Showky Yomo-Yama Talking

 
 
 

京都発・胸を撃つネオ・ニューミュージック、冴沢鐘己の気まぐれな日々
by Showky
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
リリース情報
ライブ
音楽
fm GIG
映画

エッセイ
テレビ
F1
Mac
ミステリ
読書
日常
写真
アート
携帯から
ラジオ
プロフィール
未分類
タグ
(535)
(159)
(45)
(43)
(35)
(33)
(30)
(25)
(15)
(12)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
最新の記事
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-11-17 19:53
ジャクソン・ブラウンコンサー..
at 2017-10-26 19:05
有栖川有栖先生との対談が実現..
at 2017-10-11 11:09
大垣書店高槻店とのコラボレー..
at 2017-09-04 12:25
ESPという大きなハコの船出..
at 2017-06-24 18:22
最新のコメント
> ma432700さん..
by showky at 12:11
昨日、70年代後半布施明..
by ma432700 at 04:12
はじめまして。今2017..
by ma432700 at 19:55
明けましておめでとうござ..
by WAJIN at 10:25
それと、皆さん書いておら..
by レイ at 17:00
80年代の林哲司サウンド..
by レイ at 17:00
今頃コメントしてすみませ..
by レイ at 16:59
あーりがとー♪ こちらこ..
by showky at 12:16
GIG、10周年おめでと..
by わさびまり at 12:19
やっぱり花見は良いっすね..
by 曽我 at 15:19
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
LINK
フォロー中のブログ
fm GIG 番組日誌
GIG TV 番組案内
Let's トモミニッツ♪♪
いわも竹通信
中澤京子の出演情報(携帯用)
ベリベリな日々
最新のトラックバック
フィジケラ頑張ったよ!
from 湘南のJOHN LENNON..
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉調査!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉!
from 永ちゃん応援サイト!
矢沢永吉について調べてみた
from 永ちゃん応援サイト!
願いが通じた
from 湘南のJOHN LENNON..
YouTube動画渡辺謙..
from YouTube動画芸能界の000
緊張の夏、京都の夏・・・
from Gさんのチラシの裏
ラジコン!自動車好きなら..
from 自動車
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 最新ライブインフォメーション!
■2017年スケジュール

11月3日(金・祝)京都 ゼスト御池fm GIG わくわくシティーパーク
13:00〜16:00 無料
出演:TIME FOR LOVE、BBガールズ、籾井優里奈、安部美香、山下圭志、あきっすん、西村美紀、センチメンタルボーイ  MC:曽我未知子、伊藤直輝、久保翔子、如月凛 ほか
a0038006_11321713.jpg

11月4日(土)京都 イベントスペースPALMTONE「冴沢鐘己×山下圭志 ふたりのビッグショー」
※冴沢鐘己と山下圭志のふたりが、ジャズからディスコ、ソウル、フォークまで、音楽の豊かさと楽しさを軽快なトークとともにお届けします。
14:00 open 15:00 start
入場料¥2,000円(1ソフトドリンク付) 
場所:イベントスペース「PALMTONE(パームトーン)」
京都市中京区木屋町三条下る大黒町71 BEST BLD. 7F
(木屋町六角ザザパブさんの北隣ベストビル7階)
a0038006_16403952.jpg


11月12日(日)京都 イベントスペースPALMTONE「冴沢鐘己×曽我未知子 ふたりのビッグショー」
※冴沢鐘己と曽我未知子のふたりが、歌にトークに漫才(!)に、息のあったエンターテイメントをお届けします。
14:00 open 15:00 start
入場料¥2,000円(1ソフトドリンク付) 
場所:イベントスペース「PALMTONE(パームトーン)」
京都市中京区木屋町三条下る大黒町71 BEST BLD. 7F
(木屋町六角ザザパブさんの北隣ベストビル7階)


【レギュラー番組】
「冴沢鐘己と曽我未知子のムンサタ」fm GIGGIG TV MIX 毎週土曜21時〜24時半 生放送)
「冴沢鐘己のかしこTV」GIG TV MIX 毎週月曜&金曜23時半〜24時半 生放送)


