Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
「ときどき、ターコイズブルー」な週末〜心斎橋ロージー 10/29、兵庫県長田 こなもん祭り 10/30
ターコイズブルーって、そんな色の小物、どんなんがあるんやろ。ラッキーカラーだから持っとけって。

いや、昨日見てもらった占いの話。普段ならあんまり選ばない色やけど、昨日はなんとなく綺麗に感じて選んでしまった。あ、カラーボトルね。

「古いものと新しいものを融合する」ことに向いてるんだとか。まあね。
オレのiPhoneなんか、最先端と昭和の融合だからね(見た人はわかる)。

タロットも、なかなかに示唆的だったよ。教えないけど。
「なんとなく、なんとかなる」運命の人っていうのが、なかなかになかなか。
それだけだと、なんか努力とかしていないみたいでアレだけど、僕の人生には「棚からボタモチ」みたいなことは起こらなくて、一生懸命蒔いた種が、微妙なタイムラグを経て花を咲かせたりするんで、気がついたら(あるいは忘れた頃に)望みが叶ってたってことは多い。
そこが「なんとなく」っぽいのかな、と。

あと、僕は「純粋な愛」の人だそうです。そこだけは強調しておくぞ。


そんなこんなで、地味に忙しかった先週の締めはやはりライブ2連戦。
土曜日は、お昼に3本、kazuちゃんと翔子ちゃんの番組を収録して、近所の京庵さんへ。
今月一杯でお店を閉めるということで、お別れ交流会に顔を出すことに。
初めてお会いする方がほとんどだけど、Jellyちゃんとか久しぶりに顔を見る人もいて、ちゃっかりお酒を頂いて、歌も1曲歌って、顔だけ出すつもりがすっかり楽しんでしまった。初めてお会いした人とも、またどこかで繋がるんだろうなって気がするよ。

a0038006_11581689.jpg

a0038006_122143.jpg


でもって、ほろ酔い気分で心斎橋のロージーへ。2度目。
どんなブッキングをしてもらったんだろうと楽しみにしてて、きっと若い子が中心なんだろうなと、それっぽい選曲を考えてたんだけど、着いてみたら、なんと、こりゃ完全に同世代の集まりっぽい雰囲気だぜ。
共演者も、ブルースとかフュージョンぽい感じ。うむ、作戦変更せねば。

そしてセットリストはこんな感じに。

1.星屑のステージ
2.どこか遠い場所へ
3.空が晴れたら
4.街の灯り
5.カナリア
6.サムライ
7.加速度


つまり、昭和カバーとオリジナルのサンドイッチさ。
今回も、知った顔がいないのをいいことに、ちょっとだけ普段は言わないようなことをMCでぶっちゃけたりしたよ。きゃっ。


そして驚いたことに、僕の後に歌ったシンガーが、なんと、20年近く前に1度共演したことのある人だったのです。というか、その頃僕は「PARADOX」というロックバンドをやっていて、1度だけサポートでギターも弾いてもらった。
いやあ、まさかこんなとこで会うとは。

というか、よくすぐに僕のことがわかったよね。

ライブ後も、例によってマスターや共演者の皆さんと音楽談義。
気がつくとあっという間に11時だぜ。急いで戻らねば。

おかんむりの曽我さんの顔が目に浮かんで泣きそうになったけど、ま、しょうがないものはしょうがない。

GIGのスタジオに戻ったら日付も変わってて、アッキーもすでに来てたよ。
予期せぬゲストも来てたそうで、その辺りの詳しいことは番組日記を待つべし。

a0038006_11593934.jpg



そして昨日日曜は、やはり早起きをして神戸は長田まで。例によって曽我さんに、遠いよ~って脅されたけど、なんか2時間くらいなら遠いって感じなくなってきた。

11時前に新長田の駅で、円音さんと待ち合わせ。会場はそこから歩く事数分。
突然目の前に巨大な鉄人28号が!!!
これは迫力満点!素晴らしい。なんかテンションが上る!!

