Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧
何かが壊れ、何かが生まれ
いやあ、昨夜は選挙速報とF1で、お腹いっぱいな夜だった。

と、それより先に報告を。
土曜の夜の勝ち抜きライブ。
負けましたよ。悔しい。

いや、正直それほど悔しさはなくて。
自分的には、いい部分は出せたと思うし、勝っててもおかしくなかったと思う。
そこはね、スポーツとは違うからさ。
勝った人に対しても、ほんとに勝つにふさわしい力はある人だったから、普通に応援できる。
それよりも、もっと歌いたかったよなって。
きっともっとあそこにいたお客さんを楽しませたり喜ばせたりできたのになって思うんだ。
だから、次の機会に期待。


選挙速報は面白かったね。
前もそうだったけどね、やっぱりテレビ朝日の古館伊知郎が、一番見やすかったなあ。

F1も凄かったね。フィジケラ、よくやった。
フィジケラもライコネンも好きなドライバーだから、複雑な気持ちで見てたけど、一番いい結果だったと思う。

2009年も折り返しに入って、言わば新しいディケイドを迎えるわけだから、大きく何かは変わるよね。ひしひしとその気配を感じる。

今が夜なら、もうすぐ夜は明ける。
それはきっと、70年代とも80年代とも90年代とも違う朝なんだ。
今が辛くとも、歯を食いしばって朝を待とう。
[PR]
by Showky | 2009-08-31 20:00 | 日常 | Trackback(1) | Comments(0)
手放した恋を今 あなたも悔やんでいるなら
金曜のiPod シャッフルプレイ

「Circus Black Man」冴沢鐘己
・・・いきなり自分の曲。それもシャッフルならでは。
「Let It Bleed」The Rolling Stones
・・・入ってる曲数のわりには登場率の低いストーンズ。この曲の良さがわかるには、年期が必要だよね。
「シングル・アゲイン」中森明菜
・・・もちろん竹内まりやのカヴァーだけど、明菜に合ってる。この曲の歌詞、解釈分かれませんか?そもそもふたりが別れた理由って何なんだろう?
「She Came In Through The Bathroom Window」The Beatles
・・・「アビーロード」B面の有名なメドレーの1曲。繋がり方がカッコいいんだ。
「Lady Blue」Leon Russell
・・・独特のダミ声だからもの凄く泥臭いイメージだけど、曲はジャジーで、とっても洗練されてるんだよね。いい曲が多い。
「Medley」Paul McCartney & Wings
・・・そのまんまなタイトル。「Red Rose Speedway」より。全体的にほのぼのとした感じ。
「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」Paul McCartney
・・・これは初来日したツアーのライブアルバムより。ストーンズと同じ時期の来日だったんで、ストーンズを選んだんだよなあ。
「Rhapsody In Blue」Glenn Miller Orchestra
・・・いわゆるシンフォニックジャズ。いかにもグレンミラーっぽいよね。一度でいいから、こういうのを作曲・編曲したいな。せっかく勉強もしたし。
「Straight Back」Fleetwood Mac
・・・普通の8ビートなのに、イントロだけでフリートウッドマックってわかるのが凄い。この曲自体は名曲「リアノン」に似てて、特に僕の好きな曲調。
「雨」森高千里
・・・この曲や「渡良瀬橋」は、彼女にしてはまっとうな歌詞だよね。
「Misery」The Beatles
・・・初期のナンバーで、たぶんポールの趣味なんだろうな。スタンダードっぽいテイスト。
「死の灰」L'Arc〜en〜Ciel
・・・ギターのサウンドメイキングが、同時期のヴィジュアル系とは一線を画していて好みだな。
「曼珠沙華」山口百恵
・・・シングル以外では一番有名な曲じゃないかな。昭和歌謡のひとつの頂点に位置する曲だと思う。

夕暮れにセンチメンタルな曲が流れると、ほんとにセンチな気分になるよね。夏の終わりならなおさらだなあ。
[PR]
by Showky | 2009-08-31 19:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
今夜は勝負
今夜はfm GIGの生放送「ムーンライトブレイク」をお休みします。
あ、放送はあるよ。
トモちゃん、ホリケさん、エリナちゃんがいつも通りのコーナーをやります。
今夜は1969年のビルボードヒット特集。

