Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ライブ( 665 )
歌うということ
自分がいいシンガーかどうかには自信はないけど、歌は好きだし、自分の好きな歌を自由自在に歌えるようになりたいと、けっこう小さい時から思っては来た。

小学校の時だったか、自分の好きなように歌ってると伴奏と音程があってなくて、先生に面と向かって‘歌がヘタ’だと言われた時はヘコんだなあ。けっこうトラウマになってて、大きい声で歌えなくなったりもした。バンドを始めてからも、このトラウマから脱するのにはけっこう時間がかかったのよ。

はじめてボイストレーニングを受けた時に「いい声だ」と言われ、「声量もあるし、努力すればいいシンガーになれるよ」と言われた時は、大げさではなく、涙が出るほど嬉しかった。

僕は全然努力家ではないけど、何かを教わることはとても好きだし、歌も、(技術的なことを)遅く習い始めたからこそ(27才のときだったかな)、出来なかったことを少しずつクリアしていけるのは、とても幸せだと感じてる。特に音域が広がったのがね、昔歌えなかった歌が歌えるようになって、とても嬉しい。

できることが増えてきたからこそ、‘できたことができなくなる’ことは、とても恐ろしい。

ちょうど一年前、あるライブイベントがあって、例によって僕が主催で内容は盛りだくさん、しかも、スケジュールがとても厳しく、ライブ直前の一週間は、まともに寝ることも食事をとることも、ましてやトレーニングなどもできなかった。
前日も徹夜で、体調はボロボロ。
初めてステージ上で‘体も動かず、声も出ない’という恐怖を味わった。自分で自分を支えられなかった。文字通りの屈辱。いかにコンディション作りが大事かを思い知った。

その屈辱を晴らすため、数ヶ月後にはワンマンライブを敢行。約3時間、25曲を休みなく歌いきってやった。‘オレはまだやれるんだ’ということを自分に証明するために。技術が未熟な以上、カラダを張るしかないからね。

僕はけしていいシンガーではない。なぜなら、本当に素晴らしいシンガーを何人も目の前で見てきてるから。そういう素晴らしいシンガーはみんな、才能がある上にとてつもない努力をしているのを知っている。だから僕も、そういう人達と共演した時にせめて少しはいいところを見せられるよう、今でもボイストレーニングは続けている(というか、やめるのがこわい)。

一方でね、せっかくとてもいいシンガーだったのに、タバコや不摂生のためにまるで声が出せなくなった人達も何人も見てる。悲しいことに、失った声は二度と戻らないんだな。

結局は自分との戦い。素晴らしい人たちと出会った時に、しっかりと自分の得意のスタイルで、胸を張って一緒に何かをしたいもの、ね。
[PR]
by Showky | 2005-05-03 14:16 | ライブ | Trackback | Comments(1)
てくぱくホリデイ〜in 十念寺
昨日(24日)は、fm GIG主催・出町商店街全面協力のイベント「てくぱくホリデイ」。
イベントそのものは、出町の方々と商店街を中心にいろいろ遊ぼうという盛りだくさんな企画で、詳しい模様はこちらをご覧いただくとして、僕個人に話をしぼれば、久しぶりのライブですな、やはり。
イベントの第三部、十念寺というお寺の本堂でのアコースティックライブ。
いや、これがほんとにアンプラグドで、アンプはおろかマイクも使わない、まさに‘肉体勝負’。
もともとこの本堂がコンサートホール並みの音響効果を狙って設計されているので、生の声や楽器の音が、ほんとにきれいに響くんですよ。

共演は、安田知博さんと岩本みちこさんによる尺八演奏と、Piaceというバイオリン・フルート・キーボードのクラシックアンサンブル。
a0038006_056595.jpg


で、僕はと言えば、前半にGIGの女性シンガー藤井希三枝ちゃんのバックでギターを弾いて、最後トリで登場。
自分の番では、当初はひとりで弾き語らなければならなかったところ、急きょ初代Ten Days' Wonderのギタリスト、野村ノンパ達也さんが来て下さることになって、5年ぶり(?)にデュオで演奏。いやあ、もうだんぜん心強くって、落ち着いて歌うことができたかな。


a0038006_056594.jpg
主催イベントだと僕は全体の責任者でもあるので、出番直前まであっちこっち走り回ることがあって、なかなかコンディションを整えることができないんですよ。
ただ、今回はGIGメンバーはもちろん、出町の方々にもほんと細かい所まで準備をしていただけたので、比較的余裕をもって‘ミュージシャンモード’に入れたかも。感謝。


a0038006_0572154.jpg
アンプラグドで歌うことについては、功罪半ばってところかな。
バックの音が思うように聴こえてこないのはとても不安だけど、モニターやマイクに気を使わずに(立ち位置なんかも自由に)のびのび声を出せるのは、とっても気持ちいい。
クラシックやオペラの歌手なんかは、きっととっても気持ちいいんでしょう。
僕も、もっともっとコンディションを整えて、もうちょっとこういう経験を積めば、もっとキレイに自分の声を響かせる自信はあるなあ。


a0038006_0575036.jpg
【セットリスト】
1.カナリア
2.異端者(アンファン・テリブル)
3.途中の家
4.運命の行方(ほしのゆくえ)
5.眩暈(めまい)


a0038006_0581085.jpg

アンコールでは、希三枝ちゃんのバックで沖縄民謡「安里屋ユンタ」をやったあと、前出演者で「夢想花」を。歌ったのは僕。この曲、意外にキーが高いんですよね〜。ちょっとしんどかった。

a0038006_0583152.jpg


初対面のプレーヤーとほぼぶっつけのセッションだったけど、いつもの僕のやり方でメンバー紹介をしたり、こういうのが音楽やってる醍醐味。

今年はちょっとこういう感じのライブも増やす予定です。お楽しみに。
[PR]
by Showky | 2005-04-26 01:02 | ライブ | Trackback | Comments(0)
遅ればせながら
9月13日(金)
冴沢鐘己〜ワン・ナイト・スコール'04〜 at RAG
セットリストです。

