Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
2017年 最新ライブインフ..
at 2017-12-31 18:50
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
TFLはいかにして「空気」を作るか~9/4 Blue Eyes 5th.ワンマンライブレポート後編
9月4日(日)京都 Blue EyesTime For Love Summer Concert

前回からの続き)

とりあえず店内のBGMを例によって僕のiPodから流し、70〜80年代のヒット曲が聞こえ始めると、ほら、気分も明るくなる。
開演の時間、19時あたりから続々とお客さんも来場。あれよあれよとほぼ満員に。ひと安心だ。後はステージでベストを尽くすのみ。
Time For LoveのPVを流して雰囲気を作り、いざ、開演。


オープニングは堀家さんと曽我さんで「ザ・ベストテン」を完全再現。
堀家さんのギャグも見事に決まり、そのまま「今週の第10位」のコールで、Time For Love登場。
第一部のセットリストはこんな感じ。

1.ピンクのモーツァルト
2.カサブランカ・ダンディ
3.セシル
4.空が晴れたら
5.透明な水
6.女ぎつねon the run
7.銀河鉄道999
8.夕陽色の涙
9.加速度
10.ときどき、セルリアンブルー


「セシル」は浅香唯。そのまま「空が晴れたら」への流れは意外だけどいい感じだったのでは。
#5#6#7はいきなり新チャレンジのメドレー。「透明な水」はできたばかりで初披露の新曲。ムード出てたかな。
「女ぎつね〜」はバービーボーイズのナンバー。まさかこんな曲を歌う日がくるなんて。歌、大変だったよ。
「999」は盛り上がるよね、そりゃもちろん。ミスもあったけどイキオイ重視で。

「夕陽色の涙」から「加速度」の流れはかなり秀逸だと思うんだけどな。
1stセットの〆は「ときどき、セルリアンブルー」


少し休憩を挟み、やはりPVを流して雰囲気を整え、後半戦は堀家さんの「今週のスポットライト」のドナりでスタート。伴さんフィーチャーのコーナー。

11.ウルトラQのテーマ

続いて「今週の3位、2位」。金狼さんフィーチャーのコーナー。

12.街が泣いてた
13.スローなブギにしてくれ


伊丹哲也とSide by Sideて。知ってるのは僕と堀家さん以外にふたりくらいじゃないかな。

そして「今週の第1位」のコールに乗って佐和子ちゃんが登場し、2nd.ステージスタート。

14.秋からも、そばにいて
15.哀愁でいと
16.ロックンロール・ウィドウ
17.夜明けの月に
18.星屑のステージ
19.九月の雨
20.愛を抱きしめよう
21.ランナウェイ
22.君の飛行船
23.青い風と白い空


「秋からも〜」が超難曲。イントロの5小節目でいきなりキーが半音上るとか、ありえないアレンジ。つか、この曲をギターと尺八とパーカッションだけで再現するなんて、無茶も甚だしい。でも、意外にいい出来映えだったように思うぞ。

ここからの後半戦は、かなり自信のセットリスト。#17から#19の流れは圧巻だぞ。ここでしっかりステージに釘付けしたので、ラストスパートは店内全員が心をひとつにして、歌って手拍子して、これぞライブの醍醐味。
「君の飛行船」の歌詞は無茶苦茶になってしまったけどね。はは。

アンコールは、

24.カナリア
25.天使のウィンク

オーラスで三たび堀家&曽我が登場して、やはり「ザ・ベストテン」のエンディングを再現。ハイ、チーズ!

お疲れさまでした。そしてありがとうございました。ちゃんとした「ショー」をお見せすることができたと思います。

4人(+2人)のTime For Loveを初めて観た方も多い感じだったけど、最後まで楽しんでいただけたと信じてます。

前回までとほぼ同じ、全25曲。時間にして2時間強。

堀家さんに「どうだった?」って聞いたら、「前回までは『長さ』を感じましたが、今回は『長さ』を感じませんでしたよ」とのこと。


清次さんも言ってたけど、僕らは意外と冷静に「何が良くて、何が良くなかったか」わかってるのよね。
そして、毎回100%完璧な試合運びで勝ち続けることなんかできない。
何度か「負け」を経験しながら、「いい負け方」を覚えて、「大事な時に勝てる」力を身につけることができるのよ、きっと。


