Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
どっきどきイタリア旅日記その2
◯1日目後半(7月24日)
ローマに到着したのは現地時間で24日の午後6時50分。日本ではなんと深夜1時!iPhoneの時計はまだ日本時間のままだから、窓の外の明るい陽射しを見ると妙な気分。
最初の不安は何と言っても荷物!!スーツケースはわりと早く出てきてくれたけど、問題は楽器。さすがにベルトコンベヤーでは出てこず、最後に別室から登場。どさっと出してこられてドキッとしたけど、どうやら無事そう。稲岡さんのハンマーダルシマーや不思議ちゃんの琴も、裏返しに置かれてびっくりしたけど、何とか無事な感じ。

とにかく何のトラブルもなく時間通りに到着したよ。やっぱり日頃の行いだぜ。
a0038006_1253424.jpg


そういやあ出国審査も、中国ではとても上からで感じが悪かったけど、イタリアはいい具合にいい加減。パスポートを見もせず出してくれた。アハ。

全員揃って空港を出るところに「WASABI Kobe Japan」の紙を持った、粋なイタリア人男性が。彼こそがこのツアーの案内人、パウロ。奥さんが日本人で、ふたりして出迎えてくれたよ。

ホテルに着く頃には時間も遅くて食事がないということで、ここで軽く何か食べることに。ファーストフード的なノリでパニーニをチョイス。うん、さっそくイタリア気分。
a0038006_12534367.jpg

a0038006_12534514.jpg


そして貸切の大きなバスに乗って向かうはFIUGGI。聞いたことのない町だぜ。なのでローマの休日気分は味わえず。

1時間ほどバスに揺られ、フィウッジの街に着いたのは現地時間で夜9時をまわった頃。
バスの中ではパウロが、朝自分で摘んだブドウとプラムを配ってくれた。もちろん皮ごとむしゃむしゃ。
a0038006_12535057.jpg

初めてのイタリアのホテルは、やっぱり調度品が適度に古くてオシャレ。レトロで可愛いピアノは調律がむちゃくちゃだったのもイタリア的。
a0038006_12535568.jpg


チェックインを済まし、伴さん夫婦、稲岡さん、円音さん、矢田さんと夜の街に飲みに繰り出すぜ。
もちろんまだ他のイタリアの街を知らないので比べようがないけど、充分にイタリア気分が味わえる、古くてオシャレで適度に陽気な街。ホテルのすぐ近くにオープンテラスのカフェバーがあり、10時を回ってても若者たちで賑わってたので、ここで飲むことに。
a0038006_12535121.jpg


若い店員も感じが良く、英語も通じるので、まずはビールとカルボナーラとアラビアータ。カルボナーラは残念な出来栄えだったけど、そこはそれ、あくまでバーのオマケ程度なんだろうね。まわり誰もフードなんか食べてなかったし。
集まってる若者たちは、観光客ではなく何となく地元の子たちが思い思いに仲間と楽しんでるような雰囲気。冗談で「きっとイタリアのイオンモールみたいなもんなんでしょうね」って言ったら、笑いながら矢田さんが「せっかくのイタリア気分を壊さないで下さい」って。
a0038006_12535265.jpg

a0038006_12535359.jpg



暑いとは聞いてたけど、どうやらひと雨降ったあとらしく、むしろ肌寒いくらい。ビールの後、赤ワインとグラッパを分けあい、快調なイタリアの旅の滑り出しに乾杯。

寒いし部屋で飲みましょうとなり、赤ワインを1本買って、男性人は僕らの部屋に(僕と稲岡さんが相部屋)。1本空けるとさすがに眠くなり、解散してベッドに入ったのが深夜12時を回る頃。日本時間は早朝の5時あたり。24時間経ったのか。いい具合に寝れそうで、時差ボケの心配もなさそう。
では、おやすみ!

