Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ミステリ( 13 )
大垣書店高槻店とのコラボレーション「冴沢鐘己のわくわくミステリーワールド」第4シーズンに突入!
FRESHの「GIG TV MIX」チャンネルで好評配信中の「冴沢鐘己のかしこTV」では、ただいま大垣書店高槻店とのコラボレーションで、僕が海外ミステリーを中心に様々な本を紹介する「冴沢鐘己のミステリーワールド」を展開中です。

4/17に10週にわたる第1シーズンがスタートし、11/13からはついに第4シーズンに突入!
4/30(木)17時より、綾辻行人先生をゲストにお迎えして特番放送決定!

●第4シーズン
【月曜】新訳続々登場!今こそ黄金時代の名作に触れるべし!冴沢鐘己が語る、エラリー・クイーン傑作選!

11/13
「ローマ帽子の謎/ローマ帽子の秘密」(1929)
11/20
「フランス白粉の謎/フランス白粉の秘密」(1930)
11/27
「オランダ靴の謎/オランダ靴の秘密」(1931)
12/4
「ギリシア棺の謎/ギリシア棺の秘密」(1932)
12/11
「エジプト十字架の謎/ジプト十字架の秘密」(1932)
12/18
「アメリカ銃の謎/アメリカ銃の秘密」(1933)
12/25
「チャイナ蜜柑の秘密」(1934)
1/8
「スペイン岬の秘密」(1935)
1/15
「中途の家」(1936)
1/22
「Yの悲劇」(1932)

【金曜】祝!デビュー30周年!冴沢鐘己が綾辻行人の魅力を語る!

11/17
「十角館の殺人」(1987)
11/24
「水車館の殺人」(1988)
12/1
「迷路館の殺人」(1988)
12/8
「人形館の殺人」(1989)
12/15
「霧越邸殺人事件」(1990)
12/22
「時計館の殺人」(1991)
12/29
「黒猫館の殺人」(1992)
1/12
「どんどん橋、落ちた」(1999)
1/19
「暗黒館の殺人」(2005)
1/26
「奇面館の殺人」(2012)


【土曜】面白ければそれでいい!冴沢鐘己と曽我未知子のオススメブックマーク!

11/18
「長い家の殺人」歌野晶午
11/25
「Another」綾辻行人
12/2
「8の殺人」我孫子武丸
12/9
「緋色の囁き」綾辻行人
12/16
「生ける屍の死」山口雅也
12/23
「千夜と一夜の物語」仁木英之  
12/30
「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」麻耶雄嵩
1/13
「宇喜多の捨て嫁」木下昌輝
1/20
「七つの棺」折原一
1/27
「雨宿り」宮本紀子


このコーナーで紹介した本はすべて、大垣書店高槻店でPOP展開されています。ぜひ番組を聞いた後は店頭で手にとってください。

a0038006_12194865.jpg

GIG TV MIX 帯番組「かしこTV」

国語、文学、音楽など、知っておくと「かしこ」になれる知識を軽快に紹介するプチ教養番組。
※かしこ:関西弁で賢いの意。使用例「おまえ、かしこやなあ」(意味:あなた、かしこいですね)

毎週月曜日は、四字熟語と本紹介コーナーで、皆さんの知的好奇心を刺激します。

担当:冴沢鐘己
放送時間:毎週月曜23:30〜24:30


ただいま大垣書店 高槻店とのコラボで「冴沢鐘己が選ぶ海外ミステリー」フェアが開催中!
気になるラインナップは以下のとおり。


a0038006_12214420.jpg



第1シーズン〜第3シーズンのラインナップはこちら
[PR]
by showky | 2017-11-17 19:53 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
有栖川有栖先生との対談が実現!「冴沢鐘己のわくわくミステリーワールドスペシャル」
僕が担当するFRESHの生放送「冴沢鐘己のかしこTV」では、ただいま大垣書店高槻店とのコラボレーションで「わくわくミステリーワールド」を展開中。
毎週3冊ずつミステリーの名作を紹介しているのですが、10月5日にはなんと!ゲストに有栖川有栖先生をお迎えして特番を放送!
1時間たっぷりと、お話をお伺いしました。

