Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:中島みゆき ( 3 ) タグの人気記事
MY BEST SELECTION OF 中島みゆき(90分テープ2本組仕様)
さだまさし、甲斐バンドと来たら、そりゃもう中島みゆきをやらないわけにはいかないだろうと。
こちらも聞き込み方はハンパじゃないので、選べないのなんの。
それでも90分テープ2本に収めるというのが「オレ的ルール」なので、泣く泣く厳選。シングルはもちろん、一般的な定番曲や人気曲もごっそりカットして、個人的趣味で固めたよ。
甲斐バンドと同じく、70年代と80年代で2本組に分けた。

○Vol.1
side-A
1.アザミ嬢のララバイ
2.あぶな坂
3.雨が空を捨てる日は
4.冬を待つ季節
5.夜風の中から
6.店の名はライフ
7.朝焼け
8.ホームにて
9.海鳴り
10化粧
11.ほうせんか
12この空を飛べたら

side-B
1.髪
2.強がりはよせヨ
3.裸足で走れ
4.タクシードライバー
5.小石のように
6.狼になりたい
7.ピエロ
8.霧に走る
9.蕎麦屋
10.船を出すのなら九月
11.エレーン

○Vol.2
side-A
1.あした天気になれ
2.あわせ鏡
3.杏村から
4.忘れな草をもう一度
5.B.G.M.
6.砂の船
7.この世に二人だけ
8.ばいばいどくおぶざべい
9.テキーラを飲みほして
10.波の上

side-B
1.僕は青い鳥
2.幸福論
3.シニカル・ムーン
4.極楽通りへいらっしゃい
5.あしたバーボンハウスで
6.熱病
7.カム・フラージュ
8.美貌の都
9.あたいの夏休み
10.最悪
11.F.O.
12.シーサイド・コーポラス

「世情」や「断崖」、「ファイト」なんかも名曲で大好きなんだけど、この辺りはやはりアルバムの流れの中で聴くべきということで、自分を納得させてカット。

あと、中島みゆきの(特に80年代以降の)シングルはちょっと「売れ線」を意識してるのは否めないところなんだけど、B面には名曲が多いのね。日が当たりにくいということもあってちょっと甘くなって、たくさん選んでしまった。

あ、それと「アザミ嬢のララバイ」と「夜風の中から」はどちらもシングルバージョンでよろしく。

さだまさしや甲斐バンドと同じく、中島みゆきも音楽性の幅が広い。「B.G.M.」はジャジーでオシャレだし(歌詞はとんでもないけど)、「ばいばいどくおぶざべい」は完璧なロック。Vol.2のB面なんて、めちゃくちゃカッコよくてハードだものね。

この中でも特に好きで堪らないのが「店の名はライフ」「朝焼け」「ほうせんか」だということも付け加えておこう。
[PR]
by Showky | 2011-05-11 03:08 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
中島みゆき 独断ミニレビュー〜80年代編前編
昨日Pick Upというライブバーでfm GIGの公開収録があり、またまた凄腕のミュージシャンが集まったんだけど、演奏後の雑談で、またまた中島みゆき話で盛り上がりました。けっこうみんな好きなんじゃん。

そんなわけで、思い出したように「中島みゆき 独断ミニレビュー〜80年代編」です。「70年代編」はこちら

生きていてもいいですか
出ましたね。これですよ。あの有名な「うらみ・ます」が入った1枚。みゆき流の‘70年代へのレクイエム’よろしく「暗さ」と「重さ」が満載。何せジャケットからして真っ黒だから。
とにかくこのアルバムは「エレーン」に尽きるわけで、ドラマを匂わせながらも省略の多い歌詞に、淡々と始まるボーカル、それがやがてラストの1回の‘エレーン’という絶叫まで向かう流れが、まるで映画「砂の器」を見終わった後のような重い余韻を残す名曲。
昔は、エレーンがなんのことかわからず、何かの暗号か呪文みたいに聞こえて、それゆえの重みみたいなものを感じていたんだけど、後にそれが‘人名’であり、さらに実話を元にした歌だと知ってさらに衝撃。
ARBの「Just A 16」もそうだけど、実話を元にした物語を敢えて押さえた表現で歌にされると、余計に胸を撃たれますよね。そのためには大変な文章力というか、作詞の力量が必要なわけですが。
「うらみ・ます」に始まり、「エレーン」「異国」の暗黒コラボで終わる真っ暗さの中で、「泣きたい夜に」と「蕎麦屋」の優しさが余計に胸に沁みます。特に「蕎麦屋」は、ギターとフルートだけで‘夏の昼下がり’を見事に表現してて、いろんな情景が目に浮かぶ佳曲。