続く!
[PR]
by showky | 2012-07-26 12:30 | ライブ | Trackback | Comments(0)
どっきどきイタリア旅日記その1
◯初日(7月24日)
寝たのは深夜2時で4時に目覚まし(iPadタイマー)。
我ながら驚いたことに無事に起床し、4時半には歯を磨き顔を洗い、荷物を再確認。
4:50、まだアップしてなかった明石舞子海上プロムナードや琵琶湖イベントのライブレポートを出発前にアップしておこうと思い立つ。
5:07、何とかベーシックな部分を書き上げ、非公開状態にして出発。
とりあえず二条駅までが遠い。約23kgのスーツケースとハードケースに入れたギターを両手で連れて行くだけで腕がちぎれそう。
無事に5:21発の山陰線に乗り5:29には京都駅に。伴さん夫妻とも合流でき、再び腕がちぎれそうになりながら、八条口の空港バス乗り場へ。
5:50発の始発バスに乗り、関空に着いたのは7:15。万事予定通り。バスの中でレポートも書き上げ公開。ちゃんと起きれたか心配してくれてる人も少なからずいるので、TwitterとFacebookも忘れちゃいけない。
バス降り場から関空の国際線搭乗口は歩いて2分くらいで、これは楽ちん。待ち合わせ場所のインフォメーションセンターも目の前にあるので、安心して待ってみるも、一番乗りどころか誰も来ない。こりゃ変だぜ。
で、円音さんに電話してみたら、もっと端っこにあるインフォメーションセンターでみんな待ってるそうな。なんだ。
そんなんで、3人でえっちらおっちら移動し、無事メンバーと合流。さ、チェックインだ。
a0038006_14112697.jpg


ここが大変でけっこう時間かかったのよね。何せいろんな楽器があって、取り扱い要注意だもの。何とか僕は追加料金も取られることなくギターを預けてチェックインも完了。あとは両替。
僕以外にも両替のまだな人が稲岡さん他けっこういて、後ろについていくだけで両替もできた。これ、ひとりだったらあまりに広すぎてあれこれややこしくてできなかったと思うよ。仲間がいて良かった。
そんなこんなで予想以上に時間がかかって、急ぎ足で搭乗手続き。ここはスムーズに出国もさせてもらえて、飛行機まではバス移動。
北京までの飛行機は意外と小さく、中も狭い。文字通り身動きできない。トイレに行くのもひと苦労。席はうまい具合に伴さん夫妻と並びになって、日本を出て中国へ入る感動を分かちあう。伴さんはほぼずっと寝てたけど。
この時点でとてつもなく腹が減ってて、お待ちかねの機内食。ふーむ、こんな感じなのね。退院直前の病院食みたい。あっという間に間食するも、さほど空腹は収まらず。白ワインなんぞも飲んでみた。
a0038006_14112742.jpg



3時間で北京に到着。でもすでに時差の関係で、時計上は2時間経過。だんだんややこしくなってきたぞ。
北京空港は広い。だだっ広い。空港じたいは綺麗なんだけど、空気はずっと霞んでる感じ。これが黄砂?晴れてはいるのだけど。
ここで乗り換えまでの時間は2時間なんだけど、だけどそこはもう異国の地。搭乗口を見つけるのも大変、移動するのも大変。
a0038006_14112837.jpg



ここの手荷物検査は厳しくて、僕を始めみんな日本を出る時はほぼ一発OKだったのに、ここじゃあほぼ全員ビシバシ止められたよ。カバンの中とか全部出すハメに。
なんかねえ、中国の空港職員はみんななんかケンカ腰。人の荷物も平気でぽんぽん放り投げるし、よく実際にケンカにならないもんだ。

それでも誰も別室に連れていかれたりすることもなく、なんとか搭乗口に。Wi-Fiスポットの看板があったんで、何人かすったもんだトライしてみたのだけど、残念、繋がらない。みんなFacebookもTwitterも諦めることに。
a0038006_14113039.jpg


そうこうする間に搭乗手続きの時間。今度の飛行機はさすがにジャンボさん。ちょっとは余裕もある!それでもやはりファーストクラスは羨ましいねえ。
今回は円音さんと隣の席。やっぱり知ってる人と隣だと安心。ひとつ後ろが伴さん夫妻。お互いに機内で記念写真を取り合う。
a0038006_1411301.jpg



空腹はまたまたピーク。離陸後すぐに機内食が出てきて、嬉しいのなんの。基本は変わらないけど、なぜかさっきは問答無用でフィッシュを渡されたのよね。 今回はちゃんと「Fish or chicken ?」と聞かれて迷わずチキン。
a0038006_14113196.jpg