1.最後の一撃
2.Circus Black Man
3.事件当夜は雨
4.Sunday Driving
5.Glory
6.街路樹
7.バビロン
8.舗道のひまわり
9.Crazy,Crazy
10.Silver Blaze
11.眩暈(めまい)
<休憩>
12.夕なぎ
13.瑠奈(ルナ)
14.どこか遠い場所へ
15.失速!
16.“スターダスト”
17.翼
18.カナリア
19.浮き雲
20.チェイサー
21.クールダウン
22.運命の行方(ほしのゆくえ)
 〜アンコール〜
23.GOLDFISH
24.異端者(アンファン・テリブル)

今回は2部構成で、前半がTen Days' Wonder、後半がCool Hand Luke。
アンコールは例によってツインドラム合戦。
真ん中の休憩では、シ・オ・ミさん一座(?)のマジックショーもあり♪
オープニングはゲストの「愛美」嬢が4曲歌ってくれました♪

終了時間は10時30分。開演からは3時間、僕が出てからでも2時間半。
いやあ、皆さん、お疲れさまでした〜〜♪
[PR]
by showky | 2004-09-24 19:53 | ライブ | Trackback | Comments(0)
ライブレポート
そんなわけで昨日のTen Days' Wonderライブレポートなぞを。
台風が近づいているということで、ちらっと雨が降ったり風が強かったりしたけど、まあそれほど大したことなく開演の時間に。
オンタイムの7時スタートで、まずはオープニングアクトの「くるみ」のライブ。
新曲とTen Days' Wonderメンバー批評(?)を交えた、サワヤカな約20分のライブのあとに、我々Ten Days' Wonderが登場。
結果から言えば7時30分から9時45分まで、2時間強も歌いきったのだ。
ストーンズにでもなったつもりか!・・・とは、誰にも言われなかったけども。
曲が多いからといって、というか多いからこそ、今回はほとんどステージプランを立てずにステージに上がってみた。
なんつうかね、野球で言えば「9回完投」、プロレスで言えば「J鶴田vs長州力60分一本勝負フルタイムドロー」みたいなのを(どんなんや)やってみたかったのさ。やってみないと、ペース配分とかインサイドワークとか、わかんないもんね。
で、実際はあとさらに2曲がセットリストにはあったんだけど、本番中に削る判断をしたりとかして。F1でいえば2回ストップをレース中に3回ストップに変更するミハエル・シューマッハみたいな感じ(どんなやねんて)
昔の、それこそ初めてここ(ARC DEUX)のオーディションを受けた時に歌ってた曲とかも織り交ぜたりして、僕のライブをずっと見てくれた人へのサービスみたいなライブでもあったかな。
僕自身、時間に制限がないとなると、あれこれも歌いたくなって、なかなか曲も削れなくて。
今回はほんとに得るものが多かったので、次のライブはさらにいいものがお見せできると思います。ノドも全然大丈夫。体力的も、まあ後一時間はできるな。メンバーは、藤田さん以外は絶対に反対するけどね(笑)
とにもかくにも来てくださった方、本当にありがとうございました♪

【セットリスト】
1.異端者(アンファン・テリブル)
2.バビロン
3.どこか遠い場所へ
4.カナリア
5.Glory
6.スィートホーム
7.ロケット・マン
8.Upstairs
9.Sunday Driving
10.街路樹
11.途中の家
12.瑠奈(ルナ)
13.最後の一撃
14.Crazy,Crazy
15.事件当夜は雨
16.舗道のひまわり
17.空を見た
18.浮き雲
19.GOLDFISH
20.Circus Black Man
21.ワン・ナイト・スコール
22.運命の行方(ほしのゆくえ)
23.クールダウン
 〜アンコール〜
24.眩暈(めまい)
[PR]
by showky | 2004-08-20 17:02 | ライブ | Trackback | Comments(1)
Ten Days' Wonderワンマンライブ
バンドマンにとって、ライブハウスでレギュラー出演するというのは最初の夢で、その次の夢は、そのライブハウスでワンマンライブをするということだというのは、そう異論のないことだと思う。
僕は、本格的にバンド活動を始めた二十歳前後の頃はかなりトガってたので、頭を下げてライブハウスに出演させてもらうということがなかなかできなかった。
で、まあ、いろいろ紆余曲折があって自信もなくしたりして、ある意味覚悟を決めて‘ちゃんんと評価を受けよう’と初めて謙虚にオーディションを受けたのが、京都のARC DEUXというライブハウス。僕はわりと簡単にいろいろ忘れる方だけど、あの日のことはさすがによく覚えていてね。評価的にはギリギリだったそうで、でも、ひとりのスタッフさんの「きっと上手くなるんじゃない」という評価でレギュラーになることができた(らしい)。
で、それからのことは長くなるのでまたの機会にゆずるんだけど、そこで初めてワンマンライブをやったときから数年ぶりかで明日、ワンマンライブをするわけです。
なぜ今またARC DEUXで?と聞かれることがあるんだけど、なんだろうね、上手くなったな、とか言われたいのかな。相変わらずやな、とか言われたら、ある意味ショックかな。
とりあえず20数曲、どうしても削れなかった曲ばかりでやります。
来てくださる方、お楽しみに!

音楽
[PR]
by showky | 2004-08-18 11:52 | ライブ | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;