駅前の広場みたいな場所にテントブースができてて、題して「鉄板こなもん祭り」。いい匂いが漂ってるよ。
サクッと円音さんと音合わせをして、まずは腹ごしらえ。
ホルモン焼うどんんが、これまた抜群の美味しさで、ホルモンだけおかわりしたかったけど、無理そうなので諦めたよ。


ステージは「70年代フォーク&火曜 懐かしコンサート」と題してあって、ここまでキッパリ言い切ってるのも珍しい。むしろオレひとりに任せろってくらい。
出演者も10組以上いて、アリス率高し。盛り上がるねえ、やはり。

僕らの出番は真ん中あたり。
まずは円音さんで、僕はギターサポート。

1.狼なんか怖くない
2.積木の部屋
3.ジュリーがライバル


そう、なんと石野真子ナンバーの合間に、積木の部屋を歌わはったよ。まるで宝塚の男役みたいなアクションで。
で、そのまま僕のソロへ。

4.さらば恋人
5.シクラメンのかほり
6.勝手にしやがれ


いろいろ考えたけど、せっかくたくさんの人が集まってるので、定番中の定番で固めてみた。皆さんが口ずさんでたり、例のジュリーのアクションをして下さるのをステージから見るだけで、幸せな気分。

歌い終わった後は、今度はチーズ入りお好み焼きを食べた。こちらも美味。
生憎の雨だったけど、しっかりとテントが用意されてて、たくさんの人が座って音楽を聴きながら美味しいものを食べれるように準備されていたので、最後までいい雰囲気で盛り上がる、素敵なイベントでした。塩焼きソバも食べたかったけど、お腹はいっぱい。伴さんが来ると喜んでただろうな。

a0038006_120465.jpg

a0038006_1201635.jpg

a0038006_1203677.jpg


三ノ宮で円音さんとは別れ、僕はGIGのスタジオへ。

昨日はマダムSARIさんの占いの館になってて、僕が着いた頃にはちょうど、れいちゃんの鑑定が終わったところ。いろいろ当たってたそうですぜ。

そうこうするうちにDACOちゃんもやってきて、観てもらってたよ。

最後に僕も改めて観てもらって、その結果が冒頭の流れ。

a0038006_1205120.jpg


なかなか充実した週末だった。
来月も週末は大忙しなのだ。SARIさんからの「運命の言葉」を胸に残しながら、残り2ヶ月、そして来年に向けて頑張ってみるぜ。
[PR]
by showky | 2011-10-31 12:01 | ライブ | Trackback | Comments(0)
「イマジナティヴ」って、カタカナで書くとまた違った味わいが。〜南森町B.B.B 10/23
10月23日(日)大阪南森町 B.B.B.「昭和歌謡コンサート~懐かしの昭和歌謡をライブで」

風邪でもアレルギーでも喘息でもなく、咳が出るのよね。けっこう何年も前から。
季節によっていちおう波があるみたいで、ここ最近はちょっとまたひどい感じで。

何回か近所の耳鼻咽喉科に行ってはみたんだけど、今ひとつパッとしなくて。薬局で咳止め薬を買ったり、浅田飴を買ったりして乗り切ろうと思ってたんだけど。

そういう時に頼りになるのが、fm GIGの主治医(?)リアル・ブラックジャックことアッキーこと君待くん。
火曜日にちょっと相談して、いろいろと所見をもらって。とりあえずやはりもう一度医者に行ってみることに。

ネットで調べたらスタジオのわりと近所にあって、行ってみたら、なんかできたばかりのメディカルビル(そんな言い方があるのか)。
で、鼻からカメラを突っ込まれたりして診断してもらった結果、アッキーの初見とほぼ同じ。やるなあ。
治療費及び薬代はけっこうかかったけど、なんとなく効きそうな感じ。効かない薬を買って飲んでるよりかはマシかな。
まあ、昔から耳鼻咽喉科は好きなので、まめに診てもらうことにしよう。受付の女の子も美人だったし。

そんなこんなでなんだかんだと地味に忙しい今週。

とりあえず日曜の出来事を書き残すぞ。

けっこう激務だった土曜を乗り越え、日曜もなんとか早起きして南森町へ。
すっかり恒例となった、B.B.Bでの万美子さんのライブサポート。
毎回満員札止めなんだけど、今回はいつもの蓄音機とのジョイントではなく、純然たる万美子コンサート。「シャンソンときどき昭和歌謡」ということで、セットリストはこんな感じ。

1.あなたが好きでたまらない
2.ノワイエ
3.街の灯り
4.神田川
5.王様の牢屋
6.ひまわり

(休憩)

