Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(43)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:テレビ( 23 )
「天皇の料理番」
YouTubeは凄いな。
まさか「天皇の料理番」が(途中からでも)もう一度見れるとは思わなかった(本当は前半が見たいけどね)。

若かりし堺正章主演のドラマ。明石家さんまのドラマデビュー作でもある。
名作。ほんと名作。
檀ふみがかわいくていじらしいのよ。理想の女房像かも。

脚本は鎌田敏夫。男三人(堺正章、明石家さんま、鹿賀丈史)の人間と人生の描き分けが素晴らしい。
間違いをしでかしたり欠点があっても、いや、だからこそ「気骨」って大事なんだよな。


[PR]
by Showky | 2010-05-19 23:17 | テレビ | Trackback | Comments(0)
魔術師と呼ばれた男
R-1の決勝に残った我人祥太って、パイカルに似てるよね。
意識してそうしてるのかな?まさか、ね。
ぜひとも指から炎を出してほしい。

a0038006_14215545.jpg

[PR]
by Showky | 2010-02-13 14:21 | テレビ | Trackback | Comments(0)
なんで松田優作はカッコいいのか
びっくりしたよ。
GIGスタジオから帰って来てなんとなくテレビをつけたら「探偵物語」をやってた。
なんべん見ても、松田優作はカッコいいねえ。

こんな夜中じゃなくてさ、KBSでもテレビ東京でもテレビ大阪でもいいから、ゴールデンタイム(月9とか)に「探偵物語」とか「傷だらけの天使」とか「俺たちは天使だ」とか「太陽にほえろ!」とかやったら、けっこうみんな見るんじゃないかな。

ま、それだったらスカパーとかに入れって話だけど。

むしろ入りたい。

KBS京都は侮れなくて、主に古い時代劇を再放送してるんだけど、時々、「太陽にほえろ!」とか「飛び出せ!青春」とかやってたりする。
そこに徹底すればいいのにね。

「天皇の料理番」とかもう一回みたい。

テレビはこれからどうなるんだろうね。どんどん「見ない」って人が増えてると思う。
いくらマーケティングとかしっかりやったって、熱気が感じられないと、やっぱり見ないよな。
テレビ黎明期の60〜70年代のドラマは、作り手側にそれこそ熱気が満ちあふれているから、いつまでも何年経ってもずっと心に残ってるんだな。
バラエティーや音楽番組だってそう。
松田優作もアツい人だったらしいからね。

紳助の番組が今、人気があるのは、熱気があるからだと思うんだ。

ああ、それだ。やっぱり。


今、ひとりで納得した。
自分ひとりでも大変なのに、人を巻き込むとなるととんでもないエネルギーが必要だけど、頑張ってみるか。
[PR]
by Showky | 2009-07-30 02:29 | テレビ | Trackback | Comments(0)
「未だ見ぬ強豪」って、いい響きだよね
YouTubeはほんとに面白くて、ついついいろんな映像を見てしまう。
基本はやはり音楽(特に70年代の音楽番組系)中心に、いろいろと貴重な映像を見つけて喜んでるんだけど、最近はプロレスを検索中。
ちょっと前はあまり見つからなかった全日本系の昔のやつが、けっこう見つかるようになってるよ。

あとは往年の外国人レスラーも。

ちなみに僕の好きな外国人レスラーは・・・

○リック・フレアー
しばらくプロレスを見なかった時期に、久しぶりにたまたま夜中のテレビで見て夢中になったのが、鶴田とのNWAタイトルマッチ。手に汗を握った。
強いとは思わなかったけど、子供心に上手いレスラーだと思った。今見てもシビレルものがあるし、僕らのステージングにも通じるものがあると思う。

○スタン・ハンセン
全盛期を見てるからね。説得力抜群。生でも見たし、大阪城公園でばったりオフのハンセンと出くわして、写真を撮らせてもらったこともある。スタイルから生き様から、全てが男気溢れてカッコいい。


あとは、ロード・ウォリアーズはカッコよかったね。ポスターを貼ったよ。

ブルーザー・ブロディーもカッコよかったけど、試合(特にシングル戦)はすっきりしないものが多かった。猪木には綺麗に勝ってほしかったけど、それをしないのがブロディーらしい。
最後の鶴田戦は良かったけどね。

