Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(43)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
タイムマネージメント
締め切りに追われてた映像の仕事ふたつと、写真関連の仕事をなんとか片付けて、ちょっとひと息・・・と思いきや、大事な書類を作らなきゃいけないことを思い出した。
また急かされるな。
曲も作りたいんだけどな・・・つか、メロディーのストックはあるけど、詞を書く時間がねえ。
あ、「ちゅ〜ズ♪」の新曲のアレンジもしなきゃ。
とか言いながら、またイベントをひとつ引き受けてしまった。

ま、なんとかなるかな。深く考えないようにしようっと。

fm GIGの方も、いろいろと放送体制を新しくするのでバタバタしてるけど、面白い番組や企画で増えてて楽しい。睡眠時間がマチマチでちょっと体内時計が狂いつつあるけど。

時間は、機械的で無機質なものだけど、なんのなんの、伸縮自在でフレキシブルなものだと思うんだ。縛られるものではなく、うまく操ることのできるもの。そうは思わないかい?

時間にルーズなことの言い訳をしてるんじゃないぜ、うん。
[PR]
by Showky | 2007-01-31 16:43 | 日常 | Trackback | Comments(0)
ジャケットデザイン
僕の古い付き合いのアーティスト、M.K.Wajinさんのプロジェクト「Sigil Project」の、待望の第2弾アルバム「静かなる太陽の下で」が、ついにリリースされました。

1st.に続き、今回もジャケットその他、全てのデザインを僕が担当しました。
写真も、僕が撮ったものです。

a0038006_0233082.jpg a0038006_02545.jpg


タイトルが文学的なので、あまり技巧に走らず、シンプルで品のいいデザインを心がけました。しかし、地味なところで手間をかけてます。

肝心の音ですが、まずは公式サイトから
1st.アルバムのリリースより3年。
今回は収録曲数からいえばミニアルバムとなるも、Sigil Projectらしい
エッセンス満載の選曲でお楽しみいただけるでしょう。
インスト4曲とヴォーカルもの2曲。
豪華キャストの素晴らしい演奏と唄によって命を吹き込まれた楽曲達が
それぞれ個性的な輝きを放ちます。
ノンジャンル・ノンスタイルなスーパーお気楽音楽家モドキM.K.WAJINと
素晴らしい実力と実績を持つプロミュージシャン達との奇跡のコラボレーション!

とにかく‘映像的’な作品集です。彼女の作品はいつもそうですが。
けっこうお茶目な曲も作っちゃう人なんですが、今回はちょっとシリアスモード。
音で紡ぎだす彼女のメッセージを受け止めるべし。
もちろんfm GIGでも、折に触れてオンエアーしますよ。
近々、fm GIG オンラインショップにもお目見えします。
[PR]
by Showky | 2007-01-27 00:56 | 写真 | Trackback | Comments(1)
Bruce Springsteen
いやね、今まであんまりスプリングスティーンには興味はなかったのよ。
リアルタイムで、いいなと思ったのは「Atlantic City」くらい。
あれは、ベストヒットUSAで、車の中から見たただ流れていく風景のPVの、下に出てくる訳詞と一緒に聴いて、えらく感動した覚えが。
でも、後でレコードを借りて聴いた「明日への暴走」も「Born In The USA」も、イマイチだったのね。当時は、ホール&オーツのようなポップな曲か、そうでなければパンク系のビートロックが好きだったからかな。

ところが、この火曜日に昼の生放送担当の小原さんから、‘受験生に喝を入れるような曲を選んでほしい’と言われて、思い浮かんだのが「Born To Run」。
で、久しぶりに(いや、もしかしたら初めて)ちゃんと聴いて、凄く心を揺さぶられたわけです。
昨夜、今夜と、酒を飲みながら「The River」「Nebraska」を繰り返し聞いてます。

ザ・リバー(紙ジャケット仕様)  ネブラスカ(紙ジャケット仕様)
ザ・リバー(紙ジャケット仕様)    ネブラスカ(紙ジャケット仕様)


人間の感性は、ほんとに不思議ですな。20才そこそこの頃は、聴いてもなんとも思わなかったドゥービー・ブラザースの「Listen To The Music」や、イーグルスの「New Kid In Town」も、30才を過ぎてから突然大好きになったしね。

