Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
布施明 シングルミニレビュー〜70年代後半編PART1
さて、満を持して布施明のレビューです。
つらつらと考えるに、布施明というのは独特なポジションにいるシンガーで、若い頃から、アイドルと呼ぶにはどこかアーティスティックな雰囲気があり(歌が上手い、ギターを弾く、作詞作曲をする、など)、アーティストと呼ぶにはハンサム過ぎるところがあって、微妙にファンの姿が浮かびにくいんですね。なんとなく‘オバさまキラー’っぽいイメージがあるけど、その言葉から連想される‘イヤらしさ’や‘下品さ’はない。
とにかくミズっぽくない。なんとなく繊細な青春の香りがする。
かといって、ちゃんと‘スター’のオーラもある。

僕は、自分の同世代で布施明のファンに出会ったことがないです。
「布施明、いいねえ」というのは、たいてい僕の親世代で、「霧の摩周湖」や「恋」「そっとおやすみ」あたりが全盛期っぽいんですね。まさに、ザ・歌謡曲。

でも僕がもっとも心惹かれるのは、70年代後半の‘フォークテイスト’がある作品群。青春の終わりから大人に向かう心の動きが等身大によく表現されていて、名曲が多いのです。もし‘布施明’というブランドがなければ、例えば松山千春のようなポジションで、青少年たちのハートをもつかみ得たと思うんだけどな。

そんなこんなで、僕がレコードを買い始めた頃からのレビューをスタート。

a0038006_21050772.jpgシクラメンのかほり
1975年リリース。説明不要ですね。
ジャケットが良いです。紙も、ちょっといいのが使われてました。
前年の「積木の部屋」「愛の詩を今あなたに」といった熱唱系歌謡曲から一転して、なぜこの地味なメロディーの曲が選ばれたのかは不明。当時布施明も、作者の小椋佳も、A面にすることに消極的だったとか。ヘンな言い方ですが、セルフプロデュースだけでは良くないという好例です。
実際「布施明でなくても成立する」この曲を「やっぱり布施明が歌わないとダメだね」というところまで仕上げたところに、布施明の実力があるのですね。
もちろん、曲そのものもいいです。特に歌詞が素晴らしい。僕にとってのお手本のひとつ。
ちなみに、当時小椋さんがA面に勧めていたのが、結局B面になった「淋しい時」。これがまたイイ曲なんだ。A面だったら売れなかったと思うけど、詩といいメロディーといいアレンジといい、小椋佳っぽくなくてとてもカッコいい。いつか絶対カバーしたい。


a0038006_21052771.jpg傾いた道しるべ
いいジャケットですね。男前。余談だけど、当時の例えばジュリーのジャケットと比べても、段違いにアーティスティックなジャケットだと思うんだけどな。曲のイメージやタイトルにも合ってて、何かストーリー性が感じられて。
曲は、小椋佳バージョンを聴いた人ならわかると思うけど、びっくりするくらい地味。つか、サビがない(小椋佳の曲のひとつの特徴)。よくシングルに切ったなあ、と。
そして、よく最後にあそこまで盛上がるようにメロディーを変えたなあ、と。誰の判断なんだろ。とにかく最後にならないと盛上がらないので、全然テレビ向きではないにも関わらず、ヒットしてます。でもやっぱり詩はいい。
B面も輪をかけて地味だけど、まとまりはあるのでけっこう好きです。いかにもB面て感じ。


a0038006_21054330.jpg陽ざしの中で
初夏に聞くのにぴったりの、カラッとした、でも切ない名曲。ジャケットもいい。ここで小椋佳からは離れました。
今でも、例えばコブクロやスキマスイッチの流れでFMから流れてもおかしくないくらい、エバーグリーンな輝きを持つ名曲です。この曲の流れでアルバムを1枚くらい出してほしかった。この曲もカバーしたいけど、音域がめちゃくちゃ広い。どっちかと言えば低音がポイント。う−ん。
B面も、いかにもB面の同系統なナンバー。やっぱりこの系統のアルバムが聞きたかったな。