ドリー・ファンクJrも巧かったけど、全盛期を見たかったな。これをYouTubeで見て、ほんとにいいレスラーだと思った。

やっぱり雰囲気のあるレスラーがいいよね。
ハリー・レイスとかニック・ボックウィンクルとか、なんだかんだ言って‘いい試合’になりそうだし、実際いい試合が多いし。勝ち方も負け方も巧い。

新日だと、アドリアン・アドニスとか、ちょっと好きだったかな。

全日本の年末恒例「世界最強タッグリーグ戦」は、そりゃもう参加選手発表前からワクワクで、放送日まで絶対結果を知らないようにして毎週見てたもんさ。
特に1982年大会は良かった。
ザ・ファンクス
ハンセン&ブロディー組
ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組
ハーリー・レイス&ディック・スレーター組(!)
天龍源一郎&阿修羅・原組
リッキー・スティムボート&ジェイ・ヤングブラッド組
上田馬之助&スーパー・デストロイヤー組。

特にリッキー・スティムボート&ジェイ・ヤングブラッド組の活躍には燃えたね。

後は1984年大会。
ジャンボ鶴田&天龍源一郎組
スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ組
ザ・ファンクス
ハーリー・レイス&ニック・ボックウィンクル組(!)
ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス組
ジャイアント馬場&ラッシャー木村組
ワンマン・ギャング&鶴見五郎組
タイガー・ジェット・シン&マイク・ショー組

おお、今眺めても豪華だ。レイスとニックのコンビなんて渋すぎ。
この頃は全盛期を過ぎてたけど、それでも当時最強の超獣コンビにひと泡ふかせる雰囲気はあったもんね。
「雰囲気」は大事だ。エンターテイメントは、そこで決まると言ってもいい。

ダイナマイトキッドがいいのはもちろんだね。

今でも「オリンピア」が流れると、ナレーションまで思い浮かんでワクワクするよ。

今の子供たちは、何にワクワクしてるんだろうか。
[PR]
by Showky | 2009-05-15 13:45 | テレビ | Trackback | Comments(2)
M-1グランプリ 2008
決勝の3組は甲乙つけがたかったねえ。めっちゃ笑った。
スタイル的には、僕の個人的な好みで言うとナイツとオードリーの方が好きだったし、オードリーの2本目のネタの斬新さは大好きだけど、ま、優勝となると総合力でノンスタイルですな。異論はないです。

3組とも、ボケの破壊力はもちろんだけど、ツッコミがいいな、斬新。ツッコミは、まだまだ何か新しいスタイルの生まれる余地がある予感。

キングコングって、品川庄司とかとよく似てて、技術的にはうまいんだけどバカをやりきれてない感じがする。だから本物のバカキャラ(褒めてます)が本気出してくると、もう勝てなくなる感じ。オリエンタルラジオなんかもそんな感じ。まあ、彼らはテレビタレントとしてじゅうぶん成功しているので、それでバランスとれてるんだと思います。

あ、笑い飯の2本目は見たかったな。


勢いにのって、歴代M-1チャンプの最近の漫才をYouTubeで探して見てみた。
やっぱりみんな面白い。久しぶりに中川家の漫才を見て、夜中にめっちゃ笑った。
[PR]
by Showky | 2008-12-22 13:46 | テレビ | Trackback | Comments(2)
「だんだん」
NHK朝ドラ「だんだん」見てますか。
凄いですよ。感動させる気も泣かせる気もなく、ぐいぐいストーリー展開で引っ張ってってます。台詞回し、伏線の張り方、場面展開などなど、脚本のテクニックが素晴らしい。
脚本家を目指している方は、必見かも。
[PR]
by Showky | 2008-11-10 13:13 | テレビ | Trackback | Comments(0)
NHK 朝ドラ
まずは終わった「瞳」。
これまでの東京制作ドラマの中では、かなりマトモな方ではなかったかと。
不快になることもツッコミを入れることもなく、最後まで見ました。
東京の下町の雰囲気も出てたし、登場人物にも好感は持てたし。やっぱり西田敏行と前田吟は上手いなあ、と。主役の榮倉奈々も、自然体の演技はなかなかよかった。

ただ。

ストーリーは盛上がらなかったねえ。「え?これで最終回?」みたいな感じ。
‘子役から老齢まで’といった大きな時の流れもなく、‘東京と札幌’みたいにふたつの土地を行き来するでもなく、ずーっと同じ地域のまま等身大で、クライマックスとなる大きな出来事(結婚すらないなんて!)もなく半年を終えるなんて、ある意味斬新。