機内には日本語や日本的な要素は皆無なのに、料理は照り焼きチキンと白米なのよね。だからやっぱり病院食を思い出してしまう。

どっちの飛行機でも、海外初体験の僕を気遣ってくれて窓際の席を譲ってもらえたので、じっくりと空から中国という国を観察。
とにかく大地の色が変。緑はほとんどなくて、北京の街は空からみると泥の中にレゴブロックのようなビルや家が建ってるみたいな区画がちらほらあり、道路はひたすらまっすぐ。まるで開発のまだ初期段階みたい。もしかして実際にそうなのかな。
a0038006_14113266.jpg


内陸の方に行くとますます緑はなくなり、一面白灰色。まさか雪ってことはないよね。まるで死の灰が降りそそいだあとの地球みたい。地上はいったいどうなっているのだ。

イタリアとの時差は7時間。いよいよ実感してきた。メシを食い、円音さんとひとしきりおしゃべりしたところで時計を見ると、日本時間では夕方5時でかれこれ4時間近く乗ってるなあと思うも、イタリア時間はまだお昼前。そしてローマに到着するのは現地時間の6時50分。ひえー、まだあと半日この状態なのか。

乗客みんなそのことを感づくタイミングなのか、突如機内は消灯。寝ろとな。寝るしかあるまい。

寝たのか寝てないのかよくわからないまま2時間ほど経つと、機内もまた活気が戻ってきて、そうこうすると明かりがついて。ちょうどモスクワを通過するあたり。
今度は持参したイタリアのミステリ「おやつ泥棒」を読んでると、再び食事が。ほぼずっと座ってるだけなのに不思議とお腹は空くのよね。
メニューはビーフ&ライスかパスタの2択。僕は前者を選択。なんか変わった味。見た目はウチのおかんが作る肉炒めっぽいけど、味は和風ではなかった。何の味なんだろ。

ひとしきり食べて喋ってワインなどを飲むうちまた眠くなってきて、するとまるで見透かされてるように消灯。日本時間は夜の10時。でも窓の外はピーカンの真昼間。GIGはどんな様子だろうねえ。ネットが繋がるといいのにねえ。

夜行バスを使って何度も東京を行ったり来たりしてた頃のように、iPhoneで中島みゆき、甲斐バンド、加藤和彦を聴きながらウトウト。
a0038006_14113318.jpg


ふと目を開けると日本時間で深夜0時を回った頃。でもやはり外はピーカン。現地はようやく夕方に入る頃なので、頭ではわかってても不思議ですなあ。いよいよロシアを越えバグダッドを通過中でローマは目前。

そしてこの日記やらを書き上げてるうちに、ついにローマに到着!

続く!
[PR]
by showky | 2012-07-25 13:54 | ライブ | Trackback | Comments(0)
名古屋、久宝寺、心斎橋、そしてイタリアへ!
さて、話は先週水曜日すなわち18日。今月2度目の名古屋収録の日。
ただいつもと違うのは、集合時間が4時間ほど早く、朝の8時に大宮で待ち合わせ。今回はまたまた曽我さんも一緒でオサムシェフの運転で目指すは愛知県の南端、師崎港。
順調に10時半頃に到着し、そこから高速船で10分、たどり着いたのは日間賀島。
a0038006_13435976.jpg


降りたってしばし待ってると、どこからか太鼓の音が。目をやると、やって来る軽トラックの荷台で太鼓を叩くFUN-KOROGASHIのふたり。アホですな。
a0038006_134425.jpg



そんなわけでフンコロの案内で昼飯に海の幸を食い、港で海を眺めて束の間の夏休み気分。
a0038006_134441.jpg

a0038006_1344672.jpg

a0038006_134474.jpg



再び高速船で師崎港に戻り、今度は5人で覚王山の名古屋GIGスタジオへ。

今回は、横浜からやって来られたナチュママチームの初収録。合間を縫ってフンコロの番組も収録。彼らはさっきの日間賀島でのイベントに出演するんで、あとまだ一週間ほど名古屋に滞在するそうな。
そうだ、そのイベントに出演するふたりのために、1曲アレンジを引き受けたんだった。なかなか楽しい作業で、出来上がりの評判も良くてちょっといい気分。しっかり頑張れよ~。