生きていてもいいですか


臨月
買って来て初めて針を落としたときはびっくりしましたよ。「これが中島みゆきのアルバム?」って。それぐらい一気にサウンドが垢抜けした1枚。まさに80年代の幕が開いたわけです。この‘サウンドの転向’を成功させたことで、みゆきさんは80年代以降を生き延び、いやさトップに登りつめる成功を収めたんですね。
当時はその変わりっぷりにかなり戸惑いながら何度も聞いたけど、脱落しなかったのは、詞の本質に変わりがなかったから。あるいは、メロディーメーカーとしての魅力を再認識したから。みゆき節の残る「あわせ鏡」が好きだけど、ウソみたいにメジャーコードを畳み掛けるB面も良いです。思春期に聞くのにまさにぴったりな感じ。僕の周りでもにわかに中島みゆきファンが増えた気がしたのもむべなるかな。

臨月


寒水魚
年間1位の大ヒットアルバム。個人的には「悪女」って別にそれほど好きじゃないけど、これを好きだって言う人は、同級生や年上あるいは性別に関わらずほんとに多かった。
これも個人的なんだけどA面後半の感情過多な曲もあんまり好きじゃない。B面の「B.G.M」や「砂の船」のような、ちょっと押さえた感じの曲の方が好き。

寒水魚


予感
シングル曲未収録ながら1位をちゃんと取ったところに、当時の人気のほどがわかるでしょう。ちなみにシングルも、この頃は出せば必ずトップ3に入ってました。このアルバムも、当時僕は高校生だったけど、みんな(特に女子は)とにかく1度は聞いてたと思う。
どんどんロックにハマっていった当時の僕を、もう一度グッと引き止めた大好きなアルバムであり、今聞いても名盤だと思う。
福山雅治を始めいまも歌い継がれる名曲「ファイト!」はもちろんだけど、個人的には「ばいばいどくおぶざべい」がベスト。めっちゃロックだと思う。スキマだらけのアレンジもカッコよい。
1曲目の「この世に二人だけ」も、晴れた昼下がりの息苦しく乾いた情景が目に浮かんで好き。
あ、ジャケットも良いです。

予感


はじめまして
'84年リリース。つまりBOOWYやレベッカがブレイクを始めるバンドブームの初期の頃であり、洋楽全盛時代。それに呼応するかのようにロック色が強くなる、いわゆる‘ご乱心時代’の幕開けの一枚。フュージョン系の腕利きミュージシャンを集めて一発録りしたような曲もあって、今聞くとやっぱり古さは感じるけど、統一感はある。
いや、けっこう好きなアルバムです。
とにかく1曲目の「僕は青い鳥」は、詞・メロディーともに素晴らしい完成度。このまま教科書に載せてもいいくらい。続く「幸福論」もソリッドなロックでぐいぐい引き込まれます。
B面の「シニカル・ムーン」からの流れも、ダークで凄みがあってかなり良い。そしてジャケットも良い。

はじめまして

[PR]
by Showky | 2008-02-18 11:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
中島みゆき 独断ミニレビュー〜70年代編
冬はやっぱり中島みゆきを聴かないとね。
小さい頃、いつもの散髪屋さんで待ってる時に、ラジオから流れてきたのが「わかれうた」。だから「わかれうた」を聞くと、いつもあの散髪屋のおじさんとおばさんの顔を思い出す。
そのあと、親戚のおじさんに、中島みゆきのベストっぽいカセット(たぶんラジオから録音したやつ)をもらって、なんかよく聴いた。中島みゆきを何回も聴く小学生の男子ってどうよ。
そんなわけで、僕の小学生時代は布施明と中島みゆき一色だったわけですが(さらにどうよ)、ま、こんな僕が中島みゆきをちょこっと語ってみましょう。

