Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
最新のコメント
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:アート( 19 )
邦楽(和楽器のほう)でも、こんなデザインはどうかな、と。
引き受けてた、花園大学邦楽部定期演奏会のフライヤーデザインができた。
前に写真も撮りに行ってたやつ。

オシャレにして欲しいみたいなリクエストを受けてたので、「邦楽」という言葉に囚われずに取り組んだら、こんな感じに。
フォントだけは邦楽っぽくしたけど。

人数が多くて写真ではあまり思い切ったことができなかったので、写真の使い方の発想そのものを変えてみた。
デザインじたいのポイントは、規則正しそうに見えて、実はランダムだよ、というところ。
右揃えとか左揃えとかしたくなるところを、敢えてしない。センタリングなんてもってのほか。

僕はこういう、重心はずれてるけどバランスは取れてる、みたいなデザインが好きなのです。

a0038006_1326590.jpg

[PR]
by showky | 2011-10-12 13:26 | アート | Trackback | Comments(0)
あなたがいなければ、今の私はない。
こういうのは、いいこと書こうとするといつまでたっても出来上がらないので、思いつくままに書き残していく。

あなたがいなければ、今の私はない。

そんな出逢いの積み重ねで、人ひとりの人生は出来上がっていく。
人の人生を変えるのは、乱暴に言ってしまえば「思想」だ。

ホームズじゃないけど、目の前にあるもの、人、言葉、行動、その他形あるもの全てには、何らかの思想が宿っていて、観察さえすれば「それ」を感じ取ることはできるんだ。

もちろん思想には、深く高尚なものから、下品な、あるいはやっつけなものまであるけど、とにかく、今目に見えるものをしっかり見れば、それを形にした人物の人間性まで推測することは可能なんだ。


僕は、いい大人になるまでパソコンはおろか、ゲームにすら興味がなかった。
ところがあるきっかけがあって、パソコンを買おうと思ったとき、最初に触ったのはWindows95だった。

それはそれで別に悪くはなかったし、そのままWin機を買ってたらその後どうなってたかなんて、想像してもあんまり意味はない。

ただ、たまたま相談した友人がミュージシャンで、面白いやつで、普段の言葉の信用できるやつだったから、彼が「もちろんMacにすべきさ」という台詞に素直に従うことにして、タニヤマムセンに行って、店員の薦めるまま、Power Mac 5500/225を買うことにしたんだ。

あの時Macを買ってなかったら、今ももちろん細々とミュージシャンはしてたかもしれないけど、fm GIGは始めてない。
たぶんデザインや写真や映像なんかにも手を出していない。

夢中になってMacを触ってるうちに、「ほら、君にはこんなに可能性があるんだよ」って、後押しをしてもらったんだと思う。


僕は僕なりにジョブスの思想を感じ取って、少しずつ自分の人生に取り込んできた。

判断に迷った時は、ジョブスならどういうだろうって考える。
考えてわからない時は、Appleの生み出したものをじっくり眺めてみる。

とりわけ僕に最も影響を与えたのは、「何をするか」ではなく「何をしないか」という発想だな。
ホームズの「完全にありえないことを取り除けば、残ったものは、いかにありそうにないことでも、事実に間違いないということです」という有名な台詞と同じくらい、逆説的かつ現実的なポリシーだ。


「君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感という のは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい」

ね、この有名なジョブスのスピーチと呼応してるでしょ。


だから僕は今も、迷ったり混乱に陥った時は「取り除く」作業をする。そうやって自分の「心」と向き合う。



どんな人でも、何かを形に残せば、死んだ後も誰かの心に生き続ける。

それが何かの欠片のようなものでも、誰かが僕を(できれば真実の僕を)思い出してくれるように、しっかりと足跡を残して生きてゆきたい。

あなたがいなければ、今の私はない。

それが最高の謝辞の言葉だから。
[PR]
by showky | 2011-10-07 13:13 | アート | Trackback | Comments(0)
花は、咲くべき時に咲くのさ
ブログとかmixiもね、始めてからしばらくは「なんだかなあ」みたいな感じで手応えなくどうにかこうにか続けてたんだけど、ある時ふと「あ、こういう風に使うものなのか」ってわかった瞬間があった。

