Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Time For Love「夜明けの月に」公開!
できたばかりのTime For Loveの新曲「夜明けの月に」は、早くも公開!

大阪の小学校の先生が作成し、62万回以上再生された震災復興応援ムービーとのコラボが実現しました!



映像作成:情熱教師シャーク


------------------
「夜明けの月に~a song for children in the disaster~」
      詞・曲/冴沢鐘己 歌・演奏/Time For Love

寒い風が吹くから そばにおいで
あたためてあげるから そばにおいで
星たちもよりそい 朝を待ってまばたきをしてる
 この胸の愛しさを 歌に乗せて
 眠るまであずけよう 夜明けの月に
 la la la

もしひとりになっても 泣かずにいて
この手のあたたかさを 忘れないで
星たちはいつでも 朝を待ってまたたき続ける
 いつの日かこの歌を 思い出せば
 この愛を受けとって 夜明けの月に
 la la la

すぐに朝は来るから 震えないで
悲しい夢は月が つれていくよ
星たちも静かに 朝を待ってまたたき続ける
 この胸の愛しさを 歌に乗せて
 眠るまであずけよう 夜明けの月に
 la la la

-----------
[PR]
by Showky | 2011-03-31 08:27 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
大津ダブルヘッダー Part1
土曜の続き。
レコーディング後はさっそくミックスダウン作業に。
いいところまで辿り着いて、気がついたらもう夜。
「ムンサタ」だぜ。

スタジオに戻ってCANDY-combのマッハをからかい(?)、ユーリさんの番組を収録して、ばたばたと生放送。
4月からの新コーナーなどなど、例によってゆるくトーク。
それにしても寒いよね。


そして日曜日。
起きてすぐミックスダウンにとりかかり、お昼過ぎには「夜明けの月に」完成。

しばしぼーっとしてたら、いかんいかん出発の時間。
ギターを背負い大津まで。
まずはBaar Musica Tioへ。急きょ開催の震災復興支援チャリティーイベントに、2日前にオファーが来たのですよ。
これがまたタイミングのいいことに夜に大津のイベントに出演することが決まっていたので、喜んで夕方の時間帯に出演させていただきました。
着いたら、マスターとお姉さんに温かく迎えていただいて、ご機嫌なセッションバンドの後にさっそく出番。

年齢層を眺めて歌いながら決めたセットリストがこれ。

1.神様お願い(テンプターズ)
2.カサブランカ・ダンディー(沢田研二)
3.錆びたナイフ(石原裕次郎)
4.星屑のステージ(チェッカーズ)
5.想い出まくら(小坂恭子)
6.愚か者(近藤真彦)
7.さらば恋人(堺正章)
8.ランナウェイ(シャネルズ)
9.哀愁でいと(田原俊彦)
10.加速度(Time For Love)
11.勝手にしやがれ(沢田研二)
〜アンコール〜
12.また逢う日まで(尾崎紀代彦)


おお、こんなに歌ったんや。我ながら。
盛り上げていただいたし、頑張って盛り上げたよ。

終わったらスクリュードライバーとビールをご馳走になりました。

引き続き展開されるマジックショーやセッションをしばし観戦した後、今度は曳山展示館へ。

続く!!
[PR]
by showky | 2011-03-29 13:12 | 携帯から | Trackback | Comments(1)
「夜明けの月に」はアンサンブルのマジック
怒濤の週末。まずは土曜日。

お昼前から金狼さんが、大荷物を台車に積み阪急に乗るという荒技でGIGスタジオに到着。

コンガ、ボンゴにタンバリン、トライアングルに加え、名前の知らない金物や特製のキーチャイムなどなどを駆使して、Time For Loveの新曲3曲を一気に録音。

とりわけ「夜明けの月に」には気合が入って、たくさんの音が入ったよ。

僕が最初に作ったデモ音源にかすかに入ってたクリック音が金狼さんには足音に聞こえて、そこからボンゴがまず採用。イメージは「復興への足音」。
ミックスダウンの時に編集で少し処理をして、さらにそのイメージに近づけてみたので、公開時にはチェックしてくださいな。

あと、この前のBlue Eyesでのライブで初お目見えした金狼さん特製のキーチャイム。
普通の家や車のキーを一列にぶらさげて、ウィンドチャイムのようにシャララと鳴らすんだけど、大きさや厚さがバラバラなんで、なんとも複雑でチャーミングな音がなるのね。
この鍵たちの中に宮城から送られてきたものがいくつかあるらしくて、金狼さんにとっても思い入れが深いらしいんだけど、そういう予備知識なしに聞いても、なんともあたたかい音がするのよ。