【リリース情報】TIME FOR LOVEニューシングル「夜明けのムーンシャイナー」発売中!
TIME FOR LOVE待望のニューシングルは、新時代を感じさせるポップナンバー。キャッチーなメロディーと希望あふれる歌詞、懐かしくも斬新な振り付けでライブでも人気を集める話題のキラーチューンです。J:COMテレビ「決定!プレゼンキング」テーマ曲。

カップリングには、80年代風のカラフルでキラキラした楽しさが溢れるゴキゲンR&Rの「シーソーラヴ」と、ハートウォーミングなバラード「瑠奈(ルナ)」を収録。TFLのポップワールドをお楽しみください。

【収録曲】
1. 夜明けのムーンシャイナー
2. シーソーラヴ
3. 瑠奈(ルナ)
4. 夜明けのムーンシャイナー(TV Mix)
5. シーソーラヴ(TV Mix)
6. 瑠奈(ルナ)(TV Mix)
PTPS-0028 1,000円(税抜)
a0038006_11483626.jpg


PVはこちら

[PR]
# by showky | 2017-12-31 18:50 | ライブ | Trackback | Comments(2)
大垣書店高槻店とのコラボレーション「冴沢鐘己のわくわくミステリーワールド」第4シーズンに突入!
FRESHの「GIG TV MIX」チャンネルで好評配信中の「冴沢鐘己のかしこTV」では、ただいま大垣書店高槻店とのコラボレーションで、僕が海外ミステリーを中心に様々な本を紹介する「冴沢鐘己のミステリーワールド」を展開中です。

4/17に10週にわたる第1シーズンがスタートし、11/13からはついに第4シーズンに突入!
4/30(木)17時より、綾辻行人先生をゲストにお迎えして特番放送決定!

●第4シーズン
【月曜】新訳続々登場!今こそ黄金時代の名作に触れるべし!冴沢鐘己が語る、エラリー・クイーン傑作選!

11/13
「ローマ帽子の謎/ローマ帽子の秘密」(1929)
11/20
「フランス白粉の謎/フランス白粉の秘密」(1930)
11/27
「オランダ靴の謎/オランダ靴の秘密」(1931)
12/4
「ギリシア棺の謎/ギリシア棺の秘密」(1932)
12/11
「エジプト十字架の謎/ジプト十字架の秘密」(1932)
12/18
「アメリカ銃の謎/アメリカ銃の秘密」(1933)
12/25
「チャイナ蜜柑の秘密」(1934)
1/8
「スペイン岬の秘密」(1935)
1/15
「中途の家」(1936)
1/22
「Yの悲劇」(1932)

【金曜】祝!デビュー30周年!冴沢鐘己が綾辻行人の魅力を語る!

11/17
「十角館の殺人」(1987)
11/24
「水車館の殺人」(1988)
12/1
「迷路館の殺人」(1988)
12/8
「人形館の殺人」(1989)
12/15
「霧越邸殺人事件」(1990)
12/22
「時計館の殺人」(1991)
12/29
「黒猫館の殺人」(1992)
1/12
「どんどん橋、落ちた」(1999)
1/19
「暗黒館の殺人」(2005)
1/26
「奇面館の殺人」(2012)


【土曜】面白ければそれでいい!冴沢鐘己と曽我未知子のオススメブックマーク!

11/18
「長い家の殺人」歌野晶午
11/25
「Another」綾辻行人
12/2
「8の殺人」我孫子武丸
12/9
「緋色の囁き」綾辻行人
12/16
「生ける屍の死」山口雅也
12/23
「千夜と一夜の物語」仁木英之  
12/30
「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」麻耶雄嵩
1/13
「宇喜多の捨て嫁」木下昌輝
1/20
「七つの棺」折原一
1/27
「雨宿り」宮本紀子


このコーナーで紹介した本はすべて、大垣書店高槻店でPOP展開されています。ぜひ番組を聞いた後は店頭で手にとってください。

a0038006_12194865.jpg

GIG TV MIX 帯番組「かしこTV」

国語、文学、音楽など、知っておくと「かしこ」になれる知識を軽快に紹介するプチ教養番組。
※かしこ:関西弁で賢いの意。使用例「おまえ、かしこやなあ」(意味:あなた、かしこいですね)

