか枠しか空いてませんと言われて、とんでもなく早起きする羽目に。

僕らを迎えに来たネイチャーガイドの吉田さんは実は京都の亀岡出身で、北海道に移住して10年以上になるんですって。

ドライスーツはひとりでは着れないんで、ほとんど着せてもらう状態で身につけて、長靴も履いて完全武装で、車に乗って屈斜路湖畔まで。
a0038006_13575589.jpg


なにせ風が強くて寒い。参加者は僕らを含めて6名。一組は中国からのカップル。
車から7人乗りカヌーを降ろして、いざ川下りのスタート。
a0038006_13575034.jpg


これがまた、川に降りてしまうとピタッと風が止んで寒さも和らぐのね。
釧路川の源流は地下からの湧き水で常に水位が一定だから、岸ができないのでギリギリまで木々や葦が生えてて、それで風が吹き込まないんだって。
a0038006_13584550.jpg


この季節は、本当なら周囲の木々は樹氷に覆われてるのだけど、今年は暖かくて樹氷はできず、かわりに雪が積もって、それはそれで綺麗なんだそう。確かに。
a0038006_13585243.jpg


川を下りながらの吉田さんのガイドがとても楽しく、とりわけ鳥に詳しくって、遠くのちっちゃな姿を見つけてすぐに、あれはナントカ!って鳥の名前を教えてくれます。

水はどこまでも透明で、ときおり川底にクレソンも見えて、岸からの木の枝は僕らの頭上を何度もかすめて、とても楽しいツアーでした。
a0038006_13585984.jpg


ホテルには9時前に戻って、大急ぎで朝ごはんを食べて、続いてはレンタカーを借りて、向かうは知床。

車で、初めて知床半島を目指すのですよ。

ひとまず斜里駅近くの道の駅「しゃり」に向かって、2時間ほどで到着。
途中にオシンコシンの滝というのがあるんだけど、これが凄くて、国道からすぐのところにあるので、車を停めて数分歩くだけで迫力ある滝が目の前に見れるのよ。ちょっと感動。
a0038006_1359975.jpg


道の駅ではお昼ご飯に鮭の親子丼と知床チェブ饅というシャケの饅頭を食べて、いよいよ知床五湖を目指して出発。
a0038006_1359175.jpg


峠道はもちろんアイスバーン。ちょっと運転を誤ると崖から真っ逆さまだぜとワクワク、じゃなくてハラハラしながら走ってると、目の前になんと子狐が。野生のキツネを初めて見たよ。でもってこの子が、なぜか近づいても逃げもせず、むしろ車を追いかけてくるのね。さては誰かがエサをやってその味を覚えたか。
a0038006_13592239.jpg


そして国道の別れ道から知床五湖への道をしばらく行くと、なんと行き止まり。雪のために通行禁止になってた。残念。
a0038006_13593012.jpg


しょうがなく引き返して、さっきの道の駅の手前にあるウトロ港に立ち寄ることに。
ここにはゴジラ岩と呼ばれる不思議な形の大きな岩がいくつかあるのね。なんでこんな形になったのだろう。台湾で見たクイーンズヘッド同じ原理なのかな。
a0038006_13593717.jpg

a0038006_13594282.jpg


この辺りはどの店にもイクラ丼があるんだけど、一休庵というお店を吉田さんに勧めていただいたので、入ってみることに。
この日2杯目の鮭の親子丼は、こちらは鮭の“漬け”が入ってて、確かに絶品。美味しかった。
a0038006_13594741.jpg


川湯に戻る道すがらで少しずつ夕暮れになって、美しい風景が次々現れるんで何度も車を停めて写真を撮って、無事に宿に戻ったのが夜の6時。あっという間にあたりは真っ暗。
a0038006_13595180.jpg

a0038006_13595564.jpg


この日の夜のメインは渡辺浩司監督の短編映画上映会。3本あった中で最新作「今日は、何の日。」が川湯温泉や屈斜路湖を舞台にした作品で、伴英将の尺八が全編にフィーチャーされてます。撮影のメイキングなんかも見せていただいて、いろいろ勉強になったし、楽しませいただきました。