来年はどんな年になるかなんてわかりはしないけど、それでもコツコツ点と点を繋げて結果を残していくつもり。頭の中でヴィジョンはあるんだ。
ほんの2年前には、こんなライブができるようになってるなんて予想もしてなかった。だからこれからも、きっと予想以上のことをやっていくのでしょう。プレッシャーやトラブルと闘いながら。

そうじゃないと、生きてても張り合いがないものね。

a0038006_1135174.jpg

a0038006_1144247.jpg

a0038006_115258.jpg

a0038006_1151883.jpg

a0038006_1153410.jpg

a0038006_115516.jpg

a0038006_1161052.jpg

a0038006_1162995.jpg

a0038006_1164134.jpg

a0038006_116563.jpg

[PR]
by showky | 2011-09-07 01:17 | ライブ | Trackback | Comments(0)
TFLはいかにして「空気」を作るか~9/4 Blue Eyes 5th.ワンマンライブレポート前編
9月4日(日)京都 Blue EyesTime For Love Summer Concert

なんかこう「コツ」ってのがわかる時があるのね。
自分の体をこう動かせば、こんな風に自分をコントロールできて、最終的には自分の望む結果にたどりつくことができる、そういうのがわかる時があるのよ。
スポーツをやってる人の方がわかりやすい感覚だろうけど。

音楽にもそういう瞬間や時期というのがある。

自分の体や声を思う通りにコントロールできて、自分の望む通りに(あるいはそれ以上に)場の空気を支配できる、そういう瞬間。

もちろんそれはそんな簡単には体験することはできない。ミュージシャンはたくさんいるけど、そして、いい歌を歌う人やいいステージを見せてくれる人はけっこういるけど、場の空気まで支配できる力を持った人は、そうはいないと思う。

自分が楽しむだけのライブなら簡単さ。カラオケと一緒。好きな曲だけ歌えばいい。

充実感を得たいなら、しっかり練習すればいい。失敗しないだけでもかなりの充実感。感動もするでしょう。少なくとも自分は。

でも、目の前の人を感動させようと思ったら。

それはそう簡単にはいかない。努力だけでもだめ。全力を尽くすだけでもだめ。自分ひとりだけでもだめ。汗と知恵を結集させて、いかにしてマジックを起こすか。

僕は、ひとりでやる時はもちろんそれをずっと考えてやってきたんだけど、Time For Loveもね、ちょっとその域に近づきつつあるんじゃないかと思えてきて。
何せいろんなとこでやってきたからね。
ワンマンライブも5回目。

5回目ともなれば、ただやってみました、だけではすまない。さすが!というのを見せたい。

そんなわけで、過去4回の記憶をたぐり寄せて反省点をピックアップしつつ、ここ最近のライブから手応えのあった曲や流れを取り入れ、その上でこの日ならではの新しいことも盛り込んで、いざ勝負。それが今回のテーマ。

そして全体のコンセプトは「ザ・ベストテン」。
これはもう、前回の堀家さんと曽我さんのパフォーマンスが素晴らしくて、それをもっと多くの人にも見て欲しいなと思って。


当日は朝から台風の影響が残ってがっつりと雨。これは大きな不安材料。
新しくやる曲のうち、2曲がかなり難しくて、これもまた不安材料。
いつもよりちょっとどきどきした心持ちでBlue Eyesへ。

リハがけっこう押して、開場を遅らせることに。まずい流れだな。

雨もやまず、客足も鈍い。台風の影響で来れなくなった方もいるとの情報も入り、不安は募る。ドキドキ。


続く!!
[PR]
by showky | 2011-09-07 00:13 | ライブ | Trackback | Comments(0)
土曜はだいとっくとさだまさしトーク
先週の土曜と言えば、翌日に控えたTime For Loveワンマンの準備に大わらわですよ、そりゃあ。

あれやこれやと練習したりアレンジを考えたりした後、夕方にGIGスタジオへ。
新しいオープニングを録ったりちょこちょこ編集作業してるところへ、フランス帰りの中森さん登場。フランスは、日中はともかく夜にはコートが必要なほど寒くなるんだそうな。で、日本に帰ってきたら台風のまっただ中。ともかく無事で何より、おかえりやす。

