Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(157)
(45)
(42)
(34)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己..
at 2017-04-24 12:35
無事にまた年を重ねることがで..
at 2017-04-19 10:11
‘空気感’を広げる先には〜週..
at 2017-04-19 03:51
今踏み出している一歩の先は〜..
at 2017-03-15 11:28
最新のコメント
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
使わせてもらうよ〜♪
by showky at 11:53
今月もお邪魔しますよ〜。..
by 雷電放映局長 鬼神雷煌 at 20:17
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
前衛とポップの遠くて近い距離〜週刊GIGマガジンVol.13
最近もっとも目がウロコだったこと。

「人は、目に映るものや耳に聞こえるものは"そのまま”受け止めて、何も足さないし、何も引かない」のだね、ほとんどの場合。

 たまに前衛芸術なんかに接した時、たいていの人は戸惑うよね。ただペンキをこぼしただけ(のようにしか見えない)絵とか、ただ卵かなんかが置いてあるだけ(のようにしか見えない)オブジェとか。なんなんだ、これは?って。

 音楽でも前衛と呼ばれるジャンルがあって、最も有名な作品のひとつにビートルズの「Revolution 9」というのがあるんだけど、あれなんか、8分にもわたって「Number 9」という言葉が変なノイズとともに繰り返されるだけの(ようにしか聞こえない)シロモノだからね。

 もちろん作者にはそれぞれ制作時に確たるイメージやメッセージがあって、それらを表現するためにその作品は世に出たわけで、そしてそうした作者の意図を感じ取って感動した人がいるから、それはそれなりに評価を得て世に残ってるわけだけど、だからといって「私もやってみる」とか迂闊に考えちゃいけない。

 例えばちっちゃな子どもが書いた女性らしきヒトの絵を見て、「あ、これはママだね、上手だね〜」って言えるのは、その子の家族のことを多少なりとも知ってて、ある程度消去法が使えたりするから「あ、髪の毛が長いから、この絵はパパじゃなくてママだ」と判断できるわけで。

 さっきの「Revolution 9」という曲も、あれはあの時期のジョン・レノンが作ったという事前情報があるから、そこに何かメッセージを感じ取ろうと思えば感じ取れるのです。僕はいつも聞かずに飛ばすけど。

 僕が例えばギター1本でガシャガシャと「哀愁でいと」を歌っても、観客の世代さえ間違えなければみんな原曲を知ってるので、きっと楽しく聞いてもらえてるし、なんとなれば、僕のギタープレイのカッコよさも伝わってると思うのね。

続きは「週刊GIGマガジン」でどうぞ。

a0038006_15555255.jpg

[PR]
by showky | 2016-07-04 16:03 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://showky.exblog.jp/tb/22964398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 街を封鎖する非日常のドキドキ〜... たかがカレーでもいちいち考えて... >>

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;