7.サンジャンの私の恋人
8.スカーフ
9.五番街のマリーへ
10.思秋期
11.枯葉
12.いつの日か
13.自由に生きるなんて


もちろんほとんどの人が万美子さんの歌をじっくり聞いてるんだけど、中にひとりくらい、僕のギターをがっつり聞いてる人もいるのね。
この日も終わったあと、年配の男性がニコニコ笑いながら僕に話しかけてくださって。たぶん定年の後だと思うんだけど、昔から憧れだったギターを習い始めたんだって。あれこれ楽しそうに僕にギターのことを話す様子が、とってもいい感じだった。

僕は、決してテクニカルなギタープレイヤーではないけど、イマジナティヴな演奏はそこそこできてると思うんだよね。
いわゆるフォークの伴奏ともまたちょっと違う(もちろんジャズでもなく)、僕なりのスタイルもだんだん固まってきた気がする。

Time For Loveの時もそいうだけど、少ない音数で、いかに「曲の雰囲気」を作り出すか、そいつをテーマに、僕なりにギターと付き合っていこうとは思ってるんだ。


ライブが終わったあとは、堀江の方へ。久しぶりにサラサまみさんにお会いして、近況を話すとともに、ちょっくら鑑定などもしてもらって。節目節目の軽いカウンセリングみたいなもんですな。
この日はちょっとしたイベントも開催されてて、珍しい人とも会って、美味しいものも食べた。

さ、今年もあとわずか。何でも「まとめ方」が大事だぞ。


明日土曜日は、心斎橋のロージーで歌います。ここでは「他では見せない顔」で歌おうと思ってるのだ。今のところ。
10月29日(土)大阪心斎橋 BARロージー
20:00 start ライブチャージ1500円(500円ドリンク2杯付き)
共演:Mitchy、シャンプー、Dodo




a0038006_11434190.jpg

[PR]
by showky | 2011-10-28 11:46 | ライブ | Trackback | Comments(0)
人生は山あり谷あり、一日の中にも山あり谷あり〜Part3 土曜 岸和田編〜
a0038006_12213917.jpg

そんなこんなで天満橋から岸和田へ。

GIGでも番組を始めた本庄強さんの、FM岸和田からの生放送「お笑い青年団」にゲスト出演。
時間はまさにムンサタの真裏の夜9時から。

岸和田まで行くのも初めて。つか、堺筋線の終点、天下茶屋も初めてやないかな。乗り過ごすと和歌山まで行ってしまうので、くれぐれも寝ないようにして、無事到着。
さくさくと打ち合わせをすませ、楽しく生放送。なんと、ニコニコ動画と2元中継してるのんだけど、本庄さんがエンジニアもしてるので(しかも直前の生放送との入れ替わりが5分!)大慌て。なんかGIGっぽい。



ムンサタでは、曽我さんと中森さんがきっと僕の悪口を言いながら放送してるんで、生放送中に電話をすることに。おお、曽我さん、けっこう落ちついて喋ってるけど、気が気じゃない感じは伝わるぞ。

無事ゲスト出演も終わり、急いで京都へ。でも、堺筋線で一瞬ウトウトしてハッと気がついたら堺筋本町。いつもの乗換のクセで、つい降りてしまったんだけど、その必要はなかったのだ。1本遅れることに。あちゃ。

GIGスタジオに戻ったのは日付が変わる0時前。

おお、曽我さんに堀家さん、そしてマッハが喋ってるやん。楽しそう。
ま、そこからの流れは例によって番組日記をどうぞ。
http://fmgig.exblog.jp/i7/


そんな感じで、とってもバタバタな一日が終了。皆さんお疲れさま。
そしてお世話になったみなみなさま、ありがとうございました。
ひとつひとつの経験が、また何か実を結ぶでしょう。

僕はと言えば、翌日も早起きなのだ。

続く!
[PR]
by showky | 2011-10-27 12:21 | 携帯から | Trackback | Comments(0)
人生は山あり谷あり、一日の中にも山あり谷あり~Part2 土曜「水辺バル」編~
10月22日(土)水都フェス「水辺バル2011

そんなこんなで土曜日の「水辺バル」出演を控えた前夜の話。
主催者側から驚きのメールが。

もともと決まってた(と言っても、こちらもやっと一週間前になって知らされたのだが)僕らの出演する2店舗のうち、1店舗は別イベントが入ったせいで時間が1時間早まり、もう1店舗は機材がないせいで演奏自体がなくなるとのこと。

