Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(43)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧
府庁の桜
a0038006_160439.jpg

a0038006_160430.jpg

a0038006_160565.jpg

a0038006_160542.jpg

a0038006_160562.jpg

今年も締切ギリギリに事業報告書を提出。
京都府庁は去年と同じく見事な桜。
この建物はいつ来てもいい。ここに事務所を構えたい。
今年はたまたま旧知事室を公開していた。明治からの家具が威厳を放つ。
いいねえ。
しばし休憩中。
[PR]
by showky | 2009-03-31 16:00 | 携帯から | Trackback | Comments(0)
オーストラリアGP
いや、F1開幕戦のこと。
まさかバトンが優勝するとは。しかもワン・ツー。
恐るべし、ロス・ブラウン。
HONDAの突然の撤退で、直前まで参戦そのものが不可能になりそうだったわけだから。

自分たちが撤退してから優勝なんて、HONDAにとってはある意味、最悪のシナリオだな。
しかもTOYOTAまで表彰台だからねえ。

今年も面白いシーズンになりそうだ。
[PR]
by Showky | 2009-03-30 03:35 | F1 | Trackback | Comments(0)
ライブレポート in Silver Wings 3/26
3月26日(木)京都 Silver Wings

初登場のSilver Wings。こちらもGIGのイベントで、企画は中川隼人。
本番前に、番組用の楽屋トークを収録。1対1のインタビュー形式で、割と真面目に音楽話を聞かれた。ちょっと面白い番組になるかも。

トップは、ピアノ弾き語りの麻野さん。これ、名字じゃなくて下の名前だそう。
ここには立派なグランドピアノがあって、ピアニストにとっては魅力的なのでは。彼女の歌は、わかりやすく言えばaikoテイストで、でも、しっかりとしたテクニックとメッセージもあって、なかなかに聞きごたえあり。

続いて今回のホストの中川隼人くん。ちらっとGIGのスタジオで歌を聴いたことはあるけど、ライブを見るのは初めて。こちらもピアノ弾き語り。
歌い方にも曲にもオリジナリティーが溢れてて、ちょっと形容はしにくい。でも、彼の伝えたいことはしっかりと伝わってくる。人柄がそのまま歌に出てるよね。

次はMILKBAR。3人組のバンド。
なんか聞いたことあるなあと思ったら、ボーカルの彼がソロライブの時に、和音堂で共演してた。ラストの曲で思い出した。独特の声と世界観が、しっかりバンドアレンジで展開されてて、マスターがお薦めなのもよくわかる感じ。向こうも僕のことを曲で覚えてくれていたみたい。そういうのって嬉しいよね。

ラストが僕。
ここまでいい雰囲気なので、その空気感に身を任せてみよう。

1.どこか遠い場所へ
2.Sunday Driving
3.翼
4.君の明日には
5.カナリア
6.空が晴れたら
7.クールダウン


a0038006_3391862.jpga0038006_338296.jpg


やりましたよ、新曲の「君の明日には」。久しぶりにドキドキした。
まあ、まだ一回目なんで何もかもがまだまだだけど、ちょっと他にない曲調なんで、セットリストの中でいいスパイスにはなると思うんだけどな。
最後は手拍子もいただきました。楽しくやれた。音もいい感じ。


終わった後、全員で楽屋トークを収録。中川くんなりにいろいろと考えてます。
ステージではセッション大会が。
ホストのミュージシャンたちがやってきて、渋いブルースとかファンクをベースに、お客さんもステージに上げての和気あいあいタイム。

僕も最後の方に呼ばれて、ビートルズの「GET BACK」と「Come Together」を歌った。

a0038006_3393542.jpga0038006_3381847.jpg


なんだかんだで気がついたら11時を回ってたよ。
店のスタッフの若い子からは、10年以上前に僕のライブを見たことがあるとの告白を。
よくそんなことを覚えてたねえ。僕が忘れてた。