有栖川有栖先生はとっても気さくで、出身がご近所という
こともあって、寺田町界隈のローカルな話からスタートし、子供の頃の読書体験から、先生の執筆の特徴(?)、好きな音楽、そして本格ミステリーに注ぐ愛情など、どこをとっても貴重で楽しいお話ばかりです。

この番組はいつでもアーカイブでご覧になれます。
「冴沢鐘己のかしこTV〜わくわくミステリーワールドスペシャル」
freshlive.tv/gigtvmix/158896

ついでに「GIG TV MIX」へのチャンネルフォローもお願いします。今後の放送のお知らせが届きますよ!

a0038006_11034131.jpg

[PR]
by showky | 2017-10-11 11:09 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
探偵は みんな集めてさてといい〜蝶々殺人事件
ちょっと疲れが出たか昨日は体が重く、せっかくの休みなんで本を読んで過ごすことに。

手に取ったのは横溝正史。
ちょうど小学校高学年の頃に横溝正史の大ブームで、すでにミステリ好きだった僕も、一も二もなく飛びついた。
映画はなかなか行けなかったけど、TBSの横溝正史シリーズは毎週楽しみにしたし、原作にももちろん手を出した。

ただ、知ってる人は知ってるように、ベストセラーだった角川文庫シリーズは、表紙のイラストが怖いんだよね。しかも微妙にエロいし。とても小学生には手を出せない雰囲気があった。

だから文庫で読んだのは、友達(のお父さん)が貸してくれた「悪魔の手毬唄」と、担任の先生が貸してくれた「憑かれた女」(このセレクトはどうかと思ったけど)。
後は、自分で買った講談社全集のハードカヴァー「獄門島」と、図書館で借りてきた「本陣殺人事件」ほか数冊。

で、実は最近古本でちょっと古い講談社全集を手に入れたんだ。

さて、何から手をつけるかといろいろ調べて、未読ながら傑作の誉れ高い「蝶々殺人事件」を手に取る。

戦後すぐ「本陣殺人事件」と同時期に書かれ、戦前・戦中と満足に探偵小説が書けなかった鬱憤を晴らすべく、本家ヴァン・ダインやエラリー・クイーンに挑む意気込みで書き上げられた、日本初と言ってもいい「本格」ミステリー。
探偵は、「本陣殺人事件」で初登場した金田一耕助ではなく、戦前からの看板探偵、由利麟太郎。

いやあ、読みやすいのなんの。

死体がコントラバスのケースから現れるところから衝撃的で、アリバイ、暗号、密室と仕掛けも盛りだくさん。その上に読者への挑戦まである。
ラストは、関係者全員を集めて、さて、と言う必殺パターン(有名な例の川柳は、これが初出だそう)。

この一作に賭ける横溝正史の意気込みがびっしり詰まっていて、まさにサービス精神たっぷり。あっという間に読み終えた。傑作。
あ、角川文庫のイラストのような、ホラー要素もエロ要素も全くないので、安心して読んで下さいな。

引き続き、短編・中編ながら名作の誉れ高い「真珠郎」と、中期の金田一耕助ものの佳作「トランプ台上の首」を読んだ。

エラリー・クイーンばりの論理的構築性に、ディクスン・カー的な卓越したストーリーテリングが加わって、とにかく読んでて楽しい。まさに上質のエンターテイメント。

とにかく楽しみが増えた。
とりわけ、実はまだ原作未読の「八ツ墓村」を読むのが楽しみ。

横溝正史自選集〈1〉本陣殺人事件/蝶々殺人事件
[PR]
by Showky | 2009-08-19 00:45 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
「ドラゴン殺人事件」「ベンスン殺人事件」〜ヴァン・ダイン
さて、ここ最近の‘湯船deミステリ’ですが。
ヴァン・ダインを2冊読破したあと、どういう風の吹き回しか母から借りた久しぶりの新作ミステリ「この悪夢が消えるまで」(J・D・ロブ)を読み終わり、ただ今「不可能犯罪捜査課」(ディクスン・カー)を読み始めたところ。

