Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
沢田研二 シングルミニレビュー〜70年代後半編
ジュリーのシングルを振り返えるPART 2は、70年代のあの大ヒット曲から。
80年代編はこちら

ちなみに僕がジュリーをカバーする「ジュリーナイト3」は6月19日です。


勝手にしやがれ
1977年5月リリース。
説明不要ですね。前年の様々なトラブルから一転、一気に栄光をつかんだ大ヒットナンバー。歌詞、メロディー、アレンジ、振り付け、衣装、歌・・・とにかく何から何まで完璧に揃った、カッコいいヒット曲。特にあのイントロ。神が降りてきたとしか思えない。


Memories
実はここでこんな曲がリリースされていたんですね。全編英語詞だけどオリジナル曲。次の「憎みきれない〜」の1ヶ月前にリリースされているので、やっぱりイレギュラーな企画ものだったんだろうけど、実は通算20作目と言う節目の曲でもある。なぜにこの曲でかは不明。いや、曲そのものは、アレンジとかとってもカッコいいけど、絶対売れないし、実際売れてない。うーん、謎。



憎みきれないろくでなし
キャッチーだけど、実はメロディーとかアレンジとかとっても斬新なロックンロール。音数がとても少なくて、7割くらい、コード楽器が入らずリフだけで成立させてる。正直、この曲で男性ファンは一気に増えたと思う。子供心に「男の歌だ」と思ったもの。



サムライ
で、これですよ。そりゃあシビれますよ。男なら一度はこんな台詞吐きたいですよ。もともと歌謡曲は「フィクションを描く」ことが醍醐味で、その一点で当時台頭してきたニューミュージック勢とも張り合ってたわけですが、フィクションを成立させるにはスターの力が必要なのだと再認識させる名曲。阿久悠も大野克夫も本気です。
ちなみにB面は「あなたに今夜はワインをふりかけ」。CMにも使われてて、たまにテレビでも歌ってて、両A面と言えるくらい結構メジャーな曲。サビのキャッチーさのわりにAメロがわかりにくいかな。その辺でA面から外れたのかも。



ダーリング
で、これ。ここまでの流れの中にあって、当時僕はこの曲キライでした。だって、なんか軟派な曲やん。女性を‘あなた’と呼ぶのも嫌いだった。小学生の僕は硬派だったのです。でも今では数少ない僕のカラオケのレパートリー。盛り上がる、よくできた曲ですよ。女性を‘あなた’と呼ぶのにも、もう抵抗はないです。



ヤマトより愛をこめて
言わずと知れた、映画版「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌。リリースが、次作「LOVE」のこれまた1ヶ月前で、やっぱりイレギュラーだったんでしょうね。ジュリーサイドとしては、それほど期待もしていなかったのでしょう。テレビでも、ベストテンにランクインしたときしか歌われず、その時でも、「次の曲に期待してください」とジュリー本人が言ってたくらい。でも曲は名曲。アレンジがちょっと地味かなあ。品があっていいけど。



LOVE(抱きしめたい)
こちらは、ジュリーが本気でレコード大賞を狙いにいった大作。歌詞、メロディー、アレンジ、衣装、パフォーマンスともに気合いが入ってます。でも、あまり気合いを入れすぎると空回りをするというのもよくある話で、期待ほどのヒットにはならず。ちょっと重いというか、トウーマッチな感じがして、あまり何度も聞ける感じではなかった。ジュリーならではの「粋」さがない気がして。ちょっと演歌っぽいというか。でも、カラオケで一度歌った時、女性のウケがよくてびっくりした。こういう‘許されぬ恋’って、やっぱりみなさん好きなんでしょうか。



カサブランカ・ダンディ
1979年年明け第1弾はこれ。やっぱりこれですよ、ジュリーの魅力は。粋でカッコいいロックな歌謡曲。聞いた瞬間から覚えて、毎日口ずさんでた。アレンジもカッコいいねえ。随分経って、たぶん1985年くらいに、ジュリーがテレビで久しぶりにこの曲を歌ってて、ギターが井上尭之だったんだけど、やっぱりカッコよかった。大人になればなるほどカッコいい曲です。



OH!ギャル
さて、この曲。なんでこうなるのかな。当時も嫌いだったし、今も、何から何まで大嫌いな曲。前作の反動で、女性ファンに目配せしようとしたのかしらん。何かで、ジュリー本人もこの曲が嫌いだと言っていて、ちょっとひと安心。



ロンリー・ウルフ
さて、問題作です。こうして眺めると、来るべき80年代に向けて、ジュリーとスタッフはかなり試行錯誤してたんでしょうね。初めてラジオで聞いた時、なんちゅう地味な曲や、と思ったし、売れないと思った。実際、一気にベストテン入りを逃すほど売れなかった。だがしかし、今あらためて聞くと、とてもいい曲なのです。「勝手にしやがれ」のアナザーサイドみたいな感じで、世界観とか、アレンジとか、さらには歌もかなりの完成度。曲そのものとしては文句なし。もしこれがB面だったら、そのシングルはとても贅沢な1枚として愛されたと思う。


この時点で、ジュリーの先行きはとても不安でした。一気に人気が下降線を辿ってもおかしくなかった。しかしそこはそれ、スーパースター。次作「TOKIO」で一気に巻き返すわけです。

続きはこちら
[PR]
by Showky | 2008-06-04 14:53 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/7178178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by juza at 2008-06-07 11:55 x
こんにちは!
70年代は一作一作「男とは?」というテーマの中で
最大限にジュリーらしい歌が作られていましたね。
「歌謡曲はフィクションを描く」。納得です。
ジュリーは惻隠の情の物語を背負いますね。
現代の「わたしはいつでもここにいるよ」系と逆。

「あなたに今夜はワイン・・」は「サムライ」のB面だったのですか!

研二さんのLP(CD)は成人してからようやく買ったのですが
(1枚だけですが)車で大音量で聴きながら夜に走っていたことを
思い出しました。
「LOVE 抱きしめたい」は惜しくも歌謡賞でしたね。あの瞬間の
ジュリーの苦笑いが忘れられません。レコ大は「UFO」でしたっけ・・。
「時の過ぎ行くままに」の大人バージョンと受け取っていました。
「風花」という単語を覚えたのもこの曲で。

「OHギャル!」 ギャル、という言葉が流行したらすぐこれか!
という思いで聴いておりました。
「ダーリング」は、「○が来ても」の○部分をあらゆる単語に入れ替えて
替え歌を作っていました。
当時はリリースの間隔が短くてびっくりです。


ご体調の方、お大事にご自愛なさってください。


Commented by Showky at 2008-06-09 00:34
>レコ大は「UFO」でしたっけ・・。
そうですそうです。ジュリーの苦笑い、あからさまでしたねえ(笑)
大晦日のレコード大賞を家族総出で一喜一憂しながら見てた、いい時代でした。一週間前くらいに予選発表みたいな番組もあって、友達同士で予想なんかもよくしたもんです。

>当時はリリースの間隔が短くてびっくりです。
これは最近知ったんですが、ジュリーとか百恵ちゃんとか人気歌手は、シングルはもちろん、アルバムも平気で年に2〜3枚出してたんですよね。まさに‘プロダクション’と呼ぶにふさわしい仕事ぶり。
<< 痛い 歯医者通い >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;