Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
さらに次なるステップへ〜「第..
at 2018-01-29 11:53
2018年 最新ライブインフ..
at 2017-12-31 18:50
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
正義は誰の心にもある〜レビュー「評決」
ポール・ニューマンのユニークさは、二枚目スターなのにヒーローっぽくないところだ。なのに、ちゃんとヒーローを演れる。

クリント・イーストウッドが、現れた瞬間、ただ立っているだけで「ヒーロー」なのに比べると、画面に現れるポール・ニューマンは、いつもたいてい「普通の人」か「人生の落伍者」か「いかがわしいけど憎めない男」だ。

若い頃の傑作「暴力脱獄」ですでにそのスタイルは完成されてる。
ツキにも何もかも見放され、つまらない理由で刑務所にブチこまれた男、ルーク。どこからどうみてもダメ人間なのに、何かが違う。
心の中の‘汚れていない魂’が、絶望の中に光を灯す。

僕はこの映画がほんとに好きで、完全に相棒役のジョージ・ケネディーに感情移入して、ポール演じるルークのことを見てしまう。だからラストシーンがたまらなく泣ける。
ちなみに、後年の刑務所ものの傑作「ショーシャンクの空に」にでも、いくつかオマージュされてるシーンや設定があるよね。


代表作「明日に向かって撃て」「スティング」、一風変わった西部劇「ロイ・ビーン」は、いかがわしいけど憎めない男の典型。

そして全盛期後半の代表作「評決」が、彼のスタイルの集大成。
どこにでもいそうな(誰にでも訪れそうな)境遇で、挫折と孤独のどん底にいて、でも魂までは腐っていない男。

かつては希望に燃えた弁護士。しかしトラブルに巻き込まれ、ツキに見放された後は、アル中同然の落ちぶれた生活。
見かねた友人が、とある仕事を持ってきてくれる。
医療ミスの裁判で、普通に示談に持ち込みさえすれば万事解決。

しかし、あることがきっかけで、彼は周囲の反対を押し切り裁判に挑む決心をする。相手は超一流で勝つためにどんな手段も厭わない無敵の弁護士。

ここまでくれば、まさにヒロイックな法廷ものだけど、そうは問屋が下ろさない。

監督は社会派の巨匠シドニー・ルメット。
派手な演出など一切なく、音楽さえもほとんどなく、厳しい現実を叩き付ける。

クライマックスの最終弁論シーンも、ケレン味あるアル・パチーノの演説とは違い、ポール・ニューマンの口調は静かだ。
静かに問いかける。

正義とは?

ラストもほろ苦い。

なぜ、彼女は電話をかけるのか?
なぜ、彼は電話を取らないのか?


人は何に従って生きるべきなのか。
自分で自分の心を裏切ったとき、人はどのようになるのか。

ポール・ニューマンを含め、名優たちのリアリティーある素晴らしい演技によって静かに胸に問いかけてくる名作です。
すでに始まった裁判員制度への心の準備という意味も含め、チラッとみておくのはいかが?なんて。

あと、何気ないシーン(ピンボールで一喜一憂したり、朝からビールに生卵を落として一気飲みしたりとか)で、ポール・ニューマンのお茶目さが楽しめます。


晩年の佳作「ノーバディーズ・フール」にも、ポール・ニューマンらしさが存分に溢れてます。地味だけど味わい深い、いい映画。


暴力脱獄 特別版 [DVD] 評決 [DVD] ノーバディーズ・フール [DVD]
[PR]
by Showky | 2009-08-13 17:52 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/8801589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イヤだと言っても愛してやるさ ドキドキ止まらない NOとは言えない >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;