Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
布施明 シングルミニレビューPART3〜80年代前半編
引き続き布施明のシングルレビューです。PART1はこちら、PART2 はこちら

1980年というのは本当に「節目」となる年で、山口百恵から松田聖子に時代が変わったように、はっきりと世代交代が進みます。70年代を生きぬいてきた歌手にとっては、生き残りを賭けた闘いが始まったわけですね。
サウンドも、大きく変わります。アレンジャーも大変。

そんな観点から、80年代編のレビュースタート。


愛よその日まで
1980年リリース。
宇宙戦艦ヤマト劇場版2作目「ヤマトよ永遠に」主題歌。ちなみに1作目の主題歌はジュリーが歌う「ヤマトより愛をこめて」。
大ヒットして当然のプロジェクトで、ジュリーに続き布施明にオファーがきたのも納得。作詞は阿久悠で作曲は布施さん。編曲は宮川泰。
どうですか、この曲。いい曲だと思うんですけどね。壮大な映画の主題歌にふさわしいドラマティックな仕上がり。布施さんによる多重録音のコーラスアレンジも美しい。
でも、期待ほどのヒットにはならなかった。僕自身も、さほどテンションはあがらなかった。なぜか。
微妙に‘古い’んですね。詞とか、アレンジとか。80年代の空気には合わない感じがした。それはやっぱり「君は薔薇より美しい」を聞いてしまってたからかもしれない。
あるいは同時期のゴダイゴによる「銀河鉄道999」を聞いてしまってたからかもしれない。
ちなみにB面は岩崎宏美との競作。聴き比べると、さすがに甲乙つけがたいです。


I AM YOU
めでたくオリビア・ハッセーとゴールインした布施さんは、新作をアメリカで録音。そのアルバム「I AM」からのシングル・カット。作詞/オリビア・ハッセー、作曲/布施明という、言わばラブラブのバラード。
英語詞なのでもちろん売れないですが、なかなかのクオリティーです。テクニカルなヴォーカルもたっぷり堪能できますぜ。
前作「愛よその日まで」と比べると、アレンジや演奏から感じ取れる時代の空気の差がよくわかります。
でも僕はB面の「DOMO DOMO DOMO」の方が断然好き。作詞作曲/布施明で、「そろそろ」の延長線上にある布施さんの私小説的な歌詞が微笑ましい。曲調はやっぱりディスコ。


見のがしておくれ
アメリカに行ってる間に、知らないうちにリリースされてたナンバー。たぶんテレビでも(もしかしたらライブでも)一度も歌われていないのでは。なぜか「Mouse & Akira」名義。Mouseって誰? 当時レコード屋で見つけてびっくりして買ってきた。
曲はと言えば、これがなんと前作B面「DOMO DOMO DOMO」の延長線上。すなわち、まさに「ザ・布施明」。サウンドは、ディスコというよりラテンかな。なかなか良いのです。前サビでキャッチーだし。B面は洋楽っぽいバラードで、ちょうど「I AM」をひっくり返した感じ。


勝手に想い出
さらに前作の延長線上、布施さんにしては珍しく、同じコンセプトのシングルが続きます。これは「ヒットスタジオ」で見たことがある。でも、どうせプロモーションするなら前作「見のがしておくれ」の方がカッコいい曲だけどなあ。
B面は、あっと驚く「日本バンザイ」。1976に刊行された布施さんのエッセイ「ひこうき雲」に収録されてた詞に曲がついたんですね。なんでいまごろこの曲が???
もしかしたら、日本にいないし、レコード会社も移籍するしで、契約を完了するための、ある意味やっつけのリリースだったのかも。

ザ・ヒーロー/それぞれの大陽
ごめんなさい、買わなかった・・・。


たまらなくテイスティー
そんなこんなで、フィリップス移籍第1弾。しかもCMソング。
ちゃんと80年代の音です。AOR路線ですね。1年早く出ていれば、もっとよかったかもしれない。作曲は、この頃「スローダンサー」のスマッシュヒットでちょっと注目されてたGANGY。
この頃の布施さんが、フュージョンやAOR路線に行くのは方向性としては正しかったと思うので、願わくば、やはり新進気鋭のアーティストとコラボをもっと聞きたかったかな、と。例えば玉置浩二やそれこそ山下達郎とか。あるいはベタだけど、寺尾聡&井上鑑チームと組むとか。後の角松敏生とのコラボの完成度の高さを考えれば、かなり面白い作品がリリースされてたのではと妄想。
ちなみにB面は、これまたザ・布施明な歌謡バラード「偽りの愛」。こういう曲がB面に入ってると安心できます。