毎週月曜日は、四字熟語と本紹介コーナーで、皆さんの知的好奇心を刺激します。

担当:冴沢鐘己
放送時間:毎週月曜23:30〜24:30


ただいま大垣書店 高槻店とのコラボで「冴沢鐘己が選ぶ海外ミステリー」フェアが開催中!
気になるラインナップは以下のとおり。


a0038006_12214420.jpg



第1シーズン〜第3シーズンのラインナップはこちら
[PR]
# by showky | 2017-11-17 19:53 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
ジャクソン・ブラウンコンサート観戦記
fm GIGでもろもろ協賛・応援していただいているリンクアップ株式会社の北野社長から「ジャクソン・ブラウンのコンサートに行きませんか?」とお誘いを受け、行ってきました大阪オリックス劇場。

北野社長のご親戚がサンフランシスコでお店をやっていて、そこからの繋がりで楽屋まで入れるかもということで、それはちょっとドキドキ。

会場に着いてしばらく待っていると関係者受付が開始となり、我々の名前もちゃんとあってバックステージパスをいただいて、関係者席からコンサートを観ることとなりました。

実は高校生の頃、僕はフォークソング部に在籍していて、コンビを組んでたT君がジャクソン・ブラウンやイーグルスのファンだったのね。それで定例会の時に「The Road」という曲のギターを弾くことになって、それ以来いちおうちょこちょこと聞いてたりはしてたけど、コンサートを観るのは初めて。なんつっても大物だし、もちろん会場はびっしり満員。外国の方も多いし、男性はやっぱり年配の方が多いけど、前の席にいる熱狂的なファンにはけっこう若い女性が多くて、始まるやすぐにノリノリ。へえ。

大物なのに、大きな仕掛けやギミックは一切なく、ぶらっとバンドメンバーと登場して、ニコっと手をあげて何気なく開演。おお、そんなふうに始まるのか。

その後も、僕の予想を大きく裏切るフランクな展開。数曲目からは観客からのリクエストに応えて、次々と曲を変えては、ギターを持ち替えたりピアノとギターを行ったり来たりしたり、まるでリハーサル風景を見てるみたい。でも、バックメンバーはしっかり合わせてきているので、そこはキャリアですな。「あれ、キーなEフラットだったっけ?」とか、イントロがなってから後ろのギタリストが慌ててギターを持ち替えたりとか、微笑ましい場面もちらほら。

途中休憩があって、だからといって衣装を替えるとかもなく、後半戦もそんな感じで進み、でもファンの声をどんどん大きくなって、そりゃあリクエストした曲を歌ってくれるんなら、熱も入るよね。もっと曲を知っていたら、何倍も楽しめる感じ。
前半はアコースティックなミディアムの曲が多く、じっくり聞きいる感じだったけど、後半からはロックンロールやポップな曲も出てきて、さらに楽しい雰囲気に。
ラストは誰でも知ってる大ヒット曲「プリテンダー」と「孤独なランナー」でシメ。

アンコールもそんなアドリブな感じで進めつつ、最後の最後にビシッと演出が決めてあって、あれは感動したよ。とってもいいコンサートでした。例えばアメリカの小さなパブでやるようなスタイルを、そのまま大会場でやってくれてるのよね。大きな会場も小さな会場もずーっと周り続けているからこそのスタイル。

19時に始まって終わったのが22時。そのあと関係者入り口の集合して舞台裏でしばらく待機。僕らを含めてゲストは十数人。30分ほど待ってついにジャクソン・ブラウンさん登場!
サインを頂く時に、「高校の頃に『The Road』を演奏したんです」って伝えたら、なぜか視線は僕の首元へ。
いつもしているギターピックの形のネックレスを見て、ごそごそとズボンのポケットから出したのが、さっきまでステージで使っていたギターのピック。おお、なんて粋なことを!