まさに佐野元春「Someday」の
‘若すぎて何だかわからなかったものが、リアルに感じてしまうこの頃さ’を地でいく感じ。

ちなみに僕の中では、昨年末は‘さだまさしブーム’で、年が明けてからは‘The Street Sliders’ブームでした。どちらも20才前後の頃よく聴いてたんだけど、じっくり聴き直すと、なんと再発見の多い事よ。
[PR]
by Showky | 2007-01-25 04:53 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
夢を見た
ここんとこは明け方まで起きてることが多いので、いったん寝ると目が覚めるまで爆睡なんだけど、なぜか三日続けて、やけに印象に残る夢を見た。
一日目は、よく見る‘高いところから落ちる夢’。これには‘自分が高いところにいて落ちそうになる夢’と‘人が落ちるのを見る夢’のパターンがあるんだけど、今回は後者。
いきさつは忘れたけど、ビルに一緒にいた見知らぬ人が、綺麗に落ちていきました。後味悪し。

二日目は、これはね、今までの人生の中で最も‘夢のような’夢。身近な人が何人か出てきた。詳細は教えません。あんな幸せな気分で目覚めたことはない。こんなことってあるんだな。

今朝見たのは、これまた後味の悪い夢。訳の分からないケンカというか出入りに巻き込まれて最後には人がたくさん死んだ。最悪のなのが、子供同士が刀で殺し合いをしたこと。
なんちゅう夢や、と思いながら、枕元のPowerBookを開けたら、おそらく寝る直前に見ていたWEBページが開いてた。ノルマンディー上陸作戦の悲惨な状況が書かれていたブログだった。そりゃあ寝覚めの悪い夢を見るわな。でも読んだ記憶はないんだけどな。僕が寝る前に見ていたのは、その直前に書かれていたブルース・スプリングスティーンの名曲「The River」の歌詞について書かれた記事。あれも、あまり後味のいい歌詞ではないけどね。

夢というのは不思議なものです。なにか深層心理とも深い関わりがあるんだろうけど、ま、気にしないのが一番。でも、2番目の夢は、正夢にならないかな。絶対に誰にも話せないけど。
[PR]
by Showky | 2007-01-24 17:04 | 日常 | Trackback | Comments(0)
自分を知る
確か中学生の頃、体育の授業で走り高跳びをする時に、どっちの足で踏み切るか、えらい迷ったんですよ。で、僕は普通に右利きなので、やはり右足で踏み切るのがスジだろうと、バーに向かって左側から(わかりますよね?)走ることにしたんですね。記憶が正しければ、人数的にもこっちの方が多かったかな。
ところが、今ひとつ記録が伸びない。自分でもしっくり来ない。
で、試しに右側から走ってみたところ(つまり左足で踏み切ったところ)、あら不思議、気持ちよく飛べるじゃないですか。僕の利き足は、左だったのね。

さて、みなさん。

マイクはどっちの手で持ちますか?
僕は基本ギターを抱えているので、ライブでは90%スタンドマイクです。ハンドマイクはほとんど使いません。ギターを持たずに歌う時も、スタンドマイクで歌ってます。
ごくたまにカラオケに行った時は、左手でマイクを持ってたんですね。たぶん、その方が利き腕の右手が自由だから。
思い返せば、スタンドマイクで歌う時も、左手をマイクに添えて、右手はスタンドの下の方を持ったりアクションをしたり、それが僕の基本パターン。

さて、そこでお立ち会い。

今日、ボイストレーニングがあって、なんとなく右手でマイクを持ち歌ってみたのさ。
そしたら、歌う前はミョーに違和感があったんだけど、歌いだしたら凄く集中できて、なんつうか、安定して歌えたのね。つまりは、上手くなった気分。
ああ、そういうことなのか。僕の体はそういう風にできてるのか。

あと、声の出し方もいろいろわかってきたんだけど、それはまた別の機会に。
[PR]
by Showky | 2007-01-19 05:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
白と黒
年を明けても、もどかしいことがいろいろ。
なぜ世の中には、普通に言えばいいことを威圧的に言う人が多いのだろう。
いや、僕が扱いにくい人間だというのはわかるんだ。
でも、上から押さえつけようとする前に、反撃するかどうかくらい見抜いてから、ハラをくくってから言えよ、と。

「上のものが白といえば、黒いものも白になる」という世界があるというのは知ってるけど、白は白だし、黒は黒だ。黒を白だと言ってほしければ、そうしてくれとオマエが頭を下げるべきだ。
[PR]
by Showky | 2007-01-17 18:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)
久しぶりの心斎橋
そんなわけで、イイダサトミのサポートをするために心斎橋に入ってきました。
アメリカ村ですよ。
めっちゃ久しぶり。ライブとかでしか行かないからねえ。
でもさすがニギヤカ。チーズタコ焼きを食べた。ケチャップとマヨネーズで食べるやつ。