上映会の後は、前夜お芝居を見せてくださった深田さん夫妻が北海道の手料理をふるまってくださってのパーティー。楽しみなことこの上なし。
a0038006_1435929.jpg

メニューは鹿肉とマトンに焼肉。ジンギスカンはたいていラム(子羊)で、大人のマトンは独特のクセがあるんだけど、さすがに本場の北海道、とても食べやすくて美味しい。
鹿肉も基本は赤肉で、噛めば噛むほど美味しい。
a0038006_144269.jpg

その他に大量のいなり寿司と新鮮なサラダ、まるで蛤のような大きなアサリ汁などなど、手作りの味で堪能。参加されてるアーティストの方々ともだんだんと打ち解けて、会話も盛り上がってきたところで、今井さんの号令で一同外へ。

なんと、-7℃の中で極寒バーベキュー。食材は岩牡蠣にムール貝に巻貝。
でもこの時点でお肉やら食べたり酒を飲んでるので、それほどは寒くないのよ。真冬の夜の屋外で貝づくしのバーベキューはなかなかにオツ。特にムール貝なんてなかなか食べないよ。
a0038006_145387.jpg

ひとわたり食べ尽くしたところで、再びアートインの会場に戻って、今夜のメイン企画「伴英将&伴蒼翠 尺八と書のアートライブ」開演。
a0038006_1454415.jpg

アートインには一部屋、伴蒼翠がプロデュースした部屋があって、寝室の壁に沿って王羲之の「蘭亭序」が彼女の手で書かれてるのね。よくわからないととても不気味なんだけど、内容的にはそんなおどろおどろしい文章ではないそうで、今回は初の試み、なんと紙芝居でその書にまつわる物語を、伴蒼翠が語るのです。もちろん伴奏は尺八。

登場人物はもちろん中国人なのに、みんな関西弁なのが面白かった。ちょっと勉強になった。

その後はお馴染みパフォーマンス書道。だんだんとアクションも板についてきて、今回はでっかく「藝術」の書が完成。お見事。
a0038006_146457.jpg

その後もさらに宴は盛り上がっていくのだけど、僕らは6時に起きて以来お昼寝もしてないので、ここでギブアップ。宿に戻って、無事に3日目を終えましたとさ。
a0038006_1463393.jpg


(続く)

□情熱をカタチにしてみないかい?手を貸すぜ。
■冴沢鐘己

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
・あなたの様々な気持ちを受け止める音楽を生み出す万能シンガーソングライター
・小さな輝きも見逃さず、あなたを最大限に輝かせる情熱プロデューサー
・子供からご年配まで思わず踊りだすイベントには欠かせない、熱くて爽やかなシンガー
・目を引くポップでオシャレなデザインが特徴の(ちょっと頑固な)クリエイター。
・あなたの魅力を最大限に引き出す日本最大のインターネットラジオ「fm GIG」の代表
・生き方は誰もが憧れる自由闊達なロックンローラー

TIME FOR LOVE」を率いて、2枚のアルバム「心地よく秘密めいた場所」「何かが道をやってくる」とシングル「夢を見るかもしれない」、絶賛発売中。

試聴はこちら

公式ホームページはこちら
facebookページはこちら
Twitterはこちら

また、BBガールズ、籾井優里奈、安部美香、山下圭志、あきっすん、といった個性的なアーティストをプロデュース。
詳しくはPALMTONE RECORDSまで。ほとんどのジャケットデザインやフライヤーデザインも手がけています。

講演のご依頼もどうぞ。
講演「情熱の羅針盤」ダイジェスト

◯ラジオレギュラー
「ムーンライトブレイクSaturday」(fm GIG)毎週土曜21:00〜25:30
「インディーズオー!オー!」(fm GIG毎週木曜21:00〜22:00

お問い合わせは、パームトーン・エージェンシーまで。
[PR]
by showky | 2016-02-15 18:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)
極寒北海道遠征日記 その2〜2/10 昭和歌謡コンサート編
2月10日(水)極寒北海道遠征日記その2

KKRかわゆの朝食はバイキングではなく、一人ずつ用意されてる旅館形式。こっちの方が好きだな。ポテトサラダと牛乳が特別に美味しい。
a0038006_13432558.jpg