今月はライブも多いので、さっそく新しく増やす曲の音合わせ。まさかかの有名な「枯葉」がこんな難しい曲とは思わなかった。

そうこうするうちに、ゲストの大督くん登場。やっぱり目に隈はあるぞ。

てなわけで、新生「ムンサタ」は何気なく賑やかにスタート。オープニングトークは、なぜだか小さい頃の遊びの話。僕がいかに怖いもの知らずな子供だったか、わかっていただけたかしらん。

曽我さんが来てからは「サウンド・ストリーム」。何と言ってもゲストは大督くんなので、特集はもちろん、さだまさし。ここからの詳細は、例によって曽我さんの番組日記をお楽しみに。コーナー後には大督くんに生歌も歌ってもらったよ。


大督くんとは、いずれ必ず「さだまさしナイト」をやるって約束したぜ。

曽我さんとふたりっきりになる後半戦も、始まるまでの不安をよそにけっこう盛り上がってしまった。ま、コーナーとかぼちぼち考えていきますか。

インディーズ!オー!オー!も、君待くんが来たり来なかったり来たりするしね。

ゲストも、どしどし募集します。「出たい」って遠慮なく声をかけて下さい。僕が声をかけたら飛びついて下さいまし。

a0038006_14193215.jpg

a0038006_14194310.jpg

[PR]
by showky | 2011-09-06 14:20 | fm GIG | Trackback | Comments(0)
これがオレの、カーゴパンツファッションだ!
もろもろ書き上げるまで、7月24日、竹野浜ビーチでのライブの写真をお楽しみ下さい。
mixiやfacebookのフォトアルバムにはもっとあります。

a0038006_10261558.jpg

a0038006_10263556.jpg

a0038006_10264840.jpg

a0038006_10272775.jpg

a0038006_10274812.jpg

a0038006_10281290.jpg

a0038006_10283699.jpg

a0038006_1029678.jpg

a0038006_1029224.jpg

a0038006_10293891.jpg

a0038006_1029538.jpg

[PR]
by showky | 2011-09-06 10:30 | ライブ | Trackback | Comments(0)
「透明な水」
   「透明な水」
         詞・曲/冴沢鐘己

音も立てず波がよせて 私の足に絡む
夕陽が白く砕けたら 夏も終わるわ
あなたは風の行く先を まるで遮るように
ふいに私を振り返り 黙りこむのね
 心が知りたくて 言葉を探すけど
 戸惑いが 乱反射するの
透明な水の中 沈む砂が光る
あと少し近づけば あなたの鼓動にも届くのに

あなたは何も言わないで 急に抱き寄せるから
私は白い波の中 砕けてゆくの
 あなたを知りたくて 瞳を探るけど
 このままで 流されてゆくわ
透明な水の中 ふたりで飛びこめば
透き通る心だけ キラキラ溶けあってゆくかしら

透明な水の中 光る砂が見える
もう少し抱いていて あなたをこんなにも愛してる

-------------------------

突如出来上がったTime For Loveの新曲です。
「甘いバラードが歌いたい」という佐和子ちゃんのリクエストに応えて一気に作ってみた。
ご覧の通りの夏の終わりのイメージなので、明日さっそく披露しまっせ。


写真は先日の音や「カバーしてなう」より。リスナーの方のブログからいただきました。

a0038006_13582983.jpg

a0038006_13583844.jpg

[PR]
by showky | 2011-09-03 13:59 | | Trackback | Comments(1)
だから「空間」作りは難しいし、楽しい
9月2日(金)大阪医療センター12F フォルテ☆倶楽部

だいたい京都も大阪も(特に京都は)台風とは無縁なのね。
来る来るって言っても、だいたい夜のうちに去ってて、何事もなかったかのような朝が来て、がっかりしながら学校に行くというのが基本パターン。

それでも今回の台風はなかなかに気合が入ってるみたいね。
ガーッと雨が降ってはしれっと晴れて、ビューッと風が吹いたかと思えば静かに凪いで。焦らし方もなかなか。

昨日はフォルテ☆倶楽部に行くついでに、本町で1件打ち合わせをセッティング。10月から始まるfm GIG新番組の打ち合わせです。プロの芸人さんがfm GIGに登場しますのよ。

