Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
最新のコメント
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
音楽人間の頃
中学や高校、つまり思春期の頃がいわゆる「音楽人間」だそうな。
この時期にどんな音楽に夢中になるかで、けっこう後々まで音楽感性が決まるんだって。ま、そりゃそうかな。

僕が夢中になって何度も何度も聞いたアルバムは・・・

●中学の頃
1.「夢がたり」久保田早紀
何回も書いてますね。ほんとに何度も聞いた。2ndの「天界」もよく聞いた。
2.「ガラスの動物園」甲斐バンド
甲斐バンドは全アルバムヘビロテだったんだけど、特にこれと「英雄と悪漢」は好きだった。
3.「あ・り・が・と・う」中島みゆき
中島みゆきも全アルバム。「親愛なる者へ」や「愛していると云ってくれ」もよく聞いた。
4.「今夜は気取ってみたらいい」「そろそろ」布施明
ま、買ったのは小学5年の頃だけどね。この2枚はやっぱり名盤。
5.「うたかたのオペラ」「ベル・エキセントリック」加藤和彦
中学でこういうの聞いてるのもなかなか我ながらいいセンスじゃない?

少しやっぱり暗めのが好きだったのね。

●高校~20才の頃
1.「天使たち」ザ・ストリート・スライダーズ
スライダーズも全アルバム好きだった。「がんじらめ」「夢遊病」もよく聞いた。
2.「トラブル中毒」ARB ARBも全アルバム何度も聞いたねえ。
3.「ショコラータ」ショコラータ
ほんとに中毒性のあるアルバムなのよ。
4.「Fight Or Flight」ザ・モッズ
ロックに目覚めたきっかけの1枚。「NEWS BEAT」もよく聞いた。
5.「Stop Jap」ザ・スターリン
僕にとって、パンクといえばこの1枚に尽きる。「虫」とセットで衝撃の1枚。

BOOWYの「Just A Hero」も好きだったな。


いやね、大阪からの帰りの電車で久しぶりにスターリンを聞いて、やっぱり凄いなあと思ったのよ。ああいうのはやっぱり思春期に聞いておかないとね。


さて、今週はまたまた面白いライブが待ってます。

○3月2日(水)京都 Blue Eyes「ベストヒット80's」Vol.3
19:30 start ノーチャージ
出演:冴沢鐘己、U-LI、堀家博之(MC)
※ロックからニューミュージック、歌謡曲まで、80年代ヒット曲満載のイベント!スーパーシンガーU-Liが洋楽、僕が邦楽を担当します。

○3月4日(金)大阪放出 ホットブラザース
20:00 start
※共演:ミノルズ、SHINGO STAR
※Time For Love-α

どっちも、またまた新ネタをやるよ。それも80年代中心に。
ホットブラザースは、セッションタイムもお楽しみ。‘あの曲’もついに初披露か??


○3月4日(金)大阪医療センター12F フォルテ☆倶楽部
19:00 start ノーチャージ

ここでは70年代のナンバー中心。シブいのを歌います。
[PR]
by Showky | 2011-02-28 16:13 | ライブ | Trackback | Comments(1)
あなたも狼に変わりますか?〜ミドルノート工房 2/27
2月27日(日)大阪 ミドルノート工房

新曲デモ第一稿を仕上げた後、大阪はミドルノート工房へ。

最近はいろんなジャンルの方との2マンライブが続いてたけど、今回は久しぶりの「わいわいライブ」。
ジャンルも年齢層もまったくわからなくて、でもなんとなく若い子が多いんじゃないかと予想して、オリジナル中心でいこうと思ってたんだけど。

いざ着いて皆さんのリハを聞いたり、挨拶をしてみたら、予想外の展開が。

出演は僕を含めて4組で、順番はくじ引き。

なんと、ほぼ全員がカバー中心で、けっこう昭和歌謡寄り。ユーミンとかはまだしも、「男達のメロディー」が出てきてちょっとテンションが上がったよ。オレも歌おうかな。

そしてそしてなんと言っても、石野真子のカバーを専門にしてるMaronさんですよ。なんとピンポイントな。「狼んかこわくない」や「春ラララ」はともかくとして、「プリティープリティー」とか「ハートで勝負」とか、オレしか知らんのやないかと。いやあ、楽しかった。こういう予想外の出来事は楽しい。