Twitterもそう。

で、昨日突然、facebookの「使う意味」がわかった。一気に動き出した。

これらは結局「道具」でしかないので、いわゆるHow ToやQ&Aだけに目を通してもあんまりピンとこないのね。
例えばフォトショップやイラストレーター、あるいはシーケンサーソフトや映像編集ソフトなんかと同じ。マニュアルを頭から読んでも何も頭には入らない。

写真をモノクロにしたい!とか、サイバーなフライヤーを作りたい!とか、そんな具体的な目標があって初めて、道具は活躍を始める。誰かに「使い方」を尋ねることもできる。

僕が初めてMacを使ってデザインをしたのは、最初の「カナリア」のCDジャケット。Macを買ってすぐの頃で(PowerMac5500)もちろんイラレもフォトショも持ってなかった。フリーの画像編集ソフトと、最初からバンドルされてたワープロソフト(クラリスワークス)で苦心惨憺作って、それを近所の印刷屋さんに持ってったんだ。
でも「これじゃ印刷はできないんだよ」って言われて、でもガッツと出来映え(?)を褒めてもらって、いろいろ基本を教えてもらった。ついには印刷関連のバイトを紹介してもらったりデザインの仕事を回してもらって、貴重な経験を積ませてもらったのよ。


あ、何の話だっけ。

要するに、天の啓示は突然くるけど、そのためにはちゃんと伏線があるってこと。

花は、咲くべき時に咲くのさ。


GIGのスタジオでは今日から「革靴展」。
昨日から準備に来てて、その作品の素晴らしさに見ほれるばかり。
若い、どちらかと言えば草食系の男の子なんだけど、「自分の仕事が好き」っていうのがひしひしと伝わってくる。
こういう人に使ってもらってる道具たちも、まるで血が通ってるみたいにあたたかい。

四条烏丸近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。
午後1時から7時まで。もちろん入場無料。5月5日までです。

a0038006_1105042.jpg
a0038006_1111896.jpg
a0038006_111815.jpg

[PR]
by Showky | 2011-04-29 11:01 | アート | Trackback | Comments(0)
オレって天才だと思う。
fm GIGで番組もしているダンスボーカルユニットGAI◆YA+のふたりから、「私たちのショートPV作って下さ~い」と頼まれたのが、今年の2月。
最初は、すでにあるライブの映像とか繋ぐ感じでって言われたんだけど、どうせ僕が作るんなら、全部自分のスタイルでやらないと楽しくないし意味がないんで、イチから撮影するよって言って。

とは言うものの、あまり僕とは縁のないクラブとかで活躍してるふたりだし、ジャンルもそっち系だし、そもそも曲作りに全くタッチしていないしライブも見たことないので、彼女らの求める世界観を理解することから始めないといけないわけで。

そこでまずは歌詞を送ってもらったら、えらいもんでパッと「絵」が浮かんだのね。で、すぐにロケの段取りを決めて実際に撮影をしたのは3月。2回に分けて。

もちろん彼女たちと一緒に作品を作るのは初めてで、僕の「やり方」を知らないわけだから、どんなのが出来上がるのか不安だったと思う。何せ、台本も絵コンテも作らず現地で即興で撮ってくわけだから。

それでも今回、けっこう楽しく撮影できたのは、ふたりにガッツがあるのと、ゆうにゃんこと藤沢夕夏がモデルとして活躍してる「プロ」なもんだから、所作が「絵」になるのよ。自分のキャラ設定もよくわかってるし。
RINちゃんも、危険な場所も厭わず僕の指示に従ってくれるし、短時間でいい絵が撮れたから、僕的にはほんと楽な撮影だった。

しかし問題は編集。

30~40秒程度の中で、彼女らの世界観をカッコよく描かないといけない。
昨日、素材を全部取り込み、絵を確認して、ひとまず手を置く。
何度か逃避行動をしながら、今日いよいよ作業開始。

