Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 28 )
【告知】10/18 fm GIG presents 見ごろ食べごろ歌いごろ!Vol.1
fm GIGのアーティストとパーソナリティーが繰り広げる愛と笑いと気づきのライブ&トークショー!

今回は、「アラフォーからの輝き方!!」
今を輝く女性達をゲストに迎えてのトークLIVEです。
「毎日が物足りない…輝きたいけど、どうすればいいか分からない」という女性必見です!

10月18日(土) 高槻1624TENJIN
18:00OPEN 19:00START

前売¥2000 当日¥2500(1drink別途 入場順自由席)

出演:TIME FOR LOVE(冴沢鐘己、伴 英将、金狼)、安部美香、BBガールズ
トークゲスト:あらたにときヒロ、ラテンキラーズ、占導師 輝月
MC:曽我未知子 OA:Yurina

○TIME FOR LOVE
冴沢鐘己(Vo,G)伴英将(尺八)金狼(Perc)というユニークな編成で、ポップなオリジナル曲以外に70〜80年代歌謡ポップスのカヴァーをレポートリーにする。
【CD】
アルバム「心地よく秘密めいた場所」2013.6.16リリース
アルバム「何かが道をやってくる」2014.5.26 リリース。

○安部美香
スピリチュアルヒーラーにして、愛と人生の深みを歌うシンガーソングライター。レギュラー番組「ハレルヤ! Middle Age」(fm GIG)。2014年4月、1st.シングル「飛べない蝶のように」リリース

○BBガールズ
抜群の歌唱力を誇るキュートなタジこと田嶋ゆかと、健康的な色気で洒落たフレーズを奏でるキーボードのカナこと万木嘉奈子のふたり組。レギュラー番組「まだまだGIRLでいいかしら」(fm GIG)。
2nd.シングル「ガーディアン・エンジェル」好評発売中。

○あらたにときヒロ
別名「開運講談師あっ氣ー 」。日本一自身の講座で開運!!!(^^)!!!と唱えている 開運講座セミナー講師。またの名を、きっかけ志掛人 あっ氣ー。

○ラテンキラーズ
『飛び出せラテンキラーズ』はfm GIGにて毎週土曜日20時30分から放送中です!パーソナリティーは、カレンとゆみ子のラテンキラーズがお送りします。

○占導師輝月
占い師とは違い未来を当てることよりも未来を創るための助言に重きを置く鑑定師です。
生まれ持った氣の性質(氣質)から1年、12年のバイオリズムを基に長所短所、未来の修正、コミュニケーションの取り方、恋愛、金運、開運UPの助言をしています。


a0038006_1774355.jpg

[PR]
by Showky | 2014-10-15 17:07 | Trackback | Comments(0)
未来はつねに「今」からなのだよ〜京都Blue Eyes「FreeStep魂のLIVE」
7月21日(日)京都Blue Eyes「FreeStep魂のLIVE」

FREESTEP RECORDSがそもそもどういうコンセプトなのかは割愛するけれども、要は“チャレンジできる場所”にいることが大事なわけで、それは年齢とか経歴とかはあんまり関係ないのね。

立ち上げからかれこれ1年ちょい過ぎて、メンバーもいろいろなことに少しずつ慣れてきて自主的に動けるようになってきてるんだけど、逆に今まで見えなかったものがちらっと見えてくることで、初期の緊張感が薄れがちなのも事実。

そういうときは新しい刺激が必要。

というわけで、AG大輔ほか各メンバーは前回動員的に大惨敗だった反省の元にもう一度真剣に“ライブ”というものに挑みつつ、目玉としてゲストにFUN-KOROGASHIを招聘。

僕としても、手がかからなくなってきた分、あくまで音楽面でのプロデューサーという立場でちょっと引いたところから見てきたわけだけども、今回は自分にも何か負荷をかけてみようと思って、できたばかりの新曲を(それもロックンロールを)歌ってみようと。