そんなわけでヴァン・ダイン。言わずと知れた‘ファイロ・ヴァンス’シリーズです。
つっても、僕が子供の頃すでに古典だったこのシリーズを、今時読む人がいようか、いやいまい。実際、今まで僕が出会ったミステリファンの中で、このシリーズが大好きだと言う人に出会ったことがない。
ところがぎっちょんちょん。
創元推理文庫からちゃんと絶版にならずに出回ってるんですね。
ながらく絶版だった「ドラゴン殺人事件」まで、新表紙で再発されてるんだからオドロキ。
売れてるんだろうか。クイーンでさえ手に入りにくくなってるのに。

そんな‘ファイロ・ヴァンス’シリーズ、僕は大好きです。
「僧正殺人事件」を初めて読んだのは22才くらいの時。
久しぶりに‘ページをめくるのももどかしいくらい’夢中になって一気に読んだなあ。
古典ミステリへの情熱が再燃したのはこの本のおかげだと言っても過言ではないかも。

その頃に、シリーズ全12作中10作目の「ガーデン殺人事件」までを一気に読んで(ただし「ドラゴン殺人事件」だけは絶版だったため入手できず)、特に好きなのは先の「僧正殺人事件」と「ケンネル殺人事件」。

このシリーズを、今のミステリファンにわかりやすく説明すると、要するに京極夏彦のルーツなわけですよ。いわゆる‘ペダンティック’な探偵像を生み出したんですな。
謎解きの本質とは関係ない‘蘊蓄’が山ほどでてきて、生真面目な読者をうんざりさせますが、あんなもなあ、実生活と一緒で「へえ、そうなんですか」と聞き流せば良いのです。ホームズと一緒で、‘なんちゅう変わった人や’と感心しながら振り回されるのが、正しい鑑賞法。
ホームズよろしく超人探偵ファイロ・ヴァンスがいて、ワトソン役に原作者名と同じヴァン・ダインを置き、脇に現場担当のマーカム検事とヒース部長刑事をレギュラーで置いて友情を結ばせ、シリーズ化をスムーズに進めるという、今に通じるミステリのひとつのフォーマットを確立したのもこの人。

翻訳ミステリの苦手な人には(訳文の独特さもあって)かなり敷居が高いですが、京極夏彦や笠井潔が読める人なら大丈夫。

処女作「ベンスン殺人事件」は、傑作「僧正殺人事件」に比べるとかなり地味で、初読時は今ひとつな印象だったけど、おちついて読めばこれがナカナカ。以後のケレン味たっぷりな諸作とは違う、ある種のリアリティーが逆に身近に読めるかも。
「アリバイ」「物的証拠」「動機」といった、警察捜査法の基本を真っ向から否定するわけですからね、痛快です。

あらすじなど詳細は、Amazonをご覧あれ。

ベンスン殺人事件
ベンスン殺人事件
posted with amazlet on 07.06.27
ヴァン・ダイン 井上 勇
東京創元社 (1959/05)
売り上げランキング: 167483
おすすめ度の平均: 3.5
4 現代長編ミステリの幕開け
3 心理探偵小説
4 記念すべきヴァン・ダイン第一作

[PR]
by Showky | 2007-06-27 13:41 | ミステリ | Trackback | Comments(2)
猫は知っていた
例のよって湯船で読了。
言わずと知れた、仁木悦子「猫は知っていた」です。
え、知りませんか?

