Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(41)
(34)
(33)
(30)
(23)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
謹賀新年!2016年の振り返..
at 2017-01-06 10:08
冴沢鐘己とは?
at 2016-12-31 16:16
2016年 最新ライブインフ..
at 2016-12-31 13:53
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「何か本質的なもの」に触れる瞬間〜週刊GIGマガジンVol.31
 ザ・スパイダースが「ザ・スパイダース・アルバムNo.1」というタイトルのファーストアルバムをリリースしたのが1966年。ちょうど50年前。ちなみにザ・スパイダースについてはご存知かしらん。堺正章、"ムッシュ”かまやつひろし、井上順、井上尭之、大野克夫、田辺昭知らが在籍していたグループ。GSすなわちグループサウンズの元祖的位置付けの歴史的存在なので、各自ちゃんと覚えておくように。試験に出るよ。井上尭之と大野克夫といえば「太陽にほえろ!」のテーマ曲だからね。

 で、この彼らのファースト・アルバムは、当時でも画期的な全曲オリジナルのアルバムで、「ノーノーボーイ」とか「フリフリ」とか、今聞いても斬新なポップナンバーが揃っているのです。1966年といえば、ビートルズが初来日でマージービートなロックンロールが世界を席巻していたのだけど、日本はまだまだ「霧の摩周湖」とか「星影のワルツ」のようなムード歌謡が全盛期。そのあたりの時代背景を考えると、作曲をしたかまやつひろしはほんとに天才だと思うのよね。

 で、彼らのセカンドアルバムが、その名も「ザ・スパイダース・アルバムNo.2」。ま、そうなるわな。このアルバムでは、一転して全曲カバー。それも、当時の最新ヒット曲であるビートルズナンバーが中心。さらには、日本でまだリリースされてないビートルズナンバーをラジオで耳コピーして収録したんだって。なので、ほぼ完コピ。日本のリスナーはビートルズの新曲をスパイダースの演奏で最初に知ったわけですな。

 フォーク界でも、当時のフォークシンガーが、その頃人気だったPPMやジョン・デンバー、さらにはボブ・ディランなんかの曲をカバーしたり、あるいは歌詞やメロディーやギターテクニックを引用しているのも散見できるよ。だからといって、簡単にパクリとか言っちゃいけない。

続きは「週刊GIGマガジン」で・・・

a0038006_9541551.jpg

[PR]
by showky | 2016-11-30 09:54 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
【TIME FOR LOVE】ニューシングル「夜明けのムーンシャイナー リリース決定!
大変、お待たせしました。ようやくリリースが決まりました。どんな音楽を生み出したいのか、どんな世界観でみんなを包みたいのか、ついにこのシングルでひとつの答えを見つけた気がするのです。ご期待ください。
---------
【TIME FOR LOVE】ニューシングル「夜明けのムーンシャイナー
」、ファンの熱い声に応えて、11月30日ついにリリース決定!


TIME FOR LOVE待望のニューシングルは、新時代を感じさせるポップナンバー。キャッチーなメロディーと希望あふれる歌詞、懐かしくも斬新な振り付けでライブでも人気を集める話題のキラーチューンです。J:COMテレビ「決定!プレゼンキング」テーマ曲。

カップリングには、80年代風のカラフルでキラキラした楽しさが溢れるゴキゲンR&Rの「シーソーラヴ」と、ハートウォーミングなバラード「瑠奈(ルナ)」を収録。TFLのポップワールドをお楽しみください。

【収録曲】
1. 夜明けのムーンシャイナー
2. シーソーラヴ
3. 瑠奈(ルナ)
4. 夜明けのムーンシャイナー(TV Mix)
5. シーソーラヴ(TV Mix)
6. 瑠奈(ルナ)(TV Mix)

PTPS-0028 1,000円(税抜)

a0038006_11263755.jpg

[PR]
by showky | 2016-11-08 11:32 | リリース情報 | Trackback | Comments(0)
走り続けていなけりゃ倒れちまう〜〜週刊GIGマガジンVol.30
 ふとテレビをつけて、今話題沸騰中の東京の問題を取り上げてるワイドショーなんかがやってるんで、こりゃ面白いとよく見るんだけど、何が一番驚くって、石原慎太郎元都知事の老けこみぶり。一気におじいちゃんになっちゃいましたな。お年を考えたら仕方ないんだけど、ついこの前まで、そう、小池さんが都知事に出馬した時の大騒ぎの時に憎まれ口を叩いてた時はあんなに矍鑠としてらしたのにね。

 確かに、年をとるとあちこちガタもくるし疲れるけど、だからと言って引退しちゃうと、まるでダムが決壊するように老化がやってくるんでしょうな。一方で森元首相なんか元気だもの。僕はついこの前まで、森さんなんてもうロートルなんだから、さっさと後進に道を譲ればいいのにって思ってたけど、オリンピックのゴタゴタの中での暗躍ぶりを見てたら、さすがというか、侮れませんことよ。あの人は相当の狸ですよ。伊達に自民党全盛期に総理大臣をやってませんな。

 老化とまではいかずとも、例えばまったくフリーなお休みの日が1日あって、一歩も外に出ずに家でダラダラしてたら、頭も声も顔も体もボーッとして、とてもじゃないけど人前に出れる状態じゃなくなるよね。それはそれで幸せだけど、ダメになってゆく感じもよくわかる。うん。

続きは「週刊GIGマガジン」で


a0038006_12345168.jpg

[PR]
by showky | 2016-11-02 12:28 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
背中を押してくれるのは?〜〜週刊GIGマガジンVol.29
 死ぬまでにやりたいこととか行きたいところとか見たいものとか、酒の席や会話の話題が途切れたときにもってこいのネタのひとつよね。すべてやり尽くして何の悔いもなく死ねたら、それは本当に最高の人生だけど、なかなかそうはいかないのは誰もが承知。

 最近では、fm GIGで「フリーマントルドクター」という番組を担当しているひろかずまさんが、なんと熱帯アマゾンの奥地まで行ってらっしゃって、秘境の原住民の村にホームステイ(!)されてます。とにかく緑の色が濃く、虫が多いというよりむしろ虫のテリトリーにお邪魔しているような感じだそうな。想像を絶するぜ。他にも、フィンランドに行った子とかマチュピチュに行った人とかウユニ湖に行ったやつとか、小さい日本からは計り知れない未知の世界に足を踏み入れた人は、けっこう周りにいるのよね。そういうオレだって、イタリアのアルベロベッロという街に行って、4,000人の前で歌ったぜ。

 どっかに行くだけじゃなくて、例えばバンジージャンプとかスカイダイビングとか、死ぬまでにやっておきたい。それで死んじゃうかもしれないけど、とりあえずやっておきたい。ハンググライダーの体験はしたことがあって、ほんの4mほどふわりと浮かんだだけだけど、それでもあの感覚は素敵。詳しく話を聞くと、けっこう年をとってからでもやれるらしいのね。いいこと聞いた。それならもうちょっといろんなことがひと段落ついたら、やるぞ。京都から名古屋あたりまで風に乗って飛んでいくぞ。ところで、ひと段落はいつつくんだ?

 いつどこで何ができるかなんて、どれだけ計画を立てて準備をしてても実現するわけではないのよね。ある時、突然背中を押されるのです。やってみなよ、行ってみなよ、って。

続きは「週刊GIGマガジン」で

a0038006_12254046.jpg

[PR]
by showky | 2016-11-01 12:21 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;