Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:音楽( 185 )
TIME FOR LOVE「夢を見るかもしれない」のカラオケ配信スタートしました!
TIME FOR LOVE「夢を見るかもしれない」、BBガールズ「ガーディアン・エンジェル」のJOYSOUNDカラオケ配信がスタートしました!

「JOYSOUND MAX」または「JOYSOUND f1」対応機種のある店舗であれば、全国どこででも歌うことができます。

a0038006_181212.jpg

a0038006_1811241.jpg


本人出演のPV映像とともにお楽しみください。
歌いまくれー。

a0038006_1815920.jpg





□情熱をカタチにしてみないかい?手を貸すぜ。
■冴沢鐘己

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
・あなたの様々な気持ちを受け止める音楽を生み出す万能シンガーソングライター
・小さな輝きも見逃さず、あなたを最大限に輝かせる情熱プロデューサー
・子供からご年配まで思わず踊りだすイベントには欠かせない、熱くて爽やかなシンガー
・目を引くポップでオシャレなデザインが特徴の(ちょっと頑固な)クリエイター。
・あなたの魅力を最大限に引き出す日本最大のインターネットラジオ「fm GIG」の代表
・生き方は誰もが憧れる自由闊達なロックンローラー

TIME FOR LOVE」を率いて、2枚のアルバム「心地よく秘密めいた場所」「何かが道をやってくる」とシングル「夢を見るかもしれない」、絶賛発売中。

試聴はこちら

公式ホームページはこちら
facebookページはこちら
Twitterはこちら

また、BBガールズ、籾井優里奈、安部美香、山下圭志、あきっすん、といった個性的なアーティストをプロデュース。
詳しくはPALMTONE RECORDSまで。ほとんどのジャケットデザインやフライヤーデザインも手がけています。

講演のご依頼もどうぞ。
講演「情熱の羅針盤」ダイジェスト

◯ラジオレギュラー
「ムーンライトブレイクSaturday」(fm GIG)毎週土曜21:00〜25:30
「インディーズオー!オー!」(fm GIG毎週木曜21:00〜22:00

お問い合わせは、パームトーン・エージェンシーまで。
[PR]
by showky | 2016-01-13 18:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
ニューアルバムとPVとレコ発と
そんわけで、どさくさのうちにTIME FOR LOVEのセカンドアルバムがリリースです。
今回はとにかく夏の必須アイテムと言っても過言ではないほど爽やかな1枚に仕上げました。

こんな感じ。

「夢を見るかもしれない」30秒CM〜Time For Love出演シーン


全11曲入りで、今回は全編僕がボーカル。

a0038006_11585046.jpg

「何かが道をやってくる」TIME FOR LOVE

1.夢を見るかもしれない
2.眩暈(めまい)
3.シンデレラとギャング
4.未来は今
5.浮き雲
6.夕なぎ
7.金曜日、僕は寝坊した
8.君の飛行船
9.苦い林檎酒
10.君の明日には
11.舗道のひまわり


Amazonでも絶賛予約受付中


そして、もちろんレコ発もあるぜ!

5月25日(日)高槻 1624 TENJIN「TIME FOR LOVE 2ndアルバム発売記念ライブ!」
open18:00 start19:00 charge¥2,000
出演:TIME FOR LOVE:冴沢鐘己(Vo,G)伴英将(尺八)金狼(Perc)、安部美香、BBガールズ
a0038006_127345.jpg



楽しみにしててくれい♪
[PR]
by Showky | 2014-05-31 12:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
なぜ子供たちからハーモニカを奪う?
この前のムンサタで曽我さんから聞いた話。

最近の小学校では、ハーモニカを教えないんだそうな。かわりに鍵盤ハーモニカなんだって。いわゆるピアニカ。
理由としては、「ハーモニカは教えにくいから」だとか。

いつからそうなったのか。というか、誰がそんなバカなことを言い出したのか。誰も止めなかったのか。教育の現場はアホしかいないのか。

個人的には、ハーモニカはあんまり上手に吹けなかったんでそれほど好きな楽器ではないんだけども。

それでも。

ハーモニカというのはご存知の通りとても小さな楽器で、それでいて丈夫で、小さな子供がポケットに入れて持って歩けるのね。どこにでも。
奏法も、吹くか吸うかのふたつだけ。子供が最初に触れる楽器として、あれほど最適なものはないじゃない。ピアニカなんか持ち歩けないよ。