まあ‘サイアク’からは脱皮したということで、次回に期待といったところでしょうか。

で、新しく始まった「だんだん」

こちらも、関西制作と思えぬ静かなシリアスムードが意外。
でも設定自体はかなりトリッキーで、それこそ東海テレビが制作すれば‘ドロドロの昼ドラ’にもなりうるプロットだから、これを今後どう料理していくのか、興味深し。
まだ序盤で説明台詞が多いけど、ポイントの描写には品とリアリティーがあって、好感が持てます。
これから少しずつギアが加速して、波瀾万丈のジェットコースターなドラマになったりしたら面白いな、と。

そうそう、京野ことみの芸妓さんは(特に普段の仕草、立ち居振る舞いが)かなりサマになってます。
[PR]
by Showky | 2008-10-07 13:48 | テレビ | Trackback | Comments(2)
ちりとてちん
見ましたか? 今日の「ちりとてちん」。見ましたよね。
すごかった。あれで泣かないやつは人間やない。まるで最終回のような展開。
ここまでの話だけで、朝の連続ドラマ史に残る名作決定ですな。
・・・あれ、主人公、まだ落語家目指してないぞ。
いよいよ来週からか。まだまだ伏線はたくさん残ってるので、どこでどう回収されるか。
とにかく素晴らしい脚本と演出です。
ニコニコ動画に第一話からアップされてるので、未見の方は騙されたと思って見てみてくださいな。
[PR]
by Showky | 2007-11-17 14:18 | テレビ | Trackback | Comments(0)
小ネタ集
体重は順調に落ちてて、いよいよ75kgを切るイキオイ。
体力は少しずつ戻って来て、声の調子もまあまあ。
ぼちぼち歌ってみるかな。

------------
長澤まさみの今の髪型ってヘンじゃない?
センター分けって、面長か卵形の顔じゃないと似合わないと思うんだけど。

------------
堀北真希に似た男の子がいたら、キスくらいはできるんじゃないかとふと思うことはマズいでしょうか。

------------
「どんど晴れ」の脚本はいよいよ重症に。現代を舞台にしながらあれだけリアリティーを感じさせない台詞の応酬に、なぜ現場がオーケーを出すのかが不思議でしょうがない。

----------
とある場所で「ドラえもん」の昔の1巻を読んだ。ドラえもんて、最初はオバケのQ太郎に似た‘ボケキャラ’だったんですね。

---------
ちなみに「オバケのQ太郎」は、最高に面白い‘大ボケギャグマンガ’です。今は絶版になってて手に入らないのが残念。まあ初出が60年代初期なので、平気でキ○ガイが連発されてるからねえ。出版社がビビるのもわからなくもないけど、だからといって埋もれさせていいとは思わないよね。まず素朴な疑問として、キチ○イという表現がそんなにマズいものなのか(もちろん他の表現も含めて)、そろそろフラットな議論を始めてもいいんじゃないかとは思う。
[PR]
by Showky | 2007-09-18 13:55 | テレビ | Trackback | Comments(3)
選挙ステーション
引き続き選挙ステーションを視聴中。
人選がいいよね。
ここに出てきている人たちの話は、非常に理性的かつ論理的で、主義やポリシーを抜きにして面白い。

もっと面白いのは、ここで語られてる小沢一郎像。なるほどねえ。
一人区を切り崩す作戦が図に当たったくだりとか、ちょっとゾクゾクした。
小泉純一郎像も面白かった。敵ながらあっぱれなんですね、やはり。

つまりね、ここに出てる人たちは、きっと政治家としてとても誠実で、議論が成立するから、田原さんも気に入ってしょっちゅう呼んでるんだろうけど、きっとこの人たちは総理大臣にはなれないんだろうな、と(なれても続かない)。

組織のトップに立って引っ張っていくには、たとえ正論で反論されても強引に突き崩して引っ張っていく、有無を言わせぬ強引なパワーが必要なんですな、きっと。

安倍首相には、そのパワーは感じないですねえ。橋本さんとか宮沢さんとか羽田さんとか、智に走るタイプはダメなんでしょうなあ。
[PR]
by Showky | 2007-07-30 02:35 | テレビ | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;