僕はと言えば、これから心斎橋でライブ。
それも勝ち抜き戦。
何が何でも勝ち抜きたいけど、こればっかりはねえ。
余裕があれば、随時報告します。
一回戦は22時!
[PR]
by showky | 2009-08-29 20:53 | 携帯から | Trackback | Comments(0)
お日様めがけて剣を抜き 戦い破れて死んだのさ
木曜のiPod シャッフル

「ハチのムサシは死んだのさ」平田隆夫とセルスターズ
・・・これこそカルトミュージック。曲といい、アーティストといい、どんないきさつがあってこの曲が生まれたのかが気になる。とにかく凄い曲。
「花・太陽・雨」PYG
・・・これもカルトミュージックだよね。幻の名曲としてタイトルは知ってたけど、ずっと聞くチャンスがなかった。あまりに期待が大きくて、初めて聞いた時ちょっと拍子抜けしたけど、だんだん好きになってくる。今ではほんとに名曲だと思う。
「打破」仲井戸麗市
・・・カルトな曲が続くねえ。名盤の1st.ソロアルバムより。ぶっきらぼうに仕上げてるのがカッコいい。
「星空のエンジェル・クイーン」デラ・セダカ
・・・当時住んでた家の自分の部屋を思い出すんだ。季節は春。晴れた昼下がりに、寝転んで聞いてたラジオから流れてきた。典型的な80年代サウンドだものね。
「狂わせたいの」山本リンダ
・・・この頃の、つまり70年代のレコード会社とプロダクションのパワーは凄いよね。総力を挙げてひとつのキャラクターを作り上げてるものね。
「ロコ・モーション」伊東ゆかり
・・・今もCMで使われてるスタンダード曲。当時は日本の若手歌手がカヴァーしてたんだね。もちろん僕にとってもリアルタイムではないよ、全然。
「Dance Beatは恋するオトメの常備薬」咲浜小百合
・・・うわあ、タイトルからしてB級なアイドルポップス。咲浜さんは、雑誌ではよく見かけたけど、動いてるのを見たことがないなあ。
「愛は君」井上陽水
・・・初期の有名な曲ですよね。なんか哲学的な曲だけど、絶対に陽水さんは深く考えずに詞をつけたと思う。
「BOYのテーマ」菊池桃子
・・・桃子さんの大ヒット曲。手慣れた仕上がりだけど、しっかりと桃子さんの良さが詰まっているあたり、さすが超A級アイドルのプロダクション。
「I'm Happy Just To Dance With You」The Beatles
・・・ジョンが、ジョージのためにやっつけで作った曲だけど、どうしてどうして、ポップでカッコよくて、僕は好きです。
「風のテレフォン・コールー今、恋しかできないー」宝生桜子
・・・おお、宝生さんも動いてるところを見たことがないなあ。曲は典型的な80年代のセンチメンタル系アイドルポップスで、それこそ伊藤麻衣子に合いそうな感じ。好きですよ。
「Fifteen(15才)」The Stalin
・・・歌詞は「遊びたい 遊ぶ女は嫌いだ」だけ。1分42秒のパンクロック。必聴ですぜ。


今回はなんとなく「アイドルくくり」ですな。やっぱり80年代は春のイメージ。淡い夢を見れた時代だったんだと思う。
[PR]
by Showky | 2009-08-29 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
なんだかんだ言って、顔には出るもんだよね
僕は、タイトのミニスカートってあんまり好きじゃないんだ。
もちろん自分が着るという意味じゃなくて、女性のファッションとしてね。