私の声が聞こえますか
記念すべき75年のデビューアルバム。かの有名な「時代」の別バージョンが入ってて、シングルよりもこっちの方が好き。歌い方が全然違っててこっちの方がさわやか(シングルの方はドスが効いてる)。デビューシングル「アザミ嬢のララバイ」も別アレンジで入ってるけど、これはシングルアレンジの方が好きだな。
とにかくまだまだアマチュアっぽさと初々しさが感じられて、いろんな意味で「YAMAHA」だなあと思わせるけど、そんなスタッフの思惑を吹っ飛ばすのが、1曲目の「あぶな坂」。この1曲だけで‘ただ者でなさ’が充満。この1曲のために針を落としてたと言っても過言ではないくらい。
私の声が聞こえますか



みんな去ってしまった
1stのYAMAHAっぽさが突然消えて、やけに泥臭くなった2nd.アルバム。キャロル・キングやジャニス・ジョプリンの影響を直接感じられるのもこのアルバムの特徴。
どフォークや演歌っぽい曲に混じって、まっとうなブルースがあることに、彼女の音楽性の幅広さと奥深さを感じる1枚。あんまり人気のないアルバムだと思うんだけど(売り上げも悪かった)、曲数も多いし、なんだかんだでよく聞く1枚。
個人的に好きなのは「雨が空を捨てる日は」「冬を待つ季節」「03時」あたり。最近は「彼女の生き方」も好きになってきた。「夜風の中から」はシングルアレンジの方が好きだな。
みんな去ってしまった



あ・り・が・と・う
最も好きな1枚。聴いた回数もたぶん一番多い。このアルバムで中島みゆきのスタイルが確立されたという意味で、実質的なデビューアルバムと言ってもいいくらい。ジャケットもやっとカラーになったし。坂本龍一が参加するなど、アレンジも充実。曲の粒や完成度では後のアルバムに譲るけど、ちらちらと垣間見せる未完成さや過剰さが心に残る。
とにかく「店の名はライフ」が大好き。「まつりばやし」「朝焼け」「ホームにて」も、自分でベストを作る時には欠かせない。「ホームにて」はそのうちライブで歌おう。
あ・り・が・と・う


愛していると云ってくれ
初期中島みゆきの代表作にして最高傑作。万人にお勧めできる1枚。これを聴かない人間が人生や恋について語る資格はないと言っても過言ではない。1曲目(曲?)「元気ですか」から、ラストでかの有名な「世情」に至るまで捨て曲なし。大ヒットの「わかれうた」だけでなく、真ん中に‘あの’「化粧」まで入ってるんだから。
何気に心にしみるのが「お前の家」で、ミュージシャンならたまらないものがあるでしょう。
愛していると云ってくれ



親愛なる者へ
僕が自分の小遣いで買った初めてのLPレコード。中島みゆきにとっても初めてチャート1位を穫ったアルバム。ここから、中島みゆきの「メッセージ性」が発露。今にして思えば、とても‘熱い’1枚。サウンドはまだまだフォークだけど、スピリットは完全にロックですよね。買った当時はなんかピンと来なかったのは、小学生だったからだな。
裸足で走れ」「片想」「狼になりたい」「断崖-親愛なる者へ-」あたり、侠気があふれてます。
親愛なる者へ



おかえりなさい
他人に提供した曲のセルフカバー。この頃の‘濃い’アルバムに挟まれて、一服の清涼剤のような錯覚をするけど、それは錯覚。いや、確かに‘エグさ’はだいぶ少ないけど。「あばよ」「しあわせ芝居」「雨…」「この空を飛べたら」などの大曲、有名曲に挟まれて、何気に小品の「」と「強がりはよせヨ」が好き。この頃の歌い方が好きだけどなあ。
おかえりなさい

[PR]
by Showky | 2008-01-17 18:36 | 音楽 | Trackback | Comments(1)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;