日本推理小説史に燦然と名を残す古典で、小さい頃、あちらこちらの「推理クイズ」や「名探偵登場」など子供向け推理クイズ本の名作紹介に必ず見つけるタイトルでした。
ま、詳しくはここをお読み下さい。

ともかく、古典ミステリー名作読破を目標としてた幼き僕は、なんとかこいつも読みたかったのだけど、どうにも手に入らなかったのですね。小学生だった僕が通ってたのは近所の商店街の小さな本屋で、品揃えなど望むべくもなかったから(小遣いも乏しかったし)、読書はもっぱら図書館通い。ところが図書館でも見つけられなかった。

で、十数年前に紀伊国屋書店の文庫コーナーでばったり見つけてすぐ購入。
ところがその頃はアメリカのハードボイルドにハマってたから、今イチ気分が乗らず手に取らないまま今に至る。やっとこの前その気になって読んだ次第。

で、感想。

面白い。さすが‘日本のクリスティー’と評されるだけあって、なんだろ、日本的ではない面白さです。とても40年前の作品とは思えない。事件もかなり凄惨なんだけど、ドロドロした動機などに重きを置かず、純粋に論理に主眼を置いているのが、イギリスっぽいのかな。ユーモア感覚もあるし。メイントリックも上記の推理クイズなどで紹介されてたはずだけど、気づかなかった。
兄妹探偵も魅力的だし、シリーズ化されてるからもっと人気を博していてもいいはずだけど、ミステリーファンでも、江戸川乱歩や横溝正史、松本清張に比べたら、ネームバリューの割には読んだことのある人の数は不当なくらい低いと思う。もしこの才能が、島田荘司以降の新本格ブーム以降に現われていたら、大人気作家になっていたはず。
それくらい、読みやすくて面白いです。

猫は知っていた
[PR]
by Showky | 2007-02-15 04:23 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
さらば愛しき女よ
「長いお別れ」も無事に(?)読了し、引き続き、同じくレイモンド・チャンドラーの「さらば愛しき女よ」を手に取る。それが10日ほど前。
で、今夜読了。再読なんですけどね、全然覚えてなかった。
チャンドラーの中では「長いお別れ」に次ぐ人気を誇る作品だけど、最初読んだときは、なんつうか、それほどでもなかった印象が。
で、ある意味今回、どんな風に読後の印象が変わるかわくわくしながら読んだんだけど・・・。

結局ね、「長いお別れ」が凄すぎるのね。やっぱりあれが特殊。あれと比べちゃいけない。

「さらば・・・」は、非常にまっとうな、典型的な探偵小説。最後にちゃんと探偵による謎解きのシーンもある。ただ、肝心の事件そのものがなんか掴みどころがないので、マーロウが何を追いかけているのか見失いそうになる気が。その辺で、中盤の展開が若干辛く感じたのかも。

ただし、出てくる人物はすべからく魅力的です。助手役を買って出るアンという娘が可愛い。
クライマックスで登場するギャングの親玉や、マーロウを手助けする警官の、さりげない侠気もカッコイイ。
そして何より、この物語の中心となる悪女ヴェルマがね、素晴らしいというか凄い。
女優なら一度はやってみたいキャラクターじゃないかしらん。
ラストのフレーズもキマってます。

そしてこの物語の主人公である、大鹿マロイ。誰もが魅力的だと語るこの男。
正直、ハタチそこそこの頃は、それほど魅力的だとは思わなかったのね。
でも今なら、自分を愛さない女に惚れて、裏切られてもその女を想い、黙って銃弾を受けるこの愚かな男の気持ちが少しはわかる気がする。
ヴェルマというのが、それほどの女なのさね。