ピアニカは、あれはあれでいい楽器だけど、やっぱりある程度ハーモニー(和音)がないと、単音で弾いててもあんまり楽しくないのよね。

単音の魅力で言えば、やっぱりハーモニカが秀逸だと思う。
帰り道や公園なんかで小さな子供がハーモニカを吹いてたら、なんか胸を撃つじゃない。ブルースを感じるじゃない。
「夕焼け 子焼け~の」のメロディーがハーモニカで聞こえたら、それだけでグッとくるよね。

で、音楽が身近になったところで、3年生や4年生になって縦笛を習う。あれは少し大きくて、吹くのに両手の動きも必要で、ちょっと練習が必要。でも半音とか少し複雑なメロディーが演奏できるので、曲の幅も広がったり合奏ができたりする。

ピアニカはあくまでもピアノ(オルガン)の延長で、和音の概念を習う時に教えればいいと思うのよ。


ゆとり教育の問題も含め、もういい加減、ここ20年くらいの児童教育の方針は間違ってたことをみんなしっかり認識して、教育委員会やらなんやらその辺りの連中は総取っ替えすべきだと、心の底から思う。

ほんと。


とかなんとか、固い話はさておき。

今週金曜日は、久々に梅田のテンで歌います。伴さんと。
毎回大盛り上がりとなる昭和歌謡(もちろん70~80年代中心)ナイト。ホルモン焼きうどんのお店に豪華な照明がセットされて、至近距離で(ちょいとイキな)ヒット曲を歌いまくります。大合唱大会だぜ。

前回の熱狂の様子



6月1日(金)梅田 テン「テン6周年記念『ギター&尺八懐メロLIVE』」
19:00 start 焼うどん&特製めにゅ&1drink付きで2500円!
[PR]
by showky | 2012-05-30 13:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
目指さなければ、なりたい自分にはなれないものね
いつだったっけかな、ずいぶん前のアカデミー賞授賞式の話。
確かマドンナが「エビータ」で主題歌賞にノミネートされて、テレビ越しでもわかるくらい緊張ガチガチで歌ってた年。

セリーヌ・ディオンもノミネートされてて、こちらは余裕シャクシャクで歌ってたんだけど、なんか別のノミネート歌手が突然欠席になったとかで、急きょ代役でその曲も歌ったのよね。
どれくらい突然かと言うと、片手にスコアを持ちながら歌うくらい。

おお、全世界中継の生放送で、ほぼ初見の曲を歌ってるよ。

それでも余裕シャクシャク。さすが。

キャンディーズも、ラストシングル「微笑がえし」のレコーディングでは、自ら希望して初見で歌って、一発オーケーになって、ちゃんと一人前を歌手になったんだと、そこまで育てたスタッフを感動させたってのは、知る人ぞ知る有名な話。

美空ひばりは楽譜がまったく読めなくて、その代わり、一回聞くだけで曲を覚えて、必ずレコーディングも一発オーケーだったそうな。


それはもちろん才能もあるだろうし、努力もあるだろうし、何より自分で「そういう自分になろう」という意思があったからこそ身に付いた「力」なわけで。


僕はと言えば。

けっこうギターはね、初見でも、まず「できること」と「できないこと」を瞬時に切り分けて、「できないこと」を巧妙に避けつつ、「できること」を最大限駆使して、その曲に必要な「表現」をイメージしながら即興でプレイする、みたいなことは、なんとなくできるのよ。高校生の頃から、そんなようなことをしてたから。

でも、歌は難しい。身体に馴染むまで、けっこう時間がかかってしまう。だいぶん払拭されたとは言え、歌に対するある種の「恐怖心」みたいなものが、まだ少し残ってるのよ。まだまだ清次さんの域には達しない。

恐怖心を乗り越えるには失敗を重ねるしかないので、とりあえずまだまだ、未熟な状態でも歌うという修行中。そういう「歌い慣れていない曲を歌う」トライのできる現場が必要。