名古屋と言えばもちろんサチ子さんにふーみん&ともみん、さらには見学希望の方々も大勢やってきて、終始賑やか。名古屋も盛り上がってきたよ。

イタリア行の準備をする間もなく、土曜日は新井病院デイケアーでの慰問コンサート2本だて。
土曜日に来るのは初めてで、そのせいかどうか人もたくさん。頑張って新しい曲も覚えたけど、やはり不安は拭えず、いざ開演。

1.さらば恋人(堺正章)
2.花の首飾り(ザ・タイガース)
3.俺は待ってるぜ(石原裕次郎)
4.錆びたナイフ(石原裕次郎)
5.霧の摩周湖(布施明)
6.悲しき口笛(美空ひばり)
7.星の流れに(菊池章子)
8.有楽町で逢いましょう(フランク永井)
9. 銀座カンカン娘(高峰秀子)
10.達者でナ(三橋美智也)
11.星影のワルツ(千昌夫)
12.上海帰りのリル(津村謙)
13.高校三年生(舟木一夫)


「花の首飾り」と「悲しき口笛」が初披露。「花の~」は何とか間違えなかったけど、「悲しき~」は途中完全に歌詞が出てこなくってやり直したよ。そういうこともあるよ。
でも後半の流れはだいぶ固まってきてて、皆さんも一緒に歌ってくれたり当時の話を教えてもらったりで、なかなか楽しいステージになったのでは。

終わった後は、お弁当をいただき今度は3階のフロアへ。なんと楽しみに待ってる利用者の皆さんが率先して椅子を並べ直したりして、僕の歌う雰囲気作りをしてくださってるのよ。頑張らねば。しかも若い職員の方が即興でカホンも叩いてくれたりして。
でもって選曲はこんな感じ。

1.さらば恋人(堺正章)
2.俺は待ってるぜ(石原裕次郎)
3.錆びたナイフ(石原裕次郎)
4.霧の摩周湖(布施明)
5.悲しき口笛(美空ひばり)
6.星の流れに(菊池章子)
7.有楽町で逢いましょう(フランク永井)
8. 銀座カンカン娘(高峰秀子)
9.達者でナ(三橋美智也)
10.星影のワルツ(千昌夫)
11.上海帰りのリル(津村謙)
12.高校三年生(舟木一夫)
~アンコール~
13.ブルーシャトウ(ブルーコメッツ)


今度は「悲しき口笛」もばっちり。初めて僕の歌を聞くという方もけっこういたんだけど、最後は皆さんノリノリ。帰り際にはち切れそうな笑顔で手を振ってくださるのが嬉しい。


そして日曜日。出発前最後のライブは心斎橋ロージー。
この日はKKいれぶんデビューCDのマスタリング及びデザイン作成をサクッとすませ、GIGでちょっくら収録をしてから心斎橋へ。

顔ぶれは、シャンプーさん以外は皆さんと初共演で、何を歌おうかギリギリまで悩む。
結局こんなラインナップに。

1.酒場でDABADA
2.俺は待ってるぜ
3.上海帰りのリル
4.サムライ
5.空が晴れたら
6.カナリア
7.加速度
8.勝手にしやがれ


何となく“ハードボイルド”をテーマに年代を越えた選曲で。意外と「俺は~」も「上海帰り~」もタイトルとワンフレーズくらいは知ってる人もいて、リアクションが面白かった。
終わったあとしばし皆さんと談笑し、帰ってからは録画したドイツGPを見て、月曜はGIGにてたっぷり収録と生放送。

そしてついに出発の日が!!

続く!
[PR]
by Showky | 2012-07-25 13:36 | ライブ | Trackback | Comments(0)
明石大橋から伊丹、琵琶湖、名古屋、そしてイタリアへ!前編!
ついにイタリアへ発つ日が来たぜ!
旅の準備もさることながら、10日も留守にするんでGIGの収録をあれこれ録りだめしたり、引き受けてるあれこれを前倒しで片付けなきゃと、ここ数週間はけっこう過密なスケジュール。