んな、アホな。前日の夜でっせ。

ま、こういったネガティヴな話はあまり公表はしたくはないのだけど、事実は事実だし、2度とあってはならないことなので、記録として書き残しておく。

そんなあり得ない話に黙って従えるわけはないので、「ふざけるな」という趣旨の抗議のメールを返信し、また、間に入って下さった、僕らを推薦して下さった方にも事情を知らせ、まともな対応をしていただくのを待つことに。

そして土曜日。

お昼前に先方の担当者から電話があり謝罪は受けるも、何も対応できないという無策・無能ぶりを知らされて、しょうがないので「まともなイベンターなら、代替の場所くらい用意する」ということを教える。「あ、なるほど」という返事とともに、なんとかしますとの言葉をもらって、さらに待つことに。

午後2時、いよいよ出発すべき時間となったところでようやく電話があり、なんとか代替のお店が見つかったとのこと。場所は福島から天満橋に。
急いでメンバーに知らせ、Twitterでも場所の変更をアナウンス。

あいにくの雨模様だけど、天満橋から川辺に出れば、ほほう、イベントっぽい雰囲気。この川沿いエリアに来るのは初めてやなあ。

そのお店は、いかにも川沿いのカフェって感じでとってもオシャレ。女子大生なんかも多くて、金狼さんは冗談混じりに「『哀愁でいと』とか演る雰囲気じゃないぞ」と笑うくらい。
いやいや、けっこう幅広い年齢層が来てますよ。
お店の入口では、なぜか日本酒の飲み比べができるコーナーがあって、佐和子ちゃんはそれを水だと思って飲んで大騒ぎ(?)するくだりなんかもあったり。

ま、とにかく現場では楽しくやりましょう。
セットリストはこんな感じ。

1.風立ちぬ
2.哀愁でいと
3.話しかけたかった
4.空が晴れたら
5.夜明けの月に
6.ジュリアに傷心
7.青い風と白い空

たまたま目の前に座ってたカップルがドンピシャの世代だったみたいで、口ずさみながら聞いてくれてたよ。あまり音量は出せなかったけど、入口の方から時々のぞきに来る人とかいて、なかなか楽しかった。

結局2店舗目の代替の場所は見つからなかったため、予定していた2ndセットはできず。

事前にアナウンスしていたお店の方に僕らを観に足を運んで下さった方もいて、この突然の変更のせいで無駄足にさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。当初のお店の方には何か案内の紙などを貼っておいて下さいとお願いはしてたのですが、それも実行してなかったようです。ほんとに信じられませんな。

僕らの方は、いちおうイベント用の飲食チケットを頂いたので、食べて帰ることに。

2件目に入ったインド料理店が特に素敵で、量もたっぷりで美味。久しぶりにインド風のカレーを食べた。

船にも乗りたかったけど満員札止めだって。しょうがないのでそこで解散。
僕は岸和田まで。


何事をやるにも(ましてそれが初めてのことなら)必ず予期せぬトラブルは起こるし、思惑通りには決して進まないけど、それを乗り越えるスキルを身につけるために、みんな学生時代からいろんな経験を積んでるって思うのよね。

今回の件でも、言い訳の言葉の中に「不慣れ、未熟なもので」という言葉があったんだけど、どうかな。もしこれがビジネスの現場なら、ぜったいこんなミスはしてなかったと思う。こんな風に事前の予定を簡単にキャンセル・変更するなんて許されるはずがないって、ちょっと考えればわかるからね。

だから僕は、結局は「甘え」が原因だと思う。

許そうと思えば全然許せたし、メンバーも「しょうがないなあ」くらいで気にはしなかったと思うけど(でもきっと2度とオファーは受けないけど)、それでもここで文句も言わず許してしまうと、今後も「ミュージシャンが甘く見られる」気がしたんで、かなりきつく対応することにしたんだ。本人に直接言うのが僕のモットーでもあるし。

なので、締めの言葉は定番のフレーズ。

主催者の有限会社ハートビートプラン、及び関係各位には、猛省を促したい。


ということで、岸和田編に続く!

a0038006_17144759.jpg

a0038006_1715032.jpg

[PR]
by showky | 2011-10-26 17:15 | ライブ | Trackback | Comments(0)
人生は山あり谷あり、一日の中にも山あり谷あり~Part1 金曜編~
10月21日(金)大阪医療センター12F フォルテ☆倶楽部

ライブが立て込むと、レポートがアップできなくてたまる一方。
でも、記録として後々大事になるから、頑張って残しておくのだ。

さて、先週金曜日。けっこう前から苦心惨憺取り組んでいたPodcast問題が、ついに解決!Appleに認証してもらえたよ!
晴れて、fm GIGのPodcastがiTunes Storeから配信