女性の、タイトスカートのスーツ姿も、そういうのが好きな男子はいるけど、僕はそうでもないのね。

一方で、長澤まさみ。

実は、僕はそれほどピンと来ないんだ。可愛くないとは言わないけど、それほど惹かれるものはない。

ところがギッチョンチョン。

今CMで流れてる、長澤まさみのスーツ・タイトスカート姿。
ちょっとグッと来た。初めて長澤まさみでトキメイた。
男心って不思議ですなあ。


ところで、今、朝まで生テレビを見てる。
地球温暖化について。

難しい話はわからないけど、「地球温暖化」説の方々って、なんで見た目が「カルト」っぽいのかね。

動物愛護を強く主張する人もそう。
捕鯨反対とか、イルカを守れとか。

主張の是非以前に、その‘カルトっぽい’言動が、どうにも心にアラートを鳴らすんだ。

何かを信じるのは大切なことだけど、同時に「客観性」も持たなきゃいけない。特に科学の分野ではね。
「もしかしたら、自分の考えは間違ってるんじゃないか」って思えない人は、科学者にはなるべきではないんじゃないかなあ。


ちなみに僕は「地球は寒冷化する」が正解だと思う。
それとは別に、エネルギー問題は考えなきゃならないけどね。
[PR]
by Showky | 2009-08-29 03:32 | 日常 | Trackback | Comments(0)
ファション雑誌まねしては 心そわそわCity City Girl
水曜のiPod シャッフルプレイ

「翼」冴沢鐘己&Cool Hand Luke
・・・実は未発表のスタジオ録音音源。「どこか遠い場所へ」セッションの時にレコーディング。完成度も高いんだけど、なぜか発表するタイミングを逸してしまった。
「The Hippy Hippy Shake」The Beatles
・・・英BBCのライブ盤より。ジョン向きのR&Rだけど、このテイクはポールが歌っててシャウトしまくってる。
「夏のリヴィエラ」大瀧詠一
・・・ご存知、森進一に提供した「冬のリヴィエラ」のセルフカヴァーで、歌詞は英語。こういうセルフカヴァーの仕方も面白いね。
「It's All In The Game」Tommy Edwards
・・・いかにも50'sな、甘いロッカバラード。昔からこういうのは好きではなかったけど、だんだん抵抗はなくなってきた。
「ネグレスコでの御発展」加藤和彦
・・・名盤「ベル・エキセントリック」収録のインスト。シンセを使ってはいるけど、荘厳なクラシック風。
「表参道軟派ストリート」水谷豊
・・・最初期の水谷さんのヒット曲。よくラジオのCMで流れてた。ヤンリクを聞いてた時だったかな。歌と言うより、半分以上が台詞。この頃の水谷さんのキャラ設定がよくわかる。
「I Should Have Known Better」The Beatles
・・・言わずと知れたビートルズ初期のヒット曲。ジョンの絶好調時ですね。曲作りの楽しさがヒシヒシ伝わってくる。
「ウィスキーが、お好きでしょ」石川さゆり
・・・これ、凄いですよね。ほんとに石川さゆりが、歌が上手いというのがよくわかる。ジャンルとか関係なく、聞いてて気持ちいい。
「スターダスト・キッズ」佐野元春
・・・前も書いたかな。昔はこの辺の、佐野元春初期ナンバーはあんまり好きじゃなかった。あまりにポップすぎて。でも、今聞くとよくわかる。この「スピード感」が凄いんだと。
「Thunder Storm」高中正義
・・・わかる人はわかる。天龍源一郎の入場テーマ曲。新日にもいいのは何曲かあるけど、やっぱり全日のテーマ曲のセンスはいいよなあ。
「Strange Day」The Mods
・・・アレンジはストーンズの「Waiting On A Friend」を元にしてるけど、曲そのものは、モリやん節全開。一人称が‘僕’なのが珍しい。
「グッドラックLOVE」田原俊彦
・・・ははは、久しぶりに聞いたよ。完全に郷ひろみ「よろしく哀愁」をモチーフにしてるよね。
「遥かなる影」布施明
・・・'71年リリースのバート・バカラックカヴァーアルバムより。言わずと知れたカーペンターズのヒット曲ですよね。もの凄く期待して聞いたけど、正直、どのテイクも今ひとつの出来だと思う。アレンジも歌も。


インスト音楽の魅力が一番わかるのは、実はプロレスの入場テーマ曲なんじゃないかと思った。いや、もちろん一番は映画音楽なんだけどね。
[PR]
by Showky | 2009-08-29 03:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
「カナリアみたいな歌声が」In Stores Now !!
僕にとっては9年ぶりのCDが、メジャーリリース!!
ただいま好評発売中!!