そんなわけで嬉しい刺激を受けて、セットリストはこんな感じに。2ステージ制ですよ。

○1st.ステージ
1.カサブランカ・ダンディー
2.哀愁でいと
3.熱視線
4.カナリア

「哀愁でいと」がウケたので、80年代中心でいくことに。

○2nd.ステージ
1.ランナウェイ
2.星屑のステージ
3.加速度
4.そっとおやすみ


いやもう、盛り上げていただきました。「星屑のステージ」の第一声を発した瞬間、「きゃあ」と声が出た時は(チェッカーズファンの方がいたのです)、ちょっと気持ちよかった。

「そっとおやすみ」は、マスターにギターを弾いていただいて、なんと歌に専念ですよ。完全に布施明気分で、シャンソンみたいに歌ったのよ。うん、楽しい。

そんなわけで、終止和気あいあい。ライブ後も軽くセッションが始まって。

あらためて思ったんだけど、「青い珊瑚礁」ってすごいね。誰でも知ってて、少なくとも1番はみんな歌えて、メロディーもコードも、ものすごいシンプルな曲だもんね。ポップスはああじゃないと。


いろいろと刺激の多い一日でした。うん。
[PR]
by Showky | 2011-02-27 23:59 | ライブ | Trackback | Comments(0)
ときどき、セルリアンブルー
Time For Loveの、春の新曲。

もともと、春にはこんな感じの曲が作りたいっていうのが前からあって、実際取りかかったら詞もメロディーもあっという間にできて、あまりにシンプルすぎてCメロを足した。
と〜っても、爽やかでキャッチーなアイドルポップスです。フルーチェとかのCMに使ってほしいくらい。

例によってこれから仮歌を録って、佐和子ちゃんに送らなきゃならないんだけど、さっそくうれしがって歌詞だけ公開。
どんなメロディーがついたか、想像しながら読んで下さいな。

あ、もちろん歌うのは佐和子ちゃんだからね、そのつもりで読んでおくれやす。

-------------------
「ときどき、セルリアンブルー」
           詞・曲/冴沢鐘己

あぁ 春風ふわふわ私を抱いて
あぁ あなたの胸まで高く青く走るわ
 逢えなくなってから どこかがオカシくて
 ときどきたまらなく 叫びそうになって
 こぼしたため息が あなたに届くなら
 二度と離さないでね
あぁ 春風ふわふわ私を抱いて
あぁ あなたの胸まで高く青く走るわ

 あなたと見上げてた 春色の空は
 ときどき透き通る 胸に刺さるブルー
 言葉は忘れても あの日は忘れない
 二度と離さないでね
あぁ 春風ふわふわ私を抱いて
あぁ あなたの胸まで高く青く走るわ

 何度も前髪なおして あなたのそばへゆくの
 お願いその手を伸ばして 二度と離さないでね

あぁ 春風ふわふわ私を抱いて
あぁ あなたの胸まで高く青く走るわ
あぁ あなたの胸まで高く青く走るわ

------------------------------
[PR]
by Showky | 2011-02-26 16:04 | | Trackback | Comments(0)
あの角に 優しい目をしてるじいさんがいて
     「途中の家」
            詞・曲/冴沢鐘己

狭い道を曲がるたびに 膝を落としてみる
面影の空 見上げたら やっと思い出した
秘密の路地は近道で いつも駆け抜けてた
古い石の目印だけ 今は残るばかり
 あの角に 優しい目をしてるじいさんがいて
 くたびれた大きな犬と ただ静かに暮らしていた
お菓子ひとつ犬に分けて 頭をなでるたび
大きな手が僕の頭 いつもなでてくれた