僕自身はこの曲をアレンジする時に、「満点の星空、流れる雲、静かに光る月」を何とか音で表現しようと思ったのね。

そのイメージに、まさにキーチャイムがぴったりはまってびっくりしたんだ。

特に、2番の歌詞の前に優しく降り注ぐような音に、ちょっとグッときた。

伴さんの尺八はどこまでも優しいし、佐和子ちゃんの繊細な息づかいもとても良いです。
僕も、我ながらいいギターを入れたし、ストリングスは渾身のアレンジ。

近日、いい形で公開するのでお楽しみに!

a0038006_11232652.jpg
a0038006_11231951.jpg
a0038006_11231197.jpg

[PR]
by Showky | 2011-03-28 11:23 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
モノがあるのとないのとでは大違い
月曜日にボーカルを録って、水曜日に尺八を録って、とりあえず納得いくまでミックスダウンをしたら、さっそく役に(?)立った。

あ、新曲「夜明けの月に」の話ね。

今日、大阪である人物との打ち合わせがあって、合間に次期シングルリリースの話になり、出来たてのこの曲を聴いてもらったらやけに気に入っていただけて、とあるコラボレーションの話が立ち上がったのよ。

他にもわらわらといろんな話は進んできてるので、続報を震えて待て。

そうそう、Blue Eyesのマスターが、この前の「レッツゴー!サンデーナイトショー」の映像を素敵に編集してYouTubeにアップして下さいました。



感謝!


さてそんなんで、またまた近々のライブ予定です。

3月27日(日)滋賀県 大津 Baar Musica Tio「緊急チャリティーイベント」
AM12:00~PM10:00
※15時くらいに登場予定。
※ついさっきオファーがありました。

3月27日(日)滋賀県 大津曳山展示館 シオミ企画「第1回マジック寄席」
PM5:30 open PM6:00 start charge \2,000
※松鶴家佑二ほか、素晴らしいマジシャンが集うイベントにゲスト出演!

4月1日(金)大阪医療センター12F フォルテ☆倶楽部
19:00 start ノーチャージ

4月3日(日)京都嵐山 音や「J-POP vs 歌謡曲」
18:00 open 19:00 start charge\1,000
出演:Time For Love、黒猫イットリウム

4月7日(木)京都 Blue Eyes〜「Showky's File #1」
18:30 open 19:30 start chaege¥1,200(1drink 別)
出演:冴沢鐘己 with 吉村和浩(from チチノマ)、くるみ、団長@惣市朗
※冴沢鐘己のPOPファイルから、ちょっと刺激的な組み合わせをチョイス。今回は、そう・・・美女と野獣?はたまた姫と野武士?

4月15日(金)大阪医療センター12F フォルテ☆倶楽部
19:00 start ノーチャージ

4月23日(日)大阪日本橋 太陽と月「東北地方太平洋沖地震支援ライブVol.1」
OPEN 17:30 START 18:00 チャージ無料:入場者の方には寄付を入口でお願いします。
※出演: ホストバンド:金狼(Per)、阪口翔一(Vo,Cho,G)、吉村和浩(G)、kent-f(予定,key)、未定(B)
ゲスト:Time For Love、しもん、the conbrdemens、万響-mayura-(津軽三味線)、サプライズchichinoma、かじやん

4月24日(日)滋賀 びわこジャズフェスティバル in 東近江
松原鉄工所跡地・サブメインステージ 16:00~
※Time For Love
[PR]
by Showky | 2011-03-25 23:51 | 日常 | Trackback | Comments(0)
何をモニターの基準にするかが、まず問題
えらいもんやなあ、と。

いやね。普通の音源(ビートルズとか久保田早紀とかスライダーズとか)を聴くときは、それがオーディオセットだろうがミニコンポだろうがiPodにヘッドフォンだろうがiPhoneのミニスピーカーだろうが、まあ割り切って聞いてるんで音質とか音のバランスとかほとんど気にせず聞けるんだけど、自分の曲だとダメですな。

それらアウトプットを変えるたびに、なんかバランスがおかしいんじゃないかと思って、なんべんもミックスダウンし直したくなる。

ほんとにミックスダウンは奥が深い。

せっかく心を込めて演奏して、凝りに凝りまくってアレンジしても、最後のバランスひとつで台無しになってしまうのは、人生の他のいろんなもんと一緒。いわゆる「画竜点睛」てやつ。