そんなわけで、2ショットの写真とサインとピックをいただいて帰って来ました。普通にミーハー。

前日の台風の影響で帰るりの電車のダイヤは大きく乱れていて、京都に帰って来たのが深夜1時前だったけども、とっても素敵な1日でした。

いろいろと参考にするぞ。
a0038006_19032253.jpg

[PR]
# by showky | 2017-10-26 19:05 | ライブ | Trackback | Comments(0)
有栖川有栖先生との対談が実現!「冴沢鐘己のわくわくミステリーワールドスペシャル」
僕が担当するFRESHの生放送「冴沢鐘己のかしこTV」では、ただいま大垣書店高槻店とのコラボレーションで「わくわくミステリーワールド」を展開中。
毎週3冊ずつミステリーの名作を紹介しているのですが、10月5日にはなんと!ゲストに有栖川有栖先生をお迎えして特番を放送!
1時間たっぷりと、お話をお伺いしました。

有栖川有栖先生はとっても気さくで、出身がご近所という
こともあって、寺田町界隈のローカルな話からスタートし、子供の頃の読書体験から、先生の執筆の特徴(?)、好きな音楽、そして本格ミステリーに注ぐ愛情など、どこをとっても貴重で楽しいお話ばかりです。

この番組はいつでもアーカイブでご覧になれます。
「冴沢鐘己のかしこTV〜わくわくミステリーワールドスペシャル」
freshlive.tv/gigtvmix/158896

ついでに「GIG TV MIX」へのチャンネルフォローもお願いします。今後の放送のお知らせが届きますよ!

a0038006_11034131.jpg

[PR]
# by showky | 2017-10-11 11:09 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
大垣書店高槻店とのコラボレーション「冴沢鐘己のわくわくミステリーワールド」
FRESHの「GIG TV MIX」チャンネルで好評配信中の「冴沢鐘己のかしこTV」では、ただいま大垣書店高槻店とのコラボレーションで、僕が海外ミステリーを中心に様々な本を紹介する「冴沢鐘己のミステリーワールド」を展開中です。

4/17に10週にわたる第1シーズンがスタートし、9/4からはついに第2シーズンに突入!

このコーナーで紹介した本はすべて、大垣書店高槻店でPOP展開されています。ぜひ番組を聞いた後は店頭で手にとってください。

a0038006_12194865.jpg

GIG TV MIX 帯番組「かしこTV」

国語、文学、音楽など、知っておくと「かしこ」になれる知識を軽快に紹介するプチ教養番組。
※かしこ:関西弁で賢いの意。使用例「おまえ、かしこやなあ」(意味:あなた、かしこいですね)

毎週月曜日は、四字熟語と本紹介コーナーで、皆さんの知的好奇心を刺激します。

ただいま大垣書店 高槻店とのコラボで「冴沢鐘己が選ぶ海外ミステリー」フェアが開催中!
月曜日に紹介する名作リストはこちら!

「まずはここから手にとってみよう!
冴沢鐘己が語る、超定番の古典海外ミステリー」

4/17
「シャーロック・ホームズの冒険」アーサー・コナン・ドイル
4/24
「エジプト十字架の秘密」エラリー・クイーン
5/1
「アクロイド殺害事件」&「そして誰もいなくなった」アガサ クリスティー
5/8
「Xの悲劇」エラリー・クイーン
5/15
「幻の女」ウイリアム アイリッシュ
5/22
「火刑法廷」ジョン・ディクスン・カー
5/29
「僧正殺人事件」S・S・ヴァン・ダイン
6/5
「モルグ街の殺人」エドガー・アラン ポー
6/12
「黄色い部屋の謎」ガストン・ルルー
6/19
「樽」F・W・クロフツ

‘生き方’までも変わるかも?!
冴沢鐘己が選ぶ、超定番の海外ハードボイルド
 
6/26
「マルタの鷹」ダシール・ハメット(1929)
7/3
「デイン家の呪い」「ガラスの鍵」ダシール・ハメット(1931)
7/10
「大いなる眠り」「さらば愛しき女よ」レイモンド・チャンドラー(1939)
7/17
「象牙色の嘲笑」ロス・マクドナルド(1952)
7/24
「長いお別れ」レイモンド・チャンドラー(1953)
7/31
「さむけ」ロス・マクドナルド(1964)
8/7
「深夜プラス1」ギャビン・ライアル(1965)
8/14
「約束の地」ロバート・B・パーカー(1976)
8/21
「初秋」ロバート・B・パーカー(1980)
8/28
「八百万の死にざま」ローレンス・ブロック(1982)