ちょっと感無量。よく頑張った、オレ。

気分良くして、ちょいと練習をして大阪は谷四へ。

フォルテ☆倶楽部にはわりと早く着いて、珍しくゆっくりとセッティング。
と、女性グループが来られて、うーん、年齢層は、わりと狙いやすい(?)感じかな。同じ世代に固まってる感じ。

そんなんで、電車の中で前もって考えていたセットリストにちょっと修正を加えて、こんな感じに。

1.時の過ぎ行くままに(沢田研二)
2.雨がやんだら(朝丘雪路)
3.街の灯り(堺正章)
4.ふれあい(中村雅俊)
5.他人の関係(金井克子)
6.ハチのムサシは死んだのさ(平田隆夫とセルスターズ)
7.シクラメンのかほり(布施明)
8.積木の部屋(布施明)
9.許されない愛(沢田研二)
10.さらば恋人(堺正章)
~アンコール~
11.そっとおやすみ(布施明)
12.秋桜(山口百恵)

完全に70年代前半で固めてみた。
アンコールの「秋桜」はリクエストで、ちょっと驚いたんだけど、随分昔に一度だけ歌ったことがあって、どうにかコード進行は覚えていた。でも、2番の歌詞が少し混乱して、自分で雰囲気を壊してしまった。無念。この曲もちゃんとレパートリーに入れておこう。


スタジオに戻ったら、ひまりんが生放送中。放送後に大輔さんがやってきて収録の練習。と、珍しくけっこう早くにNINAとJINさんも登場。珍しい顔ぶれが揃ったよ。NINAはライブ終わりでオシャレな出で立ち。

さ、なかなかいい気分で一日が終わりそうだったんだけど、実は夜に信じられないようなメールが届いてた!

続く!!

a0038006_21414739.jpg

[PR]
by showky | 2011-10-25 21:41 | ライブ | Trackback | Comments(0)
嵐山と烏丸を行ったり来たり
a0038006_152416.jpg

a0038006_1524154.jpg



木曜日。

お昼前に万美子さんと合流して、音やへ。3度目の歌声ライブ。
今回皆さんに歌っていただこうと用意した曲は、

1.ふるさと
2.上を向いて歩こう
3.いい日旅立ち
4.オー、シャンゼリゼ

「オー、シャンゼリゼ」って、どんな年齢層でも歌えるんじゃなかろうか。シンプルだけどいい曲。

そしてミニライブ。まずは僕が、

1.時の過ぎゆくままに
2.さらば恋人

で、万美子さんが、

1.ノワイエ
2.思秋期
3.初恋のニコラ
4.黄昏のビギン

飛び込みで来られた方も楽しんでいただけたようで、よかった。

終わったあと、談笑的な打ち合わせをして(?)いったん解散。僕がスタジオへ。
ニーノ&ちかママさんの「デリシャスビューティー」を収録。ゲストは、劇団四季出身でボイストレーナーのダンディな中井敬二さん。めっちゃええ声です。

で、僕はまた音やへ。ママプロデュース(?)の新企画「Folk ニューミュージック Popsギター伴奏いたします!」。
ま、その名の通り僕がどんな曲もギター伴奏をするので、好きな曲を歌って下さいなという企画。

正式には来月から、基本最終金曜日に開催で、今回はお試しスタート。よく音やでお手伝いをしてるリエちゃんの歌にギターを弾いたよ。知ってたのは「Desperado」だけで、後は最近のJ-レゲエ系の曲。なかなか楽しかった。来月から、みなさん遠慮なくお越しくださいな。

ママが所用で出かけた後は、ふらっと遊びに来てくれた団長や亜梨沙ちゃんと音楽談義。ときどきポロポロと弾き語ったりして。

来月開催される「fm GIGムーンライトブレイク火曜」イベントでは、亜梨沙ちゃんが生朗読してくれるぜ。

さ、金曜の出来事はまた後で。
とりあえず今から水辺バル。
直前になって場所が変更とか、なんかばたばた。
詳細はtwitterをフォローして下さい。

a0038006_1573681.jpg

[PR]
by showky | 2011-10-22 15:02 | 携帯から | Trackback | Comments(0)
今週前半のGIGスタジオ、ダイジェスト。
今週はライブが立て込んでて大変なんだけど、GIGの方ももちろんニギヤカで。