最後まで和気あいあいと楽しい夜でした。
[PR]
by Showky | 2009-03-28 13:54 | ライブ | Trackback | Comments(0)
ライブレポート in わからん屋 3/24
3月24日(火)京都 わからん屋
マンスリーなわからん屋。
この日の京都はむちゃくちゃ寒かった。
大阪でいろいろと用事が入って、京都に戻るのが遅れてしまう。
結局リハはできず、ハコ入りしたのが開演直前。さあ、ぶっつけ本番だ。
ま、ひとりの弾き語りだし、何度も出てるし、PAのウデもいいので、出音については不安無し。問題は、今日まともに声を出してない状態で、しっかり声が出せるのか。
イチかバチかやってみるしかない。
共演者はみなさん、お初。

トップは村田じゅんやくん。おしゃれな感じの男の子。シンプルで真っすぐなメッセージ。高校時代の友人を思い出した。

2番手が僕。

1.どこか遠い場所へ
2.Sunday Driving
3.太陽の林檎
4.翼
5.カナリア
6.空が晴れたら
7.クールダウン


今回は客席に女子率高し。初めての人もしっかり聞いてくれているのがわかる。
声の調子もいいし、昨日の反省もあって、腹に力を入れ、丁寧な歌を心がける。
今回思ったことがひとつ。
わからん屋さんは音響も照明も店の作りもシンプルだけど、割としっかりとした光が顔に当たるので、歌うときはあまり客席が見えない。僕の場合はそれがちょうどいい。
いつもここでは、わりと集中してやれてるのもそのおかげだと思った。

「太陽の林檎」は、曲調的に「空が晴れたら」とカブるんだけど、季節柄歌っておきたいなと思って。

a0038006_3382191.jpga0038006_337787.jpg


ラストは、わたぼうし。
ちょっと意外なくらい真っすぐな歌を歌うふたり組。飛行機乗りのことを歌った曲はなかなかの大作。

終わった後、お客さんの女の子二人組に「良かったです」と声をかけてもらって嬉しかった。
もっと女性ファン獲得に頑張ってみるか?!
[PR]
by Showky | 2009-03-28 13:34 | ライブ | Trackback | Comments(0)
ライブレポート in RAG 3/23
3月23日(月)京都 live spot RAG

fm GIGの公開収録で、MCは木村則之。
出演者もすべてGIG絡みということで、リハから和気あいあい。

いきなり全員がステージに登場して、トークコーナーからスタート。
a0038006_336830.jpg


トップは神人さん。
つい先日、和音堂ではKENJIN&KENTAという名義で共演したけども、今日はまた全然違うスタイル。青森や仙台、沖縄の民謡テイストなどを取り入れた、独特の音楽性。

そして、RAGには久しぶりの、くるみ。RAGのスタッフの方とも再会を喜んでた。
ライブはもちろん盤石で、くるみワールド全開。ちょっとサチぼんのトークがおとなしめだったかな。

続いてトミタショウゴくん。RAGには初登場。今回は初めて聴く曲が多かった。割と渋めな選曲。曲も渋いんだけど、等身大の歌詞がよく届きます。

ラストは僕。
ほんとはおまけみたいな感じで、ちょっとだけにしようと思ったんだけど、客席を眺めてるといろいろと歌いたくなって。
a0038006_3372413.jpg
1.どこか遠い場所へ
2.Sunday Driving
3.途中の家
4.翼
5.カナリア
6.空が晴れたら


個人的にはちょっと反省の多いステージだった。


イベントとしてもね、木村くんにとってはこれが初めてのホストイベントなので、いろいろと細部を詰めて、他にはないカラーを出していこう。
[PR]
by Showky | 2009-03-28 13:13 | ライブ | Trackback | Comments(0)
君の明日には
君の明日には
            詞・曲/冴沢鐘己

涙こぼして 君は何を責めるの?
明日の朝には 熱いスープが君を待つのに
 rainy days and rainy life
 凍えた手を包もう
 rainy days and rainy life
 冷たい夜は終わるから

雨に踊れば 君は笑顔見せるかい?
雲が消えれば 君の空が君を待つのさ
 shiny days and shiny life
 いつでも手を広げて
 shiny days and shiny life
 僕なら君を信じてる

何かに苦しむ夜は 僕が歌おう
輝やく君の明日を 僕が歌おう
 shiny days and shiny life
 そのまま手を広げて
 shiny days and shiny life
 冷たい夜は終わるから