結果的には50人という動員を達成し、その熱気で終始熱い盛り上がり。

FUN-KOROGASHIも例によって暑苦しいステージを見せて、その熱気を失くさず後ろに引き継ぐポジションで、僕の出番。

1.未来は今
2.加速度


という2曲を披露。これがロックンロールスピリットだ。

各メンバーも気合いの入ったステージを見せて、なんというか、ついに1勝をあげたかなと。

中途半端な試合でダラダラやるより、惨敗の後の1勝は値千金の価値があるわけで、2年目のFREESTEPは要注目。

あれですよ、「アパッチ野球軍」とか「がんばれベアーズ」とかそんな感じ。

そして僕はひたすら背中を見せ続けるのみ。

a0038006_1155234.jpg

[PR]
by showky | 2013-07-22 11:51 | Trackback | Comments(0)
もっと白黒テレビの頃も押さえねば。〜大阪 新井病院 1/11
1月11日(水) 大阪 新井病院

いよいよ曲作りモードに入ってます。
音沙汰ないなあ、連絡が取れないなあって思ったら、うんうんのたうち回ってると思ってくださいな。

ほんとはその前に事業報告書を出さんといかんのだが、そんな気になれん(おい)。

ライブも今月は少なめなんだけど、定期的なのは定期的にあるわけで、水曜日には今年最初の、新井病院慰問コンサート。療養病棟の方です。

着いた時点で車椅子の皆さんに手を振っていただいて。

先にお弁当をいただいて、さっそく開演。
今回の選曲はこんな感じ。

1.錆びたナイフ(石原裕次郎)
2.夜空(五木ひろし)
3.ブルーシャトウ(ジャッキー吉川とブルーコメッツ)
4.22才の別れ(風)
5.シクラメンのかほり(布施明)
6.星影のワルツ(千昌夫)
7.星のフラメンコ(西郷輝彦)
8.街の灯り(堺正章)
9. 霧の摩周湖(布施明)
10.有楽町で逢いましょう(フランク永井)
11.上海帰りのリル(津村謙)
12.君恋し(フランク永井)
~アンコール~
13.高校三年生(舟木一夫)


実は出発前にいろいろ古い歌を物色してて、ひとつ良さげなのを練習してたんだけど、まだちょっと不安の方が大きいんで今回は見送って。
結果的にはまたちょっと新しめな感じになってしまったかな。
やはり一番みなさんの反応がいいのは「錆びたナイフ」「星影のワルツ」「有楽町で逢いましょう」あたりの時代の曲。白黒映像の頃ですな。「霧の摩周湖」も鉄板。
これらは回数歌ってきたので、自分でもだいぶ体に染みてきて、余裕もって歌えるようになってきたよ。

それでも今回は途中で「奥飛騨慕情」のリクエストをもらったりして。80年代の曲やん。演歌は強いですなあ。歌えるかなあ。ザ・ベストテンで何度も見た記憶はあるけど、さすがに全然思い出せなかった。「さざんかの宿」と混ざってしまうよ。

定期的に同じ場所で、同じ人たちの前で歌ってると、自分の「歌」の調子がすごくわかるのよね。もういきおいなんかではごまかせないので、ほんとに丁寧に、でも醒めずに、同じ曲でも常に高いテンションで歌わなきゃって。
ましてや初めて歌う曲は、どうしても他に比べて完成度が落ちるからね。そこで心折れずに歌いきらなきゃ、とか。

いい訓練をさせてもらってます。

あと今週は、万美子さんの「歌声レッスン」のサポートが2回。

そして日曜日は円音さんとダブルヘッダー。
なんと、明石大橋の舞子プロムナードから夜は「音や」へ。なんちゅう移動距離や。

そしてTime For Loveの方は、サードシングル「夕陽色の涙/空が晴れたら」が、いいよいよAmazonで予約受付開始となりました。なかなか自信の出来映えです。隠しボーナストラックもあるんだぜ。ゲットしたら、ジャケット裏のクレジットをよく見るべし!
[PR]
by showky | 2012-01-13 15:25 | Trackback | Comments(0)
あなただけを愛するために 今日までひとり生きてきた。〜ミドルノート工房 6/19
6月19日(日)大阪 ミドルノート工房音楽の祭典