で、せっかく本町まで来て時間も空いてるので、久々に先日再オープンしたHiloさんのお店へ。

中に入ったのは半年以上ぶりで、内装はほとんど変わってなくてなんかもの凄く懐かしい感じ。
スタッフの顔ぶれは変わっていたけど、コナコーヒーを飲み始めたところで外出中だったHiloさんが戻ってきて。ちょうど奥にいた顔なじみのスタッフも出てきて、やあやあやあ、どうもどうもどうも。
あんまりゆっくりできなかったけど、とりあえず顔を出しといてよかった。

帰り際に上の階のオフィスから内田さんも来て、Macについてアドバイスをしたところで、僕は谷町四丁目へ。

大阪医療センターについてエレベーターに乗ったら、数人の入院中らしき女性がいて、ギターを背負った僕を見て「今日歌う人?演歌歌うの?」って、単刀直入な質問を。もちろん「歌いますよ」って答えておいた。はは。

そんなこんなで今回のフォルテ☆倶楽部のセットリストは、こんな感じ。

1.時の過ぎゆくままに(沢田研二)
2.霧の摩周湖(布施明)
3.夜空(五木ひろし)
4.くちなしの花(渡哲也)
5.想い出まくら(小坂恭子)
6.手紙(由紀さおり)
7.シクラメンのかほり(布施明)
8.積木の部屋(布施明)
9.さらば恋人(堺正章)
10.また逢う日まで(尾崎紀代彦)
11.そっとおやすみ(布施明)


ほんとは渡辺真知子とか歌う準備をしてたんだけど、まあそれは次の機会ということで。

梅田でたこ焼きを食べて、スタジオに戻ったらひまりさんが生放送中。大阪も京都も、それほど台風な感じはなし。でもリスナーさんによれば、彦根は大雨だそうな。

ほどなく可愛らしい女子大生がやってきて打ち合わせ。ある‘女性グループ’の定期演奏会(?)のための写真撮影とフライヤーデザインを引き受けることになったのよ。
女子9人組の撮影って、たぶんきっと思ってるより大変な予感。ま、ベストを尽くします。

誰もいない深夜には、つかみかけたコツを忘れないようにちょろっと歌の練習。もうひと息な感じ。


噂がどんなものであれ、会って話せばその人がどんな人か一瞬でわかるのと同じように、自分の目で確かめれば一瞬で「何か」がわかることがある。空間にはそこにいる人たちの「魂」が宿るのよ。

特に僕はあまり先入観は持たない方で、あらかじめ予見はしても、それに縛られるよりかは、その時その場で何かしらの判断をする方が好きかな。



さて、今夜はムンサタです。おフランスから中森さんが戻ってきます。お土産楽しみ。
そして久しぶりにゲストも来まっせ。シンガーソングライターの大督くん。熱い話が聞けそうだ。
21時から!
[PR]
by showky | 2011-09-03 12:00 | ライブ | Trackback | Comments(0)
成長する一番の近道は
ライブの後って、やっぱり少なからず魂が抜けるのね。なんか忘れ物したり、電車を乗り間違えたり、そんなうっかりさんな感じになってしまうのよ。
音やにも、ちょこっと忘れ物をしてきてしまった。

で、昨日取りにいかなきゃと思って、あれこれ片付けてからGIGに行く前にでもバイクで行けばいいかと思ってたら、台風ですよ。ありゃま、せっかく晴れてた昼のうちに行けばよかった。

しょうがないんで日曜のワンマンの準備や練習をして、夕方にスタジオに。

そしたら入口でばったり見学の方々を引き連れたオサムシェフと合流。あけみんさんもゲストの方とすでに来られてて、彼女もオサムシェフも同じくらい明るくて社交的だから、いきなり初対面同士の顔ぶれで和気あいあい。

収録はあけみんさんの「Happiness Talking」を2本。前回のゲストだったカラーセラピストの華蓮さんが、なんとレギュラーゲストとして定期的に出演することに。
で、今週のゲストはダンサーとして頑張ってる可愛い女子、AYUKAちゃん。快調に収録は始まったんだけど、あけみんさんてけっこう無茶振りをするのね。AYUKAちゃんが、歌も好きでいつか人前で歌いたいっていうと、じゃあ収録中に歌っちゃいなさいよ、アカペラで!とか言い出して。さすがにプロでもないのにアカペラは気の毒なので、僕がギターを弾いてあげることに。倖田來未のMoonなんとかって曲を伴奏した。ややこしい曲でなくてよかった。なかなか度胸もあって、いい感じだったよ。