もちろんリハもあるし、イベントやらライブもあれこれあるし。

そんなわけで先々週の日曜日。第3日曜恒例の、明石は舞子海上プロムナード。今回は完全に円音さんとのデュオ形式。交互にボーカルをとるパターンでこんなセットリスト。

1.恋する二人~~No no leta
2.カサブランカ・ダンディー
3.狼なんか怖くない
4.哀愁でいと
5.私鉄沿線
6.カナリア
7.日曜日はストレンジャー
8.ジュリアに傷心


a0038006_55026.jpg

a0038006_551684.jpg



この日もユニークな共演者が多かったのだけど、僕らは失礼をして伊丹へ。イタリアチームの最終合同リハーサル。音楽チームは初めて全員揃って、踊りや太鼓と通して合わせるのも初めて。いやあ、いろいろあったけどどうにか形になってきたぜ。

a0038006_554519.jpg


そして翌日は海の日、びわ湖へ!目指すは近江高島のマリンスポーツ場。伴さん、金狼さん、それに曽我さん一家と合流し、いざ!マリンスポーツ!ウィンドサーフィン初挑戦!
軽いレクチャーだけですぐに湖上へ。何度か水を飲んだりマストに頭をぶつけたりしたけど、最後はどうにか行って転回して戻ってこれるまでにはなったのよ。

ひとしきり遊んだ後はバーベキュー!金狼さんは焼きそば担当。

a0038006_561163.jpg

a0038006_562180.jpg

a0038006_563063.jpg


美味しくお腹もいっぱいになったら、いよいよ本来の目的のライブ!PAに団長が来てくれて、例によって熱く2曲歌ってもらった後、いざ、出陣!

1.カサブランカ・ダンディー
2.哀愁でいと
3.さらば恋人
4.ランナウェイ
5.加速度
6.ジュリアに傷心


a0038006_564716.jpg


ドンピシャの世代の人が多くて、喜んでもらえて良かった。

この日は祇園祭の宵山で、夜10時までにスタジオに戻らなきゃならなかったんだけど、車も人も大混雑で、7分前に帰り着くヒヤヒヤぶり。

そして日は変わり、名古屋編へ続く!
[PR]
by showky | 2012-07-24 06:38 | ライブ | Trackback | Comments(0)
プロストとラウダとキースと僕と、そして。
若い頃のアラン・プロストは早くてアグレッシヴで、それこそ「トップ快走かリタイアか」というレースをしてたのだけども、大先輩のニキ・ラウダとチャンピオン争いをして、優勝回数は勝ってたのに総合ポイントの、わずか0.5差でチャンピオンを逃し、そこで「一瞬の早さではなく結果的に勝ったもんが勝ち」というスタイルを覚えて、その後4度のワールドチャンピオンに輝いたのは有名な話(ふー、ワンセンテンスで書ききった)。

人生とは、当たり前だけどいつも勝てるわけではなくて、イチローだって3回打席に立って1本くらいしかヒットは打てないわけで。

大事なのは、勝てない時に何を学ぶか。

周りがみんな自分より早くて、気がついたらビリを走ってる時に、何を考えるか。

僕はその昔、もの凄く上手いジャズの人たちとセッションしたとき、何を弾いていいかまったくわからないくらいついていけない状況になって、その時頭に思い浮かべたのが、キース・リチャーズのこと。

キースはソニー・ロリンズとプレイするとき、何を考えてたんだろう。

若いプロストに、速さで追いつけないと悟ったラウダは、何を考えたのだろう。


要するに、自分のできることをきっちりとやり、結果に少しでも何かの貢献をする。

キースはシンプルなフレーズとカッティングでグルーヴに貢献し、ラウダは1ポイントと次戦に繋がるデータを持ち帰る。

諦めない心とはそういうことなんじゃないかなと。自分を支えるだけでなく、ささやかでも誰かへの貢献になる、その思いが「誇り」の芽を育てていけるんじゃないかと。

そして誰かのそういう姿に何かを気づける人が、また新しいステップへ足を進めていけるのだと、そんなことをギターを弾きながら時々考えたりするのですよ。

6本しかないギターの弦は、常に絶妙な仕事をして複雑なハーモニーに重要な貢献をしてるのよ。鳴らない弦にも意味はあるのよ。



先々週の日曜日は、城陽のカフェレストラン「卵」にて万美子さんのサポート。
スタッフの事情でいつもより音響はシンプルだけど、僕はあんまりそんなことは気にしない。
ヒドい土砂降りの中、わざわざお越しいただいたお客さんの顔ぶれを例によって眺めて、まずは僕が1曲。