そんなわけで、というわけではないけど、今日は新井病院。前にも書いたけど、昭和40年代以前の曲はメロディーラインが独特で(苦手なメロディーの動きが多くて)、なかなか身体に入らないんだけど、かれこれ半年いろいろ歌ってきて、ちょっとだけ回路がつながってきた感じ。
昨夜、毎回歌ってる「錆びたナイフ」を練習してたら、初めてこの曲に対する「自分の歌い方」が見えてきた。

だからといって、今日すぐ本番でそれができるというわけではないだろうけど。

新しくトライする曲も数曲、用意してます。歌詞がねえ。おそらく皆さんご存知の曲だから、間違えられないプレッシャーが・・・。


ちなみに昨日のfm GIG。

夕方に「C&B天国」の事前収録があって、夕方には8月からの新番組「モノノケラジヲ」のデモ番組収録。
担当の淑蘭さんは、某国立大学の先生をされているので、番組作りへのアプローチがシステマティック。昨日のデータを活かして、本放送から完成度の高い番組になること請け合い。

ひまりんの番組にもタクとして入って、そのあたりの対策も万全。金曜日もニギヤカになりそうよ。


さ、もうちょっと練習して、出発だ。
a0038006_1032655.jpg

[PR]
by Showky | 2011-07-23 10:03 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
別にMacって入ってるから好きというわけではなくて
しかしアレですな。台風が何食わぬ顔で去ったら、いきなり涼しくなって。
おかげで昨日はよく寝れたし、起きてネットを開いて目に入った占いには「身体を休めなさい」と指摘されるし、夕方まで予定もないし、素直にのんびりすることに。

iPodをシャッフルしてたらFleetwood Macの「Dreams」が流れてきて、最近ずっと歌謡曲ばかり集中して聞いてたから、なんかとっても新鮮に感じてね。

この曲って、コードがFとGのふたつしかないのよ。理論的にはFのリディアンモード。それで全米No.1。ポップミュージックというのは奥が深い。

アレンジもシンプルでスカスカだけど、ちゃんと雰囲気もグルーヴもある。Fleetwood Macの音楽って、基本そんな感じ。何がいいって説明しにくいけど、なんか好き。
アメリカでは何枚もビッグセールスを記録してる超人気バンドだけど、日本ではあんまり人気がないというか、好きだと言う人に今までひとりしか会ったことないのよ。コピーとかしにくいからかな。「上手い」だけでは再現できない魅力があるのね。ある意味ストーンズとよく似たタイプ。

で。

そんなこんなを考えながらギターを触ってたら、それっぽい曲ができて。展開させたい誘惑をグッと抑えて、CとGだけでまとめあげてみた。
仕上がりを頭の中でイメージしてみたら、うん、なかなかいい雰囲気。

どうしようかな。ちゃんと完成させようかな。どんな歌詞が合うだろうか。

そんなことを寝転んで考えたら、また寝てしまった。それも爆睡。
気がついたら夕方。
でもほんとに、疲れみたいなものがすっかりとれて身体も軽い。

ちょっとした用事で(ひとつは忘れ物を取りになんだけど)彼方此処屋さんによって、帰りに吉野家で鰻丼を食べて、スタジオへ。

着いたらすでにゲストの杉若和尚が来られてて、中川くんも交えてしばし談笑。なおみさんが到着すると、たちまち映画の話題に。

そのイキオイでそのまま生放送「なおみのLOVEシネマ」。和尚、テンション高くてめっちゃお茶目。楽しい放送でした。次回の名画鑑賞会、楽しみにしてます。

そうそう、合間に来月から妖怪番組をスタートさせる淑蘭さんも来られて。それも完璧なコスチューム(?)で。GIGのプロフィール用の写真を撮ってちょっくら打ち合わせ。お土産に妖怪がまぐちをいただきました。わーい。

夜は中川くんと浜田さんの生放送。浜田さんのボケっぷりは回を追うごとに完成されていってるよ。

深夜は清次さんの「カバーしてなう」。突然団長もやってきて、いつものギャラリーの皆さんとともに丑の日宴会モード。ビールはもちろん、うなぎ巻きの差し入れまであって大盛り上がり。