そんな女に出会った時、僕はマーロウのようにクールに振舞えるだろうか。

「長いお別れ」もそうだけど、これも、タイトルがいいよね、原題も邦題も。
さらば愛しき女よ
[PR]
by Showky | 2006-11-20 02:37 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
アーチャーとマーロウ
イベント直前ということもあって、先週一週間はほとんど朝帰りで、めざましテレビをちらっと見ながら寝酒を飲んで寝るという生活が続いたんだけど、そう、一刻も早く寝なきゃと思うんだけど、なぜか湯船では本を読んじゃうのはなぜ。
オレの時間感覚はどうなっているのか。

a0038006_16491490.jpg今年の誕生日にトモちゃんからもらった入浴剤を、ちびちびと、とりわけ疲れた日にだけ使って湯船で読書するんだけど、この一週間で読了したのが、ロス・マクドナルド「ウィチャリー家の女」。
ハードボイルド3大巨匠のひとり、ロス・マクの、2〜3位を争う名作です。ちなみに不動の1位はもちろん「さむけ」。
2度目の再読で、本自体はまだピカピカ。何度かうつらうつらして湯船に落としそうになりながら、それでも綺麗なままで読み終わったんだから、いかに面白いかわかっていただけるかしらん。
ロス・マクの面白さを伝えるのは本当に難しくて、なんとかそのうち考えをまとめて、(最近止まってる)あれこれレビューにアップをする予定(は未定)。


a0038006_16492382.jpgで、今夜から読み始めたのが、レイモンド・チャンドラーの、言わずと知れた名作中の名作「長いお別れ」。こちらは十数回目の再読。すでに本はボロボロ。
でも、礼儀正しい酔っぱらいのテリー・レノックスに、また会いたくなったのさ。
で、一気にマーロウが留置場から出るところまで(全体の5分の1くらい)読んで、一旦おあずけ。
いやあ、ロス・マクに比べたら、うんとわかりやすいし、やっぱり面白いわ。これぞハードボイルド。マーロウはかっこいいねえ。ケレン味たっぷり。
初めて読んだときの感動と、当時、自分がどんな男になりたかったかを思い出すな。

幸い、マーロウはまだ今の僕よりも年上だから、希望は捨てちゃいけない。
目標があるというのは、幸せなことだから、ね。
[PR]
by Showky | 2006-10-31 04:46 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
エラリー・クイーン
最近の湯船での読書は、なぜかエラリー・クイーン。
先月、なにげなく「チャイナオレンジの秘密」を手に取ったら、全然覚えてなくてびっくり。
おかげで楽しく再読できました。

よく「推理小説って、一回読んだら犯人もトリックもわかっちゃって再読できないでしょ」っていう人がいるけど、そんなことはないですよ。
よっぽどインパクトのある犯人やトリックでない限り、忘れてしまうもんです。
で、‘面白かった’とか‘つまらなかった’っていう印象だけが残るんですよね。

さらには、犯人やトリックが忘れられないインパクトを持つ作品でも、再読で大胆な伏線に気がついたり(例:Yの悲劇)、心理描写の細かさに驚いたり(例:そして誰もいなくなった)、名作と呼ばれるにはそれなりの理由があるわけですね。

a0038006_16524729.jpgで、今再読中なのが、僕のオールタイムのベスト1でもある
エジプト十字架の秘密」。
初めて読んだのが忘れもしない小学校5年の時。夕陽ケ丘図書館で借りてきた少年向けの単行本でした。とにかくね、後半の盛り上がりが凄いという印象があって、海外の古典ミステリにハマるきっかけとなった作品でもあるのです。


2度目に読んだのが、20才を過ぎて一人暮らしの真っ最中。電車の移動中やアルバイトの合間に文庫本を読みまくってた頃で、ハヤカワ文庫で再読。
初期のクイーンに共通する特徴として、前半がけっこうかったるいんですよね。もっと面白かったはずなんだけどなあと思いながら、なんとか読み進めていると、やはりね、後半の盛り上がりが凄い。もうやめられない。クイーン最高!ってなもんですよ。