そんな歌詞、なかなか書けんぞ。書いても歌えんぞ。
なかにし礼と布施明は偉大だ。

そんなんで(どんなんや)南森町から大急ぎで向かったミドルノート工房。
乗り継ぎを調べて初めて俊徳道で降りることにしたら、放出での乗り継ぎがうまくいかなくて、着いたら出番ジャストの時間。わあ。

汗びっしょり、息も切れ切れで歌い始めたよ。

1.カサブランカ・ダンディー(沢田研二)
2.星屑のステージ(チェッカーズ)
3.あなただけを(あおい輝彦)
4.ランナウェイ(シャネルズ)
5.君が美しすぎて(野口五郎)
6.愛の詩を今あなたに(布施明)
7.ハチのムサシは死んだのさ(平田隆夫とセルスターズ)
8.哀愁でいと(田原俊彦)
9.空が晴れたら
10.カナリア
11.加速度


もちろん歌い始めたら息なんか切れないぜ。出番の終わった共演者の方が、それはそれは見事に「ランナウェイ」に即興コーラスを客席から入れてくれて、雰囲気も上々。

最近「あなただけを」がお気に入り。昔はこの手の軽い曲調は軟派な感じがしてあんまり好きじゃなかったんだけど、暑苦しい曲の中に混ぜるととてもいい感じ。

それに、素直に「好きだ」と言葉にできる歌を歌うのは、メンタルケア的に(?)とてもいい気がする。

そんなわけで、さらに熱烈なラブソングを歌ってみることにしたのよ。
それが布施明の「愛の詩を今あなたに」。
これ、聞いてる方はどんな感じなのだろうか。
前に野口五郎の「君が美しすぎて」を歌った時に、ミドルノート工房のママさんが「初めて聞いたけど、いい曲ですね」とおっしゃってたんで、意外に普通に聞いてもらえるんじゃないかと。ま、精進します。


自分の出番が終わった後は、やっとご飯を食べてしばし観戦。

と、最後に出演するTHE CHELSEAのお二人が来られて、初対面なんだけど(しかも僕の歌も聞いてないのに)いきなりなぜか気に入ってもらえて。
こまかい経緯は、まあいずれそのうちということで、ともかく最後にセッションをしたのよ。熱烈な(?)リクエストを受けて。

1.時の過ぎゆくままに
2.HERO〜ヒーローに鳴る時、それは今
3.サムライ


途中、ぜひオリジナルを聞かせてほしいと頼まれて、もう一度「カナリア」を歌って。

とにかく非常にユニークな経歴を持ってて、今も熱く活動されてる人なんで、今後なんか一緒にするような感じ。はてさて何が起こるのか。


とにかくこの日は出演者もお客さんも多くてお店がいっぱいになってたんで、この後に来られる方々のためにひと段落着いたら席を空けて帰ろうかなと思ってたのね。
その矢先にこの出逢い。タイミングというのは面白いものです。

ボールが弾みだしたら、カンよくその動きに合わせてみる。

ま、そういうことなのよ。
[PR]
by Showky | 2011-06-20 13:25 | Trackback | Comments(2)
J-POP vs 歌謡曲、その結末は?〜音や 4/3
4月3日(日)京都嵐山 音や「J-POP vs 歌謡曲」

きちんとしたブッキングで出るのは久しぶりの「音や」。
もはやライブハウスとかいうより、親戚のオバちゃんの店に遊びに行くみたいな感じになってたからね。

伴さんの車に乗っけてもらって夕方に着いたら、なんかニギヤカ。
ランチライブを終えたばかりの二胡奏者の皆さんに、ひと足早く着いてた黒猫イットリウムの面々。さらになぜか業務用カメラを抱えたお兄さんが。