 雨の日に ひとり犬だけが寝そべっていて
 真っ暗な家の奥を見て 静かにひとつ吠えた
街を出ていく頃には 家も取り壊され
消えた犬の行方すらも いつか忘れていた

 この角に 優しい目をしてるじいさんがいた
 わけもなく野良犬の姿 どこかに探してみる
狭い道を曲がるたびに 街は色あせてく
僕が暮らした家だけは 見つけないで帰ろう
空が高いうちに・・・
空が高いうちに・・・



[PR]
by Showky | 2011-02-25 12:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
男一匹ガキ大将!〜 RAG 2/23
2月23日(水)京都 RAG「SOLO & SOLO…」

いかにも秋葉さんらしいイベントタイトルだ。

そんなわけで急きょ呼んでいただいたRAGのイベント。
男ばっかり6人が、たったひとりで歌うという企画。
自分の出番まで「ツナおろし丼セット」を食べながら観戦。ここの唐揚げはいつ食べても旨い。

トップバッターの山下キヨシくんは初顔合わせ。ハタチだって。すべてにおいて初々しくてかわいい。でも、ちゃんと‘歌いたいことがある’というのが伝わってくる。

小松哲也くんは、前にも一度RAGで共演したことがある。見るからにシャイだけど、歌もギターも本格派。

そしてhiroshiくん。なんとfm GIGの初期メンバーのひとり。久しぶり。当時まだハタチそこそこだった彼も、ずいぶんと‘厚み’と‘迫力’が出てきた。力つけてるねえ。

梶原匠さんは、共演するのは初めて。曲が僕の好きな感じなので、楽屋で思わず勝手にギターセッションしてしまったよ。

で、僕の出番。1曲「哀愁でいと」でも歌おうかと思ったけど、客席をみたらそんな雰囲気でもなかったんで、全曲オリジナルで固めた。

1.どこか遠い場所へ
2.眩暈(めまい)
3.空が晴れたら
4.カナリア
5.加速度


実はこのイベントにはひとつ秋葉さんから‘課題’が出てて。全員どこかで「上を向いて歩こう」を歌いなさい、と。どんな形式でもスタイルでもいいので、と。
もちろん僕もやりましたともさ。前日にアイディアがひらめいてね。
自分的にはこのアレンジがちょっと気に入ってるので、どっかでもう1回くらいやってみようかなと。来週の放出ホットブラザースあたりでね。

あと、なんか最近「眩暈(めまい)」が気に入ってきた。って、今までさんざん歌ってきて、ちょっと飽きてきたところだったんだけども、また新鮮な気持ちで歌えるようになってきたんだ。

トリは、Texas Tommyさん。めっちゃかっこいい爆音3ピースロックバンド「Harpar St. Band」のヴォーカル&ギター。お会いするのは10年ぶりくらい。ソロの時はブルースをやらはるのですが、もうギターがカッコいい。チョーキングのニュアンスが絶妙。歌いながらウィスキーのロックを5杯くらい飲んではった。


10年ひと昔とはよく言うけど、なんかほんとにそんな「運命の輪」を感じる今日この頃。

「昨日のことのよう」とはよく言ったもんだ。
a0038006_14145631.jpg
a0038006_14144929.jpg

[PR]
by Showky | 2011-02-24 14:15 | ライブ | Trackback | Comments(0)
誰かリルを知らないか〜新井病院 2/23
さてさて2度目の新井病院での慰問ライブ。
今回はイベントホールみたいな場所で、月に一度の誕生日会の日ということで、たくさんの方が集まってる中、いつものファッションで登場。
控室で聞いてたら、70代はもちろん、80代や90代の方もいらっしゃるぞ。
何を歌えばいいのだ。いちおう準備はしたのだけど。

そんなわけでこんなラインナップ。

1.霧の摩周湖(布施明)
2.時の過ぎゆくままに(沢田研二)
3.赤いハンカチ(石原裕次郎)
4.錆びたナイフ(石原裕次郎)
5.さらば恋人(堺正章)
6.想い出まくら(小坂恭子)
7.上海帰りのリル(津村謙)
8.シクラメンのかほり(布施明)
9.君恋し(フランク永井)
〜アンコール〜
10.また逢う日まで(尾崎紀世彦)


