Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(158)
(45)
(43)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「甲斐バンド」レビュー、プロローグその1
僕の中学生時代は甲斐バンド一色だった。
僕にとっての「ロックの入り口」であり教科書みたいなものかな。
全部のアルバム、全部の曲を何回も何回も聞いて、いつも歌ってて。

だから、そりゃもう多大な影響を受けてるんだけども、でも多分、僕の作る曲に‘甲斐バンド的なもの’はほとんどない。特にメロディーやアレンジには。
僕の作曲のお手本はもっと後になって、ビートルズや70年代の音楽を聴いてからだからね。

じゃあ僕が甲斐バンドから、何を学び何をお手本としているか。

それは一言で言えば「ロックに向かい合う姿勢」みたいなもの。もっと有り体に言えば「生き様」みたいなもの。

出来上がったメロディーに(僕は曲先なので)どんな魂を吹き込むか。
若い甲斐よしひろがこだわり続けた‘地に足の着いたリアリティー’が生み出す世界観に、とにかくひけをとらないように。それが僕の基準。

そしてもうひとつ失ってはいけないのがポップスとしてのエンターテイメント性。

僕が例えば1曲の構成を考えるとき、あるいはアルバムを作るとき、そしてライブのセットリストを考えるとき、つねに甲斐バンドの曲やアルバム、ライブを思い浮かべます。僕がどんな風に心を動かされたかをいつも考える。

あともうひとつ、僕の最初の師匠が甲斐バンドでよかったなあと思うのは、その雑食性。

例えば僕がどこかで「甲斐バンドが好き」とか話すと、「あ、それなら浜田省吾や矢沢永吉(あるいは長渕剛とかチャゲアスとか)が好きでしょ」って言われるんだけど、いや、もちろん嫌いじゃないし、テープに録音して聞いたりはしてたけど、微妙なところで違うんだ。それはもう出会ったタイミングも大きいと思うんだけど、ともかく結果的に、僕は甲斐バンドが入り口でよかったって思ってる。

最近、甲斐バンドのアルバムをあらためて聞いて感じることがあるので、ここらでちょっと言葉にまとめてみます。

そんなわけでまずは、甲斐バンドと、浜田省吾や矢沢永吉についての比較論みたいなことを次回に。
[PR]
by Showky | 2009-01-12 02:37 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/7809214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人生で最も幸福な瞬間 バンドでノリノリ >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;