キャンパスは真っ白。

この時点では、曲作りやデザインなんかとまったく一緒。素材をいじくってるうちにピースがひとつ形を見せる。

今回特にぜひとも絵にしたかった「ブーツのファスナーを上げる」シークエンスができた時点でエンジンがかかってきて、前半が出来上がったところで、オレは天才じゃないかと自画自賛。いい感じだ。ノッて来た。

後半は得意の細かなカット繋ぎ。手間はかかるけど、うまく繋がった時の快感ときたら。

そんなわけで、45秒が3時間で完成。



うん、オレって天才だと思う。
[PR]
by Showky | 2011-04-21 21:10 | アート | Trackback | Comments(0)
フライヤー改訂版!
さらに80s度を上げてみた!

a0038006_14271346.jpg

[PR]
by Showky | 2011-04-05 18:12 | アート | Trackback | Comments(0)
これがTime For Love、春のフライヤーデザインだ!
昨夜撮影して、超特急でデザインを仕上げた。
予告通り(?)80年代ヤ○ソン風。
わかる人だけわかってくれれはいいです。

さ、まだまだすることは多いぞ!

a0038006_14115080.jpg

[PR]
by Showky | 2011-04-05 12:08 | アート | Trackback | Comments(0)
ジャケットデザインその1
とりあえず昨日の写真でデザインしてみた。
その2、その3があるかどうかは未定よ。
ひとまず今からはレコーディングの仕上げにかからないと。
a0038006_12464664.jpg

[PR]
by Showky | 2011-04-04 12:46 | アート | Trackback | Comments(0)
レトロ職人になるか
a0038006_1956713.jpg


自分にとっての新しいチャレンジとして参加することになったオールディーズバンド「Emerald Highball」。

ついに大阪でもライブが決まって。
それがなんと、Tropiccino。
12月21日(火)ということで、Xmasライブパーティー的な感じ。

昨日、NINAとJINさんも初Tropiccino体験。

そんなもろもろの打ち合わせの流れの中で、フライヤーを僕がデザインすることになって。

デザインするには「コンセプト」が必要だけど、まあオールディーズだからね。
当然50~60年代の雰囲気を出さないと。

で、今日目が覚めてからあれこれ考えてたらアイディアが舞い降りて来て、昼飯食ってから取りかかったら夕方には出来上がった。

ちょっと面白いデザインだと思わない?
日本語がいっさい入ってないけど、まあいいか。
英語の表現だけはGregにチェックしてもらいたいな。


それにしても、古きアメリカン・カトゥーンっていいね、やっぱり。
僕はRoad Runnerがとてつもなく好きだったんだ。
もちろん再放送世代だよ。念のため。
夕方6時30分から、サンテレビだかでやってたのをよく見てた。


Time For Loveは70~80年代がコンセプトだから、色分けできてちょうどいいなと。
このまま「レトロデザイン」を極めるか。


あ、ちゃんと「今風」なデザインもできるよ! たぶん。
[PR]
by Showky | 2010-11-17 19:57 | アート | Trackback | Comments(0)
これが12/4 Time For Loveワンマンの新フライヤーだ!
果たしてこれが、今は無き「月刊明星」付録「Young Song」へのオマージュだと、どれくらいの人が気付いてくれるのだろうか??(ちなみに裏は明星の本紙記事風)

ま、いいや。

本家ヤンソンは、(当たり前だけど)70年代と80年代でデザインコンセプトが微妙に(明らかに?)変わるんだよね。

で、今までは70年代風でデザインを固めてみたわけだけども。

来年は80年代風にしてみるか。

実は80年代風だと、デザインは少し楽になるんだけど、写真がちょっと大変なんだよね。

ま、そのへんはおいおい佐和子ちゃんと相談しながら。

とりあえずこれでまたひとつ、仕事を片付けたっと。

a0038006_17205859.jpg
a0038006_17205158.jpg

[PR]
by Showky | 2010-10-26 17:21 | アート | Trackback | Comments(2)
これが「ジェガCM」完全版だ!
CMつうか、完全に予告編の体裁ですな。
妙なところで凝ってしまった。

まあ、ゆっくり、とくとごらんあれ。


[PR]
by Showky | 2010-10-21 15:36 | アート | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;