かと言って思い詰めてもいかん。

ストーンズあたりの60年代、モノラルからステレオに移行したころの曲は、そりゃもう滅茶苦茶な音のバランスだけど、ま、別にそれはそういうもんとして聞いてるもんね。

下手な考え休むに似たり。

直感に従って、えいやって前に進むのも大事。

そんなことをあれこれ考えながら、録音、アレンジ及びミックスダウン作業中。

とりあえず「夜明けの月に」は、作業しながらどんどん音のアイディアが湧いてきて、かなり厚みのあるサウンドになってます。
足して足して、最後に削る。そこの判断が難しい。

ま、仕上がりをお楽しみに。

a0038006_01074.jpg
a0038006_011511.jpg
a0038006_01812.jpg

[PR]
by Showky | 2011-03-25 00:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
一を聞いて
最近めっきり細かい更新はTwitterになってしまって、日記はどうしてもMacBookからの大作志向(?)になるよなあ。
そんなんで久々にiPhoneから投稿してみる。

僕の持ち味のひとつに「一を聞いて百手先くらいまで考える」ってのがあるのよ。反射的というか、クセみたいなもんなのね、良くも悪くも。

時々突拍子もない行動に出る(ように見える)のはそれが原因。

でも時間は待ってくれないし、イザという時パッと動くためには、合間を縫ってでも多少無理をしてでも、先を見越した準備をしとかないとね。

そんなわけで、只今絶賛レコーディング中。

「青い風と白い空」もかなり短期間で仕上げたけど、今度も早いぞ。
1st.以上に完成度の高いパッケージに仕上げるつもり。

正式なアナウンスは・・・

来週くらいに発表できるかな。うん。

a0038006_22534128.jpg

[PR]
by Showky | 2011-03-22 22:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
レッツゴー!サンデーナイトショウ!〜京都Blue Eyes 3/20
3月20日(日)京都 Blue Eyes〜Time For Love presents「レッツゴー!サンデーナイトショウ!」

そう、できればカタカナ表記で(?!)。

このイベントは、実は去年の年末にすでに準備をしていて、その時から「2011年のTime For Loveの開幕戦」としてイメージしてたのね。

その後、僕の希望通り「バンビーノ」との共演が決まり、さらに「CANDY-Comb」の起用も決定した時点で、これはいいイベントになるぞという予感はあったのよ。

共通点としては

・4人組
・男女ツインボーカル
・エンターテイメント主義

うん、これは「切磋琢磨」のいいチャンスになるぞ、って。

そんなわけで開演時にはすでに満員、初顔合わせ3組のライブ、定刻でスタート。

MCはお馴染みの堀家博之に、曽我未知子もついにMCデビュー。二人揃っておめかしして登場だぜ。

オープニングはCANDY-comb。
どあたまのダンスから素晴らしい。ほーっと声が上がる。
彼らにとっては初の京都ライブで、相当緊張してたみたいだけど、ステージングは鍛えられているので、じゅうぶん楽しい。

そしてバンビーノ。フルメンバーで登場。
バンさんクール、EVEちゃんセクシー。
そして、やっぱり上手いわ。軽快でノリノリ。出番の準備しながら踊っちまったぜ。

さ、そしてTime For Loveの登場。

1.風来坊~ロックンロール・ウィドウ
2.カサブランカ・ダンディー~ジュリアに傷心
3.春なのに


オープニングでいきなり伴さんはエレキ三味線!もちろんストラップ付!
それでロックンロール!!カッコいい!!
と、テンションが上がったところで尺八に持ち替え、ジュリー~チェッカーズの鉄板メドレー。
ここで最初の大きな山ですね。盛り上がったよ。
息もあがったことだし(?)クールダウンでこの季節の名曲「春なのに」。
尺八もベタはまりだし、佐和子ちゃんも熱唱。いい曲だ。

そのまま佐和子ちゃんは退場し、金狼さんコーナー。
震災復興支援のPRとともに、男くさい曲を熱唱。

4.一番星ブルース

衣装替えした佐和子ちゃんが戻ってきたところで、後半戦スタート!