で、今回の再々読。「アロヨのクリスマス」で始まるのんびりした(でも実は凄惨な)出だしはよく覚えていたけど(大団円の犯人指摘のシーンもよく覚えているのに)、ストーリー展開を全然覚えていない。そんなシーンあったっけの連続。で、今ちょうど中盤にさしかかって盛り上がってきたところ。普通に、ドキドキしながら読んでます。
[PR]
by Showky | 2006-05-03 12:13 | ミステリ | Trackback | Comments(2)
46番目の密室
a0038006_12555015.jpg
前回、スペンサーシリーズを再読中と書いた、湯船での読書。
その後、ロスマクに手を出して「地中の男」を再読するも途中でなぜかギブアップしてしまい(深夜に読むにはちょっとへヴィー)、あれこれ本棚を眺めて手に取ったのは、有栖川有栖「46番目の密室」。
島田荘司の登場以来、日本のミステリー界に数多く生まれた新本格派の流れの中で、法月倫太郎と並び‘エラリィ・クイーン’ばりのトリッキーな本格作品を書き続ける有栖川有栖の、火村教授シリーズ初の長編がこれ。
う〜ん、家にあるから読んだはずなのに全然記憶になくて、新鮮な気持ちでわくわくしながら読んだ。
有栖川有栖といえばもうひとつ「月光ゲーム」から始まる‘江神シリーズ’があって、僕が読んだのはそっちが先。どれもが傑作と言ってよく、こりゃすげぇと思って、火村教授シリーズの短編集「ロシア紅茶の謎」(クイーン好きにはたまらないタイトル)を読んでみたところ・・・。
・・・う〜ん、どうだろ・・・
で、この長編「46番目の密室」。
つかみはオーケーで、火村教授と有栖コンビのかけあいも面白い。
謎に対して、このふたりで議論しながら読者をあちこちに振り回すというのも、初期のクイーン風(デクスター風でもある)でスリリング。
江神シリーズと比べて明るいのも(関西弁も出まくるし)、それはそれで良いのだ。
ただねえ〜。
その期待感の割にはトリックが小粒というか、なんや、そんなことかい、という感じ。短編・中編向きのネタかも。
赤川次郎を読み終わった時に近い感想を持ってしまう。だからキレイさっぱり忘れてたんだな。
同じ理屈で、先の短編集「ロシア紅茶の謎」に対しては、なんか‘推理クイズの本’を読んだような気分になってしまったのさ。
まあ、作家の立場からしてみれば、そうそうヘビー級の小説ばかり書いてられないしね。
あ、誤解しないで欲しいんだけど、ミステリとしてもエンターテイメントとしてももちろんしっかりしてるし、火村教授のキャラクターは魅力的だから、ミステリ初心者にオススメできます。
[PR]
by Showky | 2005-05-09 13:26 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
初秋〜少年よ
a0038006_4423725.jpg
一人暮らしを始めた頃から風呂の中で本を読むようになって、特に今のように寒い冬は、じっくりと湯船であったまりながら、軽めの本を読むのが習慣になってしまった。
まあ近頃のように帰ってくるのが遅くて眠気のほうが勝つときは、いつでも本を閉じれる文庫サイズのマンガ(手塚治虫とかガラスの仮面とか)や、星新一なんかを読んでたんだけど、なぜかここ数日、ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズを手に取ってしまって、途中で止められなくて30分以上も湯船につかってしまってる。

「ゴッドウルフの行方」「ユダの山羊」「約束の地」「初秋」と、律儀に4日で読んでしまった。

後ろ3冊は何度も再読してるけど、「ゴッドウルフの行方」を読むのは久しぶり。いろいろ再発見があったので、近々あらためてレビューをしようかな、と。

このシリーズで一番評価が高いのは「初秋」だけど、個人的には「ユダの山羊」が一番好き。

とかいいながら、「初秋」は何度読んでも感動するんだけど。

今日は「仮面ライダー響鬼」の主題歌「少年よ」の発売日で、GIGスタジオにもさっそくやってきて、さっきじっくりきいてみたら、まさに「初秋」そのまま。うん、いい歌です。

どれもこれも、いろいろ書きたいけど、今日はもう眠いし明日はいろいろ忙しいので、おいおいじっくりと書く予定です。熱い文章になるぞ、きっと。
a0038006_4441350.jpg

[PR]
by Showky | 2005-03-25 04:43 | ミステリ | Trackback | Comments(2)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;