ここまで来たら貴方もミステリマニア!
冴沢鐘己が語る、ひとくせふたくせある海外ミステリー

9/4
「女刑事の死」ロス・トーマス
9/11
「貴婦人として死す」ディクスン・カー
9/18
「キングの身代金」エド・マクベイン
9/25
「興奮」ディック・フランシス
10/2
「九尾の猫」エラリー・クイーン
10/9
「探偵を探せ!」パット・マガー
10/16
「女には向かない職業」P.D.ジェイムス
10/23
「棺のない死体」クレイトン・ロースン
10/30
「ビッグボウの殺人」イズレイル・ザンクヴィル
11/6
「ジャッカルの日」フレデリック・フォーサイス

担当:冴沢鐘己

放送時間:毎週月曜23:30〜24:30

a0038006_12214420.jpg

[PR]
# by showky | 2017-09-04 12:25 | fm GIG | Trackback | Comments(0)
ESPという大きなハコの船出に寄せて
ドタバタの中で、なんとか【イベントスペースPALMTONE(パームトーン、以下ESP)】が船出をしました。
先日17日のグランドオープン、そして18日の杮落し「わくわくシティーパーク」にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
 
およそ音楽に携わっている人で、“自分のハコ(ライブハイス)を持ちたい”という夢を持たない人はいないと思います。
 
ところが僕自身はと言えば、なまじライブハウスの裏も表もよく知ってるが故に、そこに憧れはさほどなかったんですね。でも人生というのは不思議なもので、そんな僕が“自分の自由にできるハコ”を運営するチャンスをいただきました。いやあ、自分でもびっくり。
 
ただ、ESPに足を運んでいただいた方なら実感していただけたと思いますが、ここ、けっこう大きいのです。んなもん、ひとりでやっていけるわけがない。そんな時は「三人寄れば文殊の知恵」よろしく、力を合わせて取り組むのが正解。ひとりは全てのために、全てはひとりのために。
 
ありがたいことに、今僕はたくさんの新しいご縁をいただいています。そして僕は今後、どれほどの大仕事を成し遂げることができるのか、その試金石としっかり自覚して、ESPという共同事業を軌道に乗せたいと思います。
 
前世がとんでもない(?)ふたりが手を組んだんだから、ここは「ただのライブハウス」にはならないよ。動き始めた時に、きっとみんなびっくりするよ。

今はまだ内装すら未完成の未熟な空間だけど、毎日一歩ずつアイディアが生まれては形になり、やがてそれはきっとここに来てくださる皆さんに「夢と情熱」の灯をともすでしょう。
 
キーワードはいつでもどこでも「わくわく」。
 
とりあえず今月末に床が貼られるので、7月の姿をお楽しみに!

a0038006_1328873.jpg

[PR]
# by showky | 2017-06-24 18:22 | fm GIG | Trackback | Comments(0)
ラジオとコラボ!!「冴沢鐘己が選ぶ海外ミステリーフェア」 大垣書店 高槻店で開催中
【お知らせ】大垣書店高槻店とのコラボレーション企画「冴沢鐘己が選ぶ海外ミステリーフェア」が開催中です。
 
第1弾は
・まずはここから手にとってみよう!超定番の古典海外ミステリー
・冴沢鐘己が選ぶ、超お気に入りの古典海外本格ミステリー
・冴沢鐘己が選ぶ、バラエティー豊かな現代海外本格ミステリー
 
それぞれ10冊ずつの計30冊を毎週3冊ずつ、以下の番組で紹介します。
 
「冴沢鐘己のかしこTV」毎週月曜日&金曜日 23:30より
「冴沢鐘己と曽我未知子のムンサタ」(毎週21:00〜24:30)内のコーナーとして、23:30より

生放送の視聴および放送済み番組の再視聴はFRESHのGIG TV MIXでどうぞ!