MySpaceで試聴も開始しました

カナリアみたいな歌声が
冴沢鐘己
発売元:株式会社ダモアエムシープロモーション
販売元:エイベックス・マーケティング株式会社
おすすめ度の平均: 5.0
5 カナリア
5 曲の力


もちろん、タワーレコードを始め、お近くのどんなCD店からも購入、取り寄せ可能です。
[PR]
by Showky | 2009-08-27 11:14 | Trackback | Comments(0)
ライブレポート in フォルテ☆倶楽部 8/23
8月23日(日)大阪医療センター12F フォルテ☆倶楽部


夕方着いたら、前回も出演されてたハワイアンの方々でいてご挨拶。
僕のジュリーをとても気に入って下さってて、でも今回は早く帰らないといけないとおっしゃるので、リハで「許されない愛」を歌ってみる。
喜んで下さってよかった。

前回と同様、うなぎ御前をいただいて、さあ本番。

まずは、前回も共演したゆうきくん。今回も、ゆずナンバーで元気なステージ。

続いて、なんとジャグリングの方。いし伝さん。もの凄く天井が低いにも関わらず、ヨーヨーとか中国コマとか凄かった。

で、親子ふたりユニット(バンド名はまだないそうな)。お父さんがドラムで息子さん(中学2年)がキーボードと歌。特にキーボードがなかなかいいセンスしてました。

そして僕。
客席は前回よりも年齢層が広い感じだけど、やはりお父さん、お母さん世代を狙う(?)ことにして、セットリストはこんな感じ。

1.神様お願い
2.サムライ
3.ホームにて
4.空が晴れたら
5.カナリア
6.運命の行方(ほしのゆくえ)
〜アンコール〜
7.勝手にしやがれ


「神様お願い(テンプターズ)」は、前夜のムンサタで歌って、トモちゃんやホリケさんから高評価だったし、自分でも手応えを感じたので、さっそくレパートリーにしてみた。

「ホームにて」は、中島みゆきの曲。前回さだまさしを歌ったので、って、どんな理由だ。


弾き語りが面白くなってきたし、歌もギターも、わかってきたこと・トライしたいことが増えてきて、そういう意味では充実した気分ではある。
そこからもう一歩進んで、自分の「スタイル」をもっと独自のものにしたい。
曲作りに迷いがあるのは、そこがまだ定まっていないから。
結局はさ、ロックって何さってこと。

今週土曜日、ちょっと面白くて大事な秘密の(?)ライブがあって、そこがひとつの勝負どころ。
実は今回も、その練習試合を兼ねた選曲だったりしたんだ。
無事に勝って帰って来れればちゃんと報告します。
負けたらどうしよう、イヤだな。

ま、その時はその時。こんな緊張感は久しぶりなんで、体全部に神経を張り巡らせて楽しんでくるぜ。
[PR]
by Showky | 2009-08-26 15:01 | ライブ | Trackback | Comments(0)
女の子って 少しダメな方がいいの
月曜のiPod シャッフルプレイ