で、入れ替わるようになおみさんが来て、中川くんのバック・トゥー・京都の顛末を話してるところに、グッドタイミングで中川くんがやってきて、ひと盛り上がり。
そうそう、なおみさんはある大きなオーディションにパスして、とある企業提供のテレビ番組にレポーターとして出演することになって。ただいまロケで日本中を回ってて忙しいそうですよ。オンエアーが楽しみですなあ。

その後は浜田さんと、木曜新レギュラーのしょこたんこと久保翔子ちゃんが来て、新生「ムーンライトブレイク木曜~Sound Jack」生放送。
相変わらず浜田さんのボケはおもろい。翔子ちゃんもいい具合についてってます。

深夜はもちろん「佐々木清次のカバーしてなう」。前日のライブにはリスナーさんも何人も来て下さってたので、その話題のメールもいっぱい。リクエストに応えて「チャンピオン」をまたまた歌いました。もちろん僕も加わって。

生放送中、松山千春さんの「時のいたずら」のリクエストがきて。この曲、オリジナルはもの凄くキーが高いのね。最近は千春さんもキーを下げて歌ってるとかで、清次さんもその下げたキーでひととおり歌ったんだけど、その後試しにオリジナルのキーで歌ってみたら「あ、出るわ」となって。
さすが!って話なんだけど、すぐ横で清次さんの発声とか注意してみてたら、あることに気づいたのよ。

で、みんなが帰った後のひとりのスタジオで、ちょっと練習をしたりなんかして。もしかしたら僕のボーカルも、一皮むけるかも。

やっぱりアレですよ。成長する一番の近道は「上手い人のそばにいる」こと。
そのうち「あの曲」とか「この曲」とかも歌えるようになるかも。わくわくしてきたぜ。

a0038006_13303782.jpg

a0038006_13304676.jpg

[PR]
by showky | 2011-09-02 13:30 | fm GIG | Trackback | Comments(0)
歯車が噛み合ったとき「空気」はできあがる~「カバーしてなうVol.2」音や 8/31
8月31日(水)京都嵐山 音や「カバーしてなう」

はたから見たらどう見えてるかはわからないけど、やっぱり清次さんと共演するっていうのはプレッシャーがあるのよ。ヘタできないとか、いいパフォーマンスしなきゃとか、何より、負けないくらい熱く歌わなきゃ、とか。

それでもひょんなことから実現したこの企画、ラッキーだったのは、自分の立ち位置がはっきりしてるので、うまく歯車を噛み合わせて一緒に「空気」を作ることができるのよね。
歌うカバー曲も、ほぼ被らない自信があるし。はは。

そんなんで、選曲については頭を悩ませるけど楽しい。お客さんと清次さん、両方を楽しませるにはどの曲がいい? 自分の歌いたい曲をどこまで混ぜ込める? みたいな。

ギリギリまで迷ったりもしたんだけど、とりあえず決めてしまって、まずはGIGスタジオへ。
堀家さんと日曜ワンマンの打ち合わせ。さくさくとアイディアを出し合って段取りは決定。いやいやなんのなんの、こちらも楽しみだぜ。

音やに着いたのは5時前。清次さんがいないうちに伴さんとリハ終了。選曲は秘密にしてるのよ。

そうそう、今回初めて清次さんのサウンドチェックを見た。めっちゃ勉強になった。
さらには楽屋でもゆっくり話ができて、いろんな話を聞かせてもらったのよ。

僕より何十歩も前を歩いてて、僕のまだ見たことのない世界も見ている人なので、いちいち勉強になることが多いし、僕も含め「人」のことをしっかり見てはるのね。

そんなこんなもあっての「2回目の共演」というわけで、その意味は決して軽くはないのよ。いろいろなことを自覚した上で、僕は僕のベストを尽くす、と。

オープンすぐからもう満員。1回目より増えてるというのがさらに嬉しい。

さ、開演だ。

1st.ステージは、交互に歌うカバー対決。

○TV・映画主題歌対決
1.冴沢「面影」 (Gメン75 END曲)~「まぼろしの人」 (横溝正史シリーズ主題歌)
2.清次「君を忘れない」(みにくいアヒルの子主題歌)