名古屋帰りの月曜は、そのまま昼過ぎから「すごくないラジオ」の収録。勇司さんのプロフィールもDJぺーじにアップしたよ。
夜は清次さんとほっといてブラックさんの生放送。
放送前に、清次さんのファンでGIGのリスナーにもなってくださってた方が急にお亡くなりになったという衝撃のニュースを聞かされて、ちょっと動揺。
さすがに帰ったらすぐに爆睡。

a0038006_16135869.jpg


火曜は昼から新井病院慰問ライブで、夕方からはいつも通り、kazuちゃんの生放送かられいちゃんの生放送までほぼノンストップ。団長も久々に復活。
11月27日の火曜日チームイベントの打ち合わせも着々。

a0038006_16142897.jpg


水曜も新井病院。
スタジオに戻ったら、いく子ちゃんは試験休みで堀家さんは放送中、DACOちゃんは待機中、みちのくくんはいつも通り壁にもたれて読書。
と、そこへ、来月から新たにメンバーになるやすじさんが登場。ちょこっと打ち合わせと、他のメンバーにも会いたいということで、着くや否やDACOちゃんと旅話でひと盛り上がり。いいなあ。オレもそろそろ旅に出かけるかな。
放送を終えた堀家さんが、いそいそと冷蔵庫から取り出してきたのが、曽我さんが作って置いてった噂の「冷凍リンゴ」。
おお!これが!僕とDACOちゃんは初体験で、京都組のみちのくくんとやすじさんはハイテンション。「三色ゼリー」も知らないぞ。
フンコロガシのふたりが来るとさらにニギヤカで、ミッチーのテキトーキャラも絶好調。いやあ、笑わせてもらった。

この合間にも、デザイン仕事をひとつやっつけて、あとはPodcastの設定に悪戦苦闘。知恵熱が出そうだぜ。果たしてどうなったのか??

a0038006_1614456.jpg


続く!
[PR]
by showky | 2011-10-21 16:14 | fm GIG | Trackback | Comments(0)
その時代のどんな想い出が蘇ってるのかな。
10月18日(火)19日(水) 大阪 新井病院

久宝寺の新井病院にはデイケアーサービスと療養病棟の2つの施設があって、そのどちらにもレクレーションのゲストとして呼んでいただいているので、だいたい月に1~2回は行ってるんだけど、今月は偶然にも2日連続となって。

新井病院2days。

あ、これだけだと人間ドックかなんかみたい。

新井病院慰問ライブ2days。

いや、言ってみたかっただけ。

セットリストは、初日がいい感じだったので2日とも同じにしてみた。

1.有楽町で逢いましょう(フランク永井)
2.雨がやんだら(朝丘雪路)
3.街の灯り(堺正章)
4.ふれあい(中村雅俊)
5.星影のワルツ(千昌夫)
6.俺は待ってるぜ(石原裕次郎)
7.くちなしの花(渡哲也)
8.シクラメンのかほり(布施明)
9. 霧の摩周湖(布施明)
10.錆びたナイフ(石原裕次郎)
11.上海帰りのリル(津村謙)
12.高校三年生(舟木一夫)
~アンコール~
13.君恋し(フランク永井)

MCも含めちゃんと流れを作った、けっこう考え抜いた選曲と曲順なのよ。

初日、火曜日はデイケアーの方へ。3階にあるレクレーションルームには、だいたい毎回20人前後の方が集まっていただいてて、曜日によって利用者の顔ぶれも若干変わるそうな。それでも最前列にはお馴染みの方々がいて、暖かく迎えていただくのです。曲の合間にはスタッフの方との楽しいやりとりなんかもあったりして、とてもアットホーム。ばんばんリクエストなんかも飛んでくるよ。

今回は、最初はアンコールを考えてなかったんだけど、歌い終わったらスタッフの方から「○○さんが家を引っ越しする都合で、ここに通うのは今日で最後になるので、もう1曲歌ってもらえないですか?」との言葉があって。

おお、そりゃもう、喜んで。人気曲「君恋し」を取っておいてよかった。
その○○さん(男性)は、いつも涙を流しながら聞いて下さるのです。特に裕次郎の歌あたりで。その時代のどんな想い出が蘇ってるのかな。

歌い終わって、スタッフの方が○○さんに「どうやった?」って尋ねたら、泣き笑顔で、無言で左手を突き上げて下さって。なんてお茶目。
その想い出の中に、僕の歌声や姿も刻み込んでもらえたなら嬉しい。