「絹の靴下」夏木マリ
・・・夏木さん21才のヒット曲。なんつうか色気出し過ぎ。どんな歌唱指導したんだか。歌詞も過激。
「Do Me More」安室奈美恵
・・・アムロさんはもうすっかり大人だもんね。凄く健全に聞こえる。確かに洋楽っぽくてカッコいいけど、歌詞の譜割はムチャクチャ。もうちょっとどうにかできるんじゃないかなあ。
「Canary In A Coalmine」The Police
・・・こうして聞くと、ポリスのデビュー当時ってなんかB級っぽかったのを思い出した。音がね。でも、当時からテクニックは抜群だったのがあらためてわかった。
「St. Louis Blues」Bessie Smith
・・・50年代以前のモノラル音源。雰囲気あります。
「サブウェイ・ジャック」The Paradox
・・・わあ。ほんとにヘタクソだったんやなあ、オレ。でも、カッコいい曲だとおもうんだけどな。
「CLOUDY HEART」BOOWY
・・・純粋に歌詞とメロディーだけを取り出すと、完全に松山千春の世界だよね。でも、だからこそ幅広い人気を得たんだな。僕もこの曲好きだからね。
「I Want A New Drug」Huey Lewis And The News
・・・「ゴーストバスターズ」の元ネタ。
「San Ferry Anne」Paul McCartney & Wings
・・・フォークっぽいとうか、民謡っぽい。でもいちいちポールらしい。
「だんご三兄弟」速水けんたろう、茂森あゆみ
・・・紅白でこの曲を歌ったときの、あゆみお姉さんには確かにグッと来るものがあった。
「五朗のテーマ」さだまさし
・・・「北の国から」サントラより。シンプルな曲だけど、ギターの音が美しい。
「渚のハイカラ人魚」小泉今日子
・・・‘オッケイ’のキョンキョンの歌い方は、他の追随を許さない魅力に溢れてる。
「ティーンエイジャー」仲井戸麗市
・・・続けて流れるとアンサーソングみたい。名盤の1st.ソロより。
「Rock Me Baby」Otis Redding
・・・どブルース。ブラスの入り方がちょっとだけソウルっぽい。
「樹海の糸」Cocco
・・・パッと聞いた感じ、とても癒し系な曲に聞こえるんだよね。ところがどっこい。でも、こういう世界観は好き。
「Love Is Blind」椎名林檎
・・・ジャニス・イアンのカヴァー。オリジナルは静かに迫ってくる感じだけど、林檎さんはぐいぐいと押してきます。


スタンダードっぽいのが多いね。椎名林檎とCoccoには、オールディーズからの連続性を感じるなあ。
[PR]
by Showky | 2009-08-26 14:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
高校野球って興味はなかったんだけどね
何十年ぶりかで、高校野球を一試合まるまる見た。
決勝の中京大中京vs日本文理。

野球に限らず、どのスポーツも、格闘技も、試合前にすでに結果はほぼ決まってると僕は思ってる。
つまり、どんなわずかなものであれその時点での実力差というのは確実にあって、真の意味での番狂わせというのは、ほとんど起こらないんだ。

実際に試合をしている方も、やる前から、そして始まった瞬間に「この試合は勝てる」「これは勝つのは難しいな」っていうのはわかってると思うんだ。

で、問題はそこから。

いかに勝つか、いかに負けるか。

特に、勝てない方は、いかに‘勝ちに等しい負け方’をするか。

今日の決勝戦も、純粋にお互いの実力を数値化すれば、10-9というスコアは妥当なものだと思うんだ。

ただ、この試合をスコア以上の名勝負にしたのは、お互いが自分を見失わず、自分たちの持ち味や力を最大限に発揮したからに他ないわけで。

ただ「勝つか負けるか」にこだわっていたら、きっと8点差がついた時にモチベーションは維持できないと思う。

追いつめられて、絶望的な状況になった時に、どう行動すればいいかがわかってるかどうか。
それが「強さ」になっていくと思うんだ。


もうこうなってきたらスポーツうんぬんじゃなくなってきてね。

例えば歌手にとったって。

ああ、今日は勝てない、ベストの状態じゃないって時は必ずある。
あるいは「あいつには勝てない」と思う瞬間とか。
もちろんそこで投げやりになってちゃあ、一生強くはなれない。

そういう修羅場の中で、ひとつずつ何かをクリアしていって初めて、大舞台で「勝てる」力を身につけるんだと思う。



とにかく今日の決勝戦はいい試合だった。
仮にあのサードライナーが抜けてて、同点あるいは逆転になったとしても、最後は中京大中京が勝ったと思う。
でも、あの大差をひっくり返すかもと思わせた事自体が素晴らしいし、次は勝てるという希望を持てる試合にまで持ち込んだことが素晴らしい。


結局、人を感動させるのは「希望」なんだよな。
[PR]
by Showky | 2009-08-24 18:36 | 日常 | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;