僕がシングルを買ってたのはここまで。この頃から、続々登場した日本のロックアーティスト(ARBとかStreet Slidersとか小山卓治とか)を追いかけるのに大変で、小遣いがまわらなかった。
この後、布施さんのレコード(いや、CD)を買ったのは、前述の角松敏生とのコラボ「Estimado」。シングルの「Around The World」は名曲。

なので、布施明レビューもいったんここまで。

お付き合いありがとうございました。
[PR]
by Showky | 2008-07-09 15:04 | 音楽 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/7288949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by juza at 2008-07-13 19:46 x
布施明さんの「君薔薇」以降、わたしも
「たまらなくテイスティー」を記憶の最後に
とどめています。いや懐かしいです。
「♪女はミステリー」とか、まあ何も知らずに
真似して口ずさんでいました。

布施さんの、西洋風詩吟、とでもいうような
出だしからクライマックスのように歌いあげる歌唱と
真似できぬビブラート、他に見つけられません!

CMソングに多く使用されていますよね。
「開けてみれば愛」「落ち葉が雪に」
「落ち葉が雪に」はCMを見つつわたしも
「おれ、5杯が限度かな」とコーラを飲んだり。
5杯は飲めなかった・・。

「愛よその日まで」。
確かに古い感じですよね。
ジュリーの前だったら、主題歌として
成立したかもしれませんけど。
やはり80年代ぽくないですね。80年代は
みんなが80年代だ!と意識したから可能だった
楽曲で溢れている年代でしたね。
そういう自意識があまり無い曲だったかも。

岩崎宏美に山下達郎、玉置浩二、寺尾聡にゴダイゴに
Street Sliders、角松敏生・・
固有名詞が80年代への明治維新ばりの
変化に高鳴った胸を思い出させて
くれます。
Commented by POLO at 2008-09-08 03:41 x
この時期の布施さんが大好きです。夏休みにシングルを並べてうっとりしていたところに、こちらのブログを拝見して感激しました。
Commented by Showky at 2008-09-10 02:08
>POLOさん
コメントありがとうございます。そうそう、僕もよく、シングルレコードを部屋にずらっと並べたりしてました。あの大きさ、何気にいいですよね。
Commented by ちゃいむ at 2008-09-26 23:43 x
もしかしたら・・・同じ年代か、少し下かな? 中学校の時、周りはゴローかヒデキかヒロミのファン達でしたから(笑)
「見のがしておくれ」私も偶然レコード屋で見つけて買いました
実はザ・ヒーローも(爆)
今は押入れの中ですが、プレーヤーはとってあります、いつかまたゆっくり聞くんだ。
角松さんとのコラボは嬉しかったけど、楽曲的にはもっと良い物を持っているはずの方
特にシングルになった曲は角松作品としては不満のある曲でした
「もっといい曲持ってるだろー君は」と思いました、角松も好きですよ。
今回のアルバムまだ買っていません、売れてるらしいけど・・・どうなんでしょうね。
Commented by Showky at 2008-09-29 13:41
「Ballade」聴きましたよ。
いろんな感想が飛び交ってますが、今までの持ち芸(?)の範囲で‘こなす’のではなく、新しい表現方法に挑んだあたりに、布施さんの衰えないチャレンジ精神を見ました。
いずれあらためてレビューしてみます。

僕もいずれレコードプレーヤーを入手して、ゆっくりレコードを聴きたいです、うん。
Commented at 2008-11-17 13:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 高林健吾 at 2008-11-17 13:57 x
ラジオでバラード数曲聴きました。うーーん、微妙だな。。。彼は歌唱力はあるけど、感覚古いでしょう。サザンの曲の歌い方、解釈は、なんか違和感あったなあ。オフコースもあの時代の斬新さも彼が歌うと、いきなり古くなる。やっぱ、おばちゃんがなつかしいな、って思う、ツボ、狙ってる古臭さが出ちゃってると思った。
Commented by Showky at 2008-11-17 14:08
お、びっくりした。いきなりアンチな書き込みが来ましたね。
ま、確かに「Ballade」は賛否両論があると思います。僕自身も、「どうかなあ、この選曲、解釈」と思う点はいくつかありました。企画自体も、ご本人の意思とは関係なく‘やらざるを得ない’部分があったのかもしれないし。

ただそれでも「せっかくやるんだから、新しいスタイルにチャレンジをしよう」という姿勢だけは、特に布施明ほどの実力とキャリアにある人だからこそ、非常に評価に値すると思います。もっと無難な歌い方をすることだってできたわけなので。

ま、ひとまず次回作に期待、ということで。
<< プライオリティー ひみつシリーズ >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;