できた。

新曲が。

実は、何にもできてないのに先にタイトルだけ渡してしまってて、なんとか曲は作ったけど、ようやく先日、歌詞もついた。GIGスタジオで書き上げた。

書き上げてからも随分手直しをしたけどね。
僕にしては珍しい直接的な歌詞なんで、いろいろとね、気持ちとの折り合いがあるのよ。
ふたりの距離感とかね、言いたいこととか、あと実体験も少々足して、できるだけ普遍性が出るように、ライブで聞いた時にスッと胸に届くように、まどろっこしい言い回しもできるだけ避けてみた。

曲は、とにかくポップです。絶対に一回聞いたら覚えれられるし忘れないメロディー。
もう僕が歌わなくてもいいくらい。 僕の中のポール・マッカートニー的な部分が出てると思う。
ライブでは、みんなにも歌ってほしい。
[PR]
by Showky | 2009-03-27 23:16 | | Trackback | Comments(0)
初登場Silver Wings
a0038006_175355.jpg

a0038006_1753618.jpg

a0038006_1753685.jpg

めっちゃいいピアノがある。
ライブの後、セッション大会もあるって。
[PR]
by showky | 2009-03-26 17:53 | 携帯から | Trackback | Comments(0)
いろいろこだわってみる
心構えというのは、ほんとに大事だと思う。
それがどんなに些細なことであっても。

昔、誰かの何かの文章で、演歌歌手は絶対に目の前にモニターを置かないって知った。たぶん、演歌の公演はお芝居とセットだし、舞台演出上でもそういう「美意識」があるんだね。
だから歌手は、モニターに頼らずに歌わなきゃならない。
だから必然的に、上手くないとプロにはなれない。

それが絶対というわけではないけど、そういう「意識」を持って、つまり何がプロなのかという意識を持ってステージに立つのは大事なことだ。
それはつまるところ何だって、いい。
人それぞれでいい。

そういう基準を持って、何か結果を出せればいいんだ。

僕が昔から持ってるこだわりのひとつに、「絶対に歌詞は前に置かない」というのが、ある。ブサイクだからね。ロック的じゃないし。

最近のこだわりは、「ライブの途中では、できるだけ何も飲まない」

これも同じ理由。人のステージを見てて、ブサイクだなあと思ったから。
で、実践してみたら、1時間くらいのステージなら何も飲まなくても平気で歌えるというのがわかってきた。

あとは、「間」とか「歌いだすタイミング」とか、ココ最近はそういうのが自分のテーマ。

そしてもうひとつ。

ウォーミングアップなしでどこまで歌えるか。

これはさすがに自信がなくて。
僕はノドが丈夫な方なので、長時間歌っても全然大丈夫なのは知ってるんだけど、僕の曲はけっこう高いキーが多いので、「今日もちゃんと出る」という確信がないと、ちょっと不安が、ね。

で、火曜日のライブ。

ほんとにぶっつけ本番。朝起きてから、まともに歌ったのが本番。
たいていはそういう時、本番前のセッティングの時にちらっとマイクチェックをするんだけど、まあ、もう慣れたハコだし、いつも通りで大丈夫だと思ったんで、ギターだけ確認したらいつも通りにスタート。
それも前サビの「どこか遠い場所へ」から。
僕にとっては、イチかバチか、ですよ。

でも、やってよかった。全然歌えた。当たり前なんだけど。
そういう確信を持てるっていうのは大事なんだよね。練習では絶対無理だから。

あともうひとつ。この2連戦で学んだこと。
歌う前には、ちゃんと腹に何かを入れておくこと。
RAGではちょっと失敗したよ。

さて、今夜は初登場、Silver Wingsでのライブ。
できたてほやほやの新曲を歌うかどうか、まだ悩んでます。うーん。
[PR]
by Showky | 2009-03-26 12:43 | ライブ | Trackback | Comments(0)
今日は、わからん屋
a0038006_19193089.jpg

a0038006_19193022.jpg

急用が入ってリハができず。
いきなり本番だぜ。
[PR]
by showky | 2009-03-24 19:19 | 携帯から | Trackback | Comments(0)
RAGで公開収録
a0038006_17363232.jpg

a0038006_17363255.jpg

今日はRAGで公開収録!
木村くんが頑張ります、たぶん♪
[PR]
by showky | 2009-03-23 17:36 | 携帯から | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;