なんと、関西テレビ「よ~いドン!」の取材が入って、ママが「となりの人間国宝」に認定されたとか!
佐和子ちゃんに続き、ママまでテレビデビュー!!
なんか楽しい流れが続いていい感じ。
僕らがリハやらPV撮影なんかをしてる間も撮影は続いてて、ママさんもいかにもな演技(?)をしてたよ。僕らの誰かもチラッと映るかもしれないぜ。

僕らの方も、バタバタした間を縫うようにPVとジャケット用の撮影をなんとか済まして、腹ごしらえをして、開演を待つ。

まずはfm GIGメンバーでもある「黒猫イットリウム」。J-POP担当。
椎名林檎のカバーを中心にオリジナルもいくつか。
衣装もお揃いで、トークの腕はばっちりのベース担当たなっちのDJ風トークも挟み、れいちゃんもピアニカやら拡声器やらを駆使して、なかなかに考えられたステージング。椎名林檎の曲が僕の好きなのばかりだったので、個人的にとても楽しめたよ。

そして、昭和歌謡担当のTime For Love。
セットリストはこんな感じ。

1.風来坊~ロックンロール・ウィドウ
2.カサブランカ・ダンディー~ジュリアに傷心
3.春なのに
4.話しかけたかった
5.哀愁でいと
6.熱視線
7.夜明けの月に
8.ときどき、セルリアンブルー
9.愛を抱きしめよう
10.加速度
11.青い風と白い空


新曲も、少しずつ固まってきてるよ。
それにしても「ときどき、セルリアンブルー」のギターは大変。自分で作ったんだから誰にも文句言えないけどさ。

ママさんにも「新曲、どれもええやん。カナリアよりも全然いいわ」と言われて複雑な気分。はは。
ま、新しい曲の方がいいって言われるのは、ソングライターとしては才能が涸れてない証なので嬉しいことだけどね。

a0038006_11144034.jpg
a0038006_11143280.jpg
a0038006_11142686.jpg

[PR]
by Showky | 2011-04-04 11:14 | Trackback | Comments(0)
戦士の休息
初戦終了。
次の出陣までしばしの休息。
美味しい粕汁をいただいた。

それにしても甲冑姿。
似合う似合うと皆さんに言われてその気になりそう。
どこを目指せばいいのか。はは。


a0038006_13504985.jpg


a0038006_13505240.jpg

[PR]
by Showky | 2010-11-23 13:50 | Trackback | Comments(0)
いざ!出陣!
なんかすごい、動きにくい。
ギター弾けるだろうか。
間もなく出番!


a0038006_11531336.jpg

[PR]
by Showky | 2010-11-23 11:52 | Trackback | Comments(0)
快晴の龍潭寺、あとは甲冑
彦根から歩いて15分くらい。
レンタサイクルを借りたけど。
風は強いけどいい天気。
リハで拍手をもらってしまった。
みたらし団子もいただきました。美味。

さ、これから甲冑を着るぞ!


a0038006_11152969.jpg


a0038006_1115325.jpg

[PR]
by Showky | 2010-11-23 11:14 | Trackback | Comments(0)
小春日和のライブ日和、その1~サンミュー 11/21
11月21日(日)尼崎 三和ミュージックフェスタ

いやあ、2連チャンの野外ライブ、どちらも晴れてあったかくてよかった。
むしろ、がっつりポンチョを羽織ってギターを背負って歩くと汗をかくくらい。

サンミューも70回記念ということで、共演者もみなさん顔なじみ。
なんと!今回から可愛らしい司会もつくんだって。素晴らしい。
ハズさんとはお久しぶりで、急きょカホンで加わっていただけることに。