5.話しかけたかった
6.哀愁でいと
7.熱視線


いやあ、「熱視線」楽しい。もうオレの曲と言っても差し支えないくらい(おい)。

さあ、そして本日の目玉。新曲コーナーです。
連日テレビで放送されてた地震・津波被害の映像を見てる時にできた曲「夜明けの月に」を、急きょ初披露。

8.夜明けの月に

作った僕がいうのもアレだけど、“想い”というのは、音楽に乗って伝搬するのね。
佐和子ちゃんも思わず感極まって歌えなくなりかけたところ、皆さんから手拍子を頂いた瞬間はちょっと(かなり)感動。
頑張ってもっと磨きをかけて、いい音源に仕上げます。

そしてもう1曲の新曲。こちらはポップな春ナンバー。

9.ときどき、セルリアンブルー

おお、ちゃんと振り付けができてる!
この曲、カホンも難しいって金狼さんが言ってたけど、ギターも大変なことが判明。もうちょっといろいろ考えないと。

ここからはラストスパート、お馴染みの1st.シングルから連打!

10.愛を抱きしめよう
11.加速度
12.青い風と白い空


~アンコール~
13.天使のウィンク

間髪入れずのアンコール、ありがとうございました。

ここ一週間タイトなスケジュールであれこれこなしたりと大変だったけど、「2011年の開幕」をいい成績で乗り越えたなとようやく安堵。

個人的に年末年始にかけていろいろとあったりしたんだけど、いい充電期間になって得るものも多かった。
とにかく、この日までに自分に課した課題をどうにかクリアできた安心感は大きい。

そして、これは開幕戦。ドラマのスタート。
またひとつずつ「結果」を積み上げていきます。

今年1年も、応援よろしく!!

a0038006_15391057.jpg
a0038006_1539278.jpg
a0038006_1538558.jpg

[PR]
by Showky | 2011-03-21 15:39 | ライブ | Trackback | Comments(0)
パズルのピースを整理
やることをちょっくら整理。

○Time For Love 2nd.シングル(5月リリース予定)
3曲収録予定。これからレコーディング。

○彦根花しょうぶ通り商店街応援CD(5月リリース予定)
2曲(+α)収録予定。これもこれからTime For Loveでレコーディング

○上記楽曲のPV制作(5月公開予定)
着手は4月から。時間との勝負。

○「GAI♦YA」PV制作
GIGメンバーのダンスボーカルユニット。明日クランクイン。

○fm GIG、4月クール準備
新メンバー、新番組多し。HP更新などなど。


イベント関連(もちろん震災復興支援など)もこれから動き出すけども、僕としては6月以降に照準を合わせて、自分のできる役割、今すべきことをまずは考えなきゃと。

いろんな意味での情報収集が一番大事。


で、近々のライブ予定。


3月17日(金)大阪医療センター12F フォルテ☆倶楽部
19:00 start ノーチャージ


3月20日(日)京都 Blue Eyes~Time For Love presents「サンデーナイトショウ!」
出演:Time For Love/バンビーノ(オープニングアクト:CANDY-comb)
18:00 open 19:00 start
¥1500(1drink¥500別途)
※昭和アイドルポップスの切り札「Time For Love」と、昭和ロケンロールの申し子「バンビーノ」がお届けするハッピーエンターテイメントショー!!
Time For Love(Vo:蔦 佐和子、G&Vo:冴沢鐘己、尺八:伴 英将、Perc:金狼)、バンビーノ(Vo:バンヒロシ、Vo:EVE&Shammy、G:森口邦彦、B:中島章)

※新曲やります。 あ、伴さんがとんでもない新兵器を持ってくるよ!


3月27日(日)滋賀県大津 曳山展示会館「第1回マジック寄席」
PM5:30 open PM6:00 start charge \2,000
※松鶴家佑二ほか、素晴らしいマジシャンが集うイベントにゲスト出演!


こうしてよく考えたら、ここ数ヶ月たくさん曲を覚えたり練習しといてよかった。


大事なのは「点」と「点」を繋げること。自分の周りで何が起ころうとしているのは、しっかり「流れ」を読むこと。

沈黙してる時は、脳みそがフル回転中だと思って下さい。
[PR]
by Showky | 2011-03-18 10:33 | ライブ | Trackback | Comments(0)
君の飛行船
   「君の飛行船」
         詞・曲/冴沢鐘己

つまずいたのは 古い靴のせいだから
結び直して ステップを確かめよう
目を閉じたのは 風が強いせいだから
風向きを見て 雲にウィンクをしよう
 その目の前に 静かに光ってるのは
 あの空をゆく 君だけの飛行船なんだ
さあ今 君の空が君を待っている
さあ今 顔を上げたら 風を切ってゆけ
さあ今 君の夢が空を駆けてゆく
さあ今 イキオイつけて ジャンプするんだ!

