Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
「かしこTV」のお知らせ
at 2017-01-16 22:36
最新のコメント
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ほんまや、なんちゅうケア..
by showky at 16:40
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフェッショナルであること〜ライブレポート in 陰陽(ネガポジ)5-20
もちろんギャラをもらえるようになったら「プロ」ではあるんだけど、ギャラが発生するとか、事務所と契約してるとか、スタッフがついてるとか、そんなこととは関係なく、「プロ」だと感じさせるパフォーマンスがある。

持って生まれた才能とかセンスとかも大事だけど、実はそれだけでは、その時その瞬間輝くことがあっても、なかなか人の心に残らない。

ほら、例えば女の子にプレゼントをする時に、パッとその場で買った高価なものより、たとえ安くても、時間をかけ、頭を悩ませて選んだものの方が喜ばれるじゃない。

結局は、時間とエネルギーを注ぎ込んだものが残っていくんだ。

いろんなものを吸収し、技術を身につけ、試行錯誤を重ね、自分が納得いくまで練り上げたものだけが、人の心に残る舞台へ上がれる。

そしてそれが綺麗に磨かれて、まるでイカした手品師のマジックのように、いつでもどこでもスッとできるようになったとき、それは「プロの芸」として、人から尊敬されるんだと思う。

何もハトを出すだけがマジックじゃない。右の手のコインをあっという間に左手に移すだけでも感動的なように、それがどんなささやかな芸であっても、ちゃんと磨き続けてるものは人の心に残るんだ。

売れるかどうかはまた別問題だけど。

そんなことを考えたイベントでした。

choriくんと木村三郎さんのパフォーマンスは素晴らしかった。
それは言葉では伝えられない。
見た人だけがわかる。
何かを感じ、自分をみつめ、考えずにはいられない。あの場にいた誰もがそうだったと思う。

ライブの後、3人で喋っても楽しかった。ああ、本気で音楽が好きで、本や詩が好きで、ロックが好きで、エンターテイメントが好きな人たちだなって、また一緒に何かしたいねって、そう話した。

  


ね、3人とも絵になってるでしょ? 本気の男の顔は絵になるのだ(笑)

****
さて、当日のレポート。

オープニングを小谷くんに手伝ってもらって、歌詞の世界が広がるような「ひとり寸劇朗読」をやってもらう。なかなかイメージが伝わらなくて、結局当日の楽屋で僕が台本(?)を書いた。ま、小谷くんは達者だから、楽々こなしてくれるって安心感があるから、だけど。

前回同様、開演と同時に僕がまず2曲歌う。


1.瑠奈(ルナ)
2.浮き雲


今日のテーマは「世界観を作ること」だったので、いろいろ迷った末、この選曲に。

続けて、choriくん登場。
詩の朗読のライブって、どんな感じか全然想像つかなかったけど、ちゃんと「ライブ・エンターテイメント」になっててびっくり。お客さんからお題をもらって即興で詩をつくるパフォーマンスにまで、きちんと自分のメッセージを埋め込むなんて、度胸やセンスだけでなく、相当のスキルも必要。感心。「ほんとはバンドをしたかった」っていう思いが、きちんとステージパフォーマンスにも現われていた。

続いて木村三郎。
実は楽屋で、今日は何の曲をするか随分悩んでいる様子だった。
これはつまり逆に言えば、それくらい、いつでも取り出せる曲のストックがあるということ。あれだけの完成度の高い芸を、何をするか現場に行ってから決めるなんて、並大抵でできることではない。
前にPick Upで初めて見たときは、ただただ圧倒されて楽しませてもらうだけだったけど、今日は同じ演者として、分析しながら見てた。動きとか、間、とか。あと、トラブルが起きたときの対応とか。客席に小さな子供がいてやりにくかっただろうけど、それを受け止めるところとか。
いやあ、プロです。
彼なら、たとえ演奏中に停電になってもパフォーマンスを続けられると思う。

で、再び僕。またまた小谷くんの朗読でスタート。
a0038006_242428.jpg

3.翼
4.サムライ
5.君は薔薇より美しい
6.真昼の月
7.カナリア
8.スイートホーム
9.運命の行方(ほしのゆくえ)



いきなり「翼」ってどうよ。
いや、木村三郎の後だから、それくらいの緊張感が必要だと思ったのよ。

「サムライ」と「君は薔薇より美しい」で、その木村氏に大ウケしてもらう。この辺が同世代の醍醐味。

久しぶりの「真昼の月」を挟み、ここで隠し球投入。ベースが加わります。
天岡宏さん。つい最近知り合いまして、あるきっかけ(小山卓治)で意気投合。
急きょ加わっていただきました。
そりゃもう、安心感が違いますよ。

そんなわけで、僕の中ではちょっと一区切り。
去年の入退院からのリハビリ期間は終わりです。
やっと新しい方向性が見えてきた感じ。
体制を作るのはこれからだけど、下地はできた。

だから、再び攻めていきます。続報を待て。


a0038006_2425719.jpg

[PR]
by Showky | 2008-05-20 23:44 | ライブ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/7134792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 創作モード ライブ in 陰陽(ネガポジ)... >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;