さ、今週末はかなりハードだ。
今日のうちにいろいろ準備しとかないと。

a0038006_10311431.jpg

a0038006_10312437.jpg

a0038006_10313683.jpg

[PR]
by Showky | 2011-07-22 10:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
とりあえず要望は、ニール・ショーンとエドワード・ヴァン・ ヘイレンを足して2で割らない感じ
そんなわけで昨日も、何の打ち合わせも収録もライブもなかったので、黙々とアレンジ制作。

取りかかったのは、作詞がひまりさんで作曲が僕、団長がボーカルを務める島左近の歌。島左近て!

曲はすでに去年に出来上がってて、一回だけ彦根で甲冑を着て(!)歌ったんだけど、さあて、どんなアレンジにするべか。

昨日の石田三成の歌とは対になってるんだけど、敢えて真逆のロックなアレンジにすすることにして、久々にエレキギターを弾きまくり。
80sっぽくしたいので、慣れないシンセアレンジとも格闘。音色を決めるだけでもひと苦労だよ。

んで、ひと段落ついたところでスタジオへ。
やってきたひまりさんに、さっそく昨日ほぼ完成した石田三成の曲を聞いてもらう。
お、いいリアクション。気に入ってもらえてよかった。
番組でもオンエアーしてもらってリスナーさんからの反応も上々。

そうそう、突然に団長もやってきたんで、さっそくボーカル録りをやってみることに。

オレの曲をナメちゃいかんぜ~、簡単そうに見えて意外に難しいよ。
さらに、作詞者であるひまりさんからの歌唱指導も入って、グッとハードルも上がったところでサスペンディッド。続きは火曜日かな。

そうこうするうちにNINAとJINさん、そしてゲストのあらい舞さんも来られて深夜の生放送「C&B天国」。

んで放送後に、何気に楽しみにしてたJINさんのリードギター録り。そのためにロックなアレンジにしたと言っても過言ではない。

いろいろと要望を伝えながら数テイク弾いてもらって、あっという間にREC終了。めっちゃカッコいいギターが録れたよ。完成をお楽しみに。


さて、今日も次々とレコーディングがあります。最終的には9曲、同時進行で仕上げることになるのかな。あんまり考えんとこ。ひとつづつひとつづつ。

a0038006_11234667.jpg

[PR]
by Showky | 2011-06-25 11:23 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
Time For Love 2nd.シングル「ときどき、セルリアンブルー」裏・全曲解説
まずはお知らせ。

「ときどき、セルリアンブルー」収録全曲がiTunes Storeで配信開始されました


お待たせしました。つか、僕が一番待ってた。
でもこれで道は拓けたので、後はもう思いのまま。
当たり前だけど、これがスタートでゴールではないので、ここからがほんとのウデの見せどころさ。

そんなわけで、ようやくツールも揃ったところで、遅ればせながら「ときどき、セルリアンブルー」のライナーノーツなんぞを。

と言っても、CDを買っていただいた方はご存知のように、今回はCDパッケージの中にインナーが入ってて、そこにライナーノーツも書いてあるのね。

だから、曲のできた経緯とか込めたメッセージみたいなものは、CDを買ってじっくり読んでください。

ここでは、少しばかりテクニカルな話を。

1.ときどき、セルリアンブルー
当初のセカンドシングル候補曲は「夕陽色の涙」で、去年の秋〜冬リリースをイメージしてたのよ。でもまあいろいろバタバタしてあっという間に年が明けたんで、あらためて春向けの曲を書く事にして。
まず決めてたのは「前サビ」にすること。
簡単そうで意外と世の中に「前サビ」の曲が少ないのは、それこそ‘サビのキャッチーさ’が勝負なので、いきなりハードルが高くなるからなのね。
でも実際作ってみたら、サビ後のAメロとイントロのフレーズが我ながらお気に入り。
曲調やアレンジも、最初からフュージョンテイストにしようと決めてて、けっこうリズムギターを頑張った。
尺八の(まるでフルートのような)使い方とか、パーカッションの手数、リズムの決めなどなど、80年代初期のニュアンスがよく出てると思う。
曲のキーも女性が歌うにはかなり高くて、さすがの佐和子ちゃんもそうとう苦労したんだけど、どうしてもこういう曲調は「F」だと思ったんで無理でも頑張ってもらった。
2:57しかない短い曲だけど、そうとは感じさせない充実の仕上がりになってると思うんだけどな。