一番古いのが「上海帰りのリル」で、1951年(!)のヒット曲。
なぜこれを選んだかと言うと、80年頃に根津甚八がカバーで出したのを知ってたので。
なんと、リズムがタンゴ。歌詞もドラマチック。かなり難易度は高いけど、感情移入できていい曲よ。クセになりそう。
さすがにほとんどの方が口ずさんでました。

「赤いハンカチ」も初めて歌ったけど、これも大メジャーな曲。リアクションもいいですね。

一口に“年配のみなさん”て言ってしまいそうだけど、50代と90代では40年の開きがあるわけだからね。「昭和」という言葉の奥の深さよ。

いろいろ勉強になります。
とりあえず喜んでいただけてよかった。


さ、急いで京都に戻って、RAGだ!
[PR]
by showky | 2011-02-23 16:27 | ライブ | Trackback | Comments(0)
空が晴れたら 悲しみなんて冗句のように笑えるさ
今現在、僕の曲の中で唯一、アコースティックでしかやったことのない曲。
今年はなんとかこの曲を音源化したい。
------------------
「空が晴れたら」
         詞・曲/冴沢鐘己

誰もいないホームの上 レールの向こうを見つめ
あの日 覚えた歌を 知らず口ずさんでた
 でかいギターを抱えた 君が声を張り上げて
 夢と希望をバラまけば 胸も熱くなる
 それだけでよかったよ
空が晴れたら 悲しみなんて冗句のように笑えるさ
ハレルヤ!笑いながら 君は歌っていた
Oh yes ! 君の声が僕をずっと支えてる

風が踊るレール沿いに 君のいた街を歩く
君の好きな古着屋は 駐車場に変わってた
 古いギターを抱えた 僕は街から街へと
 夢と希望を引きずって
 君のまぼろしを 追うように歌ってる
空が晴れたら 君の声が冗句のように聞こえるよ
ハレルヤ!笑いながら 君は歌っていた
Oh yes ! 君の声が僕をずっと支えてる

 この角で僕が歌えば もういない君に届くかな

空が晴れたら 悲しみなんて冗句のように笑えるさ
ハレルヤ!笑いながら君は歌っていた
ハレルヤ!空の向こうで 君は何を歌うだろう
ハレルヤ!強くなるんだ 笑い飛ばせるまで
Oh yes ! そうさ 君が僕を今も支えてる

ハレルヤ!歌いだすんだ

----------------------------




そうそう、明日は昼間に病院で歌った後、夜はRAGのイベント。
出演者全員にお題が出てて、どっかで必ず、どんな形でもいいので「上を向いて歩こう」を歌いなさいと。
で、ちょっと面白いアイディアを思いついたよ。

2月23日(水)京都 RAG「SOLO & SOLO…」
開場:18:00 / 開演:19:00
前売 1,500円  当日1,800円
出演:Texas Tommy、梶原匠、hiroshi、冴沢鐘己、小松哲也、山下キヨシ
※男一匹ガキ大将!ピンシンガー、たった独りでRAGのステージをこなしマス。何が有ろうと一人で演ります!そんな男達の気合いのこもったライブを是非!見届けに来ておくれっ!!と、いいながら、そろそろ…やりまひょか…
[PR]
by Showky | 2011-02-22 14:35 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
気のないふりで強がるけれど そばにいたいんだ
動画がもっとあってもいいんじゃないのとご指摘をいただきまして、YouTubeにライブ映像をアップしました。

先月のBlue Eyes、吉村くんとやった時のライブから、まずは1曲。

-----------------
     「眩暈(めまい)」
                 詞・曲/冴沢鐘己

*気のないふりで強がるけれど そばにいたいんだ
 手紙が来ても電話をしても 胸が苦しい
 ‘好きだ'と一度伝えることが 命を縮めてる
 もつれた心の糸が 君の影に変わる

 星の運命に全てを賭けて 君を呼び出そうか
 苦い想い出 窓から外へ放り出せ
 しがらみばかりがんじがらめに 動きを止めるけど
 確かな想いがあれば 君のそばへゆける