11時にアートインで伴夫妻、今井さんと合流し、とりあえず弟子屈ラーメンでお昼ご飯。ここにも中国人の観光客が大量に押し寄せていてけっこう待たされたけど、有名なだけあって美味しいよ。
a0038006_13434348.jpg


そして向かったのは摩周という特別養護老人ホーム。昭和歌謡コンサートをさせていただくのです。
立派なステージのあるホールに60人以上の方が集まってて、弟子屈ロータリークラブ会長のご挨拶の後、まずは伴夫妻による尺八と箏の演奏で開演。
a0038006_13435978.jpg

a0038006_13441049.jpg


そしてTIME FOR LOVEは鉄板のこの選曲で。

1.俺は待ってるぜ (石原裕次郎)
2.悲しき口笛(美空ひばり)
3.霧の摩周湖(布施明)
4.函館の女(北島三郎)
5.君恋し(フランク永井)
6.さらば恋人
7.シクラメンのかほり
8.星影のワルツ (千昌夫)
9.星の流れに (菊池章子)
10.上海帰りのリル (津村謙)
10.かえり船
11.達者でナ (三橋美智也)
12.憧れのハワイ航路 (岡晴夫)
13.お富さん (春日八郎)
14.有楽町で逢いましょう (フランク永井)
15.東京ラプソディー (藤山一郎)
16.銀座カンカン娘(高峰秀子)


a0038006_13441557.jpg


もちろん最後は大合唱で盛り上げたよ。終わった後わざわざ楽屋まで声をかけに来てくださる方もいて、こちらも感激。

今井さんにもコンサートの流れの良さを褒めていただきまして、いったん夜まで自由行動。

日が暮れると川湯温泉街一帯はこのアートフェス期間中ずっと通りのあちこちにアートな作品が置かれてたり、キャンドルでライトアップされてて、雪景色の中、とても幻想的な光景。
a0038006_13444441.jpg

a0038006_13444951.jpg


「ふしぎや」でモヒートを呑んでひと息ついた後、伴さんと合流して「味楽寿司」へ。川湯に来たならここに来ないとね。
a0038006_13445411.jpg


鯵やカンパチ、ウニに内子、さらには蛸の赤ちゃんなどなど、絶品のお寿司をいただきました。しあわせ。
a0038006_1345192.jpg

a0038006_13453292.jpg



夜7時を回って、アートインでは今夜の演目、ふたり芝居「眠っちゃいけない子守唄」を鑑賞。
お芝居を見るのなんて久しぶり。しかも至近距離で。別役実脚本によるシュールな世界観がなんだか冬の北海道にぴったりなのよね。
a0038006_13453828.jpg


観劇の後はそのまま、軽くパーティー。まだイベントは始まったばかりで、到着されてないゲストの方もいるので、まだちょっとそれぞれに緊張した雰囲気もあるよね。
a0038006_13454331.jpg

a0038006_13454883.jpg


いつもの旅だと、初日から伴さんとガンガン呑んで連日二日酔いなんだけど、今回は宿が別で、深夜に零下の雪の街をホテルまで歩くのは避けたいので、早めに僕と曽我未知子は退散。明日は早起きなのです。
a0038006_1346069.jpg

a0038006_13481151.jpg


□情熱をカタチにしてみないかい?手を貸すぜ。
■冴沢鐘己

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
・あなたの様々な気持ちを受け止める音楽を生み出す万能シンガーソングライター
・小さな輝きも見逃さず、あなたを最大限に輝かせる情熱プロデューサー
・子供からご年配まで思わず踊りだすイベントには欠かせない、熱くて爽やかなシンガー
・目を引くポップでオシャレなデザインが特徴の(ちょっと頑固な)クリエイター。
・あなたの魅力を最大限に引き出す日本最大のインターネットラジオ「fm GIG」の代表
・生き方は誰もが憧れる自由闊達なロックンローラー

TIME FOR LOVE」を率いて、2枚のアルバム「心地よく秘密めいた場所」「何かが道をやってくる」とシングル「夢を見るかもしれない」、絶賛発売中。

試聴はこちら

公式ホームページはこちら
facebookページはこちら
Twitterはこちら

また、BBガールズ、籾井優里奈、安部美香、山下圭志、あきっすん、といった個性的なアーティストをプロデュース。
詳しくはPALMTONE RECORDSまで。ほとんどのジャケットデザインやフライヤーデザインも手がけています。