紹介した本は、大垣書店高槻店で随時、POP付で売り場展開されます。
 
ご期待ください。
a0038006_12332023.jpg

a0038006_9465676.jpg

 
●紹介する本のラインナップ(予定が変更される場合もあります)
 
(月曜)まずはここから手にとってみよう!
冴沢鐘己が語る、超定番の古典海外ミステリー
 
4/17
「シャーロック・ホームズの冒険」アーサー・コナン・ドイル
4/24
「エジプト十字架の秘密」エラリー・クイーン
5/1
「アクロイド殺害事件」&「そして誰もいなくなった」アガサ クリスティー
5/8
「Xの悲劇」エラリー・クイーン
5/15
「幻の女」ウイリアム・アイリッシュ
5/22
「火刑法廷」ジョン・ディクスン・カー
5/29
「僧正殺人事件」S・S・ヴァン・ダイン
6/5
「モルグ街の殺人」エドガー・アラン・ポー
6/12
「黄色い部屋の謎」ガストン・ルルー
6/19
「樽」F・W・クロフツ
 
 
(金曜)こんなのはいかが?
冴沢鐘己が選ぶ、超お気に入りの古典海外本格ミステリー
 
4/21
「災厄の町」エラリー・クイーン
4/28
「赤毛のレドメイン家」イーデン・フィルポッツ
5/5
「野獣死すべし」ニコラス・ブレイク
5/12
「ユダの窓」カーター・ディクスン
5/19
「招かれざる客たちのビュッフェ」クリスチアナ・ブランド
5/26
「赤い館の秘密」A・A・ミルン
6/2
「ナイン・テイラーズ」ドロシー・L・セイヤーズ
6/9
「毒入りチョコレート事件」アントニイ・バークリー
6/16
「火曜クラブ」アガサ・クリスティー
6/23
「皇帝の嗅ぎ煙草入れ」ジョン・ディクスン・カー
 
 
(土曜)スリルもぐっと身近に!
冴沢鐘己が選ぶ、バラエティー豊かな現代海外本格ミステリー

4/22
「ウッドストック行最終バス」コリン・デクスター
4/29
「偽のデュー警部」ピーター・ラヴゼイ
5/6
「ホッグ連続殺人」ウィリアム・L・デアンドリア
5/13
「古い骨」アーロン・エルキンズ
5/20
「一瞬の光」アーロン・エルキンズ
5/27
「まっ白な嘘」フレドリック・ブラウン
6/3
「死の接吻」アイラ・レヴィン
6/10
「あなたに似た人」ロアルド・ダール
6/17
「失踪当時の服装は」ヒラリー・ウォー
6/24
「夜勤刑事」マイクル・Z・リューイン

大垣書店 高槻店
大阪府高槻市芥川町1-2 C-115号 アクトアモーレ1F
(JR京都線高槻駅より徒歩1分)
[PR]
# by showky | 2017-04-24 12:35 | 読書 | Trackback | Comments(0)
無事にまた年を重ねることができて〜週刊GIGマガジンVol.48
 そんなわけで、無事にまたひとつ年を重ねることができました。たくさんのお祝いメッセージ、ありがとうございます。ほんとに嬉しい。

 4月が誕生日だと春休みの真っ只中で、あんまり誰にも祝ってもらえないものだから、子どもの頃は9月とか10月が誕生日の人が羨ましかったりしたもんです。みんなが仲良くなった頃だから盛大に祝ってもらえていいなあ、と。

 今となっては、4月はちょうど年度始めなので、1年を振り返りつつ、所信表明をするのにはちょうどいいかな、なんて思ったりして。

 過ぎた1年の総括については「梅小路フェス」の記事でまとめたので、いよいよこれからの1年の目標を。

 とは言うものの、実際はすでに水面下でいろいろプロジェクトは進んでいて、まだ話せないことばかりなのですね。だから、それらのプロジェクトが計画通りに船出をして、いろんな歯車がちゃんと噛み合ったと仮定して。

 今年最大の勝負ポイントは、9/30(土)に大阪城野外音楽堂で開催する「サウンドパークVol.5」なのです。この日に、全国のfm GIGやPALMTONE RECORDSのファンが集結してほしい。

 数が目標じゃないんだ。ただ3000人集まればいいってもんじゃない。

続きは「週刊GIGマガジン」で・・・

a0038006_0151745.jpg

[PR]
# by showky | 2017-04-19 10:11 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
‘空気感’を広げる先には〜週刊GIGマガジンVol.47
少しばかり日が経ちましたが、 「第3回 梅小路フェス」今年も無事に終了しました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。出演者および関係者の皆様、お疲れさまでした。きっとそれぞれ思い思いに楽しんでいただけた2日間だったと思います。