2.君の飛行船
これも作る時から「ロックンロール」「デュエット」っていうのを決めて取りかかった。
一口にロックンロールって言ってもいろいろあって、その‘いろいろ’を毎回カップリングには入れていこうと思ってるんだ。
今回はブルース系のロックンロール(1st.収録の「愛を抱きしめよう」がそうですね)ではなく、キーボーディストが書きそうなポップなロックンロール。
だから、シャレたコードや転調なんかもシレっと組み込んでる。
あるバンドのある曲をイメージしながら作ったんだけど、それが何かは教えない。
あと、デュエットでラブソングを歌うのはあまりにも照れくさいので、性別に関係ないメッセージソングにしたんだ。初期のARBのような。

3.夜明けの月に
解説としては、CD内のライナーノーツに書いた「曲ができた経緯」が全てで、テクニカルなことで話すようなことはあまりないかな。別々にできた2つのメロディーをくっつけるという、僕には珍しい作り方をした。
歌詞も含め、曲そのものは割とすっとできた。そういう意味で「カナリア」に近いものはあるかな。
アレンジはほんとに頑張った。たくさんの楽器が入って、いろんな「絵」を描いてるのよ。


ほんとは1st.と同様、2ndにもボーナストラックを入れる気満々だったんだけど、「夜明けの月に」の後に何か入れるのはどう考えても蛇足なので、今回は断念。


1stに比べて、3曲全てにTime For Love 4人の「音」をしっかり詰め込むことはできたと思う。

またよかったら、感想を聞かせてくだされ。
[PR]
by Showky | 2011-06-08 01:17 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
「ときどき、セルリアンブルー」PV完全版と、ア〜マ〜ゾ〜ン!
いざ一歩足を踏み出してしまうと、二歩目、三歩目と進みたくなるのが人の性(さが)。
それでもこのご時世、2枚目3枚目と継続的にCDを出せるアーティストなんてなかなかいない中、無事に2ndシングルをリリースできました。

いや、発売日はもう過ぎてるんだけどね、そこはそれ。

諸般の事情で遅れてましたが、ようやくAmazonでも取り扱い開始です!
Amazonでは5/28が発売日となるので、ガンガン予約して下さい!

ときどき、セルリアンブルー/夜明けの月に
Time For Love
PALMTONE RECORDS (2011-05-28)



で、何気に予告してた通り、Amazonでの発売に合わせてPVの完全版も公開だ!



これも一足先に先日のBlue Eyesワンマンライブの時に公開はしたんだけど、やはりね、あれから少し手を加えて細かいカットを多くしました。


なぜこんなにいろいろ遅れたかというとですね、そもそもの僕の判断ミスがちょっとあったのと、逆にそれが功を奏して勉強になったことがあって、あれこれと画策している事があるからなのです。

ま、細工はりゅうりゅう、仕上げをごろうじろということで。


とにかくこれでひとつミッションは完了したので、ちょっとひと息。
今夜はフォルテ☆倶楽部。ぱあっと歌ってこよう。
[PR]
by Showky | 2011-05-20 16:38 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
MY BEST SELECTION OF 中島みゆき(90分テープ2本組仕様)
さだまさし、甲斐バンドと来たら、そりゃもう中島みゆきをやらないわけにはいかないだろうと。
こちらも聞き込み方はハンパじゃないので、選べないのなんの。
それでも90分テープ2本に収めるというのが「オレ的ルール」なので、泣く泣く厳選。シングルはもちろん、一般的な定番曲や人気曲もごっそりカットして、個人的趣味で固めたよ。
甲斐バンドと同じく、70年代と80年代で2本組に分けた。