すりむいたのは 君を守る指だから
洗い流して 誰かと握手をしよう
救いたいのは 動けない自分だから
昨日の影は すぐに飛び越えてしまえ
 その目の前で 夜明けを待っているのは
 あの空をゆく 君だけの飛行船なんだ
さあ今 君の空が君を待っている
さあ今 顔を上げたら 風を切ってゆけ
さあ今 君の声が街を駆けてゆく
さあ今 タマシイこめて シャウトするんだ!

 その目の前で 夜明けを待っているのは
 あの空をゆく 君だけの飛行船なんだ
さあ今 君の空が君を待っている
さあ今 顔を上げたら 風を切ってゆけ
さあ今 君の声が街を駆けてゆく
さあ今 タマシイこめて シャウトするんだ!
さあ今!

-----------------------------
先週、難波ロケッツに行く時に思いついたメロディーに、やっと今日、詞をつけた。
あんまり柄じゃない詞なんだけど、そんなメロディーなのよ。
ポップでロックで、イケイケ。
Time For Loveでなら、まあハマるんじゃないかな、と。

今のこのタイミングだと、ちょっとまだイケイケすぎる気もするけど、この曲が固まる頃にはちょうどいい感じのメッセージになってると思うんだけどな。
ライブで生きてくるぞ。否が応でも元気にさせるぞ。

とにかくこれで、春までに自分に課したノルマはクリアした。
後はアレンジだべ。この曲のアレンジは楽しそうだ。
[PR]
by Showky | 2011-03-17 00:18 | | Trackback | Comments(0)
原発なき後のミュージシャン
僕のような素人がとやかく言える問題ではないけど、それでも直感的に“今後日本は原発なしの社会にならざるを得ない”っていうのはわかる。

http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ

この大前研一氏の解説がとてもわかりやすい。

チェルノブイリでは(スリーマイルでも)、結局最終段階で現場の人間がパニックになったためやるべき行動が取れず(むしろやっちゃいけないことをやって)最悪の事態を招いたらしい。

今回でも、早いうちに原子炉を壊してしまう決断をして海水をぶちこめば被害は最小限に食い止められたらしいけど、じゃあ例えば火事の延焼を防ぐために、躊躇なく自分の家を壊す決断ができるかというと、やっぱりね。もうちょっと様子見てからって思うよね。

海水をぶちこめば、事態は収拾できる可能性はあるけど、何十億円もの原子炉がオシャカ(その判断責任を負わなきゃならない)。
幸運を祈り次善の策を取ってうまくいかなければ、最悪、放射能汚染で福島県東部が永久的に人の住めない地域になる(現在、その可能性はとても大きい)。

その究極の判断を瞬時にできる人間は、そうはなかなかねえ。

結果、どんなに安全対策をするからと言っても、リスクがあまりにも多すぎるので、まあ二度と日本で原子力発電所は建設できない。
現存の施設も数十年で寿命は来るわけだから、近い将来、日本から原発は無くなる。

で、そうなるとざっくり言って日本の電力生産力は、今より3~40%は落ちるとか。

それがどういうことかというと。

前から何度か言ってて以前の日記にも書いた通り、日本は否が応でも、少なくとも1970年代の生活の雰囲気に戻らざるをえないんじゃないかと。

細かいことはさすがにどうなっていくか僕でもわからないけど、はっきり言えるのは、2度とバブルは来ない。虚飾で目を眩ませることもできない。50点の人間を100点に見せることもできない。

例えばCGや3DやFlashのような、必要以上にコストのかかるものはもう維持できない。今ある巨大な組織(メディアでもエンターテイメントでもなんでも)も、たぶん、縮小せざるをえないし無くなってしまうものも多いんじゃないかな。

とにかくシンプルでリアルで‘生身’なものが生き残っていくんじゃないかと思う。どの分野も。

メッセージの発信も、今はネットやら何やら様々な手段があるけど、よく言われるように「いろいろあるのは、ないのと同じ」。
なんにせよ何かコミュニティーやネットワークの中に身を置かないと、結局ひとりマスターベーションをしてるだけで終わってしまう。

じゃあ、そんなネットワークに身を置くには?

とりあえずギタリストはギターを練習し、歌うたいは歌に磨きをかけるべし、と。60~70年代のミュージシャンはみんな上手かったって、当時の音源を聞いて思い知るものね。
互いに認めあい、競い合い、よりよいものを生み出そうと努力する。

そしてそこからは?

それは僕も先輩からいろいろ当時の話を聞いてみたいよ。
[PR]
by Showky | 2011-03-16 15:13 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;