昨日水曜日は、療養病棟へ。こちらは1階のフロアが舞台で、だいたい30人近く集まっていただくのかな。さらには病院長やスタッフ、中にはお休みにも関わらず僕の歌を聞きにやって来る方もいるそうな。私服の方々がそうなのね。

こちらも最前列はすっかり顔なじみの皆さん(主に女性)が陣取って下さって、拍手で迎えていただきます。

デイケアーでも療養病棟でも、女性の方は曲が進むうちにどんどんと顔が笑顔になって僕を見つめてくださり、男性はどこか遠くを見つめるようにして、次第に涙ぐまれるのね。

「霧の摩周湖」から「錆びたナイフ」「上海帰りのリル」「高校三年生」と続くにつれて気持ちがひとつになる感じが、歌っててわかったよ。

その時の皆さんの頭に浮かぶ昭和の風景がどんなものなのか、できれば見てみたい。きっと美しい色をしてるのだと思う。
[PR]
by showky | 2011-10-20 11:11 | ライブ | Trackback | Comments(0)
最初の一歩の「わくわくボール」
10月16日(日)愛知県 幸田 わくわくボウル

先週比較的スケジュールに余裕があった反動が来て、今週は大変なことになってる。
そういう時に限ってメンドウなことも起こるのだが、やっつけていくしかないのだ。

そんな先週から今週にかけての行事の中でも、ハイライト、ついにTime For Loveとfm GIGが愛知に進出しましたぜ。

名古屋!って言えないが微妙で、名古屋市内からはずいぶん北に位置する春日ってところ。郊外の住宅地みたいな感じで、大型店舗が軒並み揃ってて、その中にあるレジャー施設「わくわくランド」の中の「わくわくボール」が今回の舞台。ボーリング場なのだ。

死ぬ気で(?)早起きをして、朝7時にはオサムシェフの車に乗って、いざ出発。
9時半には現地に到着し、機材の搬入とセッティング。サチ子さんも来てくれたぜ。
ボーリング場のスタッフにも手伝っていただき、名古屋で新しくGIGのメンバーになる圭志さんに音響をやっていただき、サクサクとベーシックなサウンドチェックも完了。
あ、ステージはボーリング場のフロアなのです。とにかく広いので、声がめっちゃ広がるよ。気持ちいいぜ。サウンドチェックも兼ねて何曲かひとりでジュリーの曲を歌ってたら、スタッフの人に拍手をもらった。いやいや。

続いてはラジオブースのセッティング。とにかく僕が着くまでは手が付けられないので、機材は箱のまま。
オサムシェフと一緒に箱から出して配線をして、いくつか足りない部品を大急ぎで調達してもらって、お昼前にこちらもベーシックなセッティングは完了。

再びボーリングフロアに上がったところで、出演者も続々登場。佐和子ちゃん、伴さん、金狼さんも無事やってきたよ。

全体のサウンドチェックも完了し、僕らは腹ごしらえへ。

味噌カツ定食で満足し、戻ったところでイベントスタート。

まずは内田さんのオープニングトーク。そして広島からのゲスト、是久さんのライブ。即興で(?)内田さんやオサムシェフも加わりひと盛り上がり。

a0038006_10571482.jpg


そして、Time For Loveの登場。

セットリストはこんな感じ。

1.天使のウィンク
2.カサブランカ・ダンディー
3.青い風と白い空
4.哀愁でいと
5.話しかけたかった
6.ジュリアに傷心
7.夜明けの月に
8.加速度
9.カナリア
10.ランナウェイ
11.愛を抱きしめよう
12.ときどき、セルリアンブルー


a0038006_10575611.jpg

a0038006_1058971.jpg


もちろんボーリング場として普通にオープンしてる中でのライブなんで、僕らの演奏とは関係なさげにたくさんの人がボーリングを楽しんでるんだけど、時々反応してもらえるのが楽しかった。
遥か向うのレーンの方からも拍手が起こったり、手拍子してる姿が見えるとグッとテンションがあがるよね。