講演のご依頼もどうぞ。
講演「情熱の羅針盤」ダイジェスト

◯ラジオレギュラー
「ムーンライトブレイクSaturday」(fm GIG)毎週土曜21:00〜25:30
「インディーズオー!オー!」(fm GIG毎週木曜21:00〜22:00

お問い合わせは、パームトーン・エージェンシーまで。
[PR]
by showky | 2016-02-14 19:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)
極寒北海道遠征日記 その1〜2/9(火)
2月9日(火)極寒北海道遠征日記その1

ツアーとしては去年の夏以来、すでに4回目となる北海道ツアー(個人的には去年の10月に打ち合わせで来た)。
真冬に来るのは2014年の1回目以来だから2年ぶり。
その時は爆弾低気圧とやらによる大雪で、先に行ってた伴さんが網走に3日間足止めされて合流できなかったというメモリアルな旅だったけど、今回は一緒に名古屋空港から出発したので安心。

お昼過ぎの便で名古屋空港を出て、かつてないほど激しく揺られながら女満別空港に着いたのが夕方。今年は稀に見る暖冬なので雪は少ないなあと思ったのだけど、そこからお迎えの車に乗って弟子屈町までの峠を越えるうちにみるみる雪景色に。一時はホワイトアウト状態になってどきどきしながら、1時間ほどで、懐かしくも見慣れた川湯温泉街に到着。あたりは白銀の世界。
それでも、迎えに来てくださった観光協会の方によれば、今年は暖かくて雪は少ないんだって。

a0038006_13314884.jpg

a0038006_13315674.jpg


やたらとアートでけったいな部屋ばかりのホテル「アートイン」に着いて、オーナーであり今回僕たちが参加するイベント「極寒アートフェス」のプロデューサー、今井さんと挨拶をし、伴さんはそのままアートインに、僕と曽我未知子はすぐ近くのホテル「KKRかわゆ」にテェックイン。

この日はとりあえず蝦夷鹿定食を食べたあと、居酒屋で打ち合わせというわけでもない宴会をし、ガンちゃんのいる「ふしぎや」で一杯飲んで解散。

a0038006_133244.jpg

a0038006_13322289.jpg


アートインはかけ流しの源泉が堪能できる露天風呂が売りだけど、KKRかわゆもかけ流しなんで一晩中露天風呂に入れるので安心だぜ。

a0038006_13321453.jpg




□情熱をカタチにしてみないかい?手を貸すぜ。
■冴沢鐘己

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
・あなたの様々な気持ちを受け止める音楽を生み出す万能シンガーソングライター
・小さな輝きも見逃さず、あなたを最大限に輝かせる情熱プロデューサー
・子供からご年配まで思わず踊りだすイベントには欠かせない、熱くて爽やかなシンガー
・目を引くポップでオシャレなデザインが特徴の(ちょっと頑固な)クリエイター。
・あなたの魅力を最大限に引き出す日本最大のインターネットラジオ「fm GIG」の代表
・生き方は誰もが憧れる自由闊達なロックンローラー

TIME FOR LOVE」を率いて、2枚のアルバム「心地よく秘密めいた場所」「何かが道をやってくる」とシングル「夢を見るかもしれない」、絶賛発売中。

試聴はこちら

公式ホームページはこちら
facebookページはこちら
Twitterはこちら

また、BBガールズ、籾井優里奈、安部美香、山下圭志、あきっすん、といった個性的なアーティストをプロデュース。
詳しくはPALMTONE RECORDSまで。ほとんどのジャケットデザインやフライヤーデザインも手がけています。

講演のご依頼もどうぞ。
講演「情熱の羅針盤」ダイジェスト

◯ラジオレギュラー
「ムーンライトブレイクSaturday」(fm GIG)毎週土曜21:00〜25:30
「インディーズオー!オー!」(fm GIG毎週木曜21:00〜22:00

お問い合わせは、パームトーン・エージェンシーまで。
[PR]
by showky | 2016-02-14 13:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;