 何によらずただ続けるだけでは意味がなくて、常に少しずつ前に上に目標を設定するからこそ、結果が積み重なって大きなものへと育っていくものです。

 去年の「第2回 梅小路フェス」では、「ダイヤモンド★ユカイさん」というビッグネームと同じステージに立つ機会を得て、「メジャー級」のステージを体感することができました。

 あれはほんとにすごかった。そうそう、これなのよ。「この感じ」を目指さねばならぬのよ。

 当然ユカイさんの周りにはたくさんの人が関わっていて、総合力であの世界観を作っているのです。ひとりでやれるもんじゃない。だから僕らも力を合わせなきゃならない。

 もともと僕には僕の理想とする「ライブ像」「イベント像」というのがあって、それは言葉にするのがとても難しく、それこそ騙し騙し(?)たくさんの人を巻き込みながら、半ば強引に自分のやり方を押し通してきました。

 ゼスト御池で毎月開催している「わくわくシティーパーク」をご覧になったことがある方なら、きっとあのイベントが、そこいらの音楽イベントとは"空気感”がまったく違うことを感じていただけると思います。

 その「わくわくシティーパーク」を毎月重ねてきて、僕が密かに立ててた目標は、「ビッグネームの力を借りずに、梅小路フェスをどこまで自分たちの色に染めることができるか」。

続きは「週刊GIGマガジン」で・・・

a0038006_23574590.jpg


a0038006_2358543.jpg


a0038006_23584057.jpg

[PR]
# by showky | 2017-04-19 03:51 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
今踏み出している一歩の先は〜週刊GIGマガジンVol.46
 東京在住のアメリカ人映画監督、大神田リキさんが先日fm GIGに来られまして、もろもろ打ち合わせをした後、最近いろいろお世話になっている豊田監督の車で京都市内某所をご案内しました。

 彼女はアメリカのテキサス出身で、日本に来て10年になるとかで日本語はとても堪能。日本食も、納豆以外は何でも大好きとか。彼女の住む吉祥寺では、店員がアラブ人の韓国料理屋で日本酒を飲みながら日本語で会話しつつ英語で電話をしたりして、それを見た豊田監督は、一瞬自分がどこの国にいるのかわからなくなるそうな。さもありなん。

 ちなみに京都市からテキサス州ダラスまでは直線距離にしておよそ1万キロ。海を気にせず車でぶっとばしたら130時間ほど。休憩無しでまっすぐ目指せば6日くらいで行けて、フリッツ・フォン・エリックのお墓参りができるのか。

 行かないよ、って言うのは簡単だけど、わからないぜ。ふと気がついたらいつのまにか自分がテキサスにいて、テンガロンハットを被りながらピースサインしてたりするのが人生。もちろんその時の自分は、今の自分とはまったく違う生活のリズムで、まったく新しい人間関係の中で自分のやるべきことに邁進しているのです。きっと。

 シンガーソングライターとしてもう何年も活動をしてて、たくさん曲も書いてて、長い間の夢がひとつ叶ったのもつい最近のこと。僕の作った曲が、株式会社アージュという立派な企業が運営するファッションブランド「パレット」のCMに採用されたのは、もうみなさんご存知の通り。そんな電話が突然かかってきたのもつい昨年末のことで、僕が起用されたのも、担当の方のひとりが、たまたまテレビ収録で籾井優里奈が歌う僕の作った曲「天気雨にウィンクを」を見てピンときたからだって。おお、あの時のアレがココにつながるのか。

続きは「週刊GIGマガジン」で・・・

a0038006_11282392.jpg

[PR]
# by showky | 2017-03-15 11:28 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

冴沢鐘己 公式HP

PALMTONE RECORDS
Time For Love


81.8MHz fm GIG
毎週土曜21時〜生放送
「ムーンライトブレイクSaturday」
ネットラジオもリアルタイムで


曲の試聴や映像・写真などの作品は、MySpaceで公開しています。

所属オフィス

冴沢鐘己公式ホームページ

Copyright(c)2004,Paradox Creates Inc. all rights reserved.

 
冴沢鐘巳は誤植です(^_^;