このテーマは僕が決めたんで、歌いたい曲が歌えた。若干反則だけどメドレーにした。土曜ドラマ繋がりということで。それにしても「まぼろしの人」の伴さんの尺八が素晴らしいのよ。

○誰も知らないフォークソング対決
3.清次「空飛ぶ鯨」(ちゃんちゃこ)
4.冴沢「落葉が雪に」(布施明)


このテーマは清次さんのリクエスト。この曲をどうしても歌いたかったそうです。誰も知らないのにコーラスをレクチャーしてみんなで歌わせるあたり、圧巻のステージング。
僕の方は、かなり悩んだのよね。結局はちょっと反則っぽいけど、布施明自身の作詞作曲で、曲もしっかりフォーク調で、でもみんな忘れてて、聞くと「ああ!」と思い出すという1曲。清次さんも含め、「あ、この曲知ってる!」って声が聞こえたのがなかなか会心。

○演歌対決
5.冴沢「くちなしの花」(渡哲也)
6.清次「津軽のふるさと」 (美空ひばり)


僕の方は最近のお気に入り(?)で、今回は伴さんの尺八もオリジナルアレンジに忠実。
清次さんの選曲は、それこそ隠れた名曲だけど、ほんとにいい曲です。

○泣ける歌対決
7.冴沢「化粧」(中島みゆき)
8.清次「景子」(伊藤敏博)


これは清次さんリクエストのテーマ。‘泣ける歌’と聞いて最初に思い浮かんだのがさだまさしだったんだけど、ここはひとひねりしてみゆきさんを選んでみた。‘泣ける’というより‘泣いている’歌ですな。アルバム曲なのに知ってる人が多くて、清次さんも即興でハモってくれて、みゆきさんの底力を感じたよ。
清次さんの選曲は、ほんとに泣けます。ミュージシャンなら涙なくしては聞けない。あまりにリアルすぎて、むしろ聞くのが恐いくらい。

そして10分間の休憩。後半戦はそれぞれのソロライブ。まずは僕から。

1.カナリア
2.空が晴れたら
3.眩暈(めまい)
4.加速度


ま、いつも通り。「眩暈(めまい)」がちょっと久しぶりかな。

清次さんも4曲歌った後、アンコールで僕も再び登場。

先週の「カバーしてなう」放送でも話題になった「島人ぬ宝」をちょろっとやって(放送を聞いた人なら楽しめる趣向あり)、ツインボーカル+尺八でこの2曲。

1.チャンピオン(アリス)
2.上を向いて歩こう(坂本九)


お客さんも大合唱していただいて無事終了。ありがとうございました。



振り返ってみて、1回目に比べたらちょっとマニアックというか、自分の趣味に走りすぎた感はあるかな。でも、歌いたかったのよ。それを許してもらえて、受け入れてもらえる「場」ができたというのは、ほんとに嬉しい。
特に70年代の曲を歌えて幸せ。

次はまた少し幅を広げて、皆さんが「おお!」っと声をあげるような選曲を考えます。乞うご期待。


そして今週日曜はいよいよTime For Loveのワンマン。
セットリストも決まったよ。ちょっとだけ種明かしすると、松田聖子、南野陽子、沢田研二、田原俊彦、チェッカーズのほか、浅香唯、山口百恵、太田裕美、シャネルズ、ゴダイゴ、さらにはバービーボーイズなんかもやっちまうぜ!
だいたい80年代中心だ!
あと、「ザ・ベストテン」も‘ほぼ’再現するよ。

9月4日(日)京都 Blue Eyes
Time For Love Summer Concert
http://www.wm-diners.com/blueeyes.html
open18:00 start19:00 charge¥2000(1drink付)
出演:Time For Love 蔦佐和子(Vo)冴沢鐘己(Vo,G)伴英将(尺八)金狼(Perc)MC/堀家博之、曽我未知子(from fm GIG)

a0038006_13445682.jpg

a0038006_134566.jpg

a0038006_13451447.jpg

a0038006_13452338.jpg

[PR]
by showky | 2011-09-01 13:45 | ライブ | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;