Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
最新のコメント
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「甲斐バンド」レビュー、プロローグその2
「昔、甲斐バンドが好きだったんですよ」って言うと、たいてい浜田省吾やチューリップ、長渕剛、矢沢永吉あたりも好きですよね、と言われる。

いや、もちろん嫌いじゃないし、彼らのシングル曲はたいてい歌えるけども、レコードはほとんど持っていないのね。かろうじて矢沢永吉ならアルバム「PM9」シングル「涙のラブレター」、チューリップはシングル「I Am The Editor」くらい。

結局、世界観や音楽性が近い分だけ、ざっくりと代表として甲斐バンドに集中したんだと思う。お小遣いには限りがあったからさ。もう1枚買うんなら他のジャンルのものを買おう、みたいな。

特に甲斐バンド、矢沢永吉、浜田省吾は、70年代後半から80年代にかけて、日本のロックシーンの基礎を作り上げたわけだから、似たところも多いのね。

基本的には「名もない貧しい若者が、夢を持って大都会で闘う希望と挫折の歌」みたいな世界。

その中で、矢沢永吉はいち早く「成功したものの姿」を見せた。曰く「成り上がり」。彼は詞を書かないので、その世界はほぼ完全にフィクションの世界。ポリシーやメッセージは有言実行の言動で示し、作り出す歌は、名もなき若いチンピラが憧れる「きらびやかで大人でハードボイルド」な世界。サウンドも、いち早くにAORを取り入れ、常に一流のミュージシャンで作り上げた大人のロック。

その真逆が浜田省吾。ほとんどメディアに出て来ない彼のメッセージは、すべてその歌の中にある。ビッグになった今でも彼のメッセージは、「日々の暮らしに追われながらも夢に挑む」者たちの歌で、デビューして以来、詞もサウンドもほとんどスタイルは変化をしていない。スプリングスティーンを下敷きにしたストレートなフォークロックに、適度に‘日本の歌謡ロック’を混ぜた感じ。まさにブルーカラーの歌。

で、甲斐バンドがちょうどその中間。デビューから解散までのおよそ12年間で、田舎の少年が大都会の裏側でもがく若者へ、やがてタフな大人の男へと成長する過程を描いてみせた。サウンドも、泥臭いフォークロックからNY仕込みの最先端ロックまで、常に時代とシンクロしながら変化を遂げて来た。
歌詞にはドラマがあり、サウンドは雑食性。特に曲想の幅広さが、僕の嗜好にあったのだと思う。ほとんど何でもアリだもんね。音楽に目覚めた思春期の少年にとって、甲斐バンドは様々なロックやフォーク、ルーツミュージック、ポップスへの格好の入り口となったのです。

そんなわけで、甲斐バンドの作品について、これからつらつらとぼちぼちと気まぐれに書いていきます。
[PR]
by Showky | 2009-01-30 13:52 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/7875483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by せきさん at 2010-01-06 13:33 x
私はプレスリーの登場の時からリアルタイムで聞いていた。日本のロックはロックに聞こえない。唯一、良いなと思えるのは甲斐よしひろの「裏切りの街角」、矢沢栄吉なら町田義人のほうがずっと良い。
<< 熱気が出てきた Don't make ... >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;