a0038006_21055543.jpg落葉が雪に
そしてついに自作曲をリリース。CMとのタイアップもあって大ヒット。1位を取ります。
詩もメロディーも、ほんとに等身大で無理してなくて、まさにフォークソング。その純粋さに心癒されます。
B面の「夢のむこうへ」も自作の、四畳半フォークっぽい曲だけど、こっちの方が詩にもメロディーにも布施さんの作家性がよく出てて、オリジナルな感じがして僕はとても好き。すごく共感するものがある。
この頃、全曲作詞作曲をしたアルバム「そろそろ」をリリースするわけですが、まさに‘ザ・布施明’。青臭さの中に、ちゃんと歌謡曲的ケレンもブレンドされてて、名盤と呼ぶにふさわしい。当時小学生だった僕が聞いてそう感じたんだから、布施さんと同世代の人が聴いたらどうだったんだろうか。
ともかく、ぜひCDで再発してください。


a0038006_21060699.jpgひとり芝居
これも両面とも自作。だいぶ歌謡曲よりになってます。でも、歌謡少年の僕にとっては無問題。よく聞いたなあ。それにしても、布施さんはほんとに飾らない詩を書く人ですね。A型のメンタリティーがよく出てます。
B面「セピア・カラー」は、アレンジがとても凝ってて、ちょっと驚いた覚えが。
あと、ジャケットがめっちゃいい。

この曲を最後に、「シンガーソングライター布施明」路線は一旦幕を下ろし、再び歌謡曲シンガーにシフトしていきます。後から考えれば、布施さんの青春もここで幕を下ろして、大人の男へと生まれ変わっていく、そういう流れだったんですね。

続きはまた。
[PR]
by Showky | 2008-06-24 15:33 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/7242197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エル at 2008-08-31 11:35 x
初めまして。某所のコミュニティから来ました。
素晴らしいレビューを楽しく読ませていただきました。
私も布施さんが大好きです。その昔日劇のショーや公開収録番組に出かけたりもしました。限界がないんじゃないかというぐらい伸びのある美しい声と類稀なる表現力、そして年を重ねても艶やかな声の輝きを保っている布施さんは、今でも私の中では日本一の歌い手です。
おっしゃるように、オミズのニオイがしないところ、媚びのないところがいいと思います。
10月に、本当に久し振りに布施さんのコンサートに行くので、今から楽しみにしています。
Commented by Showky at 2008-09-05 11:37
コメントありがとうございます。
ジュリーもそうですが、布施さんも、きちんと毎年コンサートツアーをしてるんですよね。
しかも単なる「懐メロライブ」ではなく、毎回毎回テーマやコンセプトを決めて新しい事にチャレンジしているのが素晴らしいと思います。僕もとても励みになり、目標としているシンガーです。
微力ですが、僕も頑張って布施さんの素晴らしさをレビューなどで伝えていきたいと思います。
Commented by Kaoru at 2008-10-02 18:45 x
レビュー、楽しく読ませていただきました。全く同感です。1970年代に一度渋谷公会堂にコンサートに行ったことがあるだけでしたが、布施明さんは素晴らしく歌ががうまく、一曲一曲に物語を感じる歌い手さんだと思っています。最近Youtubeなどで昔の歌、最近の歌を聞くようになり、どうしてもまたコンサートに行きたくなり、先日行ってきました。昔と変わらず、というか昔とはまた別の声の艶、輝きが増した歌声、歌い方と感じました。新しく出されたカバー曲のBalladeも買いました。芸能人特有の媚が全くなく、おっしゃるように下品なところがありません。ごく自然で、好きな歌を淡々と歌っている、というところが大好きです。でもそう見えるだけで、きっと日々努力、研究を続けてこられたのだと思います。長く長く歌い続けて欲しいです。布施明さんの素晴らしさを伝えるレビューを楽しみにしています。
Commented by ma432700 at 2017-07-24 19:55
はじめまして。今2017年、7月24日、布施明レビューみました。あまりにも、感激したので、新規iDつくりました。私の青春の一ページ。私は、ひざしなかで、落ち葉が雪に、そして、アルバム、そろそろの時代ですね。本当に、すばらしいレビューありがとうございました。
<< 布施明 シングルミニレビュー〜... いろいろ動いてます >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;