そんなわけで本番。まずは1st.ステージ。

1.天使のウィンク
2.哀愁でいと
3.瞳はダイアモンド
4.加速度
5.青い風と白い空

いやあ、皆さんに盛り上げていただいて感謝。
差し入れのカップラーメンもいただきながら共演者のステージを観戦し、あっという間にセカンドステージ。

1.話しかけたかった
2.TOKIO〜ジュリアに傷心
3.カナリア
4.加速度
5.青い風と白い空


ハズさんも、完全にぶっつけにも関わらず全曲にカホンで入っていただいて、とっても楽しいステージになりました。うん。

もっとゆっくりしていきたかったけど、第3戦は京都なので後ろ髪ひかれながら尼崎を後に。
みなさん、またお会いしましょう。

a0038006_1172564.jpg

[PR]
by Showky | 2010-11-22 11:07 | Trackback | Comments(0)
ライブレポート in Blue Eyes 9/11 Time For Loveセカンドコンサート その1
a0038006_1241354.jpg
9月11日(土)京都 Blue Eyes

まあ今回はね、まずはPVが間に合うか。
これは比較的早くにできたけど、その分何回も見直すうちにどんどん手直しをしたくなって、ようやく2日前に納得いく仕上がりに。

そしてもうひとつ。
CDを無事に並べられるのか、というサスペンス。
マスターCDおよびジャケットデザインデータ等を入稿したのが10日前やからね〜。
出発直前のお昼過ぎに届いたときはちょっと感動。

そんなこんなで前回同様、一足先に佐和子ちゃんと集合して、コントと某極秘ナンバーの特訓をし、いざBlue Eyesへ。

今回は金狼さんが大荷物を搬入。コンガや各種鳴り物に加え、なんとギターを持って来はったよ。

伴さんとは前日にちょろっと音合わせをしたので、なんとなく余裕な感じ。つっても、なんだかんだと新曲が増えたから、一番大変なのは伴さんなんですけどね。

じっくりリハをやって、コントの動きも確認して、あっという間に開演の時間。

例によって堀家さんのオープニングトークからスタート。

今回は4人揃って板付きで、いざ、開演。

1.愛を抱きしめよう~風は秋色
2.少女A
3.セーラー服と機関銃
4.はいからさんが通る


けっこう難曲なオープニング2曲を快調に終えて、ちょっと油断したのか、まさかの「セーラー服と機関銃」で、佐和子ちゃんに歌詞がトんでしまうハプニングが!。
演奏しながら一瞬4人の間に緊張が走ったけども、そこはそれ。後ろの3人はいろんな修羅場をくぐり抜けてますから、慌てず騒がず佐和子ちゃんに合わせて曲のサイズを変更。

あっと言う間に4曲終えて佐和子ちゃんは姿を消し、恒例の金狼さんコーナーへ。

5.(メドレー) 恋唄綴り〜冬のリヴィエラ
6.あんたのバラード


まさかの演歌。しかも、マイクを手に持って、センターで歌い上げましたよ。「あんたのバラード」では、なんとギターの弾き語り。若干モノマネも加えての、金狼さん大ハッスル。伴さんの尺八も、このあたりの曲にはほんとによく合う。

そしてやってきました、コントコーナー。

今回は医者コント。僕が白衣、そして佐和子ちゃんはなんとナース姿!それもピンク。またこれがよく似合っててびっくり。

コント自体はね、今回はけっこう台詞がトンで焦ったかな。なんとかアドリブで乗り切った感じ。
ハプニングもいろいろ発生。僕がほんとに佐和子ちゃんの攻撃で倒されたり、新兵器のギターエフェクターが予期せぬ音を出したり、などなど。

でも曲はウケたかな。

7.お嫁サンバ      
8.太陽がくれた季節   
9.君は薔薇より美しい


まさかの「お嫁サンバ」。ちゃんと本気で歌ったよ。

一部最後の曲は

10.ピンクのモーツァルト

今回一番の難曲。とても生楽器で成立するような曲ではないんだけど、なんとかなるもんですねえ。ちょっと面白い仕上がりになったと思う。

そんなこんなでインターミッション

後半に続く!
[PR]
by Showky | 2010-09-12 23:53 | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;