1.さらば恋人

そして万美子さんのステージ。今回は本格的なシャンソンがメイン。

2.聞かせてよ愛の言葉を
3.愛の妙薬
4.別れの朝
5.哀しみのソレアード
6.ひまわり


休憩を挟み、後半もまずは僕から。

1.シクラメンのかほり

で、万美子さんはこんなラインナップ。有名な曲もちらほら。

2.白い恋人たち
3.誰もいない海
4.恋心
5.マイ・ウェイ
6.愛の讃歌



この手の曲のバッキングをピック弾きだけでやる人はあんまりいないんで、スタッフの男の子がえらく僕のスタイルに興味を持ってくれたみたい。

終わった後は桃山御陵まで出てラーメン打ち上げ。万美子さんは意外に(?)ラーメン好き。


そして先週の日曜はライブはなくて、まずは昼過ぎにフンコロガシのレコーディング。その後、大阪まででてTake Off Melodyのふたりを特訓。

万美子さんのようなプロ中のプロの時はもちろん、相手が若くて駆け出しで未熟であっても、僕は手抜きしないよ。彼らの潜在能力を全部引き出して、自分で自分に驚くようなそんな状況まで持っていきたい。

さてさて、どこまで頑張ってくれるかしらん。
[PR]
by showky | 2012-07-14 12:38 | ライブ | Trackback | Comments(0)
なんと、稲垣早希ちゃんとシンクロニシティ!?
そうですか、7月ですか。

もろもろお知らせすることもあるのですが、まあまあおいおいと。どれもこれも素敵なお知らせなので、のんびりとお待ちくだされ。

とりあえずはイタリア行きのお話。

なんつうか、全体像が20%もわからないまま直感に従い参加の意思を表明したのだけど、その20%は僕だけの感覚ではなかったようで、いやまあそれはそれはバタバタ。

言ってみれば、丸いシルエットしか見えてないものに対して、それは野球のボールだ!いやフリスビーだ!何を言うかニコちゃんバッヂだ!てなことをぶつけあうことから話はスタートするのですよ。

僕は自慢じゃないけど少年時代からエラリー・クイーンを読んで育った男なので、全体像が見えてしまってるものより、もやもやした霧を払いのけていく作業が好きだったりするのね。

枝葉には囚われず、いかにまっすぐ「本質」に近づくか。

例えばその人がどんな人か考えるとき、板についた派手な言動よりも、何気ない仕草やちょっとした言葉の選び方、あるいはフイを突いた時に出る態度で、どんな生き方をしてきてるのか見えたりする。

だから、本音をぶつけあうという作業が時に必要になるのよね。

何か仕事や作業を進める時もそう。どんなに熱心にコツコツと積み上げてきたものでも、もとの設計図が狂ってたら確実に歪みは発生するので、一回俯瞰して、いざとなったら破り捨ててしまう冷静な判断、少なくともそのシュミレーションは必要なのさ。

そんなこんなで、何が正しいのか、常に今見えてるもののもうちょっと先を見ながら行動する、それが僕という男なのです。たとえ今はとてもとてもちゃらんぽらんに見えたとしても。

ひとまずそういうことにしておいて。

でもってそのイタリア行き。こんなイベントです。

7月27、29日 イタリア アルベロベッロ国際民族フェスティバル
※「和」表現します “日本文化・音楽を発信”
FESTIVAL FOLKLORICO INTERNAZIONALE citta dei trulli(フェスティバ-ル インテルナチィォナ-レ ダ、テゥルロ)
国際民族フェスティバル 日本初出場!!
開催場所:イタリアバリ県アルベロベッロ市
2012年参加国:ペルー・ジャパン・ロシア・ルーマニア・イタリア
※日本チーム参加メンバー:冴沢鐘己、伴英将、円音、稲岡大介ほか全20名。
a0038006_1394529.jpg


7/24から8/2まで日本を留守にします。

実は初めての海外旅行。「化石のような人ですね」なんて言われたりしたよ。はは。
でも、初めて海外に行く時はライブか冒険で、気の合う仲間か好きな人と!って決めてたので、本望です。うむ。伴さんがいるし安心。なんとなく。


あ、そうそう、ちょうど今放送中の「ロケみつ」で、早希ちゃんがアルベロベッロを目指しててびっくり。何のシンクロニシティだ。
[PR]
by showky | 2012-07-08 13:09 | ライブ | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;