○Vol.1
side-A
1.アザミ嬢のララバイ
2.あぶな坂
3.雨が空を捨てる日は
4.冬を待つ季節
5.夜風の中から
6.店の名はライフ
7.朝焼け
8.ホームにて
9.海鳴り
10化粧
11.ほうせんか
12この空を飛べたら

side-B
1.髪
2.強がりはよせヨ
3.裸足で走れ
4.タクシードライバー
5.小石のように
6.狼になりたい
7.ピエロ
8.霧に走る
9.蕎麦屋
10.船を出すのなら九月
11.エレーン

○Vol.2
side-A
1.あした天気になれ
2.あわせ鏡
3.杏村から
4.忘れな草をもう一度
5.B.G.M.
6.砂の船
7.この世に二人だけ
8.ばいばいどくおぶざべい
9.テキーラを飲みほして
10.波の上

side-B
1.僕は青い鳥
2.幸福論
3.シニカル・ムーン
4.極楽通りへいらっしゃい
5.あしたバーボンハウスで
6.熱病
7.カム・フラージュ
8.美貌の都
9.あたいの夏休み
10.最悪
11.F.O.
12.シーサイド・コーポラス

「世情」や「断崖」、「ファイト」なんかも名曲で大好きなんだけど、この辺りはやはりアルバムの流れの中で聴くべきということで、自分を納得させてカット。

あと、中島みゆきの(特に80年代以降の)シングルはちょっと「売れ線」を意識してるのは否めないところなんだけど、B面には名曲が多いのね。日が当たりにくいということもあってちょっと甘くなって、たくさん選んでしまった。

あ、それと「アザミ嬢のララバイ」と「夜風の中から」はどちらもシングルバージョンでよろしく。

さだまさしや甲斐バンドと同じく、中島みゆきも音楽性の幅が広い。「B.G.M.」はジャジーでオシャレだし(歌詞はとんでもないけど)、「ばいばいどくおぶざべい」は完璧なロック。Vol.2のB面なんて、めちゃくちゃカッコよくてハードだものね。

この中でも特に好きで堪らないのが「店の名はライフ」「朝焼け」「ほうせんか」だということも付け加えておこう。
[PR]
by Showky | 2011-05-11 03:08 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
MY BEST SELECTION OF 甲斐バンド(90分テープ2本組仕様)
リクエストを受けたので、昨日のさだまさしに続き甲斐バンド編。

甲斐バンドはねえ、中学~高校の頃に全アルバム・シングルと相当聞き込んでるので、選び出すのがとっても難しい。
あらためて好きな曲を厳選してみると、結局自分が歌いたい曲で固まってしまった。
やはり基本、年代順で並べてます。70年代と80年代で区切った2本組。
僕はこんな「甲斐バンドリスナー」なのよ。

○Vol.1
side-A
1.あの頃
2.No.1のバラード
3.吟遊詩人の唄(One Man Band)
4.薔薇色の人生
5.光と影
6.かりそめのスウィング
7.ダニーボーイに耳をふさいで
8.黒い夏
9.あの日からの便り
10.男と女のいる舗道

side-B
1.東京の一夜
2.最後の夜汽車
3.きんぽうげ
4.8日目の夜
5.くだけたネオンサイン
6.メモリー・グラス
7.バランタインの日々
8.二色の灯
9.シネマ・クラブ
10.翼あるもの

○Vol.2
side-A
1.汽笛の響き
2.三つ数えろ
3.グルーピー
4.100万$ナイト
5.一世紀前のセックス・シンボル
6.ダイヤル4を廻せ
7.スローなブギにしてくれ
8.マリーへの伝言
9.涙の十番街
10.天使

side-B
1.ランデヴー
2.ダイナマイトが150屯
3.観覧車
4.ナイト・ウェイブ
5.ブライトン・ロック
6.ボーイッシュ・ガール
7.シーズン
8.マッスル
9.冷血(コールド・ブラッド)
10.ハート
11.オクトーバー・ムーン


こうして眺めると、やっぱりあれやね、フォークから歌謡曲、ブルース、ジャズ、フュージョン、ファンク、そしてもちろんR&Rからハードなロックまで、幅広い音楽性に触れることができたのは甲斐バンドのおかげだと思う。
[PR]
by Showky | 2011-05-10 09:52 | 音楽 | Trackback | Comments(1)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;