ライブハウスは、初めてのハコだけど、予想以上にステージも楽屋も広くて、居心地よろし。
出番までずっと、いつものGIGスタジオみたいに楽屋でのんびりギターを弾いてた。
ステージから聞こえてくる他のバンドの曲に、勝手にアドリブやソロを入れたりして。

肝心の自分たちのステージでは、たったふたりで、伴奏はすべて僕にかかってるわけだから、とにかくリズムキープに一番気を使ったかな。ライブって、どうしてもハシりがちだから。
しかも、ミディアムからスローの曲が多いから、頭の半分クールなままで、熱く盛り上げなきゃならない。ライブでアルペジオなんて、弾くの何年ぶりかしらん。
アルペジオを指で弾くかピックにするか、サウンドチェックまで迷ってたけど、結局ピックを使うことに。
イイダサトミは、歌がうまいのはもちろんだけど、エモーショナルでダイナミクスの幅も広いので、こちらもそれを煽るように、オシとヒキをかなり大胆に表現してプレイ。うん、楽しかった。
リズムギターは楽しい。気分はキース・リチャーズ。いや、キースのようなグルーヴを出すのって、難しいんだぜ。でも、オレはかなりいいセンまでいってる気がするんだ。ちょっとコツみたいなものがわかってきた感じ。
オレのギターをバックに歌うのって、気持ちいいと思うんだけどな。
オレも、オレのギターをバックに歌いたい。
でも、弾き語りはあまり好きではない。これがまた難しいところ。
[PR]
by Showky | 2007-01-10 17:25 | ライブ | Trackback | Comments(0)
お知らせ
a0038006_2401028.jpg今日8日、イイダサトミのライブにギターでサポート参加します。
◆◆2007年1月8日(月・祝)◆◆
大阪・心斎橋FanJ Twice (¥1800)
19:15〜
◆◆
ふたりだけのアコースティックスタイルで、僕も2曲ばかり歌います。
イイダサトミは、とりあえずやたらと歌がうまくて、可愛い。それだけも聞きにくる価値アリ。


もうひとつ。

a0038006_245316.jpg祇園の芸妓さん「豆福」さんがプロデュースする化粧品の、商品プロモ用の映像を作っています。京都の四季をテーマに、夏バージョンと秋バージョンが完成。昨日、冬バージョンの撮影に伏見稲荷まで行ってきました。
その映像は、こちらでご覧になれます。我ながら、ナカナカの出来映え。モデル(豆福さんご本人)がとにかく美人なので、それだけも随分ラクさせてもらってますが。
立ってるだけで、絵になるからねえ。
[PR]
by Showky | 2007-01-08 02:38 | ライブ | Trackback | Comments(0)
DVD三昧〜映画編
この正月は、見たかったDVDをじっくり見て過ごしました。
まずは映画編

「暴力脱獄」
出演: ポール・ニューマン、ジョージ・ケネディ
監督: スチュアート・ローゼンバーグ
まだ小学生だったころ、テレビでラストシーンだけ見て泣けた映画。ジョージ・ケネディに同化してしまった。とにかく若かりしポール・ニューマンの魅力全開。カッコいい男というのは、こういうのをいうのだよ。
暴力脱獄
暴力脱獄


「ロイ・ビーン」
出演: ポール・ニューマン、エバ・ガードナー
監督: ジョン・ヒューストン
ポール・ニューマンの代表作の一つだけど、あまりちゃんと見た記憶がなくて、廉価版で出てるのを機にやっと観賞。をを、こんな素晴らしい映画だったのね。これもまた男の映画。‘やることはむちゃくちゃだけど、スジは通してる’そういう伝説の男の物語。こんな男になりたい。
あ、女性もカッコいい。侠気ある男には、侠気ある女が側にいるのだよ。
ロイ・ビーン
ロイ・ビーン

「獄門島」
監督:市川 崑
原作:横溝正史
【CAST】石坂浩二 / 司葉子 / 大原麗子 ほか
ほんとは(76年版の)「犬神家の一族」を見たかったんだけど、なかったのでこっちに。もちろん昔に何度か見たんだけど、久しぶりの観賞。やっぱり市川 崑はスタイリッシュですよね。いろいろ勉強になるし、単純に面白い。あと、若い大原麗子と坂口良子が信じられないくらいに可愛い。司葉子も信じられないくらいに美しい。
獄門島
獄門島
[PR]
by Showky | 2007-01-04 04:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
賀正
新年明けましておめでとうございます。
今年(昨年?)も、年賀状を出すことができませんでした。
なので、ここで新年の挨拶とかえさせていただきます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年も、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by Showky | 2007-01-02 01:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;