 ※それからふたり 壊れそうなときめきを知る
  激しく巡る 戸惑いと眩暈の中
  溺れたままでいよう ずっと ・・・

 シャツを選んで 靴を磨いて 髪形を確かめ
 子供のような足取りで今 部屋を出る
 受話器の奥の柔らかな声 心に留めたら
 何処にも落とさぬように 君のそばへゆこう
 ※ repeat

* repeat
  それからふたり 壊れそうなときめきを知る
  激しく巡る 戸惑いと眩暈の中
  このままふたり 壊れそうなときめきを知る
  激しく巡る 戸惑いと眩暈の中
  今 手をのばし 君といるときめきを知る
  信じているよ 君だけを 離れたくない
  このままふたり 壊れそうなときめきを知る
  激しく堕ちる 情熱の眩暈の中
  このままふたり 眩暈の中 ・・・

------------------------



この日はけっこういろいろやったので、ボチボチとアップしていきます。
[PR]
by Showky | 2011-02-21 17:48 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
カレー納豆!!
月に一度のfm GIG生放送「ゆるゆるカフェ」は、いつも食べ物が(それも変わったのが)多い。
今日のラインナップは、番組特製の生クリームケーキ(いきつけのお店が作ってくれたんだとか)や、あまぐりや、京丹波焼きポン(焼き栗)や、納豆おこしや、カレー納豆!!

カレー納豆はほんとにカレー納豆だった。

トークもマニアック。

今日知った豆知識。

飛行機って、気温によって離陸時のスピードが違うんだって。真夏なら時速300km、真冬なら時速100kmとかで飛び上がるんだとか。
モノホンの飛行士さんのお話はリアル。

あ、今度は釣りの話!

a0038006_16585432.jpg


a0038006_1658541.jpg


a0038006_165854100.jpg

[PR]
by Showky | 2011-02-20 16:58 | fm GIG | Trackback | Comments(0)
まず探すのは共犯者
昨夜のムンサタでも話したんだけど、最近、映画のDVDの「音声解説」を聞くのが楽しい。
まだそんなにいろいろ見たわけではないけど、一番面白いのはやはり「ゴッドファーザー」。
大作の風格漂う1作目が、実は低予算映画で、それでも格調高い「絵」にするためにどれほど工夫し、どれだけ(手っ取り早く仕上げて公開させようとする)上層部と闘ったかとか、へえと驚くことしきり。

キャスティングも、自分(監督のコッポラ)のイメージを守るために、会社の反対を押し切って、ホサれかけてたマーロン・ブランドや、当時まだ無名だったアル・パチーノやロバート・デ・ニーロなどに重要な役を与えたのも有名な話。

結局、「才能」と呼ばれるものの中で、最初に装備しなきゃならないのは「直感」や「インスピレーション」なのね。

それなしでは、「仕事」としては成立しても「アート」にはならない。

そして、何か革新的なことを起こすためには、周りの反対や軋轢、プレッシャーや諸々の誘惑に打ち勝って、何の担保もない自分の「インスピレーション」を、どこまで押し通せるか、そのハートの強さが必要なんだと思う。

あるいは、そういう人についていく勇気。


なんの担保もなしにか。それは確かにちょっと厳しいな。ひとりでもいいから味方は欲しいよな。


もちろん素質がなければ「スター」にはなれないけど、誰かが「スター扱い」しなければ、どんな原石も光らない。
そんな共犯関係が機能した時に、才能は輝き、奇跡も生まれるのだと思う。


10000人を感動させるには、まずは近くにいるひとりから。
じゃ、そのひとりを感動させるために必要なのは?



この時期、いわゆる人の移動する時期なので、進路関係のことなんかで相談されることも多いのね。それぞれ置かれてる状況は違うから、こんな抽象的なことしか言えないけど、ま、自分なりに咀嚼、解釈してなんかの足しにしてくれたまえ。



あ、写真はこの前のベロニカの楽屋と、楽屋からみたステージ。ソファーがすごい。

a0038006_12284891.jpg
a0038006_1228401.jpg

[PR]
by Showky | 2011-02-20 12:29 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;