もちろん、わざわざ集まって下さった皆さんやスタッフ、内田さんやオサムシェフにも盛り上げていただき、とりあえず役目は果たせたかな、と。

そして、内田さんと佐和子ちゃん、オサムシェフの珍しい3ショットのトークを挟み、内田さんのトーク&ライブ。
サザエさんのくだりが面白いよね。さすが。
意外なことにちゃんとしたライブって、初めてだったんだって。来る途中でギターを買ってきたそうで、2曲、僕も参加してロックンロールをセッション。

a0038006_1058396.jpg

a0038006_10585057.jpg


ライブに慣れてる僕ら以外の皆さんにとっては、初のライブイベント。どうなることかと不安もあったけど、終わったあと、ボーリングに来てた方々やスタッフの方々に笑顔で手を振っていただいて、それが何より嬉しかったです。
一番の大仕事を担当したオサムシェフにも、大好きだとおっしゃる「加速度」で盛り上がってもらってよかった。

ライブイベントの後は、1階の放送ブースにおりて特別生放送の準備。
こちらは、にこらを中心とする名古屋チームの皆さんがリフォームをしてくれてて、ちゃんと外からも見える素敵なサテライトブースに出来上がってて。
後は僕が各種設定をするだけ。
こういうのには付きものの、パーツやらの初期トラブルもオサムシェフに何度も電気屋さんへ走ってもらってなんとか解決。

そして夕方6時から、無事生放送スタート。なんかこういうの、久しぶり。

とりあえずは僕とオサムシェフとでオープニングトーク。
そして、ニコラと内田さんがゲストに是久さんをお迎えしての「ニコラジオ」。
続いては、僕と内田さん、それにサチ子さんも加わってのフリートーク。
なんと、サチ子さんと内田さんの即興演技ミニコントも始まって、うん、こういうのは久しぶりだぜ。無茶ぶりもやりがいがあるぜ。

そんなこんなで、無事1時間半の生放送も終了。なんとかなったなあ。皆さん、お疲れさまでした。

a0038006_10592933.jpg

a0038006_10594116.jpg

a0038006_10595247.jpg


僕はその後打ち上げに呼んでいただき、シブいお店でカラオケなどにもお誘いいただき、一泊の宿も提供していただきました。

これまでのたくさんの積み重なってこの一日があり、さらに新しい出逢いを重ねて、何かまたわくわくする物語が始まるんだろうね。

頑張るべ。
[PR]
by showky | 2011-10-19 11:00 | ライブ | Trackback | Comments(0)
「オトナなギタープレイ」も板についてきた気が。
とりあえず土曜の話から。

苦闘中のPodcast設定は、とりあえず解決策を発見して後は結果待ち。

iPhone4Sは、昨日朝からSiriの機能を堪能中。いわゆる音声認識機能ってやつね。
今はまだ日本語には対応してないんだけど、

そんな新iPhoneを携えて、いそいそと夕方に祇園へ。
大和大路にあるCafe Greenに来るのは2回目。今回はティータイムということで、普通にカフェに来ているお客さんの邪魔にならないよう、イージーリスニングなライブ。僕はそういうのは苦手なんだけど、さすがは万美子さん。落ち着いて歌わはりますな。

1.サンジャンの私の恋人
2.ノワイエ
3.ひまわり
4.思秋期
5.黄昏のビギン
6.枯葉
7.あなたが好きでたまらない
8.五番街のマリーへ
9.スカーフ
10.王様の牢屋
11.神田川
12.サン・トワ・マミー


これを一気にやったのではなくて、3曲ごとにインターバルを置きながら、トータルで1時間半の生演奏タイムなわけです。すっかりと「オトナなギタープレイ」も板についてきた気がする。
合間に頂いた、マンゴーとバナナのミックスジュースが劇的な美味さ。密かに自分の中でミックスジュースブームが来そう。

終わったあとはいったん解散。

僕はひとまず家に帰り、日曜の愛知遠征の準備。夜が遅いし朝が早いからね、余裕をもって準備しとかないと。

8時にスタジオに戻って、9時からはムンサタ生放送。まずは万美子さんとふたりで、オープニングは小学校や中学校時代の話。同窓会に出るとか出ないとか。僕も万美子さんも、小学校時代の同級生とは長らく会っていないのね。ここまで来ると、いつどのタイミング、どんなシチュエーションで再会するのか。楽しみだし、大事よね。うん。
曽我さんが来てからの流れは、例によって番組日記の更新を待つべし。


放送が終わって帰る頃には、雨も上がったよ。さすが晴れ男。

さて、日曜はちゃんと早起きできたのか? 続く!!




a0038006_6575859.jpg

a0038006_658731.jpg

a0038006_6581596.jpg

[PR]
by showky